1455489 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

久しぶりぃ〜 rose_chocolatさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全71件 (71件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

2010年鑑賞映画

2010.12.30
XML
カテゴリ:2010年鑑賞映画
人気ブログランキングへBURLESQUE

今月は、トロン、シュレックまでは、なんとか鑑賞したかったのですが
師走と言う事で忙しく(^^ゞあまり多く観られませんでした(T^T)
昨日は甥っ子に「ハリポタ」(私はもう観ていますが)ドタキャンされたし(T^T)
ま、そんなことは置いておいて、今年鑑賞した映画のまとめをしたいと
思います。大掃除の途中なんですが(爆)

今年の鑑賞の1本目は、1月9日の『ジュリー&ジュリア』
今年最後の鑑賞は12月22日の『キックアス』、鑑賞本数は以下62本。
ではなくて(笑)、鑑賞数は、実は77本、感想を書いていない作品が
15本もありましたショック

さすが洋画好きの私(笑)洋画65本  邦画12本でした(笑)

以下鑑賞した作品ですウィンク
ピンクの字は邦画です。
(TOHOシネマズのパスポートを初めて取得したので
その時に邦画を多く観ました)

1 ★ゴールデンスランバー★ 2. ★Dr.パルナサスの鏡★ 3. ★サヨナライツカ★

4. ★かいじゅうたちのいるところ★ 5 . ★(500)日のサマー★

6 .★ジュリー&ジュリア★ 7. ★パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々★

8. ★恋するベーカリー★ 9. ★バレンタインデー★  10.★50歳の恋愛白書★

11.★新しい人生のはじめかた★ 12.★ラブリーボーン★ 13.★サロゲート★

14.★オーシャンズ★15.★噂のモーガン夫妻★ 16.★マイレージ、マイライフ★

17.★ダレン・シャン★ 18.★NINE★ 19.★フィリップ、きみを愛してる!★

20.★ハート・ロッカー★ 21.★シャーロック・ホームズ★

22.★ニューヨーク、アイラブユー★ 23.★ザ・ウォーカー★

24.★ダブル・ミッション★ 25.★アイアンマン2★ 26.★エアベンダー★

27.★ソルト★ 28.★インセプション★ 29.★レポゼッション・メン★

30.★プレデターズ★31.★トイ・ストーリー3★ 32.★クレイジー・ハート★

33.★ザ・ロード★ 34.★特攻野郎Aチーム THE MOVIE★ 3

5.★バイオハザード IV アフターライフ★36.★カラフル★ 37.★瞳の奥の秘密★

 38.★魔法使いの弟子★39.★ベスト・キッド★ 40.★ヒックとドラゴン★

41.★エクスペンダブルズ★42.★ナイト&デイ★

43.★アイルトン・セナ ~音速の彼方へ★ 44.★ガフールの伝説★

45.★大奥★ 46.★十三人の刺客★ 47.★食べて、祈って、恋をして★

48.★ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1★

49.★ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ★


50.★エクリプス/トワイライト・サーガ★ 51.★クロッシング★

52.★怪盗グルーの月泥棒 3D★ 53.★SP 野望篇★ 54.★雷桜★

55.★インシテミル 7日間のデス・ゲーム★56.★バーレスク★

57.★ロビン・フッド★ 58.★キス&キル★ 59.★デイブレイカー★

60.★ K-POP DREAM CONCERT-History‘07~’09★

61.★ラスト・ソルジャー★ 62.★キック・アス★

時間がなくて感想が書けなかった作品しょんぼり
つまらなくて書けなかったのではなく、時間がなかったのですしょんぼり

のだめカンタビーレ 最終楽章 前編、コララインとボタンの魔女、

ウルフマン、タイタンの戦い、第9地区、アリスインワンダーランド、

プレシャス、9(NINE)、17歳の肖像、パリより愛をこめて、SATC、

トルストイ最後の旅

東方神起のa-nationのライブ映像の映画

「告白」「嫌われ松子の一生」(目黒シネマ、2本立て)

感想は書けなかったのですが、9(NINE)、17歳の肖像、パリより愛をこめて、
も好きな作品でした。

洋画大好き、ジャンルでは、サスペンス、アクション、ラブコメが好きですので
どうしても上矢印そのような作品の鑑賞が多くなります。
今年はこれだ!って言うサスペンスがなかったなあ・・
と言うか、サスペンスの作品自体が少ないような気がします。。。

ベスト10を選ぼうと思いましたが、これだ!と思うものが
インセプション以外見つかりません。
観た作品で、酷評するほどつまらなかったものはありませんが、
と言うか鑑賞作品は、みんなそれなりに楽しめたのですが(^^
全体的に印象が薄い。。。

と言う事で、自分が特に好きと感じた作品を選んでみましたウィンク
セナの映画以外はパンフレットの画像です。

パンフ.jpg
1 インセプションスマイル今年観た作品の中で、ダントツに好きです。

IMG_0004.jpg
2 アイルトン・セナ 音速の彼方へ
スマイルファンクラブまで入って応援していた大好きだったセナに逢えた(T^T)
この映画は2位と言うより別格かも目がハート

パンフ.jpg
 ロビンフッドスマイル中世ヨーロッパの歴史が好きなので、点数はどうしても甘めになります(^_^;)

ここまでは、★を5点満点つけましたので、とりあえずベスト3と言う事で(^_^;)
と思って調べたら、なんとインセプションは4.5でした(笑)
私の★の評価は、あまりあてになりませんね(^^ゞ
ロビンフッドは、なぜ5点?と今は思いますが(笑)
なんか、勢いでつけてしまったようです

その他、好きな作品

パンフ.jpg
キックアススマイルとにかく笑った、驚いた、面白かった!

パンフ.jpg
 新しい人生のはじめ方スマイルダスティンとエマに感情移入しまくりでした。

パンフ.jpg
カラフル
スマイル重い作品でもありましたが、原監督と相性がいいのか好きな作品でした。

パンフ.jpg
ナイト&デイスマイルただただ楽しかった!

パンフ.jpg
 ガフールの伝説スマイル
ふくろうの羽のふっさふさ感は素晴らしかった!この作品は映像のみで選びました。

2回観た作品(大好きなジョニーとロバートの作品なので~)

しゃ.jpg
シャーロックホームズスマイルロバートのホームズ
ジュードロウのワトソン、それだけで満足
ダブルハート

アイ.jpg
アイアンマン2
スマイルロバートのアイアンマン、ミッキーロークのウィプラシュに満足
でも、1のほうが好きだけど(笑)
 

アイ.jpg
アリス・イン・ワンダーランドスマイルたまには二枚目ジョニーのお顔が観たいけど^^
最近は、ジョニーもロバートも毎年公開作品があるので嬉しいで~す目がハート


同居している主人の母が、体調を崩したこともあって、
前半の鑑賞数は少なめで(^^ゞ、PCに向う時間がなくて、
ブログをお休みしたこともありました(T^T)
義母は一旦は良くなりましたので、その後頑張って?鑑賞(笑)
ですが、猛暑のためかまた義母は体調を崩し、
昨年ほど映画も鑑賞できませんでしたし、鑑賞できても、感想を書く
時間がなかったりと言うのが今年の後半でした・・・

義母がそんな状態ですので、自分の感想をアップするのが
せいいっぱいで、中々皆様のところに行けず涙ぽろり
そんな状態の義母を抱えておりますので(T^T)来年もマイペースな
更新になると思いますが(^^ゞ来年もお付き合いして頂けたらと
思いますので、皆様よろしくお願い致します^^
訪問してくださった皆様、コメントをつけてくださった皆様、今年1年間
本当にありがとうございましたウィンク
今年もあと1日となりましたが、皆様どうぞ良いお年をお迎え下さいませウィンク


ショック私はまだ大掃除が終わっていない(^^ゞ
お正月のお料理の支度もできていない(T^T)
明日の夜までに終わるのだろうか・・・多分終わらないな(笑)
あ~~もう、こんな時間になってしまったショック
いつも仲良くさせて頂いているブログの皆様には、明日の夜ご挨拶に
伺いますスマイル
急いで決めたので、落ち着いたら、好きな作品追記になるかも(^^ゞ

人気ブログランキングへ
低迷ブログに愛の手を(笑)
クリックよろしくお願いします
ウィンク








最終更新日  2010.12.31 03:43:37
2010.12.25
カテゴリ:2010年鑑賞映画
人気ブログランキングへ
KICK-ASS

正義の心で
悪をKILL

特殊能力ゼロ、モテ度ゼロ、体力微妙
──なりきりヒーローが世界を救う



上映時間 117分
製作国 イギリス/アメリカ
公開情報 劇場公開(カルチュア・パブリッシャーズ)
初公開年月 2010/12/18
ジャンル アクション/コメディ/青春
映倫 R15+

【解説】

「ウォンテッド」の原作者マーク・ミラーのアイデアを基に、
同名コミックの執筆と同時進行で製作された
ハードバイオレンス・アクション・コメディ。
スーパーヒーローに憧れる平凡なオタク高校生が始めた無謀な
自警活動が思わぬ事態へと発展していくさまを、
ハードなアクション・シーンと軽妙かつブラックなユーモアを織り交ぜ描き出す。

本国のアメリカ、イギリスでは、あどけない少女による殺戮シーンを
はじめ妥協のない過激なバイオレンス演出が物議を醸す一方、
多くの映画ファンからは熱狂的な支持を集めるなど賛否両論渦巻く
問題作として大きな注目を集めた。

主演は「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」のアーロン・ジョンソン。
共演は、一躍ハリウッド期待の新星となった「(500)日のサマー」の
クロエ・グレース・モレッツとオスカー俳優ニコラス・ケイジ。
監督は「レイヤー・ケーキ」「スターダスト」のマシュー・ヴォーン。

【ストーリー】

コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生デイヴ
(アーロン・ジョンソン)は、ある日、インターネットで買った
スーツとマスクで、ヒーローとして街で活動を始める。
何の能力も持たない彼はあっさり犯罪者にやられるも、
捨て身の活動がネット上に動画で流され、“キック・アス”の名で
一躍有名になってしまう。

ちらし.jpg

ブラッド・ピット×ニコラス・ケイジ
前代未聞のなりきりヒーロー参上!


【感想】
赤ハート赤ハート赤ハート赤ハートダブルハートスキ

もともと、鑑賞する予定の作品でしたが、ご覧になった皆様の評価が
高い上に、うちの長男が大好きで尊敬もしている伊集院光さんも、
ラジオで大絶賛していたと長男から聞いて、否が応にも気持ちが盛り上がり、
期待度MAXで観に行ったにもかかわらず・・・・
いや~~~面白かったです!サイコー!(笑)

特殊能力ゼロ、女の子にはモテないし、体力も微妙、そんな普通の
・・・って言うか普通以下のダサイ(笑)、アメコミ好きで、
スーパーヒーローに憧れる高校生が自慢のコスチュームで勝手に(笑)
ヒーローになって、街をパトロールすると言う事から物語は始まります。
男の子なら、いや女の子もみんな1度は自分もスーパーヒーローに
なりたいと憧れたと思います。でも、いくらアメコミ好きでも、
ヒーロー好きでも、実際にヒーローになる人はいない(笑)
なのに、このデイヴは、なんの能力もないのに、本当になって
しまうから笑えますσ(^◇^;)だけど、純粋なその志がなんかかわいい(笑)

2.jpg

このダサイ高校生役が、先日かちんこノーウェアーボーイで観たばかりの
アーロン・ジョンソン、ジョンレ・ノン役の時は、大人びた感じが
していましたし、イケメンだと思ったのですが、今回はカーリーへアーにして
(どうして、モテナイ=カーリーヘアーなんだろう??)
ジョン役の時より若く(って言っても実際に20歳くらいですから若いのですが)
見え、いかにも高校生という感じで、また、上手く?ダサクしていて、
同じ役者さんとは思えませんでしたウィンク

ダサイと言えば、登場してくるヒーローのコスチュームも
適度にダサイような(笑)今で言うとダサカッコイイ?

例えば・・・(主なキャスト紹介)

イケテない草食系オタク男子のデイヴ
キックアス.jpg

本気で犯罪組織の隠滅させようとしているデーモン
デーモン.jpg

本当にアメコミ好きなニコちゃん(笑)今回はバッドマンのイメージ?の
コスチューム、正義感と父親の愛(ちょっと違った愛し方のような
気もしますが・笑)を兼ね備えたそして哀愁漂うヒーローを好演。
すっごく良かったですグッド

特に、娘が、「犬」や「ぬいぐるみ」をプレゼントに欲しがった時の
さびしそうな顔、そして、実はそれがウソで、「本当はバタフライナイフ」
と言った時のホットしたような嬉しそうな顔がサイコーでしたグッド
そそ、娘が武器をおねだりした時「そんな高い買い物は・・・」
と言ってネットの画面観て「いいねえ~」に変わった時も面白かった!
適役だっただけに、マル秘亡くなってしまったのは悲しいマル秘・・・

父親に殺人マシーンに育てられているとも言えるミンディ
ヒット・ガール.jpg

「500日のサマー」に出ていたおしゃまな女の子が大変身(笑)
チャーミングでかわいいお顔して、やる事凄い!
あの小さな体で、銃も撃ててナイフの使えてとバリバリのアクション全開!
そして、決め台詞が、また汚い言葉で、あのキュートなお顔とのギャップが
たまらない!と言う男性が多そう(笑)
マスクをつけると、よりビビアン・スーに見えました(笑)


デイヴより、さらにイケてないようなσ(^◇^;)
犯罪組織のボスの1人息子のクリス

クリス.jpg

初めて観る俳優さんのような気が・・・
どこかで観た事あると思ったら、日本の俳優さんの篠井英介(ササイエイスケ)
さんに似てる(笑)

犯罪組織の血も涙もないボスのフランク
フランク.jpg

もう、ほんと、マーク悪役続き~σ(^◇^;)
先日観たロビンフッドに続いて、またまた悪役。しかもロビンフッド同様、
いや、それより悲惨な最後でした(T^T)
だけど、悪役似合ってる~(笑)
個人的には、ワルでも根っからのワルじゃない、ワールド・オブ・ライズや
ロックンローラの中の役柄が好きだなあ・・・

前半はコミカルで、デイヴら3人のモテナイ男の子たちの会話や
ヘナチョコヒーローの活動(部活動みたいだ・笑)や犯罪組織への復讐を
実行するため日夜訓練を続けている父娘の会話や訓練の様子を
笑って観ていましたが、後半は、ちょっとシリアスになり、
ドキドキハラハラの展開!そして、訪れるヒットガールの魅せ場のアクション、
アクション、アクションの連続!
でも、おいしいところは、ヘナチョコヒーロー(笑)キックスアスが持っていって~
ラストは爽快感さえ味わえました!

観るに耐えない(日本人には苦手な人が多いかもしれない(^_^;))シーン、
血しぶきの嵐、殺して、殺して、殺されて、殺されて、バンバン人が
死んで行きます(^_^;)
ここまで簡単に殺して、殺されていくと、かえって現実味がなくなって
ファンタジー?とさえ思えてしまいましたウィンク

1.jpg

映画は大筋でコミカルなんですが、R15+ ですし(^_^;)暴力描写も多いので
そのへんが苦手な人は、観るのに覚悟が必要かもしれませんショック
ですので、万人向けではないと思いますしょんぼり
私は暴力映画とか残酷な映画を好んでは観ませんが、ここまでつき抜けちゃうと
「シン・シティ」とかもそうですが、かえって割りきって観られますオーケー
マル秘<ただ、人違いされて殺されたキックアスコスプレの少年には
胸が痛みましたが(T^T)>
マル秘

テンポもいいし(ビックダディの過去もコミック仕立てで説明してるし)、
役者も揃っているし、台詞もいいし、夕陽のガンマンやポップな音楽もいいしと・・・
いや~~、ホント、面白かったし、楽しめました!
夕方の鑑賞で、実は、始まる前は眠くなってたんですが、目が覚めました(笑)
2時間近い上映時間ですが、時間の長さも感じませんでしたオーケー

しかし、上映館が少なすぎ~。私は渋谷のシネセゾンが近いのですが、
シネコンのほうが好きなので、探したら~~川崎のTOHOシネマズで
夕方と夜の2回だけありまして、夕方の回に行きましたが、
かなりお客さん入ってました!
今は上映館少ないですが、順次公開されるようですので、気になった皆様は
是非劇場でご覧になって下さいねウィンク

星12月18日(土)公開
パンフ.jpg
<パンフレット¥700クリックで公式サイトへ>

コミック.jpg 
<コミックも発売中・2,200円(税込 2,310 円)
KICK-ASS ShoPro books
マーク・ミラー/ジョン・ロミータ 小学館集英社プロダクション>





<TOHOシネマズ川崎にて鑑賞>

人気ブログランキングへ
低迷ブログに愛の手を(笑)
クリックよろしくお願いします
ウィンク






最終更新日  2010.12.31 21:04:52
2010.12.23
カテゴリ:2010年鑑賞映画
人気ブログランキングへBURLESQUE

この声で、夢への扉を開けてみせる。

上映時間 120分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2010/12/18
ジャンル ドラマ/ミュージカル/ロマンス
映倫 G

【解説】

スターを夢見るヒロインとショー・クラブの再生を目指す人々が
織りなす人間模様を華麗なステージ・パフォーマンスとともに
描くエンタテインメント・ミュージカル・ドラマ。
主演は「月の輝く夜に」のシェールとこれが映画デビューの
人気シンガー、クリスティーナ・アギレラ。
共演にクリステン・ベル、スタンリー・トゥッチ。
監督は俳優や脚本家として活躍し、これが長編2作目の
スティーヴン・アンティン。

【ストーリー】

かつては栄華を誇った大人のためのショー・クラブ“バーレスク”も、
いまや客足が衰え経営難に陥っていた。伝説のスターにして
現オーナーのテスは、舞台監督のショーンとともに再建に尽力するが、
すべては新たなスターの誕生にかかっていた。そんな時、
アイオワの田舎町からスターを夢見て単身ロサンジェルスへと
やって来た少女、アリ。彼女は偶然目にしたバーレスクの華麗な
ショーに心奪われる。そして、どうにかウェイトレスとして雇ってもらい、
ステージに立つチャンスを狙う。やがて、その歌唱力とダンスの
才能がテスにも認められ、ついにスターへの階段を上り始めるアリだったが…。

1.jpg

【簡易感想】

<映画としては赤ハート赤ハート赤ハートダブルハートショーとしたら赤ハート赤ハート赤ハート赤ハート以上>

ミュージカルはどちらかと言うと苦手(^_^;)
予告編でのクリスティーナ・アギレラの歌声(声量)に鳥肌が立ったので、
鑑賞することにしました。

奥深くなく、何のヒネリもなく、弱いストーリーなので(笑)、
予想通りに進む物語に感動すると言う事はありませんでした(^_^;)
ですが、それを補って余りある、アギレラの声量と歌唱力グッド
それとシェールの存在感グッド
シェールの歌声とクリスティーナ・アギレラの歌声とダンスに痺れました!

ショービジネスの世界を描きながら、ドロドロした内容ではないので、
アッサリと感じてしまいますが(^_^;)たまには、最後は、悪者は
1人もいないと言うハッピーエンドも悪くないと思いますオーケー

主なキャストは・・・

シェール&アギレラ.jpg
クリスティーナ・アギレラ(=アリ)・・・本作が映画初主演作。
デビュー以来10年以上に渡って世界中を魅了し続けるパフォーマー。
スマイル私の年代ですと(^_^;)ケバイお姉ちゃん(笑)と言うイメージ                   のアギレラだったんですが、声量、歌唱力に脱帽でした目がハート

シェール(=テス)・・・『月の輝く夜に』でアカデミー賞主演女優賞受賞。
23枚目のアルバム。『ビリーブ』でグラミー賞を受賞。
年齢を見てビックリ!1946年生まれなので、なんと今年で64歳!
            こんなふうに素敵に年をとりたい・・・無理か(苦笑)    

トゥッチ.jpg

ショーン(=スタンリー・トゥッチ)・・・「ジュリー&ジュリア」「ラブリーボーン」
スマイル「プラダを着た悪魔」から好きな俳優さんですが、
オカマっぽいとかゲイとかの役が多いような気も?

マーカス(=エリック・デイン)・・・「X-MEN ファイナルデシジョン」
「マーリー世界一バカな犬が教えてくれたこと」「バレンタインデー」


カム.jpg

ジャック(=カム・ジガンデー)・・・「トワイライト初恋」「エクスペリメント」
スマイル火野正平の若い頃に似てるなあと思いながら(笑)、どこかで観た事
あるんだけど・・・と思ったら、トワイライト初恋の、あのわる~い                    バンパイアだって、後でわかりました。
今回はおいしい役で、素敵に見えましたウィンク

アギレラの歌とダンスを堪能することがまず先にあって、
ストーリーは後からついて来るというか、それらを補完する役目に
過ぎないって言う感じですので、映画と言うよりショーを楽しむ感覚で
鑑賞すると良いと思います。
映画館の大画面と大音響で楽しんで欲しい映画ですね。
私はサントラ購入しようか考え中です(笑)

星12月18日(土)公開
パンフ.jpg
<パンフレット¥600クリックで公式サイトへ>

 ‘バーレスク’それは大人のためのセクシーな社交場

‘バーレスク’それは女の子がスターになる夢を実現する場所

‘バーレスク’それは、仲間と永遠のきずなをつなぐ安息の地 




<TOHOシネマズ川崎にて鑑賞>


人気ブログランキングへ
低迷ブログに愛の手を(笑)
クリックよろしくお願いします
ウィンク






最終更新日  2010.12.24 20:22:04
2010.12.16
カテゴリ:2010年鑑賞映画
人気ブログランキングへ

ROBIN HOOD

彼は闘いのカリスマ。
その生き様は伝説。


上映時間 140分
製作国 アメリカ/イギリス
公開情報 劇場公開(東宝東和)
初公開年月 2010/12/10
ジャンル アクション/アドベンチャー
映倫 G

【解説】

「グラディエーター」のリドリー・スコット監督が、再びラッセル・クロウを
主演に迎え、伝説の義賊“ロビン・フッド”の物語を映画化した
スペクタクル・アクション・アドベンチャー。
ロビン・フッドが民衆のヒーローへと成長していく過程に焦点を当て、
その等身大の人物像を史実とフィクションを巧みに織り交ぜたストーリーと
迫力のアクションで描き出していく。
共演はケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マックス・フォン・シドー。

【ストーリー】

12世紀末。イングランドの獅子心王リチャード1世率いる
十字軍遠征隊に参加していた弓の名手、ロビン・ロングストライド。
フランス軍との戦闘でリチャード王が落命して間もなく、仲間と共に
部隊を離れたロビンは、リチャード王の王冠を持ち帰る使命を帯びた
騎士ロクスリーが闇討ちされる現場に遭遇する。

瀕死のロクスリーから剣をノッティンガム領主である父ウォルターに
届けて欲しいと頼まれたロビンは、彼になりすましてイングランド
へと帰還。

やがて、王冠をリチャード王の母に返したロビンは、ロクスリーとの
約束を果たすべくノッティンガムへ。そこで、義父ウォルターと共に
夫の帰還を待ちわびていた美しい未亡人マリアンと出会ったロビン。
彼は、新王ジョンの専横に脅威を抱くウォルターから、ある頼み事を
されるのだったが…。

弓.jpg

【感想】
<赤ハート赤ハート赤ハート赤ハート赤ハート>スキ目がハート
ヨーロッパの中世歴史物大好きなので、もうオマケだ~~(笑)

今月公開の作品で1番観たいほど期待大でハードルが高かったにも関わらず
期待を裏切ることなく、いや~~面白かった!
やっぱり、リドリー・スコット監督はいい!役者は素晴らしいし、
ストーリーは面白いし、音楽も良くて、私には、なんの文句もありませんグッド

そして、そしてラッセル・クロウ!今まで好きじゃないとか苦手とか
言っていましたが、私気がつきました!ラッセル好きだったって(笑)
LAコンフィデンシャル、グラディエーター、かちんこアメリカンギャングスター
3時10分決断の時(他にもたくさん観ていますが)と観てきて、
これらの作品は全部好きだったのですが、苦手苦手と言いながら、
心の中では、すでにラッセルのこと好きだったようです(笑)
あっ!でも誤解のないように!
ジョニーやロバートのようにダブルハートハート印と言うのではなく、
役者として好きなんですよん(笑)

2.jpg

とにかく、ラッセルが男臭くてカッコイイ!そして、ケイトが乙女の可憐さと
女の強さを魅せてくれて素敵!かな~りの悪役のマーク・ストロングが
スマートでなおかつギラギラして、憎らしさも全開!
マックス・フォン・シドー、ウィリアム・ハートがこれまた上手い!
もう~とにかく、バカなジョン王(笑)役の俳優も含めて役者が
みんな素晴らしいグッド

と言う事で、まずキャストの紹介ウィンク

ロビンと仲間.jpg
<リトル・ジョン役のケヴィン・デュランド、かちんこ3時10分、決断の時
同じように、ラッセルに絡んでの登場、また悪者?と思いきや今回は、
仲間になるいい人でした>

1.jpg
<オーストリア俳優、女優のお2人は初共演!いい感じでしたグッド

ノッティンガム.jpg
<タック修道士役のマーク・アディはかちんこロック・ユーにも出てたようです>

英王室.jpg
<ウィリアム・ハートが演じたウィリアム・マーシャルは、ジョンの父親からの
摂政で、『この世で最高の騎士』と讃えられたそうです>
<イザベラは、ジョン王の妃、映画ではフランス王の姪となっていますが
実際は、フランス中部の貴族の娘だったようです>

ゴドフリー.jpg
<マーク・ストロングが演じたゴドフリーは、実在の人物ではなく
映画の中では、ジョン王の重臣でありながら、フランスのスパイでもありました>
<う~ん。いつも思うけど、津川雅彦の若い頃に似ている・笑>

ロビン・フッドと言うと、シャーウッドの森に住む無法者と言う
イメージで、ノッティンガムの代官に楯突く義族と言う、20年くらい前の
ケビン・コスナー主演の作品を思い出していたのですが、この作品は、
ロビン・フッドが、なぜ無法者と呼ばれるようになったかや運命の人
であるマリアンとの出逢いが描かれたビギンズものであり、
十字軍遠征で疲弊したイングランドを舞台(獅子心王と言われた
リチャード1世とその弟で、失地王と言われたジョン王が登場)に、
フランスとの100年戦争が始まる前の(フィリップ2世の登場)時期を背景に、
義賊として英国で今もなお庶民に親しまれているヒーローの誕生物語で
ありましたスマイル
壮絶な合戦シーンで始まる冒頭の攻城戦のシーンから、最後の海岸での
攻防戦(ここは、ちょっとレッドクリフ思い出しましたが・笑)と言い、
もうハマリましたグッドグッドグッド

3.jpg

全編緊張感に包まれて、ドキドキハラハラ、そんな中にも、ロビンとマリアンの
大人な恋愛がさりげなく、いい感じに描かれ、また、ユーモラスでクスッと笑う
シーンもあって、鳥肌が立ったところも2箇所あり(笑)
壮大な歴史絵巻であり、見応えのある作品でした!

<鳥肌が立ったところ・・・マル秘マリアンが村の人たちが危ないと言う時に、
白馬に乗って颯爽と現れ、敵をなぎ倒していくロビン、ラスト、
海岸でゴッドフリーを弓矢でしとめるロビンマル秘


歴史好き、アクション好き、ラッセル好きなかたなら、かなり楽しめると
思います!こういう作品は大きなスクリーンで観ないとねウィンク

星12月10日(金)公開
パンフ.jpg
<パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>

ウィンクオマケ

花とにかく観たかったこの作品、ヒルズで1番大きなスクリーンで
観たいと思っていたのですが、絶対に7スクリーンで上映と
思っていたら、なんと、1番大きなスクリーンでの上映は
ノルウェイーの森(^^;
これって、大画面でもなくてもなあ・・・と思いながら、
そこでも仕方ないかと思っていたのですが、600名入る
日劇はデジタル上映だし~と、せっかくなら大画面でと
日劇に観に行ったのですが、前に男性が座って、その頭が
邪魔で字幕が観難いσ(^◇^;)
やはり、ヒルズで観れば良かったとちょっと後悔・・・
平日なのにお客さんいっぱい入ってましたね~~

花パンフの監督インタビューで「・・・・ラッセルはスタミナは
たっぷり持っている。我慢強さはあまりないけど(笑)」

書いてあったのが、ラッセルらしいと思ってなんかお可笑しかったです。




<TOHOシネマズ日劇にて鑑賞>

人気ブログランキングへ
低迷ブログに愛の手を(笑)
クリックよろしくお願いします
ウィンク






最終更新日  2010.12.18 01:21:40
2010.12.09
カテゴリ:2010年鑑賞映画
人気ブログランキングへ

KILLERS
KISS & KILL


恋は
撃たれるほど強くなる。


上映時間 101分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2010/12/03
ジャンル コメディ/アクション
映倫 G

【解説】

「ベガスの恋に勝つルール」のアシュトン・カッチャーと
「幸せになるための27のドレス」キャサリン・ハイグル共演で
贈るアクション・ラブコメディ。
幸せな結婚生活のさなか、突然命を狙われる身となったことから
正体が元スパイだとバレた夫と、その大騒動に巻き込まれてしまう
ヒロインの運命の行方をユーモラスかつスリリングに描く。
監督は「キューティ・ブロンド」「ラスベガスをぶっつぶせ」の
ロバート・ルケティック。

【ストーリー】

過保護な両親に育てられた世間知らずなお嬢様ジェン。
ある日、両親と共に南フランス旅行にやってきた彼女は、
そこでハンサムなエリート青年スペンサーと運命の出会いを果たす。
そして、互いに惹かれ合った2人は間もなく結婚することに。
それから3年、幸せな結婚生活を送っていたスペンサーとジェン。

だが、そんな彼らの平穏な日常は、ある時突然一変する。
ジェンが帰宅すると、スペンサーが男と激しい格闘を繰り
広げていたのだ。実は、スペンサーは元CIAの凄腕スパイで、
2000万ドルもの懸賞金を懸けられ、命を狙われる身となっていた。
そして、ジェンも状況が飲み込めないまま一緒に追っ手から
逃走するハメになり、2人は数々のピンチに見舞われていくのだが…。

チラシ.jpg

ハリウッドで最もキュートなふたりが
『キューティー・ブロンド』の監督とともに贈る
この冬、最高のラブ・エンタテインメント!


【簡易感想】
赤ハート赤ハート赤ハート

12月第1週の公開作品では、観たいものがたくさんあったのですが、
今回は高校の同級生の忘年会ランチをかねての鑑賞でして、
当たり障りのない気楽に楽しめるロマコメ作品のこれにしました。

また、かなりの数の映画を鑑賞されていて、数々の映画館をご存知のrose chocolatさんに
「ブルク13の座席が1番いい!1度はそこで鑑賞してみて」と
以前薦められたたことがありましたので、また、同級生はみんな横浜方面
ですので、今回は桜木町駅前にあるブルク13で鑑賞しましたウィンク

さて映画の感想ですが、結論から言えば、普通でした(笑)
男性が組織の1員(スパイ?)で、女性がそれを知らず
巻き込まれるタイプの映画なので、最近鑑賞したかちんこナイト&デイ
どうしてもかぶってしまいます(^^ゞ(タイトルからしてそうですし・・・)
比較したら、かちんこナイト&デイーのほうが面白かったかなとは思いますが、
それでもロマコメとしては及第点(私の中での)だと思いましたオーケー

2.jpg

次々に襲いかかる敵から身をかわし闘うスペンサーと
状況がわからずキャーキャー騒いでいるジェンの対比が、
また、深刻な状況下でも、クールにキメるスペンサーと
すごい形相で騒いでるジェンの姿が可笑しかったです
(って、ナイト&デイと同じだ・笑)

前半はニースの美しい風景を、後半はハデなアクションを楽しみました音符
マル秘今まで友人と信じていた人や、知人がどんどん襲いかかってくるシーンでは、村人がみんな敵になった
かちんこホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!を思い出しましたマル秘


1.jpg

設定そのものが奇抜なので、多少の無理があるのですが、
それゆえ突っ込みたいところも多々ありますが、ロマコメと言う事で、
そこは目をつぶりました(笑)

主なキャストは・・・・

アシュトン.jpg
スペンサー(=アシュトン・カッチャー)

キャサリン.jpg
ジェン(=キャサリン・ハイグル)

トム.jpg
ジェンの父親(=トム・セレク)

オハラ.jpg
ジェンの母親(=キャサリン・オハラ)

アシュトン、キャサリンファンなら、より楽しめると思いますグッド

星12月3日(金)公開
パンフ.jpg
(パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ)

ウィンクオマケ

初めて行ったブルク13について

シート.jpg

イスは、両方に肘掛があって、前の座席に、荷物をかけるフックや
傘立てなどがあり、スクリーンも大きく、自分の座席から
スクリーンを見た時、人の座席が気にならず
(シネコンはだいたいそうですが、特にイスの背もたれの形が良い)
とても観易かったです。
お近くにお住まいのかたがありました、是非1度は足を運ばれてみては
いかがでしょうか?
<全席両再度肘置き付きかと思いましたら、全席の約6割とHPに
書いてありました)

ここが、TOHOシネマズや109シネマズのようにポイントがついたら
かなり利用するのに、ポイント制度がなくて残念でしたしょんぼり

映画を観る前にランチをしたところは・・・

たまには、和食もいいかなあと言う事で・・・

食事銀のつぶら
銀のつぶら.jpg

前菜.jpg
<前菜?もやしの和え物、ポテトサラダ、切干大根>

からあげ.jpg
<チキン南蛮のランチ¥900からあげが6個くらいあって
結構ボリュームありました。ご飯は、白飯、十穀米、ひじきご飯
の3種類から選べます。私は十穀米にしました>


ほっけ.jpg
<お魚のランチがありまして、煮魚なら私も頼もうかと思いましたが
今日のお魚は、ほっけの塩焼きでしたので私は注文しません
でした¥1000>


いつもながら、写真が下手であまりおいしそうに見えず
すみませんショック

人気ブログランキングへ
低迷ブログに愛の手を(笑)
クリックよろしくお願いします
ウィンク






最終更新日  2010.12.10 01:18:20
2010.12.03
カテゴリ:2010年鑑賞映画
人気ブログランキングへ

とうとう師走、2010年もあと1ヶ月切ってしまいました(^_^;)
今月は、主婦としても会社でも忙しい毎日になりますので
思うように映画館に行けるかどうかわかりませんが、先月より
観たい映画が多いので、時間ができたら、すかさず(笑)映画館に
行こうと思っていますスマイル

映画は公開順の紹介、そして、その中では、観たい順になっています。
100%鑑賞赤ハート  80%鑑賞黄ハート 50%鑑賞緑ハート  DVD鑑賞青ハート

チェックはシネマトゥデイからの引用ですスマイル
タイトルえんぴつクリックで公式サイトに飛びますウィンク

12月1日(水)公開

緑ハートSPACE BATTLESHIP ヤマト
ヤマト.jpg

スマイルガンダム世代ではないですし、邦画ですから、鑑賞予定は
なかったのですが、意外と評判がいいようですので、
時間が取れたら行くかもしれません


12月3日(金)公開

赤ハートキス&キル
キス.jpg

スマイル高校の同級生(いつものメンバー)と鑑賞、忘年会ランチします

黄ハートGAMER
GAMER.jpg

スマイル主演がジェリーですし、内容も面白そう!

12月4日(土)公開

緑ハートエクスペリメント
エクスペリメント.jpg

スマイルオリジナルのエスは未見です。

緑ハートクレアモントホテル
クレアモント.jpg

スマイルオーリー似のルパートちょっと気になります。

12月10日(金)公開

赤ハートロビン・フッド
ロビン・フッド.jpg

スマイルラッセルクロウはさほど好きじゃないって言いながら、
彼の作品結構観ています(笑)
リドリースコット監督は好きですし、私の大好物(笑)中世のお話ですので
絶対に観に行きます!(笑)


12月11日(土)公開

青ハートノルウェイの森
ノルウェー.jpg

スマイル○十年前に原作は読みましたが、内容全然覚えていません(^^ゞ
松山君が好きですので、鑑賞迷いますが、作品のイメージとして
私の好みではないので、鑑賞は未定です。


12月17日(金)公開

赤ハートトロン:レガシー
トロン.jpg

スマイルオリジナルは未見です。これは、3D映像だけを
楽しみにIMAXで鑑賞しようと思っています^^


12月18日(土)公開

赤ハートキック・アス
キックアス.jpg

スマイルこれ意外と楽しみにしています。主演が、先日観たアーロン・ジョンソンなので
彼の演技も楽しみです。そそ、アメコミ好きのニコラスケイジも出演しています


赤ハートバーレスク
バーレスク.jpg

スマイルこれ、予告編がめちゃめちゃ良かった!
シェールもスタンリー・トゥッチも出演しているので楽しみな1本!


赤ハートシュレック フォーエバー
シュレック.jpg

スマイルシーリーズは全部観ているので、もちろん最終回も鑑賞します!

青ハート最後の忠臣蔵
チュウシングラ.jpg

スマイル佐藤浩市さんが好きなので気になってはいますが、時間が取れたらかな・・・

12月23日(木)公開

緑ハートきみがくれた未来
未来.jpg

スマイル子どもの病気とか死に関係している作品は観ませんし、
観たくないのですが、これは、ちょっとファンタジーっぽい感じも
したので、観れるかなと・・・
ザックエフロンの影のある演技も気になりますしね^^


今月は、金曜日の公開も多いですし、水曜日、木曜日の公開もあり
公開日は変則的です(^^ゞ

観たい映画ベスト3は、ロビン・フッド、トロン; レガシー、キックアス、バーレスクかな
あっ!ベスト4になっている(笑)
できたら10本くらい観たいけどどうでしょうか?

以上の作品の他に、お薦めの作品がありましたら、ご推薦下さいませ~音符

話変わりますが、風邪を引いてしまい内科にお昼ごろに行ったら、
今日は、インフルエンザの患者さん6人来ました。と先生が
言ってました(^^ゞ
あっ!私は喉鼻風邪ですうっしっし
インフルエンザ流行りそうですので、皆様体調には十分にお気をつけて
下さいねウィンク

人気ブログランキングへ
クリックよろしくお願いしますウィンク






最終更新日  2010.12.03 22:30:46
2010.12.01
カテゴリ:2010年鑑賞映画
人気ブログランキングへ

DAYBREAKERS

絶望寸前の人類に希望はあるのか──

上映時間 98分
製作国 オーストラリア/アメリカ
公開情報 劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)
初公開年月 2010/11/27
ジャンル SF/ホラー/アクション
映倫 R15+

【解説】

デビュー作「アンデッド」で注目を集めたオーストラリア出身の
兄弟監督、ピーター&マイケル・スピエリッグが、ハリウッドに
招かれ撮り上げたSFサスペンス・アクション。

人類の大半がヴァンパイアと化し、彼らによる新たな社会が築かれた
近未来の地球を舞台に、人類の減少で食糧問題に直面するヴァンパイアと
残りわずかなとなった人間たちの運命を、ユニークな設定とひねりの
利いたストーリーで描き出していく。
主演は「ビフォア・サンセット」のイーサン・ホーク、
共演にウィレム・デフォー、サム・ニール。

【ストーリー】

2019年。普通の人間がヴァンパイアへと変貌してしまう謎のウイルスの
蔓延によって95%もの人間がヴァンパイアとなり、いまや世界は彼らが
市民生活を送るための社会システムに取って代わっていた。
また人間たちは捕獲され、血液供給源として管理・飼育されている。
そんなヴァンパイア社会では、人類の減少による食糧問題が深刻化していた。
巨大製薬企業“ブロムリー=マークス社”で代用血液の研究開発に
従事するエドワード。

人類に同情的な彼は、ある夜、ヴァンパイアに
追われる人間たちと遭遇、とっさに彼らの逃亡を手助けする。
こでがきっかけで人間のレジスタンス組織の信頼を得たエドワードは、
やがてコーマックという謎の男と引き合わされる。
そして彼から、驚くべき事実を聞かされるエドワードだったが…。

チラシ.jpg

【感想】
赤ハート赤ハート赤ハート赤ハートイーサンが素敵なのでオマケ目がハート
マル秘は、反転して下さいねウィンク

この映画の感想を一言で言うと・・・とにかく、イーサンが素敵目がハート
いうことに尽きると言うことでしょうか(笑)
最近は、かちんこ「その土曜日、7時58分」かちんこ「クロッシング」など
情けない、だめ男の役がが多かったイーサンですが
(それはそれで母性本能刺激されましたが・笑)この映画のイーサン、
特に後半のイーサン<マル秘ヴァンパイアから人間に戻ったマル秘>の男前なこと!
やっぱり、イケメンだわ~~っダブルハートてウットリして観ておりました(笑)

私がお薦めのイーサンの画像目がハート

イーサン2.jpg
<タバコの吸いかたカッコイイ!佇まいがしぶい!>

イーサン.jpg
<40歳にはとても見えないびっくりかわゆい目がハート

映画には、この他にも素敵なイーサンがいっぱいダブルハート

イーサン、イーサンと上のように書きますと、なんだか恋愛ものみたいですが、
イーサンは素敵でも内容はスリラー(と言うかホラー?)、グロイところや
ギョッとするところがかなりありますショックほえー
ヴァンパイアものなので出血量は多いですし(^_^;)R15+ 指定と言うだけあって
目をそらしたくなるシーンも多数ありましたしょんぼり

2.jpg

社会背景は斬新ですが、ヴァンパイア自体の設定は、晴れ太陽に当たると
燃え尽きてしまうとか心臓に杭を刺すと一瞬で灰になるとか、
鏡に映らないとか、結構古典的と言うかオーソドックスでした。

一見普通の人間社会のように見えた世界ですが、ヴァンパイアたちは
昼間は地下で過ごし、日中車に乗る時は保護シールド仕様で走行、
血液入りのコーヒーを売るカフェ<まずそう>など、吸血鬼だらけの街の異様な様子が
リアルに描かれていて、クールでスタイリッシュな映像で近未来的な
雰囲気が感じられましたグッド

1.jpg

前半の斬新な視点とスタイリッシュな映像で、これは結構好みかもグッド~と
思ったのですが、中盤、「吸血鬼の治療法その1」マル秘<太陽(の紫外線)を
浴びて、水をかける>マル秘
「吸血鬼の治療法その2」マル秘<ヴァンパイアから
人間に戻った人を噛むと人間に戻る>マル秘
に、ご都合主義を感じないでも
なかったのですが、それでも、結末が読めない展開
<ヴァンパイアの軍・製薬会社VS人間>と華奢で透明感が素敵だった
イーサンのおかげで、ラストまで飽きることはなかったですオーケー

ホラーは苦手な私ですが(^_^;)、私にとって、これはSF、スリラーと
言う感じですし、ヴァンパイア好きですので、ギリギリ観れました(笑)
変にラブストーリーになっていないとこも好みでしたウィンク

主なキャストと役柄は以下の通りですスマイル

キャスト.jpg

星11月27日(土)から公開

パンフ.jpg
<パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>

ヴァンパイアが世界を支配し
人間が絶滅の危機に瀕した近未来を描く
革新的SFアクションスリラー


<109シネマズ川崎にて鑑賞>




人気ブログランキングへ
クリックよろしくお願いしますウィンク






最終更新日  2010.12.01 23:11:37
2010.11.28
カテゴリ:2010年鑑賞映画
ダブルハート人気ブログランキングへ

製作年: 2010年
製作国: 韓国
日本公開: 2010年11月13日

チェック:韓国最大の音楽イベント、ドリームコンサートの2007年から
2009年の模様を映像化。韓国が誇る人気アーティストたちのパフォーマンスと、
毎年7万人を集め、今では日本からわざわざ訪れる人も多いというコンサートの
熱狂をスクリーンに映し出す。出演するのは、東方神起や少女時代、KARAなど
日本でもおなじみの人気アーティストたち。実力と人気を兼ね備えた韓国人
アーティストたちの今を堪能できる。

ストーリー:1995年に始まった韓国の音楽フェスティバル、ドリームコンサート。
2007年から2009年のコンサートには、日本でも人気のある東方神起や
SUPER JUNIOR、少女時代、超新星などが出演。韓国のテレビでも
放送されていない東方神起のバラード曲など、普段はお目に
かかれない貴重なパフォーマンスを映し出す。

<今回はシネマトゥデイからの引用です>

1.jpg

【感想】
赤ハート赤ハート赤ハート
コンサート映像ですので、評価するのもおかしいですが(^_^;)

コンサートの模様ですから、どうせなら、ヒルズの7スクリーン(700名弱)
で観たかったのですが、あまりお客さん入らなかったのでしょうか・・・
すぐに小さなスクリーンになってしまい、3週目の今日からは、
とうとう朝10時だけの上映になってしまいました(^^;
で、日劇も大きなスクリーン(800名弱?)だったから~と思ったら、
もう上映がなかった・・・
で~結局、夕方からの上映があったTOHOシネマズの川崎まで観に行って
きました!観客は30人くらいでしたショック

さて、映画の内容ですが・・・

まずは、2009年のコンサートの模様ですので、東方神起はナシしょんぼり
なので、テンション低目の私(笑)
でもダンスは好きなので、ダンサブルな曲の数々に、それなりに楽しめましたオーケー
KARAは、日本でも活躍中ですので、曲が耳についているせいもあって
思わず音符メロディを口ずさんじゃいそう(笑)

KARA.jpg

少女時代1.jpg

ダンサブルな曲が多い中、バラードを歌った2AM
顔は特に好みではなかったのですが(^^;歌は上手かったな~
もちろん韓国語ですが、思わず聞きいってしまいました目がハート
後は、スーパージュニアも良かったかな~ダブルハート

ジュニア.jpg

さてさて、いよいよトンバン(東方神起)登場の2008年のコンサート

この年のトリみたいですが、いや~~すさまじい人気にビックリ
会場も興奮の坩堝びっくり

と、その前に、Wヒョンジュンが人気と言うSS501も歌って踊って
魅せてくれました!
彼らも素晴らしいのに事実上は解散みたいな感じとのことで残念しょんぼり・・・

501.jpg

まずは、私が大好きな(と言っても、トンバンの曲は全部好きですが・笑)
音符パープルライン、いや~~、トンバンのダンスは完璧!ファンタスティック!
で~~~、センターで踊るユノがこれまたカッコイイのなんのって目がハート~~
きゃ~~ユノ~ダブルハート(と壊れる私・笑)←もちろん、心の声<笑>

登場.jpg

それから、ごあいさつトークがあって・・・
これも、ユノが、リーダーなので、よく話す、よく映るダブルハート~~
次の曲は、しっとりしたナンバーの音符トゥナイト
トンバンは、歌もみんな上手いのですが、特に、やっぱりジュンスの
歌唱力は素晴らしい!本当に上手い!グッときますね涙ぽろり
そして3曲目は、待ってました!音符音符ライジングサン
センター多いし、ラップはあるしで、またまたユノが映りまくりダブルハート
(再び壊れる私・笑)

と言う事で3曲堪能!韓国語での歌もi-podでよく聞いていますが
韓国語で歌っている映像は、あまり観ていなかったので、なんか新鮮でしたスマイル

そして、2007年、この年もトリ

なんかみんな初々しく、少年ぽいっ目がハート

1曲目は、またまた、私が好きな音符O正反合これも、ダンスが激しいのですが、
ユノはセンター多いし、ラップはあるし~で、たくさん映る~~ダブルハート
顔ちいちゃい!手足が長い!細い!ダンスが上手い!と心の中で大興奮(笑)

2曲目は、またまた音符ライジングサンと言う事で、
もちろんユノ映りまくりです(笑)

と言う事で、映画の後半、東方神起は5曲も聴けましたので、
楽しめましたグッド

観客席が映り過ぎで(^^;もっとステージ見せてよ~と思いましたが、まあ、
ユノの写真のたれ幕が1番大きくて、写っていたから、まっ!いいか(笑)
5人の中では、ジェジュンがあまり映らなかったような気がします(^_^;)

賞金2200円で東方神起5曲は、少ないですが(^^;他のグループは1曲とか
2曲なので、まあ、良しとしましょう(笑)

ユノ.jpg

そして、観終わって思ったのが、彼ら5人の姿に思ったのが、
こんなに歌が上手くて、ダンスが上手で、トークも楽しい、
イケメンで、高身長でと外見もカッコいいグループが、
なんで二組にわかれてしまったのかと言うことです涙ぽろり

私はユノが大好きですが、そして東方神起が大好きなんです目がハート・・・
5人の揃った姿がまた観たいなあ。。。
素晴らしいパーフォマンスグループなのに・・・本当に残念でなりません涙ぽろり・・・

話がそれてしまいました(ーー;)
映画感想と言うよりは、ユノのこと書いてきゃあ~きゃ~ダブルハート
騒いでいるだけの記事になってしまいました(^^;

映画を観て思ったのは、韓国のアイドルグループはダンスも歌も
上手いって言うことかな・・・

こういうコンサートをスクリーンで観れるのは嬉しいですが、
やはり料金は高いと思したショック

下矢印楽天もYOUTube貼れるようになったので、やってみましたウィンク



かちんこ映画公式サイト

<TOHOシネマズ川崎にて鑑賞>

人気ブログランキングへ
クリックよろしくお願い致しますスマイル






最終更新日  2010.12.01 22:59:17
2010.11.25
カテゴリ:2010年鑑賞映画
ダブルハート人気ブログランキングへ

大兵小将
LITTLE BIG SOLDIER


逃げるが
勝ち!!


上映時間 95分
製作国 中国/香港
公開情報 劇場公開(プレシディオ)
初公開年月 2010/11/13
ジャンル アクション/歴史劇/コメディ
映倫 G

【解説】

ジャッキー・チェンが原案・製作総指揮・武術指導・主演を
こなす歴史アクション。戦国時代の中国を舞台に、ひょんな
ことから敵国の将軍を捕まえた狡猾な弱虫兵士が、報奨金
目当てに自国へ連れ帰る道中で様々な困難に直面しながらも
次第に将軍と奇妙な絆を築いていくさまを、深みのある
人間ドラマにコミカルな要素を織り交ぜつつ描き出していく。
共演は「ラスト、コーション」のワン・リーホン。

【ストーリー】

紀元前227年、戦国時代の中国。ある時、大国・衛(えい)の軍が
弱小国の梁(りょう)に攻め入る。ところが、梁軍の待ち伏せに遭い、
激しい死闘の末、両軍共にほとんど全滅してしまう。
そんな中、死んだフリをして生き延びた梁の名もなき老兵。
彼は偶然にも、深手を負った衛の将軍に出くわし、捕虜にする
ことに成功する。さっそく、報奨金をもらうため彼を自国に
連れ帰ることに。こうして、対照的な2人の奇妙な旅が始まるが、
そんな彼らに、自国の将軍暗殺を目論む衛の捜索隊が迫っていた。

チラシ.jpg

「名もなき兵士と一国の将軍。
迫りくる敵から、逃げ切れれるか?!」


【簡易感想】
赤ハート赤ハート赤ハートダブルハートちょっとオマケかなあ

公開から12日目、レディスデーだと言うのに観客はたったの15人(ーー;)
CMもあまり放送されてなかったせいもあるかと思いますが、
あまりの観客の少なさに驚きました。客層は、50、60代の
おじさん、おばさん(^^;
なぜか、1人だけ高校生くらいの男の子がいましたがびっくり

さてこの作品ですが・・・

2.jpg

戦を嫌い故郷での平和な暮らしを願う梁<りょう>の兵士
(ジャッキー・チェン)が戦場で名誉の死を遂げることが本望だと
考える敵国の衛<えい>の将軍(ワン・リーホン)を褒美のために、
捕虜にして自国へ連れて帰ろうとしますが、行く先々で行く手を、
謎の女、山族と化した農民、さらに、将軍の行方を追う衛の捜索隊に
阻まれます。そして、苦闘を強いられながらも、何とか障害を乗り越えてゆき、
立場も考え方も正反対の二人が、対立しながらも、友情に似た感情が、
お互いに芽生えて行くというロードアクションムービーでした。

3.jpg

全体的には地味な作品で、物語が淡淡と進んで行くところに
物足りなさは感じましたが、アクション(コミカルなアクションも)あり、
ユーモアなやりとりありで、ジャッキーが主演だったからこそ、
地味ながらも飽きることなく最後まで観れたように思いますスマイル

ただ、今回のジャッキーは、ヒーローではないので、年老いた農民なので、
アクションは控えめです。ですので、ジャッキーの痛快アクションを求めると、
「プロジェクトA」のようなスーパーヒーローのアクションを期待してしまうと
ちょっと肩透かしになるかもしれません(^^;
とは言え、56歳の割りには、かなり頑張っているのですがウィンク

では、人間ドラマとしてはと言うと
相容れなかった2人が旅を続けて行くうちに
「平和だったら、友達になれたかもな・・・」と、そのような気持ちに
なるのですが、そこまでを互いに思うようになる二人の心情の掘り下げが
足らなかったように思えました(^^;

1.jpg

下矢印以下ラストに触れています下矢印



ジャッキーの映画としては、結末は意外でしたショック
死んだふりまでして、戦場で生き延びた兵士が、命からがら
国に帰ったら、国がなくなっていた(秦に征服されていた)・・・
そう知った時のジャッキーの表情が切なかったなあ涙ぽろり・・・
そして、弁慶のような最後涙ぽろり・・・
大兵小将 LITTLE BIG SOLDIER と言うタイトルなのに、
邦題は、なぜラスト・ソルジャー?と思って観ていたのですが、
ラストまで観て納得しました。そういうことか~~~スマイル

切ないラストでしたが、切なさをかき消してくれる(笑)
楽しいNGシーンが、エンドロールに流れますグッド

決してつまらなくはなかったのですが、ジャッキーが演じていなかったら、
内容的には、辛いかなあとも感じた作品でした(^^;

最後に3人の主要登場人物を紹介しますウィンク

キャスト1.jpg
1954年香港生まれ。暗い復讐劇が多かった
カンフーアクション映画の世界に独特のユーモアを持ち込んだ。
今年は「ダブル・ミッション」「ベスト・キッド」
この作品と立て続けに3本も公開!


ワン.jpg
1976年アメリカ生まれ。ミュージシャン、作曲家、
プロデューサー、編曲家、映画監督、映画俳優として幅広く活躍している。
インファナルアフェアーに出ていたようですが、記憶にない(^^;
ラストコーション(未見)にも出ていたようなので、
そちらを観てみようかなあ。。。


キャスト3.jpg
1976年韓国生まれ。歌手。韓国で一躍トップスターになるが、
韓国を離れて、中国を中心にアジア諸国で活躍。映画出演は本作が初めて。
<V6の三宅くんに似ているような・・・>


11月13日(土)から公開

パンフ.jpg
<パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>
<ジャッキーの名作この1本というページがあり、12作の作品の
魅力が語られいます>


構想20年
ジャッキーチェーン史上、
NO.1大ヒット!
<中国公開の主演作中最高興収>


<TOHOシネマズ川崎にて鑑賞>

人気ブログランキングへ
クリックよろしくお願い致しますスマイル






最終更新日  2010.11.27 01:23:56
2010.11.18
カテゴリ:2010年鑑賞映画
ダブルハート人気ブログランキングへ

HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART I

上映時間 146分
製作国 イギリス/アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2010/11/19
ジャンル ファンタジー

【解説】

J・K・ローリング原作の大ヒット・ファンタジー・シリーズの
第7作にして二部構成で描かれる最終章の第一部。
ついに闇の帝王ヴォルデモートとの最終決戦に臨むべく過酷な旅に
出たハリー、ロン、ハーマイオニーが、次々と待ち受ける
試練に立ち向かっていく姿を描く。監督は「不死鳥の騎士団」
「謎のプリンス」に引き続きデヴィッド・イェーツ。

【ストーリー】

ダンブルドア校長から託された使命を果たすべく、ヴォルデモートの
不死の秘密である“分霊箱”を見つけ出し、破壊するための旅に出た
ハリーとロン、ハーマイオニーの3人。
もはや誰の助けも受けられず、彼らはこれまで以上に互いを信頼し合い、
助け合わねばならない。しかし、思うようにいかない旅の中で、
次第に3人の絆にも亀裂が生じ始める。一方、ヴォルデモートの影響力は
急速に拡大し、ついには魔法省ばかりかホグワーツまでもが支配下に
おかれてしまう。そして、そんなヴォルデモートが放つ死喰い人が迫る中、
分霊箱の発見に奔走するハリーたちだったが…。

【感想】
赤ハート赤ハート赤ハート赤ハートダブルハート

ブログで仲良くさせて頂いている食パンrose chocoraさんに誘って頂いて、
プレミア試写会で一足早く鑑賞することができました。
rose chocoraさん、お誘いありがとうございましたスマイル

主人の母が病気をしてから、最近は、夜はあまり出かけられなくなったのと
仕事の後の試写会ですと疲れて寝てしまったりと言うことで(^_^;)
自分では試写会の応募は全然していなかったので、久しぶりの試写会
となりました。プレミアと銘打ってますが、ゲストはなく、上映前に、
ハリー、ハーマイオニー、ロンのコメントがフィルムで流れた
だけでしたσ(^◇^;)

ハリポタシリーズでは、1が1番好きで次が3のアズガバンの囚人、
4以降は観ていて睡魔が訪れることがある私でしたので(^^;、
今回も実はさほど期待していなかったんですよね(^_^;)
また、次の作品が最終作となるので、この作品は言わば布石だな
とも思っていたので、ハードルがかなり低かったからなのか
内容が良かったからなのか、私は面白かったです。
暗い画面ばかりでしたが、久々に睡魔は訪れませんでしたうっしっし

また、席が前から9列目と言う事で、いつも最後列での鑑賞の私の三半規管は
耐えられるのか(笑)と心配でしたが、なんとか大丈夫でした。
なんとか大丈夫と言うよりも、オープニングやところどころで、
迫り来る映像に、3Dの感覚を味わえたりしたくらいでした(笑)

1.jpg
<ドビーがかわいそうだったなあ涙ぽろり
クラブドビー・・・ハリー・ポッターが初めて
会った屋敷しもべ妖精だが変わり者で、主人ではないはずのハリーに対して
尊敬の念を抱いている。>


最終章と言うこともあってか、冒頭からシリアスな展開が続きます。
もはや1のようなファンタジー色は皆無ですσ(^◇^;)
ホグワーツ魔法学校も制服姿の彼らも観られません。
原作は3章までは読んでいる私ですが、最初に原作を読み、
1を観た時には、まさか、このような展開、内容になるなど
とは思ってもいませんでしたほえー

私は凄いハリポタファンでもないですし、原作も途中までしか読んで
いないので、今回の映画が原作にどれだけ忠実なのかとかはわかりませんし、
前作までのおさらいもしていないので、登場人物やお話などわかりにくい
ところもあったのですが、それでも、スピーディーな展開と映像、
シリアスなお話の中にも、笑えるシーン(ほとんどがロンがらみなんですが・笑)
もあって、私は楽しめましたグッド

今作は3Dにはならなかったけれど それで正解だったと思います。
3Dだったとしても 効果があると思われるのは 飛行シーンと
大蛇の登場シーンくらい(^^;終始暗いシーンばかり多い本作ですので、
3Dメガネをつけて2時間半は、観ていて目が疲れた(辛かった)
と思います(^_^;)

2.jpg
<えっ?ハリーがいっぱいびっくり

私は映画を雰囲気で見るので(笑)本作意外と楽しめちゃいましたが、
映画の内容、ドラマ性を重視されるかたは、登場人物の名前が非常に多く、
また情報が多すぎて、内容の理解に苦しむことになりそうですので、
本作をご覧になる前に、もう1度ストーリーをおさらいしておくことを
お薦めいたしますウィンク

原作は、後半にどんでん返しがあったり、ヴォルデモートとの闘いの
ピークがあったりするようですので(人づてに聞くと・笑)(予告編からすると)
全てが終わる、わかる、パート2に、大どんでん返し~を期待して来年の公開を
待ちたいと思います目がハート

最後に簡単に主なキャストの紹介スマイル

ハリー、ロン、ハーマイオニー役の3人は新人でしたが(今や大スターですが)
脇を固めるイギリスの俳優陣がいつも豪華だと言うのも
この作品のひとつの魅力のひとつだと思いますグッド

3人.jpg

アラン.jpg
<1作目から出演の私の好きなアラン・リックマン>

レイフ.jpg
<ハンサムなのに、こう言う役が好きな?レイフ・ファインズ>

ビル.jpg
<もっとシーンが多いと思ったら、意外と少なくて残念だったビル・ナイ>

ヘレナ.jpg
<もう、この顔見たら、怖くて眠れない・笑。迫力あるなあヘレナ>

そのほか、かなり大人になったロンの双子のおにいちゃんたちや
不思議ちゃんイバナ、やはり1作目から出演のドラコ、ルシウスのマルフォイ親子等等
6枚.jpg

星11月19日(金)公開
パンフ.jpg

<パンフレット¥800えんぴつクリックで公式サイトへ>
ハリポタのパンフは相変わらず高い(^_^;)高い割りに内容は、
写真やキャスト、スタッフの紹介のみですσ(^◇^;)

そそ、舞台挨拶のためにロン、ジニー、ルーナが来日していますウィンク
記事はノートこちら
来日.jpg

<プレミア試写会・東京国際フォーラムにて鑑賞>

人気ブログランキングへ
クリックよろしくお願い致しますスマイル








最終更新日  2010.11.19 03:53:04

全71件 (71件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.