270200 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

コントラバス演奏記

PR

楽天プロフィール


ytaki1さん

bass is beautiful

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
クラシック音楽  コントラバス  ベース  将棋  四つ玉  中国語 

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

バックナンバー

ニューストピックス

お気に入りブログ

†Music lover† ☆★麗華★☆さん
長期休暇の記録とそ… aipingpangさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

購入履歴

2017.08.06
XML
2017年8月6日、年に一度の長野での夏休み、日帰りでの演奏会に参加しました。
場所は長野県飯山市。長野県の北部で、もうちょっと先は新潟県、というところ。自宅からは車で約5時間。車運転しての日帰りだと、ここらが限界くらいかも知れません。これまで数年間は長野県は茅野市での公演が続いたのですが、今年からは長野県内の各地に場所を移しながらになる、その第一弾です。

なちゅら音楽祭2017
 コバケンとその仲間たちオーケストラin飯山

主催
    長野県、(一財)長野県文化振興事業団、飯山市、コバケンとその仲間たちオーケストラ

後援
    長野県教育委員会、飯山市教育委員会、信濃毎日新聞社、(公財)八十二文化財団、長野朝日放送(株)、(株)週刊長野新聞社、北信濃新聞社、北信ローカル/りふれ、(株)テレビ飯山
協力    (一社)信州いいやま観光局、飯山市芸術文化協会、三井生命保険(株)、ヤマハ(株)

日時
    2017年8月6日(日) 15:00開演(14:00開場)

会場
    飯山市文化交流館 なちゅら 大ホール

出演
    小林研一郎〔指揮〕 朝岡 聡〔司会〕
瀬崎明日香〔ヴァイオリン〕 瑞宝太鼓〔和太鼓〕
コバケンとその仲間たちオーケストラ 他
共演    吹奏楽 長野県内高校生
合 唱 長野県内市民合唱団有志
出演者全員のボランティアによるコンサートです。

主な演奏曲目
   
ヴェルディ 歌劇『アイーダ』より「凱旋行進曲」
サラサーテ チゴイネルワイゼン
ブラームス ハンガリアン舞曲第5番
小林研一郎 パッサカリアより「夏祭り」
時勝矢一路 漸新打波
シベリウス 交響詩「フィンランディア」
モーツァルト レクイエムよりラクリモーサ
チャイコフスキー 序曲『1812年』 他

料金    全席指定 3000円
※なちゅら音楽祭2017 3公演セット料金は8000円

注意事項    車椅子をご利用の方はお問い合わせください。
未就学児の入場はご遠慮ください。
チケット窓口
    飯山市文化交流館なちゅら、(一社)信州いいやま観光局、ホクト文化ホール、ながの東急、平安堂若槻店、平安堂東和田店、EVENT-NAGANO(インターネット) 
http://www.event-nagano.net/
チケット問合せ
    飯山市文化交流館なちゅら 電話 0269(67)0311
その他の問合せ
    コバケンとその仲間たちオーケストラ事務局
電話 03(6804)7981 (10:00~18:00)
※時間厳守でお願いします

自宅から、名神~中央道~長野道~上信越道を経由して到着したホールは、約700名収容の中ホール規模。木をふんだんに使った外装、反響板です。
   
ステージは中ホールにしては広さがありましたが、それでも「1812年」とかのバンダ付き大編成になるとさすがにステージ上は満杯。コントラバスも8人だったので、ギュウギュウな感じ。良く入った(笑)
一般的な市民会館の感じで、両翼バックステージはかなり狭く、コントラバスのケースとかを置くのも難儀する位でした。出待ちのオーケストラの人たち、ぶつかりそう。
チケットも完売、満員御礼、ということで客席も熱気が溢れています。有り難い限りです。写真はお客様が入る前ですので、お間違えなきよう。(笑)

私の乗り番、プルト、弓は以下のとおりです。ステージ上が狭くてものが置けない(置いたら引っ掛けそうで危ない)ので、今回は弓は持ち替えず、独弓で通してしまいました。

・ヴェルディ:歌劇「アイーダ」より凱旋行進曲 4pult out (独弓)extnderなし 演奏回数:10回目
・サラサーテ:チゴイネルワイゼン(瀬崎明日香) 4pult out (独弓)extnderなし 演奏回数:11回目
・ブラームス:ハンガリー舞曲第5番 4pult out (独弓)extnderなし 演奏回数:12回目
・小林研一郎:パッサカリアより「夏祭り」 4pult out (独弓)extnderなし 演奏回数:10回目
・林田ひろゆき「百打繚乱」:時勝矢一路:「漸進打破」(瑞宝太鼓)(降り番)

・シベリウス:交響詩「フィンランディア」4pult out (独弓)extnderなし 演奏回数:17回目
・モーツァルト:「レクイエム」からラクリモーサ 4pult out (独弓)extnder C 演奏回数:2回目
・チャイコフスキー:序曲「1812年」 4pult out (独弓)extnder C 演奏回数:12回目
・ビゼー:「ファランドール」(アンコール) 4pult out (独弓)extnder なし

 弦の編成は、細かくは覚えていないのですが、大体12型くらいでしょうか。コントラバスだけ分厚い(笑)。コントラバスメンバーは、いつもの6名プラス私は初めてお目にかかる方1名。その方のCエクステンション付き楽器と5弦1台、それと私のエクステンダーと、3種の低音拡張楽器で、とりあえずモーツァルトの最後とチャイコの最後だけは下げてみました。(笑)
モーツァルトはオルガンなしでの演奏だったので、LowDがなると一気に臨場感増します。
お隣の方とも久しぶりのプルト。ガット弦、しかも上2本はプレーンガットです。ガット弦と言えば、お世話になっている紫苑交響楽団さんの首席の方もガットで、お二人とも太くて良く通る音がします。
ただ、こんな感じでささくれとかはメンテしないといけないし、切れることを前提にスペアを持っておかないといけなかったり(そもそも天然素材のため、高い!)、と大変なんですよね。けど魅力的・・うーん。

演奏会は今回も大盛り上がり。終演後はスタンディングオベーションや口笛、指笛入っての歓声で、いつもながら恐縮するような反響でした。

サラサーテのチゴイネルワイゼンは、ハンガリー舞曲・1812年序曲などと合わせて7月1日に京都市民管弦楽団さんで弾かせてもらったのですが、ここではコンミス瀬崎明日香さんでのソロ、合わせるのに全く不安が無いのが自分でも怖いほどでした。コバケン先生の棒もわかりやすく、ソリストがいくらテンポをゆらしても、音の変わり目、コードの変わり目は音と身体で動きが読める。場数を踏む、というのはこういうことか・・と経験の大切さを感じる次第でした。
今回コバケン先生のご判断で(ホールがデッドだったからかな?)、いつもは弦楽器も前列に絞りこむモツレクを、弦全員で弾くことになりました。私も演奏に加われて、ラッキー。先生の伝統的な解釈での「涙の日」、2小節の前奏に続いて合唱とバスが入ってくるところなんか、自分の弾く音が、自分の音で無く天からの音楽の一部のようにきこえる・・モーツァルトはやはり桁違いです。
そしてこの曲に関しては、マエストロも厳しい。以前九州公演でもこの曲はかなりのアテンションでリハーサルされていましたが、今回は本番も止めてしまってやり直しとなりました。これにはビックリ。レクチャーコンサート等も行っている音楽祭の一環での演奏会ならでは、ですが、先生のこの曲への厳しさ、モーツァルトへの畏敬の心を感じた次第でした。

と今回も貴重な体験をさせていただいたコバケンオケ、2005年にはじまり45回を越える公演になったようですが、私は2011年から。遠方の演奏会とかだと行けなかったり、とかなりの不良団員なのです・・

仲間オケでの演奏履歴(通算10ステージ目)です。
2011/5/1    星薬科大学創立100周年記念コンサート    五反田ゆうぽうと大ホール
2011/8/4   
コバケンとその仲間たちオーケストラ 2011 in 蓼科    茅野市民会館マルチホール
2011/9/11  ビッグアイ・アートフェスティバル    国際障害者交流センター  ビッグ・アイ
2011/12/17  復興応援コンサート2011 in 郡山    郡山女子大学 建学記念講堂
2012/7/26   コバケンとその仲間たちオーケストラ in 横浜    横浜みなとみらいホール
2012/8/26   みずなら音楽祭2012 コバケンとその仲間たちオーケストラin蓼科     茅野市民会館マルチホール
2014/8/3   みずなら音楽祭2014 コバケンとその仲間たちオーケストラin蓼科     茅野市民会館マルチホール
2014/9/23  《スペシャルオリンピックス日本・福岡支援》    アクロス福岡・福岡シンフォニーホール
2016/7/31    みずなら音楽祭2016 コバケンとその仲間たちオーケストラin蓼科     茅野市民会館マルチホール

  
演奏の前後には立派なお弁当を(朝の電車隊のお弁当+昼のカツサンドを演奏前に、演奏後は写真のお弁当を帰り道用に)いただきました。昼は2食分まとめていただいて、満足200%状態(笑)

帰路は、長野県内は雷雨で大雨洪水警報が出るような中での運転。さらに途中の中央道で大きな事故があり暫く通行止めになっており、事故現場のかなり手前で時間待ちのためにPAに回避。そこも駐車場かなり混んでる・・と思いきや、近くの里で花火大会をやっており、その花火を見るために地元の方がかなり来られていたようでした。
PAはすでに営業終了で食事のテーブルは外しか無く(8時過ぎると大きなSAとかで無いと屋内開いてない・・)、車内でお弁当食べながらの花火鑑賞+時間調整となりました。
結局移動時間のうちに道路は再開通。演奏疲れによる眠気と闘いながら、0時過ぎにようやく自宅にたどり着きました。
こちらは家人用のお土産と、ホールで販売していた仲間オケのCD。私が弾いているステージは少ししか無かったですが、記念に。
ちょうど帰り際には、このCDにマエストロがサインする催しをやっていました。さすがにメンバーTシャツ着て並ぶの恥ずかしいのと、時間が押していたのでそのまま帰ったのですが、やっぱりもらうべきだったか・・サイン(笑)

以下が過去の演奏経歴です。(292ステージ目)
ヴェルディ:歌劇「アイーダ」より凱旋行進曲
・小林 研一郎/コバケンとその仲間たちオーケストラ(2011/05,08,09,12)
・同上 (2012/07,08)
・同上 (2014/08,09)
・同上 (2016/07)
■サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
・小林 研一郎/瀬崎明日香/コバケンとその仲間たちオーケストラ(2011/05,08,09,12)
・同上 (2012/07,08)
・同上 (2014/08,09)
・同上 (2016/07)
・藏野 雅彦/福澤 里泉/京都市民管弦楽団(2017/7)
■ブラームス:ハンガリー舞曲第5番(演奏旅行を除く)
・田中 良和/京都大学交響楽団(1989/01)アンコール
・山下 一史/麻生フィルハーモニー管弦楽団(1992/11)アンコール
・小林 幸人/北里大学交響楽団(1994/10)アンコール
・伊藤 章/旭富会クラシックコンサート部(1998/12)
・宅間 司/草津チェンバーオーケストラ(2009/11)アンコール
・岩井 一也/滋賀医科大学管弦楽団(2011/06)
・安藤 亨/八幡市民オーケストラ(2012/7)
・粟辻 聡/墨染交響楽団(2012/9)アンコール
・岩井 一也/滋賀医科大学管弦楽団(2015/06)
・小林 研一郎/コバケンとその仲間たちオーケストラ(2016/07)
・藏野 雅彦/京都市民管弦楽団(2017/7)
小林研一郎:パッサカリアより「夏祭り」
・小林 研一郎/コバケンとその仲間たちオーケストラ(2011/05,08,09,12)
・同上 (2012/07,08)
・同上 (2014/08,09)
・同上 (2016/07)
■シベリウス:交響詩「フィンランディア」(演奏旅行除く)
・柿元 生也/京都大学交響楽団
(1985/07)
・中村 ユリ/北里大学交響楽団(1991/10)
・川合 良一/秦野市民交響楽団(1992/04)
・川本 貢司/東京グリーン交響楽団(1995/04)
・岩井 一也/滋賀医科大学管弦楽団(2008/12)
・小林 研一郎/コバケンとその仲間たちオーケストラ(2011/05,08,09,12)
・同上 (2012/07,08)
・岩井 一也/滋賀医科大学管弦楽団(2012/12)
・増井 信貴/びわこフィルハーモニーオーケストラ(2013/6)
・小林 研一郎/コバケンとその仲間たちオーケストラ(2014/09)
・岩井 一也/滋賀医科大学管弦楽団(2014/12)アンコール
・藏野 雅彦/八幡市民オーケストラ(2016/1)
■モーツァルト:「レクイエム」からラクリモーサ
・辻 秀幸/静岡大学混声合唱団OB会/清水フィルハーモニー(2002/06)
■チャイコフスキー:大序曲 1812年
・小林 研一郎/コバケンとその仲間たちオーケストラ(2011/05,08,09,12)
・同上 (2012/07,08)
・同上 (2014/08,09)
・岩井 一也/滋賀医科大学管弦楽団(2016/06)
・小林 研一郎/コバケンとその仲間たちオーケストラ(2016/07)
・藏野 雅彦/京都市民管弦楽団(2017/7)

ここ数年、年3~5ステージくらいの仲間オケですが、今年はこのあと10月に岐阜公演があります。せっかくの近所の公演なのに、残念ながら私は参加出来そうにありませんが、また素晴らしい演奏家になることでしょう。来年の長野公演も参加出来ますように!






最終更新日  2017.08.13 10:29:04
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.