【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

フリーページ

2023年12月05日
XML
テーマ:ニュース(99452)
カテゴリ:ニュース
ジャニーズ事務所の性加害問題は、数年前には週刊文春が名誉毀損で訴えられて無罪となったにも関わらず、国内のニュースとしては大きな問題にならなかったのに、今年英国BBCが取り上げると一気に大問題となりました。その後、国内各放送局はそれぞれに事の顛末をまとめた「検証番組」を放送して「幕引き」となりかけた所に、ある民間団体が「各局バラバラのまとめ」ではなく、同一基準の調査を行ない、記録を残すことを民放連に要請することになったと、11月19日の「しんぶん赤旗」が報道している;


 故ジャニー喜多川氏による性虐待問題をめぐり、メディアの沈黙はなぜ起きたのか。一般社団法人「社会調査支援機構チキラポ」が8日、記者会見を開き、日本民間放送連盟(民放連)などに横断調査を求めることを発表しました。芸能界におけるハラスメント構造についての調査も要望。業界風土の改善を求める新たな動きです。
<板倉三枝記者>


 なぜ横断調査を提言したのか。代表で評論家の荻上チキさんは「旧ジャニーズ事務所が権威性を持った背景には、各報道局に対する影響力がありました。現在、各局が独自に社内の『検証』を行っていますが、その動きにはばらつきがあり、調査内容も不透明さが残る」と指摘します。

 検証番組は、9月にNHKが「クローズアップ現代」で放送、民放が後に続き、12日までに全てが出そろいました。「各番組が、謝罪したりコメントすることは重要ですが、これが通過儀礼のように位置づけられてはいけない。次の調査のための一歩だと考えることが必要です」と荻上さん。

 「重要なのは参照性です。番組を作って終わりではなく、そこで明らかになった素材などを報告書の形でまとめて、一般の方が読めるようにする。改善がどこまで進んでいるのかをチェックできることで、先の課題を共有できると思います」

 民放連に横断調査の旗振り役を求めるのは設立目的に「会員共通の問題を処理」とあるからで、各局の自治の侵害には当たらない、と話します。

 調査の共通項目として「事務所からの接待」も要望。テレビ東京の検証番組では元編成局員が「ハワイのコンサートに招待され、大勢のメディア関係者と同席で食事した」と証言。各局を横断した解明が必要です。

 また「権威を使った営業活動や妨害、各種ハラスメントは旧ジャニーズ事務所以外にも存在する」として、調査を旧ジャニーズ事務所に限定しないこと、調査・分析には第三者性を確保することを求めました。

 労働環境の安全確保については、契約締結の問題を挙げます。

 「10月2日の旧ジャニーズ事務所の記者会見で、『赤旗』記者がジャニーズJr・の契約書が無かったことを追及していました。メディア企業がそれを知りながら使い続けることは、事務所の横暴を黙認することになる」

 チキラボでは独自に報道・芸能関係者にアンケートを行うことも表明。「圧力」「接待」「性暴力」「ハラスメント」などの項目を設け、目撃経験や伝聞経験も尋ねます。

 NHKは13日、「第74回NHK紅白歌合戦」の出場者を発表。そこに旧ジャニーズ事務所のタレントの名はありませんでした。紅白に出場しないのは44年ぶりのことです。


2023年11月19日 「しんぶん赤旗」 日曜版 26ページ 「ジャニーズ性虐待 黙殺したメディアを問う」から引用

 民放連に再調査を要請することになったある民間団体というのは、TBSラジオの「セッション」という番組でキャスターを務める荻上チキ氏が代表を務める社団法人で、荻上氏は連日ラジオに出演しながら本も出版するという中々の活躍ぶりです。彼が心配するように、ジャニーズ性加害問題はこのまま黙っていれば、どの放送局も通り一遍の検証番組を放送して「おしまい」となりそうな状況ですから、そうではなくて、今回の騒動を切っ掛けとして、今現在どのような問題が存在し、何時までに時間をかけてどこまで改善したのか、ということが一般市民にも確認できるような仕組みを作るというのは、大変前向きな姿勢であり、応援していきたいと思います。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023年12月05日 08時23分02秒


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

佐原

佐原

お気に入りブログ

竹の子ごはん New! maki5417さん

コメント新着

 捨てハン@ 潰れそうな新聞なら東京、朝日、毎日が挙がるかなぁ >全国紙は世論のありかを明らかにし、国…

© Rakuten Group, Inc.