000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

☆Walking in Jesus☆

PR

X

カレンダー

カテゴリ

プロフィール


みのみの☆

日記/記事の投稿

コメント新着

 みのみの☆@ Re[1]:心の梅雨明け♪(07/23) **あきこ**さん、こんにちは~(^o^) >…
 **あきこ**@ Re:心の梅雨明け♪(07/23) こんにちは、ご無沙汰しています。 そち…
 みのみの☆@ Re[1]:心の梅雨明け♪(07/23) ゆず5960さん、こんにちは~(^o^) >こ…
 みのみの☆@ Re[1]:心の梅雨明け♪(07/23) ふーあーゆーさん、こんにちは~(^o^) …
 ゆず5960@ Re:心の梅雨明け♪(07/23) こんにちは。 なかなかスッキリしない天…
 ふーあーゆー@ Re:心の梅雨明け♪(07/23) 今年の梅雨は長いですね。暑いのが苦手な…
 みのみの☆@ Re:こちらは快晴。(07/23) ごまさん、こんにちは~(^o^) >キャン…
 みのみの☆@ Re[1]:心の梅雨明け♪(07/23) HS小さい光さん、こんにちは~(^o^) >…
 みのみの☆@ Re:梅雨明けが待ち遠しいですね(07/23) candy♪1026さん、こんにちは~(^o^) >…
 ごま@ こちらは快晴。 キャンプ2日目でどうやら徹夜二日目にも突…
2007年07月16日
XML
カテゴリ:みことば、信仰

こんにちは~大笑い

今日はクリスチャンの友人からとってもいい証しを聞いたので、それを分かち合います。

新約聖書の使徒の働きの中でパウロの改心の箇所がありますね。

その出来事の中でパウロは非常に興味深い事を語ってるんです。

 

ところが、旅を続けて、真昼ごろダマスコに近づいたとき、突然、天からのまばゆい光が私の回りを照らしたのです。

私は地に倒れ、「サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか」という声を聞きました。

そこで私が答えて「主よ。あなたはどなたですか」と言うと、その方は、「わたしは、あなたが迫害しているナザレのイエスだ」と言われました。

私といっしょにいた者たちは、その光は見えたのですが、私に語っている方の声は聞き分けられませんでした。

私が、「主よ。私はどうしたらよいのでしょうか」と尋ねると、主は私に、「起きて、ダマスコに行きなさい。あなたがするように決められていることはみな、そこで告げられる」と言われました。

 

   

サウロ(パウロの改心前の名前)は徹底的に迫害して、クリスチャン狩りをしていました。

そんな中での出来事です。

突然光が照らし出され、余りのまぶしさでサウロは目が見えなくなりました。

そして光の中から声がしたのです、

「サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか」

  

そう、イエス様御自身の声ですね。

その声で彼はイエス様に対して心を開き劇的な改心をしたのです。

  

で、なんですが、友人がこのみことばからこんなことを言っていたのです。

このパウロが救われた後の部分を見て欲しいって。

イエス様と出会い、救われた後、彼はとても大切なことを言ったのです。

  

主よ。私はどうしたらいいのでしょうか。

  

パウロが言ったこの祈りは非常に重要だ、だから自分はこの祈りをしてるんだと言ってました。

そう、確かに「あれしてください」「これしてください」的な祈りはよくするけど、そうではない、この「主よ。私はどうしたらいいのでしょうか」がとても重要な祈りだと。

その人も実践して祈り、その中で主からいろんなことを語られているということです。

  

ぼくはその話を聞いて、それは素晴らしいなって思いました。

この祈りは大切だなってね☆

  

そんなこんなで翌日日曜日に教会に行ったんですが、

礼拝前に席について、静まって、もう一度このみことばをじっくり読み返したら、一つのことが示されたんです。

その箇所を見ると、パウロが「主よ。私はどうしたらよいのでしょうか」ってイエス様に聞いたら、イエス様はこう答えたんです。

  

起きて、ダマスコに行きなさい。あなたがするように決められていることはみな、そこで告げられる。

 

ダマスコ。。。。ダマスコ。。。。だますこ。。。。

「あっそうだ!ダマスコってガラテヤ書に書いてあった」ってはっと気付いたんです。

  

けれども、生まれたときから私を選び分け、恵みをもって召してくださった方が、異邦人の間に御子を宣べ伝えさせるために、御子を私のうちに啓示することをよしとされたとき、私はすぐに、人には相談せず、先輩の使徒たちに会うためにエルサレムにも上らず、アラビヤに出て行き、またダマスコに戻りました。

それから三年後に、私はケパをたずねてエルサレムに上り、彼のもとに十五日間滞在しました。

しかし、主の兄弟ヤコブは別として、ほかの使徒にはだれにも会いませんでした。(ガラテヤ1:15~19)

  

  
そう、パウロは確かにダマスコにその後行ったんですね。  

 

3年間彼は誰とも会わないで、まず神様との関係を持ったのです。

今日で言えば引きこもりです。

パウロも引きこもりやってたんですね。

しかも3年間も(^o^)

でもパウロの3年間の引きこもり生活ってもの凄く重要だったんですよね。

その間、誰彼に指導受けるんじゃなくて、神様から直接にいろんなことを教えられたんでしょう。

それと同時にきっといろんなプライドとかが砕かれていったんでしょうね。

なんせパウロってエリート中のエリートで、聖書についてもそうとう知っていたし、熱心なユダヤ教徒だったから、まずそういうこれまでの知識とか経験とか、いろんなものが落とされて、新しく造り替えられていったのが3年間だったのだと思います。

その後おそらくアナニヤという使徒と会い、彼を通して、イエス様の光によって見えなくなってしまった目が癒されました。

そしてそこで福音を宣べ伝え、エルサレムへと行ったのです。

  

神様のパウロへの導き、「主よ、私はどうしたらよいのでしょうか」という答えは、直ぐに何か行動するとか、そういうことじゃなくて、

まず神様との交わりへと導かれてるんですね。

そう、だからまず「聞く」ということなんですよね。

そして神様との関係の中で整えられて、そして行動なんです。

  

そしてこの3年間が「主よ、私はどうしたらよいのでしょうか」なんですよね。

直ぐにアクションするんじゃなくて、座ること、

主は「まぁ~、まずは座りなさい」って言われているんだと思います。

人間的な表現をすれば、

「まぁ、座りなさい。そしてゆっくりと心を整えて私から学びなさい」

っておっしゃってるのかなって思います。  

   

今の時代インスタント時代で、何かアクセクしすぎてるんですよね。

今の時代だからこそ、霊的な引きこもりって大切なんだと思います。

そして今も神様は「まあ、座りなさい」って語っておられるんだと思います。

 

そしてこの「座る」っていう中、つまり霊的引きこもりの中で神様は整えて、その中で御自身の召しが示され、そしてそれに応答する歩みへと導かれていくんだと思います。

  

なんかそんなことを昨日の朝、礼拝前に示されて、凄いなぁ~って思わされました。

まっ、ともかくまずはヒッキー(引きこもり)生活なんですね(笑)

  

今週一週間も主の守りと恵みの内を歩むことが出来ますように☆

ではではウィンクバイバイ

 

 

   

☆++☆++☆++☆++☆++☆++☆++☆++☆++☆++☆++☆

※いつもありがとうございます。
今、「スィーツバイブル」というメールマガジンを発行しています。新約聖書ヨハネによる福音書からのバイブルメッセージを毎週金曜日にお送りしてます。

下のメールマガジン発行サイトから、お好きなサイトの名前をクリックしてください。すると登録サイトにつながります。

登録サイトに送り先のご自身のメールアドレスを入力して、登録ボタンをクリックしてください。

ぜひぜひ登録をしてください。よろしくお願いします。

まぐまぐ!   メルマ!   めろんぱん   カプライト

   

それとHFJメールマガジンサービスでも書いています。

こちらはクリスチャン専用のメールマガジンサービスです。

こちらを開いていただいて、15番を登録してくだされば、登録完了です。

どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

またぜひぜひお友達や教会の方にも紹介してください。

どうぞよろしくお願いします<(_ _)>   







最終更新日  2007年07月17日 02時20分39秒
コメント(8) | コメントを書く
[みことば、信仰] カテゴリの最新記事


フリーページ

お気に入りブログ

介護報酬改定 makiboさん

★み~んな愛されるた… Flutist♪さん
Maro's Poetic World 真路さん
Masaya's Diary masaya-samaさん
COCO的国際結婚生活 ◇COCO◇さん
響太のひとりごと ふーあーゆーさん
アメリカ新婚クリス… *Soleil*さん

バックナンバー

・2021年04月
・2021年03月
・2021年02月
・2021年01月
・2020年12月
・2020年11月
・2020年10月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.