501430 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

邦画-2010年

2012年01月07日
XML
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:邦画-2010年
★★+

鑑賞No:02191
製作:2010年/日本/121分
監督:五十嵐匠
出演:榎木孝明/AKIRA/白石美帆/津田寛治

幕末、薩摩藩。貧しい下級武士の中村半次郎は、若い侍たちの中心的存在である西郷吉之助が京に上ると聞き、自分もその一員に加えてほしいと願い出る。上京後は、人並み外れた度胸のよさと剣の腕前が評判となり、半次郎の名前はたちまち世間に知れ渡っていく。そんな中で出会った煙管屋の村田伊兵衛の一人娘さとと互いに心通わせる間柄になるが・・・。

幕末、人斬り半次郎の異名をとった、中村半次郎(のちの桐野利秋)を描いた映画だが、どこに力点を置いて描きたかったのかよく分からず、全体的に薄っぺらい内容になっている。メインは西南戦争だと思うが、西郷隆盛との関係も描き切れていない気がするし、そもそも準主役級であるべき西郷隆盛を演じていた俳優は誰? 無名?の俳優であるため、存在感がイマイチ。その割に存在が気になったのが白石美帆演じる女性。淡いロマンスを描くのはいいが、西南戦争で戦死する半次郎を、京都からやってきて戦場で見届けるシーンはちょっとやりすぎで興醒め。






最終更新日  2012年01月07日 17時16分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月02日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★

鑑賞No:02169
製作:2010年/日本/106分
監督:亀井亨
出演:竹山隆範/鶴田真由/山下リオ/芦名星

間瀬垣勤は元教師だったが、人間関係が原因で辞職し、今はタクシー運転手。人付き合いが苦手なのもあって、営業成績は最低だった。家庭でも妻や娘に馬鹿にされており、彼が唯一安らぐ場所は人気のない公園だった。そんなある日、いつもの公園で一匹の三毛猫を見つける。「御子神」と書かれた首輪をしたその猫に何とも言えぬ魅力を感じた間瀬垣は、タクシーに乗せて仕事を続けるが・・・・。

キレ芸タレントのカンニング竹山が、その芸風とは180度違った人見知りで腰の低い、しがない中年男を好演している。内容的には「ほのぼの系」で、大きな事件は起こらず、日常的なエピソードを綴っているだけのようだが、「御子神」同様、どこか癒される。家族も、会社の人も、タクシーのお客も、主人公と何かトラブル的なことが起こりそうな人間関係を予感させながら、実は皆なイイ人で、主人公の人柄もあってうまく収まっている。ドキドキはしないけど、ゆったり安心して観れる映画。


「ねこタクシー」 予告編






最終更新日  2012年01月02日 07時45分21秒
コメント(7) | コメントを書く
2011年12月25日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★

鑑賞No:02096
製作:2010年/日本/133分
監督:廣木隆一
出演:岡田将生/蒼井優/小出恵介/柄本明

将軍家斉の十七男に生まれた斉道。早くに母親を亡くし、母の愛情を知らずに育った斉道は、心の病を抱えていた。そんな彼はある日、療養を兼ねて家臣の瀬田助次郎の故郷・瀬田村を訪れ、女の天狗と出会う。その女天狗の正体は、幼い頃に誘拐され、山奥で育てられていた瀬田助次郎の妹・遊だった。斉道は、自由奔放な遊に惹かれていき・・・・。

時代劇版ロミオとジュリエットのような作品。身分の差によって現世ではかなわぬ恋を若手俳優2人の熱演で演じてはいるが、お涙ちょうだいとまではいかない内容ようだった。どうもこの2人、どうしても感情移入できない役柄というか演技というか・・・。もともとラブ・ストーリーはあまり好みではないからかもしれない。それでも観れたのはむしろ脇役の人たちの存在で、特に柄本明の存在・演技で、かろうじて時代劇としての風格を保っていたよう。この人がいなかったら、時代劇の格好をした単なるラブドラマにすぎなかったかもしれない。


「雷桜」 予告編






最終更新日  2011年12月25日 08時39分09秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年12月15日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★★

鑑賞No:02181
製作:2010年/日本/120分
監督:金子修介
出演:成宮寛貴/内田有紀/白石美帆/中村ゆり

群馬県高崎市で地元の三流大学に通うヒデは、ある日、近所のおでん屋で店の女将の娘、額子と出会う。数日後、その額子と同じバイト先で再会したことから、二人は成り行きで肉体関係を持ち、ヒデは額子にのめりこんでいく。しかし、ある夜、額子はヒデを公園の木に縛り付け、彼の下着を降ろしたまま、彼に別れを告げて去って行った・・・・。

予備知識が全くないまま、少々軽薄な大学生と年上の女性とのよくあるラブストーリーかと思いながら観ていたが、意外な展開と、10年にわたるドラマで見ごたえ十分の、いい意味で期待を裏切った作品。ヒデが額子との愛を貫き通したため、彼に惹かれてていく他の女性たちの運命がせつなかった作品だが、良き家庭だった大須家が、ヒデと額子の出会いによって崩壊寸前にまでなっていく様もせつなく、明らかに悪い人間が登場人物の中にいるわけではないので、やりきれない気持ちになる映画。一見、強気で奔放な年上女性を内田有紀が見事に好演していた。


「ばかもの」 予告編






最終更新日  2011年12月15日 19時36分47秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年12月04日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★+

鑑賞No:02194
製作:2010年/日本/115分
監督:深川栄洋
出演:江口洋介/蒼井優/江口のりこ/戸田恵子

東京で人気の洋菓子店“パティスリー・コアンドル”に、鹿児島から恋人・海を追いかけて上京して来た少女、なつめが訪ねてくる。しかし、恋人の海は既にコアンドルを辞め、居場所が分からなくなっていた。行く宛のないなつめは、海を探すため泊り込みで働かせてくれと頼み込むのだが・・・・。

江口のりこ演じる先輩パティシエ・マリコの、蒼井優演じるなつめに対する評価や言いぐさは、いちいち尤もと頷いてしまうほど、強気で根拠のない自信過剰ぶりで周りをイラつかせる女性・なつめ。私だったらこんな女性は勘弁願いたいし、なつめの元を去った恋人・海の気持ちも良くわかる。原作ではどう描かれているか分からないが、観ている者をもイラつかせるなつめを見事に演じきった蒼井優はすごい女優かもしれない。主人公(?)の江口洋介の存在や、もう一つの主役である、劇中数々出てくる洋菓子が霞むほど、存在感を出していた蒼井優の映画となっている。マリコ役の江口のりこの存在も光る。


「洋菓子店コアンドル」 予告編






最終更新日  2011年12月18日 11時28分37秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年11月30日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★

鑑賞No:02189
製作:2010年
監督:渡辺琢
出演:黒沢かずこ/渋江譲二/光浦靖子/大久保佳代子

お笑いトリオ・森三中のメンバー、黒沢かずこは、メンバーの中で唯一独身で、女の幸せをつかんでいない。そんなある日、パーティー会場で、イケメン俳優・渋江譲二が黒沢のファンだと言って声をかけてくる。降ってわいたような出会いに舞い上がる黒沢。徐々に2人の間は接近し、ついに恋が成就するかに思えたが・・・・。

吉本興業はじめ多くのお笑い芸人がほとんど実名で出演している映画。映画といっているが、内容的にはバラエティ・ドラマのようで、もうこれは横になって煎餅でもかじりながら気楽に観る作品である。そうであれば、なかなか面白い。
あんな女芸人にイケメン俳優が接近するか!と思う設定も中盤に納得のオチがあるし、ラストでもしてやられたりのオチがあり、消化不良に陥らない最後に拍手喝采。黒沢かずこも、恋する女性を演じるとそれなりに可愛く見えるのが不思議。


「クロサワ映画」 予告編






最終更新日  2011年11月30日 19時27分07秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年09月08日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:邦画-2010年
★★+

鑑賞No:02126
製作:2010年
監督:室賀厚
出演:森下悠里/正木蒼二/不二子/木庭博光

ギャンブルとホスト通いで多額の借金をしている本城佐紀は、最後の望みに訪れたある消費者金融会社で特別融資制度を紹介される。それは他社の借金も含めすべて帳消しにする代わりに、命を担保にするという条件だった。後がない佐紀はその条件をのむと、翌日ある指定された場所に呼び出される。そこには年齢も職業も異なる8人の男女が集められていた・・・・。

言わずと知れた「カイジ 人生逆転ゲーム」の明らかなパクリというか、二匹目のドジョウ狙いのような作品。借金を抱えた人間を集めてゲームを行い、勝ち抜いた者は借金帳消し、ただしゲームに負けると過酷な運命が待っているという基本設定は「カイジ」と同じ。しかし、「カイジ」のゲームが心理戦が中心でドキドキ感が強いのに対して、本作のゲームは運だよりのところが大きく、観る側としてはゲーム自体よりも次の脱落者が誰かを予想する方に力点が置かれているよう。そして大体予想通りの脱落者という展開にあまり意外性は感じられない。ゲーム参加者の借金理由に同情するものはなく、人物的にも利己主義者ばかりなので共感もしない作品のため、まったく感動の余地はない。






最終更新日  2011年09月08日 22時02分05秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年09月04日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★

鑑賞No:02142
製作:2010年
監督:園子温
出演:吹越満/でんでん/黒沢あすか/神楽坂恵

<8/2~ DVDレンタル開始>

小さな熱帯魚屋を営む社本信行は、死別した前妻の娘と後妻の妙子と暮らしていた。しかし、娘と後妻の折り合いが悪く、ついに娘は万引き事件を起こしてしまう。万引きされたスーパーから呼び出しを受けた社本はスーパー店長から責められ窮地に陥るが、その時社本を救ったのは店長の友人の村田だった。さらに社本と同様、熱帯魚店を営む村田は、社本の娘をバイトで雇い入れる。村田の新設を素直に受け入れ、村田との交流が始まってしばらくして、社本は村田より利益の大きい高級魚の取引きに参加しないかと持ちかけられ・・・・。

1993年に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件をベースとした作品。犬が熱帯魚に置き換わっているが、殺害方法や遺体の処分方法は実際の事件に基づいている。ただ、実際の事件を参考にしているとはいえ、遺体解体のシーンはあまりにグロテスクで、本作を観るには注意が必要。でんでんが狂気の殺人鬼を演じているが、半分地でいっているような演技は逆にリアルに感じた。登場人物は皆異様で普通の人はいないが、その中で唯一普通っぽいのが主役を演じる吹越満演じる社本だが、その普通の人間が殺人の手伝いをしていくうちにやがて内に抑圧されていた狂気が目覚めるラストは見もの。ただ全体的に後味の悪い作品で、特に前半に比べ、後半の作りは監督の意図かもしれないが粗さを感じる内容だった。


「冷たい熱帯魚」 予告編






最終更新日  2011年09月04日 10時59分33秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年08月18日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:邦画-2010年
★+

鑑賞No:02132
製作:2010年
監督: 柴田大輔/世界のナベアツ
出演: 宮川大輔/ケンドーコバヤシ/世界のナベアツ/吹石一恵

壊滅的な不況の中、特に大阪は群を抜いて不況と治安の悪さに苦しんでいた。そんな折、お笑い芸人の世界のナベアツが府知事選でまさかの当選を果たす。ナベアツは大阪の独立を公約として掲げており、3か月後に独立国家宣言をすることを発表する。そんなナベアツの暗殺が計画されていることを知った大阪府警の署長は、問題の多い大阪府警の迷コンビ、早川刑事と番場刑事に捜査をさせるが・・・・。

これは映画でしょうか? あまり内容のない低俗なコントのようで、バラエティ番組で放映する程度のものにしか感じなかった。相変わらずお笑いタレントが映画進出した作品だが、才能のないお笑いタレントの監督業への挑戦はあまりに安易で観客を馬鹿にしたというか、独りよがりでついていけない。製作する側も製作させる側も、ちょっと人気が出たから、ちょっと映画を撮ってみたかったからという安易な気持ちではなく、本気で映画を撮りたいなら本気で映画を勉強して本気で撮って欲しい。そんな気持ちにしかならなかった作品。






最終更新日  2011年08月18日 00時20分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月14日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★

鑑賞No:02130
製作:2010年
監督:和泉聖治
出演:水谷豊/及川光博/小西真奈美/小澤征悦

<8/3~ DVDレンタル開始>

警視庁本部内で、警視総監はじめ各部の部長ら幹部12名を人質にした籠城事件が起こる。犯人は1人だったが動機は不明で要求もないまま、時間だけが過ぎていった。やがて特殊捜査班と機動隊員が強行突入し、犯人は射殺され、人質は全員無事保護される。事件は一件落着するが、なぜ犯人は籠城したか解明されないまま、事件は闇に葬られようとしていた。疑問を持った杉下右京と神戸尊は独自の調査を始めるが・・・・。

籠城事件そのものがストーリーの中心と思って観始めましたが、籠城事件そのものは意外とあっさり解決してしまい、ストーリーは籠城事件を起こした犯人の動機である、7年前のテロ事件の真相追求となってくる。テロ事件を闇に葬ったとされるのは警察上層部ということで一見、スケールが大きそうだが、傍から見ていると警察内部の権力抗争も含めた内輪もめのようで、実際の政界と同様、映画的な面白さやスケールの大きさは感じられなかった。
ラストは確かに衝撃的だったが、ある意味、「相棒」の重要なキャストだけにあれでよかったのだろうか・・・?






最終更新日  2011年08月14日 00時08分30秒
コメント(4) | コメントを書く

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

PR

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

試練、試練が続いて… New! hy3de8さん

スリーデイズ New! おいら♪♪さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.