19265063 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

8月24日(土)は「仮… New! クルマでEco!さん

なつぞら  第12… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

本を出版したい方へ♪… New! 鹿児島UFOさん

今日の収穫 (8月… New! BROOKさん

優>『なつぞら』第1… New! ひじゅにさん

TIF 対 NHK YOSHIYU機さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

夏のいろいろ 俵のねずみさん

毎日、暑いです。 うさこ(^o^)さん

2019年07月21日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
病院を辞めた白川(椎名桔平)は、
大塚(井上肇)から終末期医療について患者と向き合うようになっていると、
病院に来て欲しいと伝える。白川は、自身の犯したこともアリ、それを断る。
だが大塚は、だからこそ向き合うべきと告げる。

そのころジャモの新見(北村有起哉)と連絡が取れず、心配する柴木(芦名星)
佐渡原(近藤正臣)という存在などもあり、山名(杉本哲太)も不安を感じる。
そんな折、平野(正名僕蔵)に呼び出され、新見が殺されたと知らされる。

苦悩しながらも、大塚の病院に現れた白川。
畠中保(田山涼成)という患者の相談だった。
治療の施しようが無い状態ではあるが、安楽死を望まず。
家族は、東京に住む息子・敦也(野間口徹)その妻・優里花の家族だけ。
患者は、人里離れた故郷での在宅医療を望んでいるという。

そんななか、晶子(坂井真紀)に、康代(鈴木砂羽)の事務所に呼ばれる白川。
見せられたのは、章太郎(葉山奨之)の映像だった。

一方で、白川は、山名から。。。。

敬称略


脚本は、田中洋史さん

監督は、兼重淳さん



どういう結末に持って行くのか?が気になっていたが。

なるほどなぁ。。。。複数を描く。。。か。

答えは、そこしかないからね。。。。。

その一方で、思わぬ真実も発覚。

かなりシリアスな結末に持って行った感じだ。

が、もの凄く繊細に。。。。丁寧に描かれているので、

妙な不快感なども無い。よく出来た秀作でしょうね。

今作のような作品は、WOWOWでしか放送出来ないでしょうし。


細かい事を言い出すと。

前回と今回で、急展開になっているので、

微妙な違和感はあるコトはあるんだけど。気にしないことにします。






最終更新日  2019年07月21日 22時58分27秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.