019227 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

One of my favorite things is ...

2019.09.19
XML
​ Netflixの動画配信を「HD 1080p」画質で視聴するためには、Windowsパソコンの場合、「Internet Explorer」か「Microsoft Edge」、あるいはNetflixアプリを利用する必要があるそうです。その背景には、著作権保護の問題があるようです。

 私は、Netflixアプリを利用しています。Windows 10のNetflixアプリは、「HD 1080p」画質だけでなく、「5.1ch音声」にも対応しているからです、ブラウザでの視聴では、「5.1ch音声」に対応していません。


-----------------------------------------------------------------
<Netflixの解像度:パソコンのブラウザの場合>
Google Chrome
  Windows、MacおよびLinuxで最大720p
  Chrome OSで最大1080p
Internet Explorer最大1080p
Microsoft Edge最大4k*
Mozilla Firefox最大720p
Opera最大720p
Mac OS X 10.10.3以降のSafari最大1080p
---------------------------------------------------------------------

 普段、アマゾン・プライム・ビデオは、Windows10のノートパソコンで、Google Chromeを利用して観ています。

 しかし、Netflixでは、Microsoft Edgeで高画質視聴ができるそうなので、アマゾン・プライム・ビデオをMicrosoft Edgeで観ると何かいいことがあるかもしれません。

 そう思って、アマゾン・プライム・ビデオの「ヘビーウォーター・ウォー」のエピソード6をMicrosoft Edgeで観てみました。先日、見終えているので、画質の検証用として再生しました。

 すると、Edgeに「HD 1080p」の表示が現れました。Chromeでは、「HD」の表示です。

 しかし、何度かEdgeとChromeで切り替えたりしているうちに、Edgeの「HD 1080p」の表示が「HD」となってしまい、「HD 1080p」の表示は戻ってきませんでした。

 ネットフリックスのスピードテストの「Fast.com」で回線速度を測ると、300Mbps以上のスピードになっているので、そもそもChromeで「HD 1080p」が表示されないのも変です。

 これは、回線速度の問題なのでしょうか。パソコンの環境や配信側の状況なども影響しているのでしょうか。

 数百Mbpsのスピードで、「HD 1080p」も安定して視聴できないようでは、「4K」とか「HDR」とかは、まず安定して利用できないのではないかと思いました。


​【その後、試した結果、プライム・ビデオは「Edge」で観ることにしました】​​

​  その後も試していますが、今のところChromeでは「HD 1080p」の表示が見られませんが、Edgeでは、「HD 1080p」の表示を見ることができるので、今後、プライム・ビデオは、Edgeで観ることにしました

 もちろん、何か不具合があれば、再検討しますが、当面はEdgeを試していきたいと思います。

 「HD」は720pのはずです。Edgeを使えば、悪くて「HD」ですし、「HD 1080p」の可能性もあるので、当然
Edgeを選ぶことになります。

 Microsoftの2016年のブログに、ビデオ再生時のブラウザ別の電力消費のグラフがありました。Edgeの電力消費が最も少なく、バッテリーが最も長続きしています。これは、CPUの使用率が低いからのようです。





 これまで、パソコンでは
Chromeでプライム・ビデオを観ていたので、とても損をした気分です。画質だけでなく、電気代も。
 
 ネット上では、プライム・ビデオのブラウザ別の解像度の情報は見かけません。

 「プライム・ビデオの推奨ブラウザは、Chrome」とかいう情報が検索上位にあったりしますが、検索上位の情報が必ずしも正しいとは限らないことを再認識しました。

 「HD 1080p」「CPU使用率」などの情報からすると、「
プライム・ビデオ視聴におすすめのブラウザがEdgeである」といった情報がネットにもっとあってもいいのではないかと思いました。

 利用者は、上記のような情報を知った上で、Chromeを選ぶのか、Edgeを選ぶのかを決めればいいと思います。

 いずれにせよ、Windows10のパソコンで、
Chrome」を利用してプライム・ビデオを観ている場合は、一度、Edgeでの視聴を試すことをおすすめします。

 下記は、アマゾンのサイトの情報ですが。「解像度」についての言及はありません。ただ単に、「対応ブラウザ」としかありません。
アマゾンが「解像度」の情報も示してくれることを強く望みます。もしも、ブラウザ別に違いがあるのであれば、ユーザーにとって、とても重要な情報です。

---------------------------------------------------------------------
<アマゾン・プライム・ビデオ:パソコンの対応ブラウザ>
パソコンでのPrime Videoシステム要件
Prime Videoは、Windows、Mac OS、Chrome OS、Linuxを実行しているパソコンのウェブブラウザからご利用いただけます。
注: すべてのPrime Videoタイトルが全機能に対応しているわけではありません。
Prime Videoにアクセスするには、以下のウェブブラウザの最新バージョンを実行していることを確認してください。
Google Chrome
Mozilla Firefox
Microsoft Internet Explorer
Microsoft Edge
Safari
Opera
---------------------------------------------------------------------
 
 Netflixは、ブラウザ別の解像度を公開しているので好感が持てます。アマゾンもできるだけ、詳細な情報を示してほしいと思います。


 ただし、Edgeでも、最初の1~2分は「HD」表示から始まります。これは、何とかならないものでしょうか。ドラマとかだと、いきなり本編から始まるものも多くあります。


【​以上、こちらのブログ​に投稿した内容を再構成しました】

​​​​






Last updated  2019.09.20 14:36:48
コメント(0) | コメントを書く

PR

Recent Posts

◆今後、アマゾン・プライム・ビデオは「Edge」で観ることにしました:動画配信サービスの「HD」画質と「HD 1080p」画質。回線速度によって決まるというけれど、それは本当でしょうか?
◆アマゾン・プライム・ビデオ:「プライミーバル(Primeval)」シーズン1、エピソード1を観ました
◆How Windows Sonic looks like.​​:Windows Sonic for Headphonesの音声処理の特徴:7.1.2chテストトーンの録音データ分析の続編です:周波数、レベル、時間差の組み合わせで立体音響を表現?
◆How Windows Sonic looks like.​​:Windows Sonic for Headphonesの音声と2chステレオ音声の比較:7.1.2chテストトーンの比較で明らかになった違い:一目で違いがわかりました
◆Netflixで「FLASH(フラッシュ)」のシーズン1を見ています:Dolby Atmos for Headphones(ドルビー・アトモス・フォー・ヘッドホン)の効果を視覚化してみました
▼楽天市場の商品レビューの分析:【R】のコードで半自動化を目指します:カレンダーヒートマップ編
◆iPhone 11 is Dolby Atmos compatible, the new 10.2-inch iPad is Dolby Digital Plus compatible: The problem is compatible content: Will Apple TV+ be the source ?
▼NASAのNEOデータの可視化の試み:「R」によるアニメーショングラフ:小惑星(Asteroid)の散布図です
▼iPhone11はDolby Atmos対応、新しい10.2インチiPadはDolby Digital Plus対応です:しかし、問題は対応するコンテンツが配信されるのかどうかです:Apple TV+はモバイル端末向けのDolby Atmosなどのサラウンドサウンドのコンテンツ源になるのでしょうか?
▼楽天市場の商品レビューの分析:【R】のコードで半自動化を目指します:テキストマイニング編

Category

Archives

Calendar

Comments

Rakuten Card

Rakuten Ranking

Free Space


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.