8908782 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

PR

全82件 (82件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

テレビ鑑賞

2020.11.07
XML
カテゴリ:テレビ鑑賞
KinKi Kids好きの長女と「KinKi Kidsとブンブブーン」の録画を見てたら、絶品バターの回でした。

​「KinKi Kidsとブンブブーン」『【奈緒と一度は食べたい絶品バター!】』

私もバターが好きなので、つい撮ってしまったww

トーストには、パン屋のアンデルセンとのコラボのアンデルセン発酵バター。

よつ葉の発酵バターが好きなのですが、酸味がいいですよねww



焼いて溶かした上に、またバターを固形で乗せ、黄金の泉状態。それに溺れたいなあww



デザートとして? とよとみフレーバーバター。北海道の温泉旅館が作ってるそう。



生乳とフルーツだけの甘み。ジャムや蜂蜜とも相性抜群だそう。

長女に「バターとドライフルーツを混ぜたらいいかも」と言ったら、

「お母さんだったら。それでいいかもね」と言われてしまった。



ご飯に合うバター。



ラ・ヴィエットバター。






バター醤油ごはんもいいけど、乾燥明太子を載せると更に美味しいらしい。食べたい!






お酒に合うバター。日本酒の辛口が好きだと言うゲストの奈緒。

佐渡バター。



スライスしたバターを味海苔でサンド。食塩無添加だしねww



そのまま食べるバター。

ブールアロマティゼ・フレーバーデギュスタシオン。



9種類の味。






ブリュレ・キャトル。



焼いたゲランドの塩を使用。



4人でブリュレ・キャトルで乾杯。リモート飲み会ww



ピスターシュトロワ。ピスタチオ。



ナッツなのにフルーティー。先日食べたピスタチオが美味しかったので、ますます食べてみたいww



何か注文したいと思い、最後のそのまま食べるバターの

ブールアロマティゼ・フレーバーデギュスタシオンをオンラインショップで購入してしまったww

1カ月~3カ月待ちだそうですがww



うちにある、ぬりやすいよつ葉バター&ひまわりオイルを焼いも・シルクスィートに塗り、



食べてしまった。夜中にww







Last updated  2020.11.08 02:00:13
コメント(0) | コメントを書く


2020.10.10
カテゴリ:テレビ鑑賞
チコちゃんの番組で「歌うとストレス解消になるのはなぜ?」

「人とは歌うと幸せになる生き物だから」だそう。


















































































Last updated  2020.10.10 20:56:13
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.02
カテゴリ:テレビ鑑賞
近所の Oさんの息子さんプロデュース番組を録画予約しました。

Oさんからのお知らせ。
「10/2今夜NHK総合23:45〜「金曜日のソロたちへ」見て下さい。(再放送は10/7AM2:05〜)
随分前から若手ディレクター達が単発で地味に作成しています。普段は違う部署なのですが今回は次男が担当です♪
今では普通になっちゃいましたが、リモート時代を先駆けた番組です。」
金曜日のソロたちへ ひとり暮らし拝見バラエティ 共有

録画して、子ども達と観ようかな。息子さんとは幼馴染なのでww






Last updated  2020.10.02 21:56:29
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.26
カテゴリ:テレビ鑑賞
新美の巨人たち「不思議な形の劇場の秘密!村野藤吾『日生劇場』×南果歩」も観ました。

建築好きの息子がテレビを見ながら、解説してくれましたねww

「今こそアートのチカラを(20)昭和の名建築『日生劇場』▼設計は大阪を拠点に活躍し、独創的な作風で知られる​村野藤吾​。「東の丹下、西の村野」と評された建築界の巨人です。劇場は1963年竣工の「日本生命日比谷ビル」内にあり、建物全体が村野作品。細部にわたって作り込まれ、中でも劇場内部は世界に類を見ない造形です。特に天井に手作業で貼られた約2万枚もの貝殻は圧巻!今回はそんな『日生劇場』の不思議な形の秘密に迫ります」

wikiより
”日生劇場(1963年築)は花崗岩で仕上げた古典主義的な外観やアコヤ貝を使った幻想的な内部空間などが、当時の主流であったモダニズム建築の立場から「反動的」といった批判も受けた。”

日生劇場。



2003年10月に日生劇場で劇「若き日のゴッホ」を観たけど、

劇場内がこんな風になってるなんて気が付かなかったです。2階席に座ったのにねww

もっとじっくり劇場も見てくれば良かったなあ。

2003.10.10XML 桃井かおりらが出演する劇「若き日のゴッホ」を観てきました。BGM「厳冬」













































日生劇場の原型の、よみうりホール。




読売会館内によみうりホールがあります。

読売会館は、同時期に丹下健三​が設計した旧東京都庁と比較され、酷評の嵐に悩まされたらしい。

そのリベンジもあって、日生劇場は精魂込めて設計されたそうだ。



梅田吸気塔。






ブラックジャックでは、



梅田吸気塔は、大阪のシンボルとして描かれていました。



粘土で模型を創る村野藤吾。まるでガウディのような曲線美ですよね。



今年の夏にスペイン旅行の予定だったのですよね。ガウディ建築が観たかったなあ・・・






Last updated  2020.09.27 08:25:58
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:テレビ鑑賞
キングオブコントを息子と観ました。

ジャルジャルが長年挑戦した末の優勝に涙してましたね。

やはり上手いし、安心感がある。

普段は笑えない私でも思わず笑ってしまったww







Last updated  2020.09.27 01:31:28
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.04
カテゴリ:テレビ鑑賞
おやつは、とろけるほうじ茶くずもち・茶畑そのまんまほうじ茶粉末。

ドラマ「私たちはどうかしている」

とろけるわらび餅が出てきたので、また食べたくなってしまったのですよねww

くずもちとわらび餅で少し違いますがww






今クールで、私的には一番ハラハラドキドキしながら見てるドラマです。

横山流星・浜辺美波のお互いツンデレというか、

惹かれ合ってるのに踏み込んではいけないというギリギリの線がいいですね。

姑の観月ありさ、祖父の佐野史郎といい、おどろおどろしさが堪らないww

なんて、おやつの話から脱線してしまいましたがww

和菓子や着物など、和風もやはり素敵だなあと思いました。

私の着物は以前みんな処分してしまったけど、

長女が少し持ってるから、ハロウィンのゲームで五色百人一首をする時など、

洋服で袴モドキにするのではなく、簡単な和装もいいかなww






Last updated  2020.09.04 22:38:00
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.13
カテゴリ:テレビ鑑賞
ドラマ「ギルティ〜この恋は罪ですか?」の最終回を録画で見ました。

ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?」

コロナ禍で、放映が中断されたので、予約を取り消してしまい、ずっと見てなかった。

気がついたら再開していて、最終回だけ録画できたのです。

途中見てないから録画もやめようかと迷ったけど、セリフなどが心に突き刺さり、

共感というか痛感?してしまうので、最終回だけでも録画してみました。

と言いながら、今日まで見ていなかったのですが😅

やはり台詞が素晴らしい!

思わずもう一度見直して、途中からの台詞を書き留めてしまいました。

うろ覚えもあるので、違ってたらすみません🙇‍♀️


高校の時、「あの子(秋山)と別れなかったら私死ぬから」と脅したさやかの母。

夫が不倫の末、離婚したから娘の幸せが妬ましく許せなかったのかな。

娘には自分一人だけを見ていて欲しかったのかも)

それが原因で秋山に別れを告げ、秋山も淡々と受け入れた。

そんな母に今頃?昔からの思いをぶつけたけど、

自分が最終的には決めたのに、母のせいにして、逃げていたことに気づき、

涙ぐむと母がそっと抱き寄せてくれた。



母「この間はさやかの本音が聞けて嬉しかった。

迷惑ばかりかけてごめんね。

でもさやかには、

我慢して道を決めるんじゃなくて、思い切りぶつかって見てほしい。

やらないで後悔するより、やって後悔する方がいいんじゃないかな。

私が言っても説得力ないだろうけど」



秋山の義妹のルイに、さやかと秋山が夜の公園に呼び出された。

ルイは、イタリアンシェフの秋山の包丁で自殺し、2人が罪悪感で一緒に居られないようにすると言う。

ルイ「全部あの女(ルイを虐待してた母)のせいで!(こうなった)」

さやか「人のせいにするのは楽だよね。

私もずっとそうだったから(母のせいで、と思ってた)」

でもそれじゃ何も変わらなかった。ずっと苦しいままだった。」


ルイ「また正論」


さやか「正論かどうかなんて関係ない

自分で選んで決めたかどうか、それが全て。

私決めた。あんだが死んでも、秋山のこと諦めない。

もう同じ間違いは繰り返さない。

あんたが死んでも何も変わらない。死んでも無駄だよ」


ルイ「だったら私はなんのために、なんでこんなこと、、、

勝手に悟ってんじゃねえよ!

苦しめよ!苦しめよ!苦しめよ!」とさやかの頬を叩く。


さやか「そうだよ。最初からこうやってぶつかってくれば良かったんだ。

そしたら、そしたら、、、」


ルイ「なんであんたが泣いてんの?」


さやか「泣いてない」


ルイが目を見開いて止まったと思ったら、急に倒れ込む。血だらけで、、、、


むつき(さやかの元夫カズの弟)がルイを刺した。

「兄貴を(精神的・社会的に?)殺した罰だ。」

刑務所にて

カズ「すまない。むつきの人生まで狂わせてしまった。」

秋山「ルイはどうなるんですか?」

医者「このまま意識が戻らないことも覚悟しておいて下さい」



秋山「俺たちいつもここだな。」

と2人で前の景色を見つめてる。

さやか「だね」

秋山「この間ここで会った時」

さやか「初めて名前呼んでくれた時のこと?」

秋山「(苦笑)そう、その時。

引き止めたくてしょうがなかった。

なんだよその顔。」と言って前を向く。

「秋山!」

横向いて目を合わせない秋山。

“さやかは嘘つく時目をそらす”と言ってた秋山も

同じことをしてると気づいたさやかは、自分の方を見て話して!と秋山と呼び続ける。

秋山「目に涙いっぱい溜めて、必死に笑うおまえ見て、

おまえ連れてどっか逃げようかなって思ったよ。

でもやめた。もう逃げるのはやめ。

俺がイタリアに逃げたところから全部始まった。

俺、ルイのそばにいてやろうと思う。」

さやか「、、、うん」

秋山「ルイとちゃんと向かい合ってみる。」

さやか「わかった。

「ごめん」


さやかは拳を握りしめ我慢してから、また笑顔を作って

「あーあ、ふられちゃった」と笑う。


秋山「7年前の約束守れよ。(幸せになれよ)

じゃあな。」


「秋山!」

秋山はゆっくりと振り返る。(先日のさやかは振り返らなかった)

さやか「またね。」

秋山「またな。」


さやか(ねえ、秋山。

ずっと好きだったよ。)


意識不明だったルイが目を開け、失踪する。

一年後。

ルイから届くエアメールの絵葉書を読み、引き出しにしまう秋山。もう何枚も溜まっている。

また路上でばったり出会う。

秋山「今度は間に合った。」

(前回路上で再会した時は、すれ違い、気づいた時にはもう遠ざかっていた)

微笑み合う2人。



私も母に精神的に?虐待されていたと思い、

そのせいで、夫が母と重なり、同じように感じてしまい、

夫ともうまくいかないと思っていたので、共感というか心に刺さったのですよね。

でも本当に人のせいにしても何も変わらない。

カウンセリングで吐き出し、夫とも初めて?落ち着いて話し合うこともでき、今はお互い落ち着いてきました。

母にも昔のことを言ったりしたけど、「当時は夜に外に出すのも虐待ではなく、

よくあることだった」といわれ、言っても無駄だと思ってしまった😓

それだけじゃないけど、もういいけかな😅

母のせいにしても仕方ないから、もう割り切るしかないよね。

なんてドラマを見ながら思っていました。

あのキツい時に見なくてよかったかも😉






Last updated  2020.08.13 19:51:44
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.22
カテゴリ:テレビ鑑賞
ドラマ「深夜食堂」ラーメン篇。最終話。



オダギリジョーが占ってもらってる。

「ずいぶん人を殺めてますね。熊野で。

およそ1000年前。因果応報、輪廻転生。

ご自分の心を探しに行くのですね。」



げんちゃんも「見て下さい。」



傷痕のある手のひらを見せると、



そっと手を添えて裏返す占い師。



「あなたは今悪い方向に導かれている。

それを変えられるのは自分自身。」



深夜食堂にて。「海苔が品切れなんだ。」

「ラーメンに海苔が乗ってないなんてあり得ないよ。」



「あち!猫舌なんだよ。」



げんちゃんが帰る間際に見せた不安げな笑顔が気にかかってたマスター。



敵対するヤクザの若頭を刺して行方不明に。



「げんちゃんは、どうしてるのかな?

もう東京湾に沈められたりして。

冗談よ🤭」



「げんちゃんは兄貴分が刺された落とし前をつけに行ったんだね。」



深夜食堂の前に少年。



刑事が、げんちゃんの兄貴分に

「あんたらみたいな小悪党相手にしてる暇ないんだ。早く弟分出頭させてくれ。」



少年は、「ここに来たらお父さんに会えると思って」と毎年誕生日に来た葉書を差し出す。



オネエが、「ラーメン出前してくれない。熱々じゃなくていいの。お客さん猫舌だし。」

マスターが「うちのはインスタントだから、他の店から出前してもらったほうがいいんじゃない」



オダギリジョーが作ってるピーナツ算盤。



少年が「触ってもいいですか?。」

オダギリジョー「慎重にな。」



「日本を離れる前に本当のお父さんに会いたいと思って来たんだ。」



占い師もラーメン。

ラーメンの注文が続く珍しい夜。

占い師「猫舌なんで。」



げんちゃんも猫舌だったことを思い出し、

オネエの店へ出向くマスター。

「うちのラーメン食べたいって客拝みたくてさ。

兄貴分にてめえのケツふかせておいて、よくもこんなとこに居られるな。

やっちまったことは無かったことには出来ない。

問題は、その後どうするかだ」



「取り返しがつかないことしちまった。」



「取り返しがつかないっていうのは、何もしないで嘆いてる奴のいいわけじゃないか。」



「うちでラーメン食べてから行きな。

今日はちゃんと海苔乗っけてやるから。」



「傷害だけなら執行猶予がつくかも。」

「本当だろうな」



オダギリジョーに寄りかかって寝てる少年。



「父親に会わせてやりたかったな。」



葉書を奪い、読んで少年が息子だと気づくげんちゃん。



「お前、ケンタなのか?

初めまして。なんか食べたいものありますか?」



少年は寝ぼけて「ラーメン。」

「ここのインスタントですけど。」

「うちじゃインスタント食べられないんだ。お母さんがインスタント嫌いだから」



インスタントのサッポロ一番😅



「美味いか?」

「うん、美味しい」



「また会えるよね。手紙書くよ。住所どこ?」

返答に詰まるげんちゃん。



「今まで通りここでいいよ。」



「元気でな。」

「お父さんもね。」



「兄貴。一人で大丈夫ですから。もう逃げませんから。」

兄貴分「付き合わせろよ。」



「またね。」



「クリスマスって、幸せじゃないといけないんだっけ?」

「そんなこと忘れちゃった」



「僕もですけど、年に一回のクリスマスをこんな場末の店に集まっているなんて侘しいですよね。」

「何言ってんのよ」



げんちゃんが兄貴分と一緒に来店。

「執行猶予になりました。みんなにお世話になったんでお礼です。」



「蟹だ!サンタって本当にいるんだね。」



「今夜は豪勢に焼きガニといこうか。」



蟹味噌も。



「これが本当のサイレントナイト。」



オダギリジョーがツケを支払いに来た。

「居心地のいいところに長居してると、どこか別のところに行きたくなるんですよね。

今度の旅は少し長くなると思います。

(マスターの)その傷の落とし前をいつか付けさせてもらいます。」



「世の中はさすらい迷って戻り川。

人生舐めんなよ。」



「ありがとうございます。行ってきますね。」



雪の降り敷く中、唐傘と革の旅行バッグを持って立ち去っていく。



「いらっしゃい。メニューに無くても、材料があればなんでも作るよ。」

(人生相談もね😉)



インスタントラーメン。



マスターの過去は知らないけど、筋を通す頑固もんだとは思う。



少年が持参したお父さんからの誕生日メッセージ。



似たピーナツを探し出すのは気の遠くなる作業だそう。



帰ってくるのかな。スナフキンみたいなオダギリジョー。



格好いいなあ。



常連客。





これで終わりだなんて寂しいなぁ🥺

今回は作り方のコツは無かったけど、オダギリジョーのくだりもあったから時間が足りなかったかな。

コツを見ながら料理したり、人情話に涙ぐんだりと、楽しませて貰いました。

長女はコミックは読んだけどドラマは初めてで、両方短いけど中身が濃いと言ってましたね。

私はコミックを読んだことないのだけど、読んでみたいですね😉






Last updated  2020.07.22 22:11:59
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.01
カテゴリ:テレビ鑑賞
ドラマ「深夜食堂」卵サンド篇の録画を今朝、朝食を食べながら見ました。

深夜食堂

第七話 「タマゴサンド」
ゲスト: 田中圭、村川絵梨
監督: 山下敦弘 脚本: 真辺克彦
ある早い朝、タレントを目指しているリサ(村川絵梨)は、マスター(小林薫)の店で、新聞配達を続けな がら大学に通う苦学生・中島(田中圭)と出会い、









タマゴサンドを分け合う。






中島は暗いうちから新聞配達の準備をし、



後片付けをしてから大学の講義に参加、



 睡魔と闘いながら勉学に励むと



すぐに夕刊の配達が待っている、



という厳しい生活を送っている。






そんな中島が新聞を配る時間に合わせて、店に通うようになっ たリサだが、やがて彼女の仕事が軌道に乗り始めた。

すみません。下のブログからあらすじを抜粋させてもらいました。

「深夜食堂」 第7話 タマゴサンド

リサとしては彼の気持を確認したくなったのさ・・・
「私のこと、どう思ってるのかなって・・・・・・・私は中島君のこと好きだよ」

 女子がここまで言ってくれたら、男子は「俺もだよ!」しかないだろうよ。
でも、そこにリサのファンの男の子たちが握手を求めに来て・・・・



中島君ったら・・
「俺とリサさんが住んでる世界は違いすぎるから・・・」って言って逃げちゃった。

 ( ゚Д゚ )あら~~なんで~~?世界なんて関係ないっつーの・・・ 
でも、その後は中島君がメールで謝ろうと思っても気後れしたのか送れず、





リサが中島君に電話しても仕事中で気づかず・・と、すれ違っていっちゃったのよ~



 「恋はタイミング」ですからね~
船が来たときにパッとジャンプして乗り込める情熱があれば、問題なかったんだろうけど・・
生活と勉強でいっぱいいっぱいだったのかな・・・
そして週刊誌にリサとIT企業社長との密会の記事が載り・・・



失恋が確定したと思い込んだ八郎(中山祐一朗)に慰められてる中島を見て



「世の中は下流中流有栖川

世の中舐めんなよ」とオダギリジョー・・・



お茶漬けシスターズのミキ(須藤理彩)には罵倒される始末。
「ホント情けないわね!そんな了見だから他の男に取られるのよ。
本気で惚れてんだったら、奪い返してごらんよ!
真ん中にぶら下げてんのは、ただの飾りなの?!」



中島は言い返すことも出来ずに、帰っていってしまった・・・



この時点ではまだ、中島君も所詮週刊誌の書くことだし・・と思ってたのかもしれませんが、
リサから会いたいとメールが来て待っていると、






彼女が例の社長と婚約したという話を小耳にはさんだ中島君は



リサに会わず帰ってしまうのでした。



でも、リサは深夜食堂にいる中島に会いに来ましたョ・・」

ここまで流用させてもらいました。



ここからは録画を巻き戻しながら、セリフを聞き書き・・・

中島「おめでとう・・・卵サンドどう?」



りさ「ありがとう。初めて会った日もこうして分けて貰ったんだよね」



仕事の電話が入る。「すぐ戻ります」

「ご馳走さま。じゃあ私行くね。」




「うん。」

「さようなら。」


中島「マスター、こんなこと言ったら軽蔑するだろうけど、結局は金なんですかね。」




マスター「いつだったか 彼女一人で来た時があってさ」





マスター「じゃあその社長さんにプロポーズされてんだ。受けんのかい?

俺はその人のことなーんも知らないからあいつの肩持つが、いい奴だよあいつ。」



「うん、わかってる。

わかってるけど、中島君と居ると、もう前みたいになれないんだ。」


マスターからビールを注がれる。


「中島君に住む世界が違うって言われて 

私、そうじゃない、なんか言わなきゃって思ったけど、

そんな時にね、あの人と会ったんだ。

いい人だなと思ったけど、好きとかそういうのは全然。

だから中島君とのことも相談したんだ。」


「そしたら?」


「死ぬ気で悩めって

悩んで悩んで、それでも答えが出なかったらしょうがねえなって」


「変な野郎だな」


「私もそう思った

でも、なんか少し楽になれたんだよね。

この人と居たら、きっと私も正直になれるんだろうなって」




中島「IT社長にもいい人居るんですね

俺なんか、、、」




マスター「あの子はちゃんとさよならを言いに来たんだ。

そんな女に惚れられたってこと、誇りに思っていいじゃないのかい。

自分が本気で惚れた女、安く見るもんじゃないよ」


中島は男泣き・・・

マスターはさすが、人生経験豊富でいいことを言ってくれますよね。

こんなマスターの居る店に行ってみたい・・・




マスターのナレーター

「現実は映画のようにうまくはいかない。

その後も毎日中島君は新聞を配っている。



流石にまだ卵サンドは食べられないみたいだけど」



なぜかこの人が、卵サンドのコツをww。

「マヨネーズは何にでも合いますよね。



でも入れすぎると卵よりマヨネーズが勝ってしまうので、入れ過ぎないように。

最後に塩と胡椒で味を整えて。」



ハムサンドも美味しそう。また食べたくなってしまったので、昼食に作ろうかと夫に言ったら、

夕食でもいいと言うので、そうすることにしました。夫もまた深夜食堂のメニューかと思ってるかもww



中島:田中圭

リサ:村川絵梨









東京海洋大学?ww







Last updated  2020.07.02 00:06:54
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.27
カテゴリ:テレビ鑑賞
またドラマ「深夜食堂」の録画を見ました。今朝はかつ丼篇。

深夜食堂のドラマのあらすじとキャストまとめ!作中で登場した食べ物も紹介

カツ丼篇 https://news.livedoor.com/article/detail/18449963/​​

夕食にカツ丼を作って食べたいけど、夜の卓球練習があるので、カツを買ってきてカツとじにww

母一人子一人の家族が来てた時に、



常連のボクサーがやってきて、カメラマンに練習風景などを撮影していいかと訊かれ、快く承諾してた。



ボクシングの試合に勝つと、カツ丼を注文するのが常で、



美味しいそうに食べてましたね。



微笑ましく思う母。



カメラマンは熱心にボクシングの練習風景などを撮影。



撮影され、気合が入るボクサー。



ボクシングの試合の招待券を持ってきたボクサーに、マスターはあの母子が応援に行ったことや、

母子家庭であること、母が勤めてるスナックのことなどを教えると、喜びいさんで帰っていった。



カツ丼。



応援に来てくれたことをマスターに聞き、娘にカツ丼をおごってあげた。

また次の試合も頑張ってねと言われ、喜び合う。



今度の試合も応援しに来てくださいと、連絡先を交換するボクサーと



母。



期待の星・鮫島徹の



噛ませ犬と思われてるボクサー・川田勝利。名前負け?ww



新聞記事。「持って3ラウンド」?



招待券を渡しに来たボクサー川田に、俺はこの店を早めに開けて待ってるよと言うマスター。

背水の陣を敷く為に、ダブルワークの仕事も辞めたと言うボクサー・・・



スナックでボクシングの噂を耳にするけど、何も言わない母。



酔っぱらって「私だって疲れることはあるのよ。娘もだんだん大きくなって教育費もかかるし。

かっちゃんは仕事を辞めちゃうなんて、先のこと何も考えてないんだから」と嘆く母。

「これってウーロン茶だよね」と言う母に「まだ味がわかって良かった」と言うマスター。



「二人が良ければ吉野川」と歌うように言う常連客。



とうとう試合が始まり、



真剣に見つめる母娘。



前半は善戦するも、途中倒され、それでも起き上がっては戦い続ける・・・



でも、6ラウンドでとうとうノックアウトされてしまう・・・



控室へ見に行く母娘。



耐えきれずに泣き出す川田。慰める母。



ボクサーは「これで引退する」とみんなに告げ、「ご苦労さん「」と乾杯。



「カツ丼食べないの?」と訊く娘に、かっちゃんが「負けたからね」と言うと、

「かっちゃんは負けてなんかいないよ! ママと私はちゃんとわかってるから!」と言われ、涙ぐむ。



「生憎カツが品切れでね。」



「親子丼でもいいかな」



仲良く親子丼を食べる母娘と、かっちゃん。



カツ丼のコツ。

カツは後から煮るので、少し火が通ってなくても大丈夫。くれぐれも揚げ過ぎないこと。



カツを切ってから煮、



卵をからめます。



カツ丼。



「はい、どうぞ!」とカツ丼を差し出す娘。



「次は親子丼のコツ。なんてもう時間が無くなっちゃった。私達親子(丼)になりました!バイバイ!」



音尾琢真:川田勝利(かっちゃん)



霧島れいか:母アケミ

桑島真理乃:娘マユ。



ロケ地。



相変わらず、いい味出してますねww

また、夕食にカツ丼を作ってしまったww

カツを買ってきて玉ねぎと卵で煮てとじたカツとじだけどねww

カツ丼の「抜き」かな?



丼のご飯抜きのことを「抜き」と呼ぶのだそう。初めて知りましたww






Last updated  2020.06.28 00:55:25
コメント(0) | コメントを書く

全82件 (82件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.