20010532 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

スカーレット  第… New! はまゆう315さん

特大7kg越えのプレミ… New! クルマでEco!さん

劇場鑑賞「ジュマン… New! BROOKさん

心を動かす>『スカ… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

綾の光時通信 千天… 鹿児島UFOさん

やる気MAXオリックス YOSHIYU機さん

久々の5分でアップで… 俵のねずみさん

秋ドラマ最終回予定… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2019年11月12日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
就活を始めた也映子(波瑠)は、婚活も開始する。
そんな折、元婚約者・智史(森岡龍)と再会。近況を聞くことに。
なぜか、理人(中川大志)のことが、よぎりながらも、
智史のことを嫌いになっていないことに気付いてしまう。

そんななか、也映子は、婚活パーティーで白鳥敬一(えなりかずき)と
カップルが成立したのだが。。。。

それから少しして、幸恵(松下由樹)から練習に誘われる也映子と理人。
白鳥とのデートがあると知るや、幸恵はデートに行くよう促す。

敬称略


脚本は、安達奈緒子さん

演出は、金子文紀さん



これ。。。どうやら、いくつかのミスを犯してるね。

1つ目は、登場人物の魅力だ。

このことは、初回から存在した一番の問題点だが。

それを、3人の人間関係を見せて魅せるというやり方で、上手く誤魔化せていた。

が。。。。ここで、一番の致命的なことが。

そう。時間経過である。

確かに、誤魔化せていたのだ。経過させる前までは。

しかし、時間経過させたことで、その経過中の関係は見えないし。

再会しても、微妙すぎで。

3人以外の要素に時間を割かれてしまっていた。

結果、魅力。。。半減どころでは無い状態だ。


そらね。原作があるのも分かっているんだけど。原作はあくまでも原作。

多少なりとも、友人関係が築けていたんだから。

たとえ、教室が無くても。。。せめて、スマホだけでも、

繋がりを表現すべきだったでしょう。

その継続こそが、再会の時の“何か”に繋がるんじゃ無いのかな?

正直。《今回は初回?》というくらいの違和感しか感じ無かった。

実際、キャラだって、変わっているわけだし。



何度も書くが。。原作も分かる。

でも、そこに、こだわりすぎて、“連ドラ”として崩壊させてしまっては、

全く意味が無いです。


最後に。

実を言うと。途中で。。。。あれ??って何度も感じてしまったのだ。

一瞬、眠っていた?とかね。

それくらい、流れがスムーズではないし。

ハッキリ言えば、何を描きたいのかが、サッパリ分からなくなってしまった。

おかげで。“見忘れた?”“見逃した?”と感じているから、

なんども、見直したよ(苦笑)






最終更新日  2019年11月13日 00時21分41秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.