1525814 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

【心霊喫茶「エクス… New! 美齢(めいりん)さん

劇場鑑賞「ブラッド… BROOKさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006.12.21
XML
オレを監視(スキャナー)しているオレがいる

製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開 (ワーナー)
初公開年月 2006/12/09
ジャンル サスペンス/犯罪/SF
映倫 R-15

【解説】

SF作家フィリップ・K・ディックの『暗闇のスキャナー』を、
「スクール・オブ・ロック」「ビフォア・サンセット」の
リチャード・リンクレイター監督が「ウェイキング・ライフ」で
試みたデジタル・ペインティング手法を用いて映画化した
近未来サスペンス。


実際の俳優が演じた映像データを基に、アニメーターが
デジタル・ペインティングしていく“ロトスコープ”と
いう映像技術で独特の世界観を表現。
ドラッグが蔓延した近未来を舞台に、自らヤク中男となり
“おとり捜査”を開始した刑事が、やがて自分を監視する
事態に陥り徐々に捜査官とヤク中男との間で自己崩壊して
いく姿をダークでトリップ感漂う映像表現で綴ってゆく。
主演は「マトリックス」シリーズのキアヌ・リーヴス。

近未来のアメリカ。そこでは“物質D”と呼ばれる強力な
ドラッグが蔓延していた。
覆面麻薬捜査官のボブ・アークターは、物質Dの供給源を
探るため自らジャンキーとなりドラッグの世界へと深く
潜入していく。

おとり捜査中は上司や同僚さえもその正体を知らなかった。
しかしある時、ジャンキーとしてのボブが何者かに密告
されたため、彼は自らを監視するハメになってしまう。
やがて、ボブの中で捜査官とジャンキーという2つの
人格が分裂を始め、次第に自らのアイデンティティを
見失っていく…。

325402view004.jpg

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハート

いやあ大変でした(笑)何がって睡魔と戦うのが(^^;)
始まった時は、デジタルロトススコープという
映像技術の画面と気持ち悪いのですが虫があふれだす映像が
異様で惹きつけられたのですが、麻薬常習者の世界を
描いていて、観ているうちになんか眠たくショックなってしまって
(朝ヒップホップをやってから観に行ったので
疲れていたせいもあるのですが・・・)
半分くらいうつらうつら状態・・・声は英語は聞こえるのですが  
目が開かない失敗(笑)

で、ひとしきり睡魔も通り過ぎ見はじめたときはラストまで
あと30分くらいで(^^ゞ
でもそこからが大どんでん返しがあって、え~~~びっくり!と
なりました。そして、もっとちゃんと観ておけば良かったしょんぼり
とも思いました。

この映像自体は麻薬常習者の世界観を表すのに
あっていると思いますし、最後のどんでん返しに
スクランブルスーツもいい効果を出していて悪くは
ないのですが、やはり私は実物のキアヌが見たかった!(笑)

325402view001.jpg

実はこの映画を見ようと思ったのは、キアヌ、ウィノナ、
ロバートダウニーJR、ウッディハレルソン
とかなりの
豪華キャストというかクセのある俳優(キアヌは違いますが)
がそろっていたので面白いのではないかと思ったのと、
実写とアニメの両方でできていると勘違いしてしまった
からなのでした(爆)

325402view005.jpg

SFよりはミステリーが好きな私なのですが、この原作者
でもあるフィリップ・K・ディックの『ブレードランナー』
は昔観て印象に残っていたので、これも期待してしまいました・・・

かなりうつらうつらしてしまったので(笑)作品の正当な評価は
できないのですが、DVDでいいかなあ・・・
でもどんでん返しびっくりはいいと思います^^
あまりいい評価はできませんが、それでもWOWOWとかで
放送されたらもう1回見たいとも思う作品ですスマイル

ちなみにこのデジタルロトススコープにする作業は
とても大変で、1分間の映像が完成するまで30人が
フルタイムで作業しても500時間を要するハードワーク

続いたということでした。(↑パンフより↓)

繊細な神経の持ち主はご注意を。ロトススコープによる幻想的な世界に
やれます。スタイリッシュに倒錯したビジョン・・・脳がぶっとぶような
トリップが始まる!
●ローリングストーン

錯乱・・・奇抜・・・極限のおかしさ。
●ザ・ロンドン・タイムズ

催眠術をかけられたような映像美
●ニューヨーク・タイムズ

大ヒットしても駄作が多い今シーズン公開作に対する
大胆な挑戦。
●ニューヨーク・ポスト

フィリップ・K・ディックの世界を見事に映像化。
●AP通信

『ブレードランナー』でさえ描ききれなかったディックの
明らかな破滅感を大胆に表現。リーブスの哀愁に満ちた演技が
冴える。
●タイムアウト・ニューヨーク


325402view003.jpg
<公式サイト>

びっくり本日のオマケ号泣

実は私は睡魔と戦いましたが(笑)戦わないで寝てしまった人が(爆)
私のとなりひとつあけて通路をはさんで、端に座っている人がものすごい
巨漢で大口開けていびきかいて寝て眠い..ました。
始めは鼻息の荒い人なのかなと思っていたのですが、だんだんと音が
大きくなり・・・
そんなこともあって映画に集中できませんでした
号泣号泣
あんなに爆睡眠い..していても電気ひらめきがつくと起きるから不思議です(爆)







最終更新日  2006.12.21 21:45:59
[2006年鑑賞映画] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.