伊豆大島木村五郎・農民美術(あんこ人形)資料館

フリーページ

2018年09月08日
XML
カテゴリ:伊豆大島案内
よろしくお願いします、とどんな展示をされるのか、何も知らずに展示会場になることを了解したのです。
自分の工房をしながら、たとえば「人形つくりに6人の団体さんが見えた時にはラクダの映像が見えるの?」そんなことまで考えもせずに了解したために、始まって早々にバッティングしてしまいました。そんなことは会期中にあるとは考えもせず、でした。ラクダを見るお客さんが来る前に「人形つくり」は始まっておりテレビを見てもらうことはできませんでした、反省点です。

昨日は海人の浅見さんが、今日の昼には「格安で大島日帰りができる美術展見学ツアーの皆さん」が藤井工房に寄ってくれました。バーチャル・リアリティーVRで「仮想ラクダ乗り三原山見物」をしていただきました。
3匹の駱駝の子孫はいるんですか、の質問に「戦争がはじまり兵隊さんが大勢駐屯したので一頭は食料となってしまい、もう2頭はエサをあげられないので千葉の動物施設に引き取られたようです」と説明すると若い女性はショックを受けたようでした、言わなけりゃよかった、と反省。
ご来館の証拠写真を映してませんがこうして体験してもらっています。






最終更新日  2018年09月08日 13時32分40秒
コメント(0) | コメントを書く
[伊豆大島案内] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


あんこさん26

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 通りがかりの人@ Re:伊豆大島椿まつりパレード(01/27) タイトルとは違うのですが、 古い記事の h…
 あんこさん26@ Re:鶯茶屋(10/30) みみんがさんへ コメントありがとうござい…
 みみんが@ 鶯茶屋 場所は不明ですが、鶯茶屋の写真手元にあ…
 GINZA絵画館@ Re:うれしい受賞です(08/14) 富山市のギャラリー「」と申します。 藤田…
 後藤久太郎@ Re:牛乳風呂の頃(10/18)  僕は、昭和40(1965)年に伊豆大島を合宿…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.