12519681 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

HIRO.F's Scrawl

PR

全161件 (161件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

格闘技

Sep 23, 2020
XML
カテゴリ:格闘技
アニマル。。。

本当に強かった!!!

ホークと二人で、アメリカ、日本のプロレスを壊して回ってた。。。

プロレス・スターウォーズでは、最後、日本側について。。。

あの圧倒的強さは、ロード・ウォリアーズしか存在しない

ヒールとか嫌いだけど、ロード・ウォリアーズはヒールでもなく、ロード・ウォリアーズであった。。。


御冥福を、お祈りいたします

天国でホークと組んで、馬場鶴田と!!!



アニマル・ウォリアーさん死去 日本プロレス界席巻
[2020年9月23日22時37分]


拳をつきあげるアニマル・ウォリアーさん(2002年12月2日)





アニマル・ウォリアー(左)とホーク・ウォリアー

日本プロレス界のタッグ戦線を熱くしたユニット「ロード・ウォリアーズ」のアニマル・ウォリアーさん(本名ジョセフ・マイケル・ロウリネイティス)が死去した。60歳だった。死因は明らかにされていない。22日、アニマルさんの公式ツイッターで関係者によって公表された。

80~90年代、相棒のホークとともにロード・ウォリアーズとして日米のタッグ戦線で活躍。ホークは03年10月に心臓発作のため46歳で死去していた。

アニマルさんは、ホークとともにロードウォリアーズは85年3月、全日本プロレスで初来日。アニマル浜口、キラー・カーン組を4分足らずで勝利して衝撃の日本デビューを果たした。

「暴走戦士」などの異名を持ち、ジャンボ鶴田、天龍源一郎らと激闘。89年3月まで全日本に継続参戦後、90年7月からは新日本プロレスに初参戦。一時はホーク、アニマル、パワー・ウォリアー(佐々木健介)の3人でトリプルウォリアーズも結成した。

アニマルさんははモヒカン狩りに顔にペイントを施し、サングラスにレザーベストや巨大なトゲのついたアメリカンフットボールのプロテクターを装着。ホークさんと統一された派手なコスチュームでも注目され、人気を誇っていた。






Last updated  Sep 23, 2020 11:47:46 PM
コメント(0) | コメントを書く


Aug 10, 2020
カテゴリ:格闘技
もう70歳でしたか。。。

ほんと、強烈なインパクトでしたね。。。
プロレス・スターウォーズでも、大暴れしてましたね。。。
キャラでない実際の姿はどうだったでしょうね。。。

新型コロナか。。。プロレスラー、それもあんな巨漢で70歳だと、かなりの生きられたような気もしますが、やはり糖尿病で両足切断という状態立ったのですね。。。

御冥福をお祈りいたします。



カマラ(Kamala)またはキマラ(Kimala)のリングネームで知られるジェームズ・ハリス(James Harris、1950年5月28日 - 2020年8月9日)は、アフリカ系アメリカ人の元プロレスラー。アメリカ合衆国ミシシッピ州出身(ギミック上の設定ではウガンダ出身)。

アフリカの部族ギミックの怪奇派レスラーとして、CWA、WCCW、MSWA、NWA、AWA、WWF、USWA、WCWなどアメリカの各団体で活躍した。日本にもジャイアント・キマラ(Giant Kimala)の名義で度々来日しており、全日本プロレスの常連外国人だったベンジャミン・ピーコックによるボツワナ・ビースト(2代目ジャイアント・キマラ)のオリジナル版ギミックとして知られている。



初期
プロレスラーになる以前はフロリダ州で配管工などの仕事に就いていた[4]。1975年にミシガン州に移住し、そこでボボ・ブラジルと出会ったことを機にプロレス入りを決意[4]。ブラジルの友人のプロレスラー、タイニー・ティム・ハンプトンのトレーニングを受け、1978年に地元ミシシッピ州やルイジアナ州、オクラホマ州などミッドサウス一帯をテリトリーとするNWAのトライステート地区でデビューする。

当時はシュガー・ベア・ハリス(Sugar Bear Harris)などのリングネームを名乗り、大型の黒人ヒールとして売り出された。1980年4月25日にはアラバマ地区でオレイ・アンダーソンからNWAサウスイースタン・ヘビー級王座を奪取している[5]。同年下期からはビッグ・ジム・ハリス(Big Jim Harris)の名前でドイツやイギリスなど欧州に定着。1980年9月から10月にかけてハノーバーで開催されたトーナメントでは、日本から遠征していたキム・ドクや大仁田厚とも対戦している[6]。当時の日本のプロレス専門誌では「まだ見ぬヨーロッパの強豪」として報じられたこともあった。

1980年代
1982年にアメリカに戻り、テネシー州メンフィスのCWAにおいて、ジェリー・ローラーのアイデアにより、ウガンダの未開部族をモチーフとした新ギミック、カマラ(Kamala)[7]へ変身する[4]。顔とボディに呪術的なペインティングを施し、槍と楯を手に巨大な木彫の仮面を被って入場、素足に腰布というスタイルで試合を行い、ジャングルの奥地で彼を「発見」したという謎の覆面探検家[8]を通訳兼任のマネージャーとして帯同するなど、奇抜なキャラクターと演出で一躍センセーショナルな存在となった。同年6月7日にはローラーを破り、CWAのフラッグシップ・タイトルだったAWA南部ヘビー級王座を奪取している[9]。

以降、テキサス州ダラス地区のWCCW(フリッツ・フォン・エリック主宰)や古巣でもあるミッドサウス・エリアのMSWA(ビル・ワット主宰)など、各地の主要テリトリーを転戦。WCCWではフォン・エリック兄弟(ケビン、デビッド、ケリー)、ブルーザー・ブロディ、ザ・グレート・カブキ、テリー・ゴディらと激闘を繰り広げた[10][11]。1983年10月3日にはテキサス州フォートワースにて、ハーリー・レイスのNWA世界ヘビー級王座に挑戦している[12]。

1984年7月からはWWFに初登場[13]。フレッド・ブラッシーを覆面探検家キム・チーとのダブル・マネージャーに迎え、アンドレ・ザ・ジャイアントとの抗争アングルが組まれるが、待遇面の不満から短期間で離脱している[14]。その後はビンス・マクマホンの全米侵攻に対するNWA&AWA連合軍(Pro Wrestling USA)の主力メンバーとなり、1985年7月6日に開催されたグレート・アメリカン・バッシュの第1回大会ではマグナムTAのNWA USヘビー級王座に挑戦[15]。AWAゾーンではサージェント・スローターやジェリー・ブラックウェルと抗争し、リック・マーテルが保持していたAWA世界ヘビー級王座にも挑戦した[16]。また、同年8月にはジャイアント・キマラとしてジャパンプロレスに初来日。当時はカブキやロード・ウォリアーズの出現でペイントレスラーが全盛だったこともあり、日本でも注目を集めた[17]。

1986年の後半よりWWFと再契約。ザ・ウィザードことキング・イヤウケアをキム・チーとのダブル・マネージャーに、12月26日にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにてハルク・ホーガンのWWF世界ヘビー級王座に挑戦[18]。1987年5月のサタデー・ナイト・メイン・イベントではジェイク・ロバーツとも対戦し、1988年からはワイルド・サモアン・シカとの野獣コンビで活動した[19][20]。WWF離脱後の1989年2月には全日本プロレスに来日[21]。1991年の再来日ではキマラ2号ことベンジャミン・ピーコックとタッグを組み、アブドーラ・ザ・ブッチャーを交えたアフリカ軍団としても猛威をふるった[22]。

1990年代
1991年下期からはメンフィスのUSWAにて、因縁のジェリー・ローラーを相手に統一世界王座を巡る抗争を展開[23]。翌1992年4月には、当時USWAと接点を持っていたW★INGプロモーションに来日、ジプシー・ジョーとも対戦した[24]。同年下期よりWWFに復帰し、ジ・アンダーテイカーとの怪奇派同士の抗争をスタート。11月25日開催のサバイバー・シリーズでは棺桶マッチによる決着戦が行われた[25]。1993年、マネージャーのキム・チーとの仲間割れを機にベビーフェイスに転向。聖職者としてWWFに復帰したスリックを新しいマネージャーに迎え、ショーン・マイケルズ、パパ・シャンゴ、ヨコズナ、バンバン・ビガロらヒール勢を相手に異色のベビーフェイスとして活躍した[26]。

その後、WWFを離れトラック・ドライバーをしていたが[4][27]、同時期にWCWに移籍していたハルク・ホーガンの招きで1995年よりWCWと契約。再びヒールに戻り、ケビン・サリバン率いるダンジョン・オブ・ドゥームに加入。ザ・シャークやゾディアックらと共闘し、MSWAからWWFを通しての宿敵ジム・ドゥガンとの抗争を再開。同年9月17日のPPV "Fall Brawl" ではダンジョン・オブ・ドゥームのメンバーとしてメインイベントの時間差金網デスマッチ「ウォー・ゲーム」に出場[28]、ハルカマニアックス(ホーガン、ランディ・サベージ、スティング、レックス・ルガー)と対戦するが、この試合を最後にWCWを離脱した。

2000年代
以降はセミリタイアしてトラック・ドライバーを本業とする傍ら、各地のインディー団体にスポット参戦した。2001年4月1日にはレッスルマニアX-Sevenのギミック・バトルロイヤルに出場[29]。1992年の参戦時と同様、キム・チーとハービー・ウィップルマンをマネージャーに従えて久々のWWE登場を果たした。この大会では、当時WWEのコミッショナー役だったウィリアム・リーガルの執務室に闖入して部屋をメチャクチャにするなどバックステージのスキットでも活躍している。2004年7月26日にはRAWのディーヴァ・サーチにも出演した。

2005年にWWEとレジェンド契約を結び、8月11日のスマックダウンでランディ・オートンと対戦。11月1日のタブー・チューズデイのユージン&ジミー・スヌーカ対ロブ・コンウェイ&タイソン・トムコ戦にも登場し、試合後にトムコをウガンダン・スプラッシュで圧殺している。2006年6月26日のRAWでは、前日のヴェンジェンスで邂逅した同タイプの後継者ともいえるウマガとの試合が組まれた[30]。

その後もインディー団体にレジェンドとして時折参戦する一方、オールドタイマーによるリユニオン・イベントにも出場し、かつてのライバルたちとエキシビション・マッチを行った。2008年6月8日にはTNAのPPV "Slammiversary" に登場。リング上で行われたジェイ・リーサルとソウ・カル・バルのウェディング・セレモニー(ランディ・サベージとエリザベスのパロディ)に、ジェイク・ロバーツ、ココ・B・ウェア、ジョージ・スティールと共に出席して式をぶち壊しにした。

2011年11月12日、糖尿病の合併症で左足を切断することとなり、現役を引退[31][32]。2012年4月には右足の切断手術も行われた[33]。

2020年8月5日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査で陽性と判明。その日のうちに入院したが、8月9日午後に死去。COVID-19が直接の死因であるかは不明。70歳没[34][35]。WWEも公式サイトでその死を伝えた[36]。

得意技

サージェント・スローターを攻撃するカマラ(2009年3月28日、ペンシルベニア州のインディー団体にて)
日本ではキワモノ的なイメージばかりが喧伝されレスラーとして正当に評価されることはなかったが、巨体に似合わぬ敏捷性の持ち主であり、トップロープからのダイビング・ボディ・プレスをはじめ、(決して見栄えは良くないものの)リープ・フロッグなどもこなした。また、技ではないが自らの巨大な腹を太鼓に見立てて両手でポンポンと叩く仕草も彼のトレードマークで、後にザ・ロックがハルク・ホーガンの前で真似をしたことがある。

ウガンダン・スプラッシュ
クロー・ホールド
ヘッドバット
バックハンド・チョップ
ソバット
ネック・ハンギング・ツリー(ハルク・ホーガンの巨体を軽々と吊るし上げたこともある)
獲得タイトル
特記以外はカマラ(キマラ)名義での戴冠。

NWAトライステート
NWA USタッグ王座(トライステート版):1回(w / オキ・シキナ)[37] ※シュガー・ベア・ハリス名義
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
NWAサウスイースタン・ヘビー級王座:1回[5] ※バッドニュース・ハリス名義
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
AWA南部ヘビー級王座:1回[9]
テキサス・オールスター・レスリング
TASW 6人タッグ王座:1回(w / イライジャ・アキーム&カリーム・モハメッド)[38]
ユナイテッド・ステーツ・レスリング・アソシエーション
USWA統一世界ヘビー級王座:4回[23]
グレート・レイクス・レスリング・アソシエーション
GLWAヘビー級王座:1回
サウスイースタン・エクストリーム・レスリング
SXWハードコア王座:1回


ジャイアント・キマラ死去 全日マットでブッチャーと共闘 コロナ感染報道も…
2020年08月10日 16時56分



怪奇派として活躍したジャイアント・キマラ
 ジャイアント・キマラのリングネームで日本でも活躍した米国人プロレスラーのジェームズ・ハリスさんが死去したことが、現地時間の9日に世界最大団体・WWEなどによって報じられた。死因は不明で、70歳だった。

 1978年にデビューしたハリスさんは、82年から顔にペイントを施しウガンダの未開部族をモチーフとした怪奇派「カマラ」に変身。84年からWWF(現WWE)に参戦し、85年8月にジャイアント・キマラとしてジャパンプロレスで初来日し人気を博した。

 89年には全日本プロレスに参戦。全日本マットではアブドーラ・ザ・ブッチャー(79)と共闘した。日本ではインディ団体W★INGプロモーションにも出場した。

 セミリタイア後も05年にWWEとレジェンド契約を結ぶなど、米国マットで幅広く活躍。11年11月に糖尿病の合併症により左足を切断して現役引退し、翌年には右足も切断していた。現地ではハリスさんが今月に入り新型コロナウイルスに感染していたという報道もある。




ジャイアント・キマラさん死去 コロナ合併症か
[2020年8月11日8時6分]


全日本プロレスなどに参戦した元WWEレスラーのジャイアント・キマラ(本名ジェームス・ハリス)さんが9日、心肺停止で死去した。70歳だった。キマラさんは5日にコロナウイルス検査で陽性反応を示し、そのまま入院。10年から高血圧と糖尿病に苦しみ、両足切断に追い込まれていた。コロナウイルスとの合併症が死因と報じる米英メディアもある。

78年にデビューしたアフリカ系米国人のキマラさんは82年からウガンダの部族をモチーフとしたフェースペイント、ボディーペイントを施し、怪奇派の巨漢レスラーとして活躍した。84年からWWF(現在WWE)に参戦。85年にはジャパンプロレスで初来日を果たした。89年には全日本プロレスにも登場し、ブッチャーとも共闘した。95年にはハルク・ホーガンの誘いでWCWとも契約した。

WWFではアンダーテイカー、アンドレ・ザ・ジャイアントらとも対戦。ホーガンは「キマラの死去はとても悲しい。親切心の塊だった。安らかに眠れ、ビッグブラザー」などとSNSを通じて悲しみをつづった。



怪奇派レスラーのジャイアント・キマラ死去 糖尿病で両足切断
 ジャイアント・キマラのリングネームで日本でも活躍した米国の元プロレスラー、ジェームズ・ハリスさんが死去したと、現地時間の9日に米国の世界最大手プロレス団体WWEなどが報じた。

 ハリスさんは78年に米国でプロレスデビュー。82年には顔と体にペインティングを施すなどアフリカの未開民族にふんした怪奇派のカマラとして活動。83年にはNWA世界ヘビー級王者ハーリー・レイスに挑戦した。84年にはWWF(現WWE)に参戦。85年にはジャイアント・キマラとしてジャパンプロレスに初来日した。89年には全日本プロレスに参戦し、91年にはジャイアント・キマラ2号とタッグを組んだ。

 その後もWWFだけでなくWCWやインディー団体などでも活動したが、11年11月には糖尿病の合併症により左足を切断して現役引退。12年4月には右足も切断。17年には緊急手術を受け、生命維持装置につながれたこと報じられた。

ジャイアント・キマラさん死去 全日本プロレスなどで活躍
2020.8.11 11:51スポーツ格闘・相撲


 全日本プロレスなどで活躍したジャイアント・キマラさん(本名ジェームズ・ハリス)が死去したと世界最大のプロレス団体WWEが10日までに発表した。70歳だった。AP通信はキマラさんの自伝に携わる関係者のソーシャルメディアの記述として、新型コロナウイルスの影響で亡くなったと伝えた。

 米国出身で黒人のキマラさんは顔や体に派手なペイントを施した巨漢の個性派レスラーとして人気を博し、故ジャイアント馬場さんらと闘った。近年はさまざまな病気に悩まされ、糖尿病で両脚を切断していた。(共同)






Last updated  Aug 11, 2020 12:42:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 11, 2020
カテゴリ:格闘技
くだらん。。。

決勝戦で、乱入って。。。



まあ、案の定、バレッタ入りですね。。。
くだらん。。。
バレバレ









Last updated  Jul 11, 2020 10:50:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 3, 2020
カテゴリ:格闘技
4K撮影ではないですかね?
2K放送と違って、ブロックノイズとかはないんですけどね。















反則してでもって覚悟が!!
って!言ってるけど、やっばり、面白くないよ。。。

そんの覚悟いらん












終わりかよ!

CSでもやってないし

まあ、勝負にならんわ。。。。






Last updated  Jul 4, 2020 03:37:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 13, 2020
カテゴリ:格闘技
11年前の6月13日。。。。

ノア社長、三沢光晴選手が試合中の事故で亡くなられました




2009年、6月13日
広島市中区基町の広島県立総合体育館グリーンアリーナで開催された「プロレスリング・ノア広島大会」で、ノア社長、三沢光晴選手(46)が試合中の事故で、亡くなられました


いまだに、あのときの追悼特番を見ることができません。

この前、斎藤と川田戦
川田が、三沢を思わすように、動かないフリ(だったのか?)見ていた私も
観客も、斎藤も、どう反応していいか、分からないシーンがありました

三沢さんの本を読めば読むほど、ものすごく豪快で
すごい信念を持って、人にやさしい、不器用な人だったんだと

いまだに、エメラルドグリーンのリングに、三沢さんがいないことが信じられません。

こんどは、川田との試合が見れるかな、今だったら、丸藤と、どんな試合になるんだろ
小橋が復活したときは、また、秋山や高山とのタッグが見れるかな
力皇欠場の代わりは、社長に出て欲しいな~

なんて、今でも思ってしまうのですよ


天国で、鶴田さん、馬場さん、ラッシャー木村さん
ゴッチさん、テーズさん、ブロディ、アンドレ、、、そして青木。。。
皆で闘ってるかな

三沢!まだ、お前は現役じゃないか!ずるいぞって言われながらも、ランニングエルボー決めてるかな。。。


花さんも、一から鍛えてあげてくれ。。。
















2010年
今日は、聖地ディファ有明で、三沢さん追悼のメモリアルマッチがありますね。

G+では、当日放送があります。
現地にはいけないけど、生放送ではないけど
いっしょに、冥福と、三沢光晴が、永遠に、プロレスファンの心に刻まれるように
闘ってるレスラー、スタッフ、ファンの方と同じ気持ちで、応援します。

三沢さんのもとに集まったレスラー達
みんな、それぞれ、色々な想いが、この一年あったことでしょうね。

池田大輔も、週間プロレスに書いてましたね。

三沢さんがいなくなって、フリーになった人たちも、今日は、特別な想いがあるでしょう
三沢さんの想いに応えれるように、今日は、前みたいなへたれな試合ではなく
魂見せて欲しい!

いないほうが、良い試合になるなんて思われるような試合は、今日だけはしないでほしい。


でも、みんな気持ちはいっしょですよね

今日は、三沢さんのもとに集まって、いっしょに闘いたかったんだよね。

いまでも、三沢さんが、ここにいないってのが信じられない。

いつものように、観客席の後ろの柱の影で見てるって思えてしょうがない

井上とか玄藩の試合見ながら、後ろで苦笑いしてるに違いない

三沢さん

三沢さん


貴方が創り上げた、貴方が守ってきた箱舟は、まだ、まだ沈まずに、皆で支えてますよ

今夜は、その姿を、柱の影から、見守ってやってくださいね










2014年
三沢光晴メモリアルナイトを見てますね。




NOAHでは、毎年、メモリアルナイトしてますね

いま、G+の放送みています。


注目は

丸藤正道
vs 齋藤彰俊
(フリー)

永田裕志
(新日本プロレス)
関本大介
(大日本プロレス)
vs 杉浦 貴
高山善廣
(高山堂)

森嶋 猛
マイバッハ谷口
大原はじめ
(フリー)
vs 天龍源一郎
(天龍プロジェクト)
越中詩郎
(フリー)
小川良成



関本、永田が組んで杉浦、高山は
おもしろそうだなぁ

齋藤は、三沢さんとバイソンスミスの分まで戦って欲しい

そのときに三沢さんと組んでた潮崎もいないし、KENTAもいなくなった。。。
丸藤は、永田との試合に向けて、なにか、いままでと違いものをみせてくれるのかな。。。

天竜、、、大丈夫かなぁ。。。もう、歩くのもおぼつかなそう。。。


しかし、最初の前座3試合は、なんとかならんものか。。。
録画してると、毎回おんなじ試合が。。。おもしろくもなんともない。。。

三沢さんが守ったNOAHは、こんなもんなのかなぁ。。







丸藤正道 vs 齋藤彰俊

泣きました

素晴らしい試合でした
二人の気持ちが、ものすごく伝わってきました

ポールシフトの構えからの、タイガーフロージョン

丸藤の勝利の後の言葉

齋藤への感謝
そして、丸藤の一つの願い



再びプロレスリングNOAHの齋藤彰俊として
俺たちの、このリングを守ってください!





丸藤の涙の願いに、齋藤は応えました


俺は、あの日以来
コスチュームも替えてなく
常に心はNOAHでした!!!!

もしNOAHのみなさんが、副社長が、社長が、そして三沢社長が許してくださるなら
俺はNOAHで闘います!!

二人の握手、抱擁、そして、跪き、お互いに感謝



本当にすばらしい闘いでした



来年の6月13日のメモリアルナイトは7回忌で、三沢さん最後の地、広島での開催も発表されました。


解説で来ていた川田にも参加してほしい。。。

KENTAもベルトでもとって、凱旋してくれないかな。。。

全日本に行ったメンバーも、この夜だけは。。。


来年のメモリアルナイトも楽しみです







丸藤正道 vs 齋藤彰俊

泣きました

素晴らしい試合でした
二人の気持ちが、ものすごく伝わってきました

ポールシフトの構えからの、タイガーフロージョン

丸藤の勝利の後の言葉

齋藤への感謝
そして、丸藤の一つの願い



再びプロレスリングNOAHの齋藤彰俊として
俺たちの、このリングを守ってください!





丸藤の涙の願いに、齋藤は応えました


俺は、あの日以来
コスチュームも替えてなく
常に心はNOAHでした!!!!

もしNOAHのみなさんが、副社長が、社長が、そして三沢社長が許してくださるなら
俺はNOAHで闘います!!

二人の握手、抱擁、そして、跪き、お互いに感謝



本当にすばらしい闘いでした





2015年のスペシャルマッチ
亡くなられた方、引退された方。。。

NOAH SP
三沢光晴メモリアルナイト2015
(6/13開催)
三沢光晴メモリアルマッチ
丸藤正道(BRAVE)&永田裕志(新日本プロレス)&井上雅央(フリー)
vs
天龍源一郎(天龍プロジェクト)&小川良成&高山善廣(NO MERCY/高山堂)



三沢光晴メモリアルマッチ
鈴木みのる(鈴木軍)&シェルトン・X・ベンジャミン (鈴木軍)&飯塚高史(鈴木軍)
vs
マイバッハ谷口(超危暴軍)&杉浦 貴(NO MERCY)&齋藤彰俊(NO MERCY)



GHCタッグ選手権前哨戦
ランス・アーチャー(鈴木軍)&デイビーボーイ・スミスJr.(鈴木軍)
vs
クリス・ヒーロー(BIG in USA)&クワイエット・ストーム


スペシャルシングルマッチ
マイキー・ニコルス(TMDK)
vs
シェイン・ヘイスト(TMDK)


GHCジュニアヘビー級選手権試合
(第29代王者)タイチ(鈴木軍)
vs
(挑戦者)原田大輔(NO MERCY)


GHCジュニアタッグ選手権試合
(第24代王者組)エル・デスペラート(鈴木軍)&TAKAみちのく(鈴木軍)
vs
(挑戦者組)平柳玄藩(NO MERCY)&熊野 準


6人タッグマッチ
中嶋勝彦(BRAVE/DIAMOND RING)&石森太二(BRAVE)&小峠篤司(BRAVE)
vs
拳王(超危暴軍)&大原はじめ(超危暴軍)&北宮光洋(超危暴軍)


タッグマッチ
モハメド ヨネ(BRAVE)&池田大輔(フーテンプロモーション)
vs
佐野巧真(フリー)&相島勇人(フリー)


6人タッグマッチ
キャプテン・ノア&ザック・セイバーJr.&友寄志郎
vs
ジョン・ウェブ(HIGH LEVEL ENTERPRISE)&ジャック・ギャンブル(HIGH LEVEL ENTERPRISE)&魁(ダブプロレス)


2019
























Last updated  Jun 14, 2020 01:52:28 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 23, 2020
カテゴリ:格闘技
やはり、テラスハウスでの、誹謗中傷が元での、辛さからだったのか。。。

私は、試合しか見たことないけど

本当に、心の優しい方だったようですね。。。

でも、、、、

生きなきゃいけない。。。

世界中に、あなたのことを好きで、あなたの事を愛して、あなたに魅了され、あなたを大切に思っている人たちが、ものすごくいる

そして、みんなが悲しんでいる。。。


みんなが、助けれたらと、後悔している。。。悔しがっている。。。

みんな。。。

苦しいことがあっても。。。逃げていいから、生きなきゃいけない。。。


あなたが大好きな人たちが、悲しみ、苦しみ、時間が止まってしまう

生きてください。。。














木村花NEW!2020-05-23

テーマ:ブログ
信じられない…

知り合いから「花ちゃんのこと本当?」とLINEが来て…

最近ほとんど人のSNS見れてなかったから何のことか分からなくて
アメリカにでも行くのかな?
くらいに思って調べたら…


訃報

花ちゃんをとりまく環境のこと知らなかった。

見えない敵からの攻撃、その敵がどこにどれだけいるかも分からないネット社会の恐怖。

でも、どんな原因があっても人をそこまで追い詰めていい理由にはならないはず。


いつも律儀で笑顔を絶やさず他愛のない連絡もたくさんくれた花ちゃん。

「テレビつけたら風香さんが出てる番組の再放送がやっててテンション上がりましたー!」

「安産杉を見つけました!」




会うたびに
「風香さぁぁんラブラブちゅん太くぅぅんラブラブ」
と飛んできてくれた、あの笑顔がもう見れないとか信じたくなさすぎる…


花ちゃんや木村さんの心中を思うとやりきれないです。

花ちゃん…








#風香






Last updated  May 23, 2020 11:17:24 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:格闘技
なんで。。。。

テレビで、トーナメントみたばっかりだったのに。。。

誹謗中傷コメントが多かったからか??

最後が猫とだなんて。。。猫おいてくなんて。。。。

御冥福を、お祈りいたします。。。。。

















女子プロレス・木村花さん急死 「スターダム」所属の22歳、「テラハ」にも出演中
5/23(土) 13:17配信


21日にツイッターで「とにかく幸せだった」



木村花さん【写真:Getty Images】

 女子プロレス「スターダム」に所属する木村花さんが23日に亡くなったことがわかった。22歳だった。同団体のホームページ(HP)で発表された。

【写真】「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね。」…23日に投稿された実際のインスタ

 HPでは「【訃報】木村花逝去に関するお知らせ」とのタイトルで亡くなったことを伝えている。

 HPは「当社所属選手 木村花選手が本日5月23日逝去いたしました。突然のことでファンの皆様、関係者の皆様には深いご心配と、哀しみとなり、大変申し訳ございません」とした上で、「詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります。木村花選手のご冥福を深くお祈り申し上げます。今後につきましてはご親族と相談の上、お知らせいたします。また他の所属選手の心のケアにも努めてまいります」と説明している。

 木村さんは現在Netflixで配信中の「テラスハウス」にも出演していた。

 木村さんは21日に自身のツイッターで「音楽があって、あったかくて、家族と大好きな人達と素敵な人達がいっぱい出てきて 可愛くなって、可愛いねって言われて 試合をしていて、たくさん笑っていて 小波さんとじゃんぐるさんとプロレスを観に行く途中で 今までの幸せとこれからの幸せが沢山詰まった夢をみました。とにかく幸せだった」と心境をつづっていた。

 プロレス関係者によると、木村選手は高校を中退後、プロレス学校に入学。卒業後、2016年当時、武藤敬司が率いた「WRESTLE-1」でデビュー。2019年に「スターダム」に移籍すると、瞬く間にトップ選手に。ヒールレスラーとして人気だった。今年の新日本プロレス東京ドーム大会にも、初日の第0試合に出場。これからの活躍が期待されていただけに関係者のショックは大きいという。母は元女子プロレスラーの木村響子さん。






Last updated  May 23, 2020 03:04:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 13, 2020
カテゴリ:格闘技
11日のパーティでは、元気だったとの話ですが。。。

ペースメーカーの故障とは。。。残念です


御冥福を、お祈りいたします。


プロレスラーのケンドー・ナガサキさん死去 “日本人ヒール”として全米で活躍



 場外乱闘となって平井伸和を痛めつけるケンドー・ナガサキさん=1996年6月6日
拡大
 「ケンドー・ナガサキ」のリングネームで知られるプロレスラーの桜田一男氏が死去したことが13日未明分かった。米国のプロレスラー親睦団体「カリフラワー・アレイ・クラブ」が公表した。享年71。死因は不明だが、心臓のペースメーカーの故障によるという情報がある。

 1948年、北海道網走市出身の桜田氏は64年に大相撲の立浪部屋から初土俵。71年に日本プロレスに入門し、プロレスに転身した。日本プロレス崩壊後には全日本に移籍し、米国に進出して日本人ヒールレスラーとして存在感を発揮。新日本プロレスにも参戦し、その後は大日本などインディー団体などでも活動した。またプロレス界ではけんか最強との呼び声もあり、総合格闘技に参戦した経験もある。

 16年には心臓の手術を受けていた。今月11日には千葉県船橋市で開催されたパーティーに出席していたとの情報もある。






Last updated  Jan 13, 2020 10:43:24 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 5, 2020
カテゴリ:格闘技
とうとう、時代が終わってしまった
チャンピオン二人も、手抜きなしだね

佐野さんのローリングソバットを高橋にぶちこんで欲しかった




































































Last updated  Jan 7, 2020 12:40:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 4, 2020
カテゴリ:格闘技
1月4日 22:08
佐野巧真のローリングソバットは、やっぱり、えげつない!!
タイガーに決めるのは胸熱です!

藤波のガウンも泣けた!

佐野さん、京都で焼肉屋やってるのですね。
行ってみたい。






















































































Last updated  Jan 7, 2020 02:56:12 AM
コメント(0) | コメントを書く

全161件 (161件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.