365484 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

NO DAY BUT TODAY

NO DAY BUT TODAY

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

みなみ*

みなみ*

Favorite Blog

高齢化社会 サボテン_01さん

観劇日記~夢のあと… みおと5747さん
テクマス☆マヤコン さとき66さん
けろちゃんの人生は… あいらぶけろちゃんさん
オアシス oubaitouriさん

Comments

みなみ*@ Re[1]:Entertainment Dance Performance 「BOLERO」(10/29) HANAKOさん 本当にいろいろ嬉しい舞台でし…
HANAKO@ Re:Entertainment Dance Performance 「BOLERO」(10/29) 本当にいろんなことが嬉しい舞台でしたね…

Archives

2024.05
2024.04
2024.03
2024.02
2024.01
2023.12
2023.11
2023.10
2023.09
2023.08

Freepage List

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

2024.04.20
XML
カテゴリ:舞台の記録
ものすごく久しぶりの舞台。
ネタバレと私的解釈。

換骨奪胎モノ。社会不適合の烙印を押された若者達は、ヴェローナインスティチュートに収容される。
ロミジュリの二人も。看守のティボルトは、孤独で粗暴。ここで育ったので、コミュニケーションが取れないらしい。ジュリエットを暴力的に支配し、彼女のトラウマとなる。
主人公の二人は恋に落ちるが、ジュリエットはティボルトとのトラウマから誤ってロミオを刺し殺してしまい、自らも死を選ぶ。

マシュー・ボーンらしい多様性包摂のストーリーと、洗練された振付と舞台。
二人がキスをしながら、アクロバティックにバルコニーを縦横無人に踊りまくる。若い恋は素敵!
暴力と分断が進む現代は、シェイクスピアの時代より問題が複雑化している。
「愛が勝つわけではない。他者に寛容であって欲しい」というようなプログラムの言葉が刺さる。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.04.21 17:32:29
コメント(0) | コメントを書く
[舞台の記録] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.