7194122 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

HIRO.F's Scrawl

PR

Free Space

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

笑太郎@ Re:肩車の思い出(補足)  今回は、少々ウエットなお話になってしま…
笑太郎@ Re:肩車の思い出 Bちゃんには、忘れる事が出来ない思い出が…
HIRO.F@H/K AGES@ Re:雑誌やテレビにイベント告知や取材依頼を(07/19) 盆までに、宿泊宴会の数決めて、バーベキ…
笑太郎@ Re:日本大接戦!!!世界三位ベルギーに、あと一歩。。。。(07/03) ベルギーは16年前の、日韓大会でも敗れた…
いまさら@ Re:日本大接戦!!!世界三位ベルギーに、あと一歩。。。。(07/03) おかげで寝不足です。 でも気分良い寝不足…
HIRO.F@ Re[1]:メーターを、仮付けして、走り回ってました(07/01) いまさらさんへ まだまだ、届かないのが…
いまさら@ Re:メーターを、仮付けして、走り回ってました(07/01) 早っ😱 次は何を狙っているのですか?
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:武川KSR用リヤサス(06/26) いまさらさんへ もう、毎日、色々届きま…

Archives

Shopping List

【本物】 本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 送料無料【正規品】 本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 コミック ディスプレイラック ウォールナット ホワイト ブラウン 白 ラック シェルフ 耐震本棚 鉄心 鉄芯
【メール便無料】★当日発送★1.4規格はもう古い!最新規格2.0対応! HDMIケーブル 0.5m 50cm 4K 3D対応テレビ対応 19+1配線で安心のリンク対応HDMIケーブル 価格に自信有!【HDMI ケーブル 0.5m】当日発送 新規格!2.0規格対応HDMIケーブル 【送料無料】 0.5m 50cm Ver.2.0 ★1年相性保証★ 3D対応 ハイスペック ハイスピード iphone 19+1 業務用 各種リンク対応 PS3 PS4 レグザリンク ビエラリンク フルハイビジョン 金メッキ仕様 各種リンク対応
HDMIを映像はコンポ-ネントに音声はRCA(アナログ)同軸デジタル(SPDIF,コアキシャル)に変換するアダプター。プレステ等をアナログテレビに出力!TSdrena HDMI → コンポーネント(ビデオ+ アナログ音声・同軸デジタル音声) 変換コンバーター[相性保証付き] HAM-CHICA2
HDMI入力を最大4つに分配するスプリッター。プレステ等のゲーム機の映像をPCとTVに繋いでゲームの実況用に 店頭でのサイネージにも最適!TSdrena HDMI 4分配器 [相性保証付き] HAM-HIA14-K
HDMIをコンポジットにアナログ変換するアダプター。レコーダーをアナログテレビに接続。iphoneやスマートフォンをカーナビにアナログ変換TSdena HDMI → アナログ(コンポジット) 小型変換コンバーター HAM-CHIC2 [相性保証付き]

全135件 (135件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

格闘技

2018年07月16日
XML
カテゴリ:格闘技
復帰を考えておられたとのこと。。。

残念です。。。

御冥福を、お祈りいたします。


猪木と「巌流島の戦い」マサ斎藤さん死去 来年復帰へリハビリ意欲の矢先…夫人「力強い旅立ち」



1999年2月、スコット・ノートンとの引退試合に臨むマサ斎藤さん
Photo By スポニチ
 「獄門鬼」「監獄レスラー」などの異名を取ったプロレスラーのマサ斎藤(本名・斎藤昌紀=さいとう・まさのり)さんが14日午前1時5分に死去した。75歳。東京都出身。所属していた健介オフィスが16日に発表した。2000年にパーキンソン病を発症し、闘病中だった。通夜、葬儀・告別式は家族と関係者で執り行う。

 明大在学中の1963年、レスリング全日本選手権でフリースタイル、グレコローマンの両ヘビー級で優勝。翌64年の東京五輪に出場した。65年、日本プロレスに入門。87年10月4日、巌流島で行われたアントニオ猪木氏(75)と時間無制限・ノーレフェリー・ノールール・無観客マッチを行い、約2時間の死闘は「巌流島の戦い」と呼ばれた。

 90年、47歳の時にAWA世界王座を獲得。99年に現役を引退した。

 倫子夫人は「来年、再び、カムバックのチャンスも出てきました。そのためにリハビリに意欲を燃やしていた矢先。容体急変。7月14日1時5分に永眠しました。穏やかながらも、新たなチャレンジへ向かうような、マサ斎藤らしい力強い旅立ちでした。現役時代並びに闘病生活中にお世話になりました皆さまに方に対し、生前に賜りましたご厚意に感謝し謹んでご通知申し上げます」とコメントした。






Last updated  2018年07月16日 23時01分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月27日
カテゴリ:格闘技
イヤァオ!



人気レスラー・中邑真輔が警察犬にかまれ脚負傷 WWEの「スマックダウン」欠場/プロレス



WWEの中邑真輔

 米プロレスニュースサイト「レスリング・インク」は26日(日本時間27日)、人気プロレス団体「WWE」所属の人気レスラー、中邑真輔(38)が警察犬に噛まれて負傷するアクシデントに見舞われたと、伝えた。前日25日、カリフォルニア州ベーカーズフィールドで行われた試合の前に警備のためバックステージ裏にいた警察犬に脚を噛まれたという。

 けがを負った中邑は、その日の大会を欠場。WWEは26日「シンスケ・ナカムラは、けがの為、試合に出場することができない」と発表し、同日の人気TVマッチ「スマックダウン」にも中邑の出場を取りやめた。USヘビー級王者、ジェフ・ハーディー(40)とのタイトルマッチ戦の挑む予定だった中邑は試合会場に姿は見せたものの、まだ痛みに苦しんでいる様子だったという。

 中邑は日本時間29、30日に開催されるWWE日本公演(東京・両国国技館)に凱旋し、リングに上がる予定となっているが、けがの状態が心配される。






Last updated  2018年06月27日 23時13分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月21日
カテゴリ:格闘技
本当に強かった。。。
クレバーなモンスターでした

なんといっても、プロレススターウォーズの印象が強いなあ

残念です。。。
御冥福をお祈り致します



ビッグバン・ベイダーさん重度の肺炎で死去 63歳

2018年06月21日 07時16分



ビッグバン・ベイダーさんが死去

“皇帝戦士”の異名を取り、新日本プロレスや全日本プロレス、UWFインターなどで活躍した米国人プロレスラーのビッグバン・ベイダー(本名レオン・ホワイト)さんが18日(現地時間)に死去したことが、公式ツイッターで発表された。63歳だった。

 同ツイッターによると、約1か月前に重度の肺炎にかかり、懸命に闘病を続けていたという。一時は回復に向かったが、18日の午後7時25分に帰らぬ人になった。昨年4月にかつてのライバル・藤波辰爾(64)のメモリアル大会に参戦するため来日した際には、2016年末に心臓疾患で余命2年と宣告されたと告白。

 それでも「ベイダーは死なない。死にたい時に死ぬ」と豪語し、ドクターストップを振り切る形でリングに上がり続けていることを明かした。同4月20日のドラディション後楽園ホール大会ではセレモニー中にリング上で昏倒してしまうハプニングもあった。

 ベイダーさんはレオン・ホワイト時代に欧州のCWA世界ヘビー級王者になり、1987年12月にはTPG(たけしプロレス軍団)の刺客、ビッグバン・ベイダーに変身して新日本プロレスに参戦した。新日プロが東京ドームに初進出した89年4月24日にはIWGPヘビー級王座を初戴冠し、通算3度も同王座に就いた。

 92年からWCWに進出すると、WCW世界王座を3度獲得。日本での主戦場をUWFインターに移すと、94年8月18日には高田延彦を撃破し、プロレスリング世界ヘビー級王者となった。その後はWWF(現WWE)に移籍するも、離脱後は全日本プロレスを主戦場とし、99年3月6日には田上明との「3冠ヘビー級王座決定戦」を制して同王座を獲得。

 IWGPと3冠という当時の日本における2大メジャー王座を制覇した初の選手になった。






Last updated  2018年06月21日 22時07分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月31日
カテゴリ:格闘技
苦しいときに、ずっとついててくれた方なんですね。。。
同い年だし、お似合いです。

復帰まで、二人三脚でがんばってください!



人気プロレスラー本間朋晃が結婚発表「今まで生きてきて、こんなに性格が合う人はいない」

2018年05月31日 22時45分



結婚を公表した本間朋晃(右)と妻の千恵さん

 中心性頚髄損傷から奇跡の復活を目指す人気プロレスラーの本間朋晃(41)が、一般女性の千恵さん(41)と昨年8月に結婚していたことを31日に公表した。

 2人の出会いは2014年8月5日、当時千恵さんが住んでいた香川・高松での大会前夜のことだった。街中で本間が「明日プロレスですよね、頑張ってください」と声をかけられたことを機に、連絡先を交換し合い友人関係がスタート。16年7月、真剣交際に発展した。
 
 17年3月の新日本プロレス沖縄大会で本間は中心性頚髄損傷の大ケガを負ってしまったが、その際に千恵さんは仕事を休んで沖縄の病院で看病を続けた。「僕が一人でやっていたら、絶対ここまで良くなっていないし…。あとは心が病んでいた時期なんですよね。そばにいてくれたから、ずっと笑ってた気がします」(本間)。リハビリ生活を支えてもらったことで「体がよくなったら結婚しよう」と決意し、退院後の17年8月5日に入籍した。本間は本紙の取材に対し「今まで生きてきて、こんなに話が合って、性格が合う人はいなかったので。ずっと友達のように笑い合いながら、にぎやかな家庭を築きたいなって思います。友達が遊びに来てくれるような家庭がいいですね」と幸せいっぱいの表情を浮かべた。

 一時は復帰が絶望的とまで言われた本間だったが、千恵さんのサポートと、必死のリハビリにより、再びリングに立つ日も見えてきているという。幸せを手に入れた“こけし”が、今度はファンを幸せにするためにカムバックを目指す。






Last updated  2018年06月01日 08時51分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月16日
カテゴリ:格闘技
おいおいおい。。。
何やってるんだよ。。。。浜田文子ともあろうものが。。。

昨年くらいから、なんかおかしいって思ってたけど。。。


メキシコとつながってるから、昔から、覚せい剤とかつながりあったけど。。。

こんな実力者のベテランが。。。

女子プロレスラーの浜田文子容疑者を逮捕 覚せい剤取締法違反疑いで




浜田文子容疑者


 警視庁西新井署は15日までに、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、女子プロレスラーの浜田文子容疑者(37)=東京都足立区=を逮捕した。逮捕は13日。

 逮捕容疑は4月下旬から5月13日までの間、都内か周辺で覚醒剤を使用した疑い。

 西新井署によると、「自宅で吸った」と話している。所属するプロレス団体関係者が13日、浜田容疑者が意味不明な言動をしていると交番に届けた。駆け付けた署員が任意同行して尿検査したところ、陽性反応が出たという。






Last updated  2018年05月16日 02時04分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年02月28日
カテゴリ:格闘技
ふざけんなって。。。。

命賭けて身体作って、、、どれだけ大変か。。。

ネリ、わざとだろうなあ。。。勝てそうもないから、最後で、落とさなかったんだろうなあ。。。
それか、最初から、やるつもりなかったか。。。

馬鹿にするにも、ほどがある。。。

ドーピングも、計量オーバーも、日本のボクサーをなめきってるんだろうなあ。。。

興行収入やら、ファイトマネーとか、全部、WBCや、ネリ側が負担するのかね?

こんなのやってたら、ドル箱の日本興行が存続できなくなるとおもうが。。。。

これで、剥奪しないなんて、ほんとなめきってる



山中慎介「信じられない思い」 ネリの背徳行為に怒り思わず「ふざけるな」




【プロボクシング・ダブル世界タイトルマッチ】WBCバンタム級の前日計量を行う山中慎介=東京都千代田区(菊本和人撮影)

 前日計量で、ネリに続いて体重計に乗った山中は無事にパスすると、1階級上のスーパーバンタム級のリミットすら超過した王者をにらみつけ、思わず「ふざけるな」と口走った。

 怒るのも無理はない。プロボクサーの体重超過はそれだけで言語道断だが、ネリにはリングを汚した“前科”がある。昨年8月、具志堅用高の日本記録に並ぶ13戦連続防衛を懸けてネリと戦った山中はTKO負け。その後のドーピング検査でネリの検体が陽性反応を示したことが判明した。

 WBCは禁止薬物の意図的摂取が認められないとしてネリの王座を剥奪しなかったが、勝って引退する選択肢もあった山中にとっては、敗戦で打ちひしがれた心をさらに傷つける「疑惑」だった。関係者によると、WBCの再戦指示に応じた山中は、今回の試合に向けて「勝っても負けても最後だと思ってやってきた」という。

 再び起きたネリの背徳行為で、肉体を極限まで絞り込む作業に伴うダメージも山中のみが背負うことになった。「今回の試合に対する思いはすごく強かった。信じられない思い」と山中。集大成としては、あまりにも残念な舞台となった。(奥村信哉)


目に涙ためた山中慎介「もっとルールを厳しくしてもいいかなと思うし、悔しかった」



 ラストマッチの覚悟で練習を積んだ35歳の山中は相手の最初の計量失敗後「ふざけんな、おまえ」と怒鳴り、目に涙をためた。

 昨年5月のWBCフライ級では比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)の相手、フアン・エルナンデス(メキシコ)が体重超過するなど、日本勢の相手に計量失敗が続く。帝拳ジムの本田明彦会長は「(ペナルティーについて)ルール化しないといけない。それが抑止力にもつながる」と訴える。

 山中も「ルールなのでリミットで体重をつくってほしかった。最近当たり前のように(計量失敗が)増えている。もっとルールを厳しくしてもいいかなと思うし、悔しかった」と話した。



体重超過のネリ、2回目計量後は動けず 栄養士「自分の経験が生きなかった」




【プロボクシング・ダブル世界タイトルマッチ】WBCバンタム級の前日計量が行われ、2回目の計量もパスできずガックリし机にうずくまるルイス・ネリ =東京都千代田区(撮影・菊本和人)

 制限体重を2キロ以上超過したネリはロープなどで追い込んだが、1キロしか落とせず、クリアを断念。2度目の計量後は飲料水をがぶがぶ飲み終えると机に突っ伏したまま、しばらく動けなかった。陣営では新たに契約した栄養士に体重管理を委ねたといい、トレーナーの1人は「自分たちはまったく関与していない」とあきらめ顔。栄養士は「朝の時点で3キロ超過していたが、他のボクサーなら水分を絞れば落とせていた。自分の経験が生きなかった。山中選手には申し訳ない」と話した。






Last updated  2018年02月28日 21時09分56秒
コメント(1) | コメントを書く
2017年09月04日
カテゴリ:格闘技

そんな。。。脳梗塞からも復活した高山が。。。
また、復活してくることを信じてる!!!




高山善廣は頸髄完全損傷「回復の見込みなし」、親友の鈴木みのる涙

9/4(月) 14:29配信 
rblog-20170904181221-00.jpg


高山善廣

 試合中に首に大けがを負い長期欠場中のプロレスラー高山善廣(50)=高山堂=の現状についての会見が4日、都内の後楽園ホール展示会場で行われ、頸髄(ずい)完全損傷で回復の見込みはないと診断されたことが発表された。

【写真】頸髄損傷の高山、負傷直後に会話していた「高木さん、ごめんね…」

 高山は5月4日のDDT大阪・豊中大会で回転エビ固めを掛けた際に頭から落ちて動けなくなり、大阪府内の病院に救急搬送され、同月8日に手術を受けた。当初の診断名は頸髄損傷および変形性頸椎(けいつい)症と発表されていたが、この日に頸髄完全損傷であると発表された。

 会見には、高山が主戦場としていたDDTの高木三四郎社長、有志代表として鈴木みのる、高山のマネジャー石原真氏が出席。石原氏は高山の現状を「意識はあるが、首から下の感覚がなく、人工呼吸器をつけて呼吸をする状況でした。現在、自分で呼吸できるようになり、ICU(集中治療室)からHCU(準集中治療室)に移り、8月中旬に関東の病院に転院しました。自分で呼吸のできる状況です。ただ、肩から下の感覚が戻っておりません。お医者様からは『回復の見込みは現状ない』と言われております。本人も絶望を口にしている状況でしたが、少しでも望みを持って、リハビリを行っております」と説明した。

 鈴木は厳しい現状に、涙をこらえきれず。「10何年か前、オレが体もよくないし、プロレスできないなと思ってた時に、彼とドン・フライの試合を見て、オレは何やってんだろうと思って。その後、戦って意気投合して、新日本プロレス、全日本プロレス、各メジャー団体を一緒に暴れ回って、同じ時間を共有した、自分の親友です」と声をを詰まらせながらコメント。続けて、「普段、『バカヤローッ』って、人のことぶっ飛ばしてるクソ野郎が何を言っても皆様には響かないと思いますが、ぜひ高山善廣に…勇気をたくさんもらったと思うので、力を貸して下さい。前田日明さん、彼の一番最初の師匠である高田延彦さん、ぜひ、力を貸して下さい」と呼びかけた。

 高山が主戦場としていたDDTの高木三四郎社長は、高山を支援する「TAKAYAMANIA」を立ち上げ、各団体に呼びかけて試合会場に募金箱を設置、応援グッズ販売、高山プロデュースによるプロレス興行などを行うことを発表。活動の収益はすべて高山の治療費に充てられるという。また、募金の振込も呼びかけられた。振込先は以下の通り。

【銀行振込】東京三菱UFJ銀行代々木上原支店  (店番号)137  (口座番号)普通預金0057767  (口座名義)株式会社高山堂

【問い合わせ】takayamania.staff@gmail.com







Last updated  2017年09月04日 18時12分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月11日
カテゴリ:格闘技
Ozの4/8放送分みてたら、豊田真奈美の引退発表が。。。

そうか、島根出身だったんだ。。。
もう30周年か。。。

最近は、ちょっと真面目な試合はなくて、ギャグっぽいタッグばかりだったけど。。。

関西も引退したし。。。全女とか、JWP全盛のころのメンバーが、どんどんいなくなって、寂しいですね。。。





豊田 真奈美(とよた まなみ、女性、1971年3月2日 - )は、日本のプロレスラー。一時期豊田 魔波(読み方同じ)を名乗っていたこともある。島根県益田市出身。

全日本女子プロレス
第39代、42代、50代、52代WWWA世界シングル王座
第18代、27代オールパシフィック王座
第12代全日本シングル王座
第7代IWA世界女子王座
第96代、98代、103代WWWA世界タッグ王座
初代UWA世界女子タッグ王座
ジャパングランプリ - 優勝4回(第6回、11回、14回、15回。歴代最多)
タッグリーグ・ザ・ベスト - 優勝5回(第8回、9回、11回、14回、16回。個人では歴代最多)

JWP女子プロレス
第11代JWP認定無差別級王座

GAEA JAPAN
第9代AAAWシングル王座
第15代AAAWタッグ王座

OZアカデミー
第6代OZアカデミー認定無差別級王座
第8代、13代OZアカデミー認定タッグ王座

ワールド女子プロレス・ディアナ
第3代WWWD世界シングル王座

アイスリボン
第24代トライアングルリボン王座






Last updated  2017年04月11日 22時22分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月10日
カテゴリ:格闘技
すごい試合だったけど。。。
岡田が、試合後、むちゃくちゃにやられてたから、あれも、いい加減にしてほしいし
KUSHIDAがやられたときの場外への攻撃から、KOされてるのに、連続してってのも、やばい気がしました。。。

本間に続いて、柴田まで。。。

最後、何度も倒れながらも自分の足で帰って男をみせたけど。。。

復帰は待ってるけど、あんまり無理をしすぎるのはやめてほしい。。。


柴田勝頼が硬膜下血腫で緊急手術 IWGP戦直後
[2017年4月10日17時35分]


柴田勝頼(後方)


 新日本プロレスは10日、都内の事務所で会見し、柴田勝頼(37)が、前日9日の両国大会後に都内の病院に救急搬送され、硬膜下血腫で緊急手術を受けたと発表した。柴田は王者オカダ・カズチカ(29)に挑戦し、38分9秒の激闘の末敗れていた。

 試合後、柴田は自力で歩いて引き上げたが、バックステージで具合が悪くなり救急車が呼ばれた。救急隊員の質問にも答えていたという。都内の病院で検査の結果、硬膜下血腫が見つかり、10日未明に血腫を取り除く手術が行われた。現在は安静状態で、22日から始まる次期シリーズは全休。復帰は未定で、今後経過見ながら判断するという。

 タイトル戦の一夜明け会見に出席したオカダは「それだけ激しい試合だった。柴田さんは、ボクは、バカまじめな人だと思っているので、また、何か約束をすれば、その約束を守ろうとしてくれると思う。別にチャンピオンで待ってるなんて言うつもりはない。また、会いましょうという約束をここでするので、また守っていただきたい」と悲しそうな表情で話していた。






Last updated  2017年04月10日 18時49分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月16日
カテゴリ:格闘技
ものすごい選手でした。。。
いまでこそ、大柄で飛ぶ選手はいるけど、当時は、あんなに飛ぶのは、ジュニアの選手くらいでしたもんね。。。

そうか、もう73歳だったんだ。。。

殺人事件とか、末期がんとか、いろいろあったんですね。。。

御冥福をお祈りいたします。


“スーパーフライ”ジミー・スヌーカ死去――「気楽にいこうよ」のハンドゼスチャーが忘れられない東京での一夜【フミ斎藤のプロレス講座】

2017.01.16 スポーツ
スーパーフライSUPERFLY

写真はジミー・スヌーカの伝記本『スーパーフライSUPERFLY』(ジョン・チャットマンと共著)の表紙から
 “スーパーフライ”ジミー・スヌーカが死去した。73歳だった。スヌーカの娘で、WWEではタミーナのリングネームで活躍しているソローナさんが1月15日、みずからのインスタグラムInsragramで公表。つづいてWWEオフィシャル・サイトがこれをニュースとして伝え、ドゥエイン・ジョンソン(ザ・ロック)も公式ツイッターで哀悼の意ををつづった。

 スヌーカは1954年5月18日、フィジー島出身。本名はジェームス・ライハー。1967年、ハワイでボディービル・コンテスト“ミスター・ハワイ”に優勝したことをきっかけにプロレス転向。デビュー当時のリングネームはラニー・ケオロハ。

 日本ではブルーザー・ブロディのタッグ・パートナーとしてのイメージが強い。1981年(昭和56年)12月の全日本プロレスの『世界最強タッグ』決勝戦では、新日本プロレスから電撃移籍のスタン・ハンセンの“乱入”というビッグ・サプライズとともにブロディ&スヌーカがドリー&テリーのザ・ファンクスを下しリーグ戦優勝。

 新日本プロレスでもブロディとのコンビを再結成したが、『85IWGPタッグ・リーグ戦』決勝戦の当日、新日本プロレスのフロントと衝突したブロディが試合出場を一方的にキャンセルし、仙台駅で新幹線を降り、東京行きの新幹線に乗り換えたことで知られる“ボイコット事件”という歴史的な事件が起きたときも、スヌーカはブロティと行動をともにした(1985年=昭和60年12月12日)。

 それから2年後、ブロディが古巣・全日本プロレスにUターンしたときも、ブロディは『87世界最強タッグ』のパートナーにスヌーカを指名。この年のリーグ戦・公式戦ではハンセン&テリー・ゴーディ対ブロディ&スヌーカという、ハンセン対ブロディのシングルマッチのさわりがちょっとだけ実現した。チームリーダーはブロディだったが、じつはプロレスのキャリアではスヌーカが6年先輩、年齢でもスヌーカのほうが3歳年上だった。


スヌーカはアメリカではシングルプレーヤーとして活動。1970年代後半はNWAミッド・アトランティック地区でのリッキー・スティムボートとの因縁の対決が南部一帯のドル箱カードだった。1982年、WWEと契約。ニューヨークのファンのあいだでいまも「心に残るワンシーン」として語り継がれる“マグニフィセント”ドン・ムラコとのケージ・マッチ(1983年10月17日=マディソン・スクウェア・ガーデン)では、金網の最上段から30フィート(約9メートル)飛行の伝説のスーパーフライを披露した。

 WWE史においては、ボブ・バックランド政権時代のエピローグをささえた隠れた主役、“1984体制”から“レッスルマニア”第1回大会までのハルク・ホーガン政権誕生のプロローグでは“助演男優賞”的なポジションに立っていた。1996年、WWEホール・オブ・フェームで殿堂入りした。

 1983年に全米ツアー中に死亡したスヌーカの元交際相手(当時)の死因が“事故死”ではなく、スヌーカによる“第3級殺人”または“過失致死”だったとして、事件・事故から33年を経て捜査が再開された「ナンシー・アージェンティーナさん事件」で、昨年、スヌーカは逮捕・起訴された。

 しかし、2016年12月の裁判では、ケリー・L・バナック裁判長(ペンシルベニア州アレンタン地方裁判所)が「スヌーカの認知症」と「健康上の問題=末期ガン」を理由に審理不能で結審。裁判そのものがおこなわれなかったことで、スヌーカは事実上の無罪となった。

写真は2001年=平成13年11月22日、東京・六本木にてジミー・スヌーカと筆者(右側)
 ぼくの手元に1枚の写真がある。デジタル写真ではなく、サービス版といわれるサイズのカラーの紙焼きで、右下にある日付は2001年11月22日。いまから15年ちょっとまえの写真だ。古い手帳で確認してみたら、2001年(平成13年)の11月22日は木曜日。アメリカのカレンダーでいえばサンクスギビング・デー=感謝祭の夜である。

 スヌーカさんは「オレはサンクスギビング・デーに家にいて、ターキー(七面鳥)を食べたことなんていちどもない」と笑いながら話していた。プロレスラーは、サンクスギビングの夜に家で家族といっしょにターキーを食べることができない職業なのだ。

 ぼくはその日、スヌーカさんとほかの何人かの友人たちといっしょに六本木で待ち合わせをした。翌日はFMWの横浜文化体育館大会。久しぶりの東京の夜だから、スヌーカさんはほんのちょっとっだけナイトクラビングをしたがっていた。スヌーカさんは当時、すでに58歳で、現役選手として日本に来たのはこのときが最後だったような気がする。

 スヌーカさんが七面鳥ではなく「イタリアンでも食べよう」と提案したので、ぼくたちは『ハードロック・カフェ』からは大きな駐車場をはさんでとなりのブロックの『チャールストン・アンド・サン』という朝5時まで開いているイタリア料理店に入った。スヌーカさんが「ここはとてもいい店だ。ここでゆっくりしよう」と上機嫌だった。

気がついたら、スヌーカさんはおとなりのテーブルに座って食事をしていたジョー山中さんと楽しそうにおしゃべりをはじめていた。山中さんは「格闘技は大好き。プロレスも大好き。『あしたのジョー』の主題歌を歌わせてもらったから、ぼくは格闘家とは心が通じ合ってるつもり」といってほほ笑み、スヌーカさんも静かな笑みをたたえて山中さんのほうをみていた。

 ぼくらの世代だと、ジョー山中さんというと映画『人間の証明』の“Mama,Do you remember”という主題歌なのだけれど、そのフレーズをそのまま口ずさむと失礼かもしれないので、それはやめておいた。

 パッとうしろを向いたら、内田裕也さん――子分を何人か引き連れた――が立っていた。山中さんと内田さんは握手をしてハグをして、おたがいにニッコリ笑っておしゃべりをはじめた。山中さんはスヌーカさんを内田さんに紹介し、内田さんとスヌーカさんもニッコリ笑って握手を交わした。とてもゴージャスなシーンだった。

 3人のアーティストたちは、ステージでそれを演じる自己とオーディエンスの関係を語り合っていた。「Vice Versaヴァイス・ヴァーサ(逆もまだ同様に)」とか「 Psychologyサイコロジー(観客心理)」とかキーワードが飛び交っていた。

 スヌーカさんは、そのテーブルに座っていた人びとにハワイのハングルースHang Loose(気楽にいこうよ)のハンドゼスチャーを教えていた。God Bless Him――.

斎藤文彦
斎藤文彦
文/斎藤文彦 イラスト/おはつ



「スーパーフライ」「飛獣」ジミー・スヌーカ氏が死去 WWE殿堂スポニチアネックス 1/16(月) 8:39配信

「スーパーフライ」「飛獣」ジミー・スヌーカ氏が死去 WWE殿堂
ジミー・スヌーカ氏(AP)
 「スーパーフライ」のニックネームで知られたフィジー出身のプロレスラー、ジミー・スヌーカ氏が15日、死去した。73歳。米メディアが報じた。胃がんで闘病していた。



 1969年にデビュー。跳躍力を生かしたボディープレスは「スーパーフライ」と呼ばれた。83年、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われたドン・ムラコとの金網マッチのおいて、金網最上段から敢行したスーパーフライが有名。

 96年、米プロレス団体のWWE殿堂入り。日本においても活躍し「飛獣」の異名を取った。ブルーザー・ブロディ(88年死去)とのタッグでも知られた。






Last updated  2017年01月16日 23時25分31秒
コメント(0) | コメントを書く

全135件 (135件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.