000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あきくんのお楽しみ

PR

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

料理

2020.08.10
XML
カテゴリ:料理

皆さんいつも僕のブログを読んで頂いてありがとうございます✨‼️


いつも僕が作る休日の料理は魚を使った和食やパスタとかですが今回は初のエジプト料理を作ってみました👩‍🍳
当初の計画ではマハシーとケバブとモロヘイヤのスープにするつもりでしたがスーパーや道の駅に行ってもモロヘイヤが無いのとインド・パキスタン料理を作ったときのバスティマライスが余っていたのでモロヘイヤのスープからエジプトの国民食であるコシャリ(今回作ったコシャリは揚げ茄子を使った揚げ茄子のコシャリです。)と言う混ぜご飯に変更したのと、ケバブの変更の理由はミンチが棒にくっつけた時に崩れやすくなってしまったのでコフタと言う中東のハンバーグ・ミートボールに変更しました‼️

それでは先ずエジプトの国民食コシャリ(揚げ茄子のコシャリ)の作り方から入ります‼️



最初にバスティマライスを洗います。


バスティマライスの形はこんなに細長い形をしています🎵
因みにこのバスティマライスはパキスタン産です‼️



バスティマライスを鍋に入れてブラックペーパーシードと一緒に炊き上げます。
コシャリを知ったきっかけは数年前にテレビの大食い番組でエジプト料理のお店で大量のコシャリとその上にケバブがたくさん乗せてあり、そのコシャリの中をよく見たらブラックペーパーシードが入っていたので入れてみました✨
昨日コシャリを作る前にレシピをいくつか見て下調べしていたらブラックペーパーシードが入っていないのも多く無しでも充分美味しいですし、そこのところはお好みで良いです✨☺️



バスティマライスを炊き上げると同時にマカロニとスパゲッティーを1/3に折り茹でていきます。

マカロニとスパゲッティーはコシャリには必ず必要です‼️





炊き上がったバスティマライスの仕上がりはこんな感じです‼️



炊き上げたバスティマライスに茹でたマカロニとスパゲッティーとヒヨコ豆を入れて混ぜ合わせます。
豆もコシャリには必ず必要ですが色々レシピを見ていたらレンズ豆等々の違う種類の豆を使っていた物もありましたのでお好きな豆をお使い下さい☺️


次にコシャリに必要なソース作りですが、フライパンにすりおろしニンニクとクミンシードをオリーブオイルでコンガリ炒めていきます。
次にホールトマトを入れて塩コショウで味付けをしてカイエンペッパーとクミンを入れてソースを煮込めば出来上がりです✨


完成したコシャリのソースです✨




最後に揚げ茄子を盛り付けて完成です‼️


本来はフライしたオニオンをトッピングしてソースはこの上に直接かけますが今回はフライのオニオンは無しでソースもあえて食べるときに各自でかけるスタイルにしました‼️
この量でしたら絶対に余りますし直接ソースをかけたら翌日に食べるとき見た目が汚くなるからです。


こんな感じで自分のお皿に入れてからソースをかけて食べました✨


次はマハシー作りです👩‍🍳


マハシーとは何かなと言うとアラビア語で詰め物と言う意味でエジプト以外の中東の国々でも食べられています。
今回のマハシーはトマトとピーマンの中身をくりぬいて中に具を詰めましたが、それ以外だと茄子をくりぬいて具を詰めたり、キャベツやブドウの葉っぱに具をくるんで作ったマハシーもあります✨



タマネギはみじん切りにしてバスティマライスとミンチ、下味は塩コショウ、スパイスはクミンシード・クミン・コリアンダー・シナモンを加えてよく混ぜます。


このようにトマトとピーマンの中身をくりぬいて具詰め込みます✨


次は鍋にすりおろしニンニクを油で炒めて水と塩コショウとコンソメで味付けして、ホールトマトを加えて煮込んでいくだけです。


トマトとピーマンのマハシーの完成品はこんな感じです✨





お次にコフタです✨


本当はケバブを作りたかったのですが、繋ぎの卵とミンチの割合が悪かったのか棒にくっつかずコフタにしました‼️
ケバブはインド・パキスタン料理を作ったときやイラン料理の時にも作った事があり、インド・パキスタンのケバブのときはレシピに繋ぎの卵は書いていませんでしたがイランのケバブのレシピには繋ぎに卵を使うと書いてあり、イランのケバブを作ったときとインド・パキスタンのケバブを作ったときの物を比べてみると、イランのケバブの方が繋ぎの卵を使っているので焼いているときにお肉が崩れにくかったです。
話が少しずれてしまいましたのコフタの話に戻します。

コフタは中東のハンバーグもしくはミートボールみたいな物で中東の国々は勿論、東ヨーロッパのバルカン半島の国々でも食べられていますしパキスタンやインドではカレーに入れて食べたりもします。
今回のコフタの作り方は最初からケバブを作るつもりでしたのでケバブに使うスパイスや作り方になっていますのでケバブ風コフタになったとでもいえます。

ボールにミンチと繋ぎの卵を入れてスパイスはターメリック・クミン・クミンシード・コリアンダー・シナモン・ナツメグ、下味は塩コショウを加えてよく混ぜ込みます。


手ぶれで画像が悪くなってしまいましたが、このように形を整えてフライパンで焼きます。


出来上がりがこちらになりますが色々作っているうちに冷めてしまいましたのでオーブンで少し温めました。
コフタにはフライドポテトを付けてみました✨


コフタに揚げ茄子のコシャリにトマトとピーマンのマハシーが完成して揃ったところで頂きました✨

とても美味しかったです‼️




次は中東のどの国の料理を作ろうかと悩んでいます。
今のところいくつかの候補としては、イラン料理にするか初挑戦でイスラエル料理のレシピを調べて作るかトルコ料理にするかと考えています✨

https://affiliate.rakuten.co.jp/link/pc/shop?me_id=1213310









最終更新日  2020.08.10 10:21:32
コメント(0) | コメントを書く


2020.08.09
カテゴリ:料理

皆さんいつもブログを読んで頂いてありがとうございます✨


昨日の朝一と昼食後はエクセルが使えるように勉強していて大間かな事は理解出来るようにはなりました。
お恥ずかしい話ですが僕はパソコンが不得意で家で出来る仕事を始めるなら先ずは将来必要になるパソコン操作を学びたいです。
勉強以外の過ごし方としては、せっかくの休暇ですから原付で買い物や岸和田市の牛滝山バス停まで行きました。


夕食はいつものお決まりのパスタでペスカトーレを作りましたが昨日のパスタのセットはサラダではなくキッチュを作りました。

我流イタリア風キッチュです‼️


どこが我流かと言われると作り方や材料を見てもらえば解ると思いますが、先ずはボールに卵とオリーブオイルとバジルを入れます。
普通のキッチュならバジルやオリーブオイルは入れません‼️



次ですが、ここで普通は生クリームを入れますが我流ですので生クリームの替わりにチーズを入れます。


材料は角切りにしたヅッキーニ・ほうれん草・荒みじん切りのタマネギ・細かく切ったボロニアソーセージ・ブラックとグリーンのオリーブの実を入れて塩コショウで味付けをします。


耐熱皿に移してオーブンで焼いていきます。
オーブンは1000wで余熱して500wでキッチュを焼きます。


焼始めてから10分後です。


それからさらに10分後にはふっくらと膨らみ焦げめも付き始めました‼️


そして250wに落として又さらに15分焼いて完成です✨





https://affiliate.rakuten.co.jp/link/pc/shop?me_id=1312184









最終更新日  2020.08.09 09:43:54
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.08
カテゴリ:料理

いつも僕のブログを読んで頂いてありがとうございます✨


お盆休みに入り、仕事の疲れを癒そうと心身を休めたりお出かけしておもいっきり楽しんだりもしようと考えていますが、自由を手に入れる為や家で出来る仕事等、僕の人生をドンドンよくする為の勉強が出来るチャンスですので頑張りどころでもあります✨
平日の仕事がある日は朝早くから出勤して毎日がクタクタ状態で頑張ろうにも中々遣る気スイッチが入りません💦
そんな日々の中つい頭の中で考えてしまう事は、

「一刻も早く労働生活から脱出したい‼️」


「労働から解放され24時間年中自由を手に入れられれば疲れること無く家で出来るライクワークを始める為の勉強ができるのにな~‼️」


「あ~💦さっさと自由になりたい‼️😫」


等々ついそう思っています。
「頑張れ頑張れ ‼️」
「自由になりたいならしんどくても毎日頑張って勉強しろ‼️」
何て事を言ってくる日とがいますが人間は体力が切れるとどうしてもできなくなります。
やはり先ずは肝心な事は置いておき、簡単な副業をいくつも持ちそのお金を投資に使いセミリタイアを先にするしかないのかな~🤔
でも投資は損しそうだし度胸がいる😫

雑談が長くなりましたが本題に入ります‼️


昨日の夕食は、ガシラの酒蒸し焼き・冬瓜とゴボウのとろみ煮・ジャコエビのチリソース・イカの一夜干しのタラコバター炒めです👩‍🍳

冬瓜とゴボウのとろみ煮は、先ずは乱切りゴボウをお湯で炊いて次に一口サイズにカットした冬瓜を加えてだしの素とめんつゆで味付けをしてから水溶き片栗粉でとろみを付けました‼️


イカの一夜干しタラコバターはフライパンにバターを入れて一夜干しのイカを炒め濃口醤油をほんのちょびっとだけをたらして出来上がり直前にタラコを入れて一夜干しのイカにサッと絡めれば完成です✨



ジャコエビのチリソースですがジャコエビに片栗粉をまぶし油でカラッと揚げてタマネギとピーマンを炒めてすりおろしニンニクとトウバンジャンを加えてさらに炒めてケチャップで味付けしただけのメニューです✨


ガシラの酒蒸し焼きは味付けは塩だけで、焦げ付いて身が崩れないようにフライパンに少し油付けガシラを置きお酒を振りかけ蓋をするだけです✨
煮魚でも勿論美味しいですが焼きや蒸し焼きの方が魚その物の旨みが味わえますし、「幼い子供には焼き魚より煮魚を先に食べさせた方が良い。なぜなら焼き魚の方が旨みが魚に閉じ込められて先に焼き魚を食べると煮魚が食べれなくなるから‼️」何て話を耳にした事もあります。

確かに焼き魚は絶品だわ☺️




この4品を揃えてお酒を味わいながら頂きました✨


うまい物を食べている時やお酒を飲んでいるときは不安や嫌なことを忘れられる程の幸せです🎵


どんなに不安になろうと挫けず諦めず自由な生き方をして家で本当に心底好きだと感じられるようなライクワークを始めるんだという信念を持ち続け時間が無くても小さな事からコツコツと遣っていくしかない。
そう思いながら頑張り続けていくことにします✨☺️

https://affiliate.rakuten.co.jp/link/pc/shop?me_id=1304618









最終更新日  2020.08.08 17:17:35
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.07
カテゴリ:料理

いつも僕のブログを読んで頂いてありがとうございます✨


昨日の夕食はこの前の焼き肉のあまりの豚カルビとチャルメラ宮崎辛麺を使った辛い焼きそばを作りました✨👩‍🍳
チャルメラ宮崎辛麺は袋に描かれているとおり卵とニラを入れたり、何も入れずそのまま食べても勿論美味しいですが昨日の作った辛い焼きそばはチャルメラ宮崎辛麺と焼き肉のあまりを使いこんなユニークな活用法もあるのだなと是非参考にしてみてください‼️


これが豚カルビで元々味が付いていてタマネギとネギが入っていた物をニンジンの千切りと一緒に炒めていきます。


次にニンジンと豚カルビが煮えたらキャベツ・ピーマンを炒めてます。


チャルメラ宮崎辛麺の麺をあらかじめ茹でておき、具材に火が通ったら茹でた麺を入れて具材と絡めます。


もやしとキムチ、すりおろしたニンニクとしょうがを加えチャルメラ宮崎辛麺に付いていたスープで味付けしてひと炒めすれば完成です✨



インスタントラーメンを使った焼きそばは以前にも作った事がありますが昨日のはチャルメラ宮崎辛麺とこの前の焼き肉のあまりのお肉も活用しました‼️
焼き肉はカルビ・タン・ハラミ・ホルモン等々美味しいからつい色んな種類を買い最後は余ったりします。
そんなときはあまりのお肉や野菜を使って別の料理に変身させてみるのもオススメです✨
昨日の辛い焼きそば以外にも韓国風焼き肉スパゲッティーも作った事があり、あまりのお肉とキムチとごま油を使いました。
他にも、豚トロか豚タンとネギを使ったチャーハンにしても絶対に美味しいです✨
ミノやテッチャンとかのホルモンはソース焼きそばやニラやキャベツやニンニクを入れたお鍋にすることが出来ます✨


https://affiliate.rakuten.co.jp/link/pc/shop?me_id=1203677









最終更新日  2020.08.07 17:07:28
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.03
カテゴリ:料理
皆さん今日もブログを読んで頂いてありがとうございます✨

パスタ大好き❤️


イタ飯大好き💕


な僕ですので土曜日と続いて日曜日もパスタにしました‼️😃
日曜日に作ったパスタは、

和風ミートスパゲッティーです👩‍🍳


昨日のフェトチーネを使ったパスタのブログにはミートスパゲッティーにするときはフェトチーネかリングイネの方がミートソースとよく絡むので使いたいと書きましたが買うのを忘れてしまいやむ終えず普通のパスタをしようしましたし✨
ミートスパゲッティーにフェトチーネかリングイネの方が相性はバツグンですが必ずしも使わなくてはならないと言う義務は無いですし普通のパスタでも充分美味しいので、そこのところはひとそれぞれお好みで良いと思います✨

使用する材料はニンジン・タマネギ・しょうが・青ネギ・ミョウガ・トリミンチです👩‍🍳



先ずはミョウガを薄い小口切りに刻みます。
青ネギは刻んである物を使用しました。


タマネギ・ニンジンはみじん切りにしてフライパンに油を加え痛めます。


次にトリミンチとしょうがのすりおろしと酒を加えてミンチをほぐしながらよく炒めていきます。


よく炒めたら水を加え顆粒のだしとめんつゆで味付けします。


最後に片栗粉でトロミをつけます。
緑の野菜は獅子唐の小口切りですが、金曜日に作った天婦羅の材料の余りを使っただけですので無しでもいいです‼️


いつもならフライパンの中でパスタにソースを絡めるのですがこの和風ミートスパゲッティーの場合は上からかけます。


最後の最後に刻みの青ネギとミョウガをトッピングして完成です✨🎉
この写真は僕の分で、ラーメンにせようどん・そばにせよネギを大量にドバドバかけて食べるのが大好きなものですから今回の和風ミートスパゲッティーにもネギをドバドバかけました✨


こちらがネギの適量バージョンです‼️
本来はこの写真の通りの量です。


https://affiliate.rakuten.co.jp/link/pc/shop?me_id=1199751









最終更新日  2020.08.03 17:58:00
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.02
カテゴリ:料理

皆さん今日もブログを読んで頂いてありがとうございます‼️


この前のフェトチーネを使った時のパスタソースはエビとカニ缶を使ったクリームソースでしたが、今回は厚切りベーコンを使いトマトチーズクリームソースにしてみました✨👩‍🍳
いつもパスタとサラダを作る時はグリーンとブラックのオリーブの実を使いますが今回はどちらオリーブの実は使っていません。
オリーブの実は僕の好みで入れているので、使う使わないかはパスタソースにもよりますが必ずしも使わないといけない事はありません。


写真を見て頂くと分かりますがパスタの形はとても平べったく、これがソースとよく絡むのです❗️



フェトチーネはクリームソースとの相性はバツグンですが、ボロネーゼ(ミートスパゲッティー)の時は普通のパスタではなく本来このフェトチーネかリングイネと言うフェトチーネ程ではないのですが少し平たい形をしたパスタを使います。
今度ボロネーゼ(ミートスパゲッティー)を使うときはフェトチーネかリングイネを使いたいと思います✨

旨ければ何でも良いと思う考えも理解出来ますが僕が作るパスタみたいに、「ペスカトーレの時は普通のパスタ・クリームソースとボロネーゼ(ミートスパゲッティー)の時はフェトチーネかリングイネ・冷静パスタはカッペリーニでないと❗️」というこだわりを持つこともとても大切ですし違うパスタで味わって楽しまなければならないと思っています✨


https://affiliate.rakuten.co.jp/link/pc/shop?me_id=1378391









最終更新日  2020.08.02 16:59:08
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.01
カテゴリ:料理
皆さん今日もブログを読んで頂いてありがとうございます‼️
昨日の夕食は前日に作った鰤の煮付けと磯煮で、当日は鰯・オクラ・獅子唐・茄子で天婦羅を作りました👩‍🍳
前のブログにも書きましたが無駄や時短・効率・自分の時間を確保するために簡単に出来る磯煮と鰤の煮付けだけを前日に作りながらブログを書いて、当日は時間のかかる天婦羅を作りましたがこの遣り方でも1時間近くたってしまたので正解でした。

鰯の天婦羅です✨


鰯と鍋の大きさの関係で1回につき6匹、4回に分けて揚げました✨👩‍🍳
鰯の天婦羅の完成品は下の写真の箸でつまんでいます‼️



オクラの天婦羅です✨


画質が悪くてすいません🙏
オクラの天婦羅の完成品は下の写真中央です‼️



獅子唐の天婦羅です✨


獅子唐の天婦羅の完成品も写真下の中央です‼️



茄子の天婦羅です✨


茄子は大きいので半分に切り、肉厚な部分は煮えやすくするため包丁で3~4本切れ目をいれています。
茄子の天婦羅の完成品は写真下の箸でつまんでいます‼️



写真の上が天婦羅、左がニンジン・昆布ひじき・干しエビ・しらす・うすあげを使った磯煮と鰤の煮付け(磯煮と鰤の煮付けは前日に時短のために調理)、右が天婦羅のつゆです。


金曜日の夕方からは僕の美味しい手作り料理を食べながら酒を味わいながら口に出す口癖は「仕事のあとの酒は最高😃⤴️⤴️」
で解放感がたまらなく至福の一時です✨
週5日、毎日9時間仕事をして睡眠時間も足りているはずなのに疲れも眠気も取れず仕事中でも常に眠く本当に地獄です😱
社員として働くのは僕にとって身の丈に合わないのかもしれませんね😅

短期的中期的に家で出来る仕事に移り最終的にはセミリタイアして時間に縛られること無く自由自在に生活するのが僕の目標です✨



https://affiliate.rakuten.co.jp/link/pc/shop?me_id=1194540








最終更新日  2020.08.01 17:41:58
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.30
カテゴリ:料理

皆さん今日もブログを読んで頂いてありがとうございます☺️


そしてお疲れ様です‼️


今日は仕事から帰り明日の夕食で作れる物は作っています‼️
なぜかと言うと明日の月末は仕事上の都合により書類に追われいつもより帰りが遅くなるからです😱
明日のお酒と共に頂く料理は天婦羅、鰤の煮付け、磯煮と言うお決まりの海の幸和食です。
天婦羅は鰯、茄子、オクラ、獅子唐を使い作るのも結構時間がかかるので、手っ取り早く料理を食べ始めたりお酒を楽しみたいのでサッサと作れちゃう鰤の煮付けと磯煮を前日に作ることで時短でき、飲み食いする時間を確保しています✨
因みにですが鰤の煮付けと磯煮を作りながらこのブログを書いています。

あまり綺麗に見えないかも知れませんが、これが磯煮で、材料はニンジン、うすあげ、昆布、ひじき、干しエビ、しらすを入れて煮込んでいます👩‍🍳


こちらが鰤の煮付けを炊いている写真ですが落し蓋が落し豚になっていてとても可愛いくて豚が大好きな僕はこの落し豚が気に入っています。


僕の人生の目標の1つとして掲げている事は無駄や非効率を徹底排除して効率化の徹底追求です。



10個あるうちの10個遣るなら手を抜くとこは手を抜くか、重要な事だけを重点的にキッチリ繊細にやり抜きそれ以外の事は遣らない‼️


如何に早くやり遂げ自分の時間を確保するか❗️


重要で無い事に自分の時間を取られるとイライラする❗️


1日24時間中の8時間睡眠にあてさらに8時間を労働しさらにさらに通勤時間にも時間を取られ家事にも時間を取られ疲れはてた中のわずかしかない時間を有効かつ効率的に使わないと時間も人生も無駄‼️


それが僕の考えです‼️



https://affiliate.rakuten.co.jp/link/pc/shop?me_id=1249489








最終更新日  2020.07.30 18:35:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.23
カテゴリ:料理

皆さん今日も僕のブログを読んで頂いてありがとうございます✨


いつも僕の作る料理でブログに投稿するはパスタばかりで皆さんの中には飽々している人もいると思います。
しかし、パスタが大好きでよく作って食べているからこそ美味しいパスタの食べ方を知っていたり、さらにこれ以上美味しくするために研究したり調べたりしているので皆さんにパスタの美味しい食べ方を伝える事ができると思いパスタネタのブログを書いています✨

今日は過去に投稿したパスタの写真もふくめてオススメのパスタと食べ方を伝えたいです✨


僕がオススメのパスタの種類は、

・リングイネ


・フェトチーネ



・リガトーニ、ペンネ 等々の穴の空いたショートパスタ


です‼️
リングイネとフェトチーネは平べったい形をしているのでソースと絡みやすく、僕がオススメしたいリングイネとフェトチーネに使うソースは、

クリームソースとトマトクリームソースです✨


クリームソースはコクがありソースと絡みやすいリングイネとフェトチーネとの相性はバツグンでさらにこのクリームソースにトマトソースを混ぜるとクリームソースのコッテリ感がトマトの酸味が入ることによりバランスのいい感じになります。
トマトクリームソースにする場合の具は、シーフードでもじゅうぶん美味しいですが一番合うのは厚切りベーコンです。
厚切りベーコンを入れるときは先ず、表面をコンガリ焼くことにより厚切りベーコンの風味と塩味がよく引き立ちます✨
ですので厚切りベーコンを入れるなら塩は控え目に使用して下さい。

あと最近知ったことですがミートスパゲッティーに使うパスタも本来はフェトチーネかリングイネを使いますので次の機会にミートスパゲッティーを作るときはフェトチーネかリングイネを使うようにしたいです。

これがフェトチーネです。



リングイネの写真は残っていませんが、この前のエビとカニを使ったフェトチーネのクリームソースでコッテリした濃厚クリームソースとソースに絡みやすいフェトチーネとの相性は本当に良かったです✨


リガトーニとペンネ等々の穴の空いたショートパスタですがこれも理由としてはソースと絡みやすく様々な形があるので楽しめます✨
アラビアータソースなら絶対にペンネで食べるべきですし、リガトーニならクリームソースかトマトクリームソースが一番でこれにチーズを加えるとより最高な味に仕上がります✨

リガトーニです。


これも前に書いたブログからの写真ですがトマトクリームソースの厚切りベーコンでさらに写真の通りにチーズを入れてよく混ぜ合わせました‼️









https://affiliate.rakuten.co.jp/link/pc/shop?me_id=1378391









最終更新日  2020.08.02 17:00:21
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.20
カテゴリ:料理

皆さん今日も1日お疲れ様です✨


本当にいつも見て下さりありがとうございます🙇


昨日のブログに描いた通りパスタ大好きの僕が一昨日と昨日2日続けて夕食にパスタを作りました👩‍🍳

昨日作ったパスタはイタリアのパスタ料理ではなく、スパゲッティー・ウィズ・ミートボールと言うアメリカ生まれのパスタ料理です。



市販のミートボールを買うつもりでしたが値段が挽き肉の方が安いので手作りミートボールにしました✨
挽き肉にタマネギと塩こしょう、僕流にアレンジしてハーブ入りの塩で下味を付けます。


つなぎに小麦粉も使いました‼️


フライパンにニンニクみじん切りとオリーブオイルを入れコンガリするまで炒めたら、ホールトマトとケチャップ、白ワインと塩こしょうで味付けをして煮込みトマトソースを作ります。


トマトソースがグツグツ言い出したら手作りミートボールをスプーンて丸みをつけてトマトソースの中には入れて蓋をして煮込みます✨

ゆで上がったスパゲッティーをソースに絡めます✨


そしてお皿に盛り付けてからパセリをトッピングして完成です👏🎉



スパゲッティー・ウィズ・ミートボールは20世紀初頭にアメリカのニューヨークで誕生し、最初に作った人がイタリア系アメリカ人で、ミートソースのスパゲッティーの麺はフェトチーネかリングイネ等の平たい
麺を使用し、普通の麺だとミートソースに絡みづらいので挽き肉を丸くしてミートボールにすれば普通の麺でもミートボールと麺を一緒に食べやすくなるとの事で誕生しました。
今回作ったスパゲッティー・ウィズ・ミートボールは普通の麺にトマトソースですが、パスタの種類やソースの種類を変えた違うバリエーションもありますので又の機会に作ってみたいです。
僕流のアレンジとしてだし醤油とかめんつゆを餡にした和風スパゲッティー・ウィズ・ミートボールや中華ぽっく酢豚風の味付けにしたバージョンとかもアリなんじゃ無いかなと思います‼️
https://affiliate.rakuten.co.jp/link/pc/shop?me_id=1213310








最終更新日  2020.07.20 17:39:22
コメント(0) | コメントを書く

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.