927772 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ウッドデッキのある風景

ウッドデッキのある風景

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2013年01月28日
XML
カテゴリ:耐朽性、経年変化

 傷んでいた部分はこんな感じ。
130128A

 一方傷んでいない部分はこんな感じ。
130128B
 
 傷んでいる材は特定の場所に集中をしています。
 それ以外の場所は下の写真のように直ぐにダメになるとは思えない状態でした。

 この2つの写真の場所には何らかの環境の差があるとは思えません。
 あえて言えば、最初に書いたとおり傷んだ部分は多少他の部分よりも多く歩いているのではないか?
 と言うことなのですが、傷んでいる場所だけそう頻繁に歩いているとも思えません。
 根太のピッチも狭く、ビスもよく効いていましたので、前に書いたようにビスが緩んで水が溜まったとも思えません。

 これはあくまでも仮説に過ぎませんが、
 「腐ったりんごは傍らのリンゴを腐らせる」を
 当てはめるとピンと来ます。
 
 13年経過をしていますので、弱い材は腐っても何ら不思議は有りません。
 1本腐ったことで、その辺りに不朽菌が繁殖をして、周りの正常な材にも悪影響を及ぼしたのではないでしょうか?

 前回ご案内をした通り、新設をした手摺にはウエスタンレッドシダーに防腐加工を施した材を使用しています。
 ウエスタンレッドシダーはご存じの通り高耐久木材ですが、天然木材は、当たり外れがどうしてもあります。
 防腐加工を施すことで、外れの材の耐久力が飛躍的にアップをします。
 今度は13年で傷むことは無いと信じていますが・・・

 可能で有れば、10年以上先に再訪できれば実証できるんですけどねェ・・・

-----------------------------------------------------
ウッドデッキ工事の施工のご依頼はウッドデッキネットへ






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2013年01月28日 13時07分47秒
コメント(1) | コメントを書く
[耐朽性、経年変化] カテゴリの最新記事


PR

Category

Calendar

Archives

2024年05月
2024年04月
2024年03月
2024年02月
2024年01月

Comments

タウンライフアフィリエイト運営事務局@ タウンライフアフィリエイト運営事務局でございます。 平素は大変お世話になっております。 タウ…
アイアン・ウッド@ Re[1]:謎の鳥居(03/14) どーもさん これは見る人によって数が変わ…
どーも@ Re:謎の鳥居(03/14) こんばんは! これは面白いですね。 測量…
アイアン・ウッド@ Re[1]:日本一高い天空庭園(01/28) どーもさん 前から気になっていたところに…
どーも@ Re:日本一高い天空庭園(01/28) こんにちは♪ 日本一高いビル、58階にデ…

Profile

アイアン・ウッド

アイアン・ウッド

Favorite Blog

シングルパパ奮闘日… 発汗兵衛さん
ラジコン バッカ WI… cupracer222さん

Freepage List

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.