708106 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

有明の月

2022.05.19
XML
カテゴリ:本・映画
主人公の夫のくだりが長すぎて、若干飛ばし気味になった。それほどモラハラ夫が嫌だ。
昔、飛行機に搭乗する際、妻を大声で怒鳴りつけている夫を見たことがあり、今でも忘れたいのに忘れられないくらい印象に残っている。
モラハラ夫って、自覚ないんだろうな。最悪だ。

今、若い世代はだいぶフラットになってきていると思うのだけれど、主人公の娘の家も全然フラットではなくて(苦笑)


もう別れてもいいですか (単行本) [ 垣谷 美雨 ]

親の世代がこんな家だった場合、それを見て育った子どもが、絶対に嫌だと思うのか、それを当たり前と思うのか・・・家庭科の授業でフラットであることの大切さを教えてあげたらいいと思う。






Last updated  2022.05.19 12:00:10


PR

Profile


しぃ2006

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category


© Rakuten Group, Inc.