000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

不良中年・天国と地獄

2006年07月31日
XML
カテゴリ:映画

7月29日(土)新宿アカデミーにて

世界三大ファンタジー(他のふたつは「指輪物語」と「ナルニア国物語」)のひとつをスタジオジブリが映画化した話題作。興収100億円を狙う今夏最大のアニメ大作です。

宣伝も相当な額をかけているのでしょう。テレビのCMスポットを目にしない日はありませんでした。新人・手嶌葵が歌う主題歌も、よく耳にしました。制作側の意気込みが感じられます。

監督は宮崎駿の息子、宮崎吾郎。公開初日に行きましたが、見終わって映画館を出た午後1時半頃には、長い行列が出来ていました。観客の期待も、それだけ大きいということでしょう。(写真参照

夏休みの超本命作は、はたして話題に相応しい出来になっているのでしょうか。結論から先にいうと、アニメが苦手な年寄りには、ひどく退屈でした。

原作は知りませんが、映画では、ファンタジーに必要な奔放な想像力、というか造形力が不足しているのです。換言すれば、イメージが貧弱なのでした。唯一感心したのは、ホートタウンという街の俯瞰図があらわれたときです。これは壮観でした。

内容もよくわかりません。世界の均衡がくずれ、その原因を探るため、大賢人ゲド(声・菅原文太)が旅に出る、というのがメーン・ストーリーのようです。それに父殺しの王子アレン(岡田准一)や、知人のテナー(風吹ジュン)孤児の少女テルー(手嶌葵)が絡みます。

災いの背後にはクモ(田中裕子)と呼ばれる魔法使いがいました。クモの野望が、世界の均衡を崩しているのです。こうして、ゲド、アレン、テルーとクモの闘いがはじまりました。

実は冒頭に、あらわれるはずがない龍が人間世界にやってくる、という異変が起きるのですが、この龍が空高く飛んでいくと、トンビにしか見えないのです。これは致命的な欠陥でしょう。「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピタ」にあった浮遊感も、まるで欠けています。

一事が万事、これが全編に影響していました。どこまでいっても膨らまないイメージ。各人物の性格や行動も、はっきりしないのです。父親殺しの動機もよくわかりません。

全体に、大作の風格に欠けていました。アニメが苦手という点を割り引いても、大いなる期待はずれの問題作、と指摘しておきましょう。妄言多謝







最終更新日  2006年07月31日 11時02分46秒
コメント(14) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

プロフィール


中年ジュリー

カテゴリ

お気に入りブログ

§ Hobby / Intellect… Vixivさん
ヘーゼル☆ナッツ・シ… へーゼルナッツさん
たけぞうわるあがき たけぞう1959さん
山口良一的ココロ あほんだらすけさん
今日、何した? 満月5555さん

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

マイコ3703@ 実は更新の度に見てました(笑) ブログの隅から隅まで読んでしまいました(…
kenngu0310@ Re:エルメス バッグ 新作 2013 秋冬 突然訪問して失礼しました。 ありがとうご…
中年ジュリー@ Re[1]:ブルーレイレコーダー(10/10) GAMMAさん 二度の書き込み、ありがとうご…
GAMMA@ Re:ブルーレイレコーダー(10/10) 上記(下記かもしれませんが)2番目のアドレ…
GAMMA@ Re:ブルーレイレコーダー(10/10) ご無沙汰しております。福岡から無事帰っ…

バックナンバー

2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.