1546351 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

劇場鑑賞「ANNA/ア… BROOKさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008.10.07
XML
image.jpg

P.S. I LOVE YOU

まだ“さよなら”は
言えないんだ。


死んでしまった夫から、ある日、届きはじめた
‘消印のない’10通のラブレター。
それが、彼女の人生に奇跡をおこす・・・。


上映時間 126分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ムービーアイ=東宝東和)
初公開年月 2008/10/18
ジャンル ドラマ/ロマンス/コメディ

【解説】

オスカー女優ヒラリー・スワンク主演で
贈る感動ロマンス。原作はアイルランドの首相
バーティ・アハーンの実娘としても話題となった
セシリア・アハーンの処女作にして世界的ベストセラー
の同名純愛小説。


最愛の夫を失い悲しみに暮れるヒロインが、亡き夫から
届いた10通の手紙に驚きと戸惑いを感じながらも勇気と
希望を与えられ、新たな人生を見出していく姿を綴る。
監督は「フリーダム・ライターズ」のリチャード・ラグラヴェネーズ。

【ストーリー】

ニューヨーク。ホリーは陽気で情熱的なアイルランド人の
夫ジェリーとつましくも幸せに暮らしていた。
だがある日突然、ジェリーは脳腫瘍でこの世を去ってしまう。
それから3週間、ホリーは悲しみのあまり電話にも出ず、
引きこもり状態に。そんな彼女が30歳を迎えた日、
家族や親友たちが誕生日のお祝いに駆けつける中、
バースデイケーキとテープレコーダーが入った贈り物が届く。
何とその差出人は、今は亡きジェリーだった。

そしてテープには、明日から様々な形で届く手紙
それぞれの内容に従って行動してほしい、とのメッセージが。
思わぬプレゼントに喜びと驚きが交錯するものの、
翌日から届いた手紙の指示に従って行動し始めるホリー。
やがて、彼女は手紙の指示通り、親友たちと共にジェリーの
故郷アイルランドを訪れるのだが…。

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート

ジェラルド・バトラーは好きですが、ヒラリー・スワンク
ちょっと苦手(^_^;)またラブストーリーも苦手(^_^;)
と言うことで、できれば試写会で観たい(笑)
そして、ブログのお友達に試写会状を譲って頂き、
鑑賞してきました^^
おかげさまで、念願のタダで鑑賞ができました!
ありがとうございましたスマイル

この映画は予告編に騙されて(笑)ものすご~~い感動作、
涙、涙の物語と期待して行くと肩透かしをくらうかも
しれません(^_^;)
これって、結構コメディだったんですよね~
予告編からはそう言う雰囲気は全然なくて・・・・

今、ジャンルを見たら↑コメディとも書いてありました。
会場でも笑い声が起こるシーンが多かったです^^
ラブコメと考えて観に行くと、ちょっとホロッとして
いいかもしれません^^

冒頭夫婦喧嘩のシーンから始ります・・・・
夫が亡くなると言うストーリーはわかっているので
わざと未来を語る、将来のことでケンカするシーンを
いれているんだろうなあと想像がついちゃいます(^_^;)
永遠に続くと思われた二人の愛が突然壊れてしまう・・・
続くと思われた、たわいもない日常がなくなってしまう・・・

きっとジェリーが亡くなった後のギャップを
出すための演出なんだろうなあと予測できて
しまって、ちょっとわざとらしいようにも
感じてしまった冒頭の部分でした(^^ゞ

で、その後に、すぐにジェリー(役名もジェリーだ・笑)の
お葬式のシーン・・・・え?え?(^^ゞ
病気ものに弱い私としては、ジェリーが苦しむところとかは
見たくなかったので、それはそれでいいのですが、
あまりにも唐突であっけなかった(^^ゞ

お葬式.jpg
<ケンカの後、仲直りしてベッドへ・・・そして
一転、お葬式のシーン>


そして、ホリー(ヒラリースワンク)が、夫を失って、
すごく悲しんでいるようには、失意のどん底にいるようには、
どうしても見えなくて・・・・
もともとそんなに好きではない女優さんと言うせいかも
しれませんが、またインパクとの強い役が多いせいかも
しれませんが、この役柄にスワンクがあっているとは
どうしても思えませんでした(^^ゞ

お誕生日.jpg
<お葬式の後に引きこもるホリー・お誕生日に
家族・友人が訪れて・・・>


ストーリーも流れが滑らかでないようで、スワンクにも
共感が持てない(^^ゞ
ジェリー亡き後、出てくる男性もあまりイケメンではないし・・・・

ダニエル.jpg
<母親のカフェ《バー?》で働くダニエル>

ウィリアム.jpg
<一夜を共にしてしまったウィリアム>

美男美女が出てこないから、リアルに見える?(笑)
と言えばそうなのかもしれませんが・・・
時間はちょっと長く感じてしまいました。。。

公園.jpg

ウルッとしたのは、キャシーベイツ演じる母親とホリーの
公園での会話とスタジアムで読まれるジェリーの最後の手紙の
言葉『僕にとっては、君は人生のすべてだった
でも、君にとって僕は人生の1部に過ぎない』
でした(・・,)グスン
そして消印のない手紙はどうやってきていたのかが
わかった時にもジーンとしました涙ぽろり

ジェリー.jpg
<二人が初めて逢った時の、このシーンのジェリーが
1番素敵でした目がハート


ジェラルドバトラーは、前半より、アイルランドを背景にして
いた時が1番素敵でしたダブルハート
そして、アイルランドの美しい、壮大な景色には悲しみも
確かに癒されるだろうなあとも感じました。


リサ.jpg

リサクドローは、フレンズのフィビーそのままのような
役柄でしたグッド笑わせてくれました。

フィビー.jpg

キャシーベイツ年とっちゃいましたが(笑)、今回は
綺麗です(笑)やはり演技が上手くて、存在感があります。
娘を思う母親役良かったです。そして重要な役どころでした。。。
ラストの笑顔も素敵でしたグッド

私は、純愛ものは苦手なので、今回もあまり期待を
しなかったこともあってか、仕事疲れ、睡眠不足も
あったにも拘わらず、睡魔に襲われることなく
観る事ができましたので、そんなに悪くない作品だと
思いますオーケー

これからこの映画を観ようと思っているかたは
予告編から、涙、涙の感動作だと思って
観に行かず、ラブコメと思って観に行くことを
お薦めしますウィンク

そうするとウルッ涙ぽろりとしたりホロッ涙ぽろりとできたりすると
思います。エンディングはさわかな気分にさせて
くれましたスマイル

そうそう、洋服や靴が結構かわいかった気がします。
こういう作品はキライじゃあないです。
でも、DVDでもいいような気もします。
でも、アイルランドの美しい景色はスクリーンのほうがいいかも(^^ゞ
どっちなんだ~~ショック

10月18日(土)より公開

ポスター.jpg
えんぴつクリックで公式サイトへ>

この秋、大切なのに、今‘あたりまえ’な存在に
なっている人へ、改めて思いを伝えたくなるはず・・・

 -P.S.アイ ラブ ユー


カラオケ.jpg
<Kがかけてしまっていますが、KARAOKEと
書いてあります。最近のハリウッド映画に日本とか
日本製品とか日本語良くでてきますよね~>


日本版主題歌として、徳永英明さんがこの映画のために
新曲「小さな祈り~P.S.アイ ラブ ユー」を
書き下ろしたそうで、エンドロールで流れます。

徳永英明さんの歌声は好きですし、曲もいいと思いますが
洋画のエンドロールはそのままの音楽で聞きたいと
思う私でした(^^ゞ






最終更新日  2008.10.08 02:00:49
[2008年鑑賞映画] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.