10831320 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

PR

X

全104件 (104件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

2021.07.30
XML
カテゴリ:
いわさきちひろのTシャツが売ってました。安曇野ちひろ美術館5周年記念だそう。

東京都練馬区の「ちひろ美術館・東京」と、長野県北安曇郡松川村の「安曇野ちひろ美術館」の2つあるのですが、両方行ったことありますw













Last updated  2021.07.30 20:35:46


2021.02.12
テーマ:絵葉書部(197)
カテゴリ:
声楽の先生から絵葉書をいただきました。ベルギーの「ブルージュの船着き場」だそう。







Last updated  2021.02.12 23:31:19
2020.12.17
カテゴリ:
ミニライブ・歌声喫茶が終わってから、Kさんが雪だるまのチャームと赤ずきん・狼のマスクを買ってくれました。

また、Kさんお薦めの墨絵と漆沈金の本を見せてもらいました。



「うさぎは月のゆりかごに眠る」(絵と文:鳥毛清)

「うさぎやくじら、ドードーたちが織りなす奇想コズミックファンタジー。
漆黒のパネルに精緻な彫、金粉が華麗に映る沈金絵本。
クリスマスギフトにどうぞ!
☆「沈金(ちんきん)」とは?
漆器の装飾技法のひとつです。
漆塗りのパネルに刃物で絵や文様を彫り、そこに金箔や金粉を擦り込んで仕上げます。
漆黒に、鮮やかな金が美しく浮かび上がります。」

この絵が沈金で描かれてるのだそうです。なんて貴重で繊細な絵なんでしょうね。

「沈金(ちんきん)は、漆器の装飾技法の一つである。
漆面に対して刃物で文様を彫り、この痕に金箔、金粉を押し込む。かつては中国、タイ、インドなどでも行われたが、現代では日本で最も盛んに行われており、特に会津塗や輪島塗でよく使われる技法である。箔や、金粉の代わりに顔料を埋め込む場合も有る。」



Kさんは古舘興さんの大ファンで、お知り合いにもなったそうです。

個展を学校を改装した自宅で開かれた後、半年後くらいにお亡くなりになったそう。

本当に惜しい方が亡くなってしまったと嘆いていました。

「異色の音」(古舘興)

「油彩から墨絵への転換を経て、新たな画境地を得た古舘興。自然の情感を捉えた、詩情あふれる作品の数々を収録する。」



「淡墨物語」(古舘興・墨絵画集)。

「独自の水墨画観で具象から抽象表現まで、多様な創作活動を続ける秩父の墨絵画家、古舘興の作品集。高度なボカシの技術を用い、様々な表現で自然に生きとし生けるものを描く。油絵作品も収録。」







Last updated  2020.12.17 23:09:54
2020.11.19
カテゴリ:
息子が小田原旅行から帰宅。美術の予備校に通ってるのですが、

そこで描いたデッサンの一枚を送ってくれました。

けん玉ですが、塗料やニスを塗った木の玉と、塗ってない木の持ち手との素材の違いがわかりますか?

親バカですが、割と素材感の違いが出てるかなww







Last updated  2020.11.19 23:28:00
2020.11.11
カテゴリ:
長女が持ってるイラストスカーフ。素敵な柄ですよね。買ったそうです。































Last updated  2020.11.12 00:14:29
2020.11.04
テーマ:絵画(210)
カテゴリ:
12月に刺繍展示即売・ミニライブ・歌声喫茶をやらせてもらう画廊喫茶メイプル。

今は、かえでCLUBというグループが絵画展をしてました。



行ったら、そのグループのGさんに「一番乗り」と言われてしまったww

DVDの確認も一緒に手伝ってもらってしまいましたww ありがとうございます。



「魚の世界」1.2。



















サンタも居ました。









「バルト海の眞珠」



「オリンピックの海」そうなるはずだったのに・・・



「机上の友」



私は椅子かと思ったら、ママさんが人かと思ったと言ってました。ハロウィンのおばけ?ともww

「赤毛のアン」のダイアナとのお茶会を思い出してしまいましたね。それも刺繍してますww






















芳名帳。



どの絵が良かったか書いてほしいとGさんに言われたので、横にかきました。

「机上の友」「魚の世界」1.2、「バルト海の眞珠」が良かったです!と。



Gさんにもチラシをお渡しして、お誘いしました。






Last updated  2020.11.05 03:29:48
2020.09.02
カテゴリ:
いつの間にかダイニングの絵が、秋の絵に変わってました。



夫がカレンダーの絵を2カ月ごとに入れ替えてるのですよねww







Last updated  2020.09.03 02:04:47
2020.08.12
カテゴリ:
陶器のスプーン。



昨日買ったいわさきちひろの陶器のスプーン。



いわさきちひろが昔から好きで、練馬の下石神井のちひろ美術館には、

大学の頃年間パスポート(3,000円)を買って通ってましたね。

安曇野ちひろ美術館にも、先日行きました。

世界初の絵本美術館・ちひろ美術館







Last updated  2020.08.13 23:32:02
2020.08.07
カテゴリ:
暑中見舞いが来ました。



絵葉書で送ろうと、美術館で買った絵葉書で同じのが2枚あるのは無いか探したらありましたww

モネの「陽を浴びるポプラ並木」



1枚は、「北斎とジャポニズム」展で買った物。

北斎の「冨獄三十六景 東海道程ヶ谷」の松並木の構図にヒントを得たものらしい。



北斎の「冨獄三十六景 神奈川沖浪裏」 いわゆるビッグ・ウェーブ(大浪)ですよね。









暑中見舞い。久しぶりに書きますねww







Last updated  2020.08.10 01:31:55
2020.07.11
カテゴリ:
エースホテル京都へ、



新風館を通って帰りました。






カクシダ。



階段を写してたら、



階段の奥のギャラリーの気づき、見ていたら、



スタッフが説明してくれました。この絵は、NHKの番組「バリバラ」のキャラクターになってるそう。

NHK バリバラ

”「生きづらさを抱えるすべてのマイノリティー」にとっての“バリア”をなくす、
みんなのためのバリアフリー・バラエティー「バリバラ」。”

ADHDの私も当事者かもww

画家の田村拓也さんはアスペルガースペクトラム障害かな。







Last updated  2020.07.14 01:39:09

全104件 (104件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >


© Rakuten Group, Inc.