4321411 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『村上春樹と私』5 New! Mドングリさん

良く食べたなあ New! マックス爺さん

埼玉の小学生殺人事… New! 七詩さん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

タマネギ男? New! はんらさん

カレンダー

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

邦画(05・06)

2006年12月29日
XML
カテゴリ:邦画(05・06)
監督・脚本 : 市川崑
原作 : 横溝正史
出演 : 石坂浩二 、 松嶋菜々子 、 尾上菊之助 、 富司純子 、 松坂慶子 、 萬田久子
同じ監督がなぜ同じ作品をリメイクしなければならないのか、ずっと考えていた。白黒映画をカラー映画として撮り直す訳ではない。リメイクする理由が見つからない。映画が始まる前はまさか‥‥‥と思いながらもこんな事態も考えていた。CGをふんだんに使って前作品では描くことができなかった実験映像作品にするためではないか、などと。

映画が始まるとだんだんとそんな不安は払拭される。池に浮かぶ足の死体や、菊人形に設える生首でさえ、今の技術ではもっとリアルに作れるはずなのに、作り物めいた生首を採用している。前作とほぼ同じ展開である。最後にどんでん返しがあるのか、とほとんど確信めいて疑っていたが、実はそれもなかった。じゃあ、前作と同じじゃないか、退屈したか、というと、実は全然退屈しなかった。

最後の場面、信州の山をバックにもう老齢に近い石坂浩二の金田一耕助がふいと振り返る。そして暗転。「監督市川崑」と出て、次に黒画面に右端に白く「完」と出る。それで終わりだ。

ああ、そうなのか‥‥‥。

私はそのときやっとこの映画について納得した。
前作と同じように実にテンポのいい作品である。見事な編集である。役者の個性を的確につかみ、緩ませ、締めて、落語のようにここで落ちがあるな、と思ってみてもやはり心地言い。映画職人の真骨頂だろう。職人として市川崑はこの仕事を最後の作品として仕上げて「うん、これでよし」とみんなの前に置きたかったのに違いない。職人としては、恥ずかしい作品が最後になるのを怖れたのだろう。

違っていたらごめんなさい。(すでに次回策が決まっていたりして(^_^;)






最終更新日  2006年12月30日 04時21分00秒
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:邦画(05・06)
どうでもいい映画に限って招待券が当ったりするものだ。人生とはそういうものだ。

何故この映画が「どうでもいい」と思ったかというと、原作が浅田次郎だからである。この人の作品の映画化でよかったのは「鉄道員」しかなかった。この人の作品の中の「あざとらしさ」がいやだ。

監督河野圭太 出演西野敏行伊藤美咲
和久井映見を久しぶりにスクリーンで見た。いい脇役になりつつある。桂小金治は上手い。昔から落語家にいい役者は多かった。もっと使っていくべきだろう。「14歳の母」は見たことないが、志田未来はキラキラ光っていた。将来が楽しみだ。主役の二人は?作品自体は?そんなもん書く必要はない。(12/2鑑賞)







最終更新日  2006年12月30日 04時29分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月20日
カテゴリ:邦画(05・06)
DVDでみる。重松清の原作を読んだあと俄然興味を持ったので

「なんで死体を見ていけないんですか。先生いつもいろんなことに興味持ちなさい、って言っているじゃん」
HPで死体を検索し、斎場に出入りする生徒にこう言われたら、先生はどのように答えたらいいのだろう。
テリー伊藤演じる小学校教師はホスピスで自宅に戻っている元教師の父親に聞く。「ここに子供たちを連れて来てもいいかな」父親は「連れて来い」という。

「人の生き死には教材じゃあないんですよ」「命を重さを1番わかっていないのは先生じゃあないんですか」他の先生は批判する。

先生であるテリー伊藤にとっても人の生き死には初めての経験だ。戸惑いもある。そういうぎりぎりの所でぎりぎりの授業がおこなわれる。

監督は市川準。「病院で死ぬということ」はその年の私のベストだった。淡々と数組の患者を映す。フラッシュバックのように、その人が人生の中で見たかもしれない日本の日常生活の美しい写真が挿入される。涙が流れて止まらなかった。ところが、友達の看護婦は「つまらない。何も描き出していない」と言った。それがずっと心にひっかかている。今回市川監督はドラマ性を重視しているが、所どころドラマとは関係ない場面を挿入する。あれから幾人かの生き死にを見てきた私は確かに生き死にを風景にしてしまっている部分に気がついた。でも、日常を大切にしたい監督の狙いもよくわかる。難しい。ラストは原作よりもドラマチックだった。







最終更新日  2006年12月20日 12時47分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月14日
カテゴリ:邦画(05・06)
監督 : 山田洋次
原作 : 藤沢周平
出演 : 木村拓哉 、 檀れい 、 笹野高史 、 桃井かおり 、 坂東三津五郎 、 緒形拳 、 小林稔侍

男の出世や生存のために、妻や母が犠牲になる。男はそのために限りない悲しさ、怒りを感じる。という話は藤沢周平の小説の中では、何度も何度も現れる。それは最愛の妻をガンで看取ったときに「人には言えないともし、また思いもした」とたった一言、エッセイの中で漏らし、詳しいことは二度と書かなかった藤沢自身の「想い」から来ているのだと私は勝手に思っている。そう簡単に整理できる問題ではなかったのだろう。

だから、もし物語の中で女が死ぬとしたら、女とは現実世界では夫である藤沢自身のことなのだから、それは藤沢が自分で自分を殺した、ということなのである。もし女が生き残るのだとしたら、そこには「許し」もあっただろうし、それ以外の「何か」もあったに違いない。藤沢の小説の中では中期にいたってやっと女は死ななくなる。

さて、映画であるが、今回はたった一つの短編を二時間近い映画にしてしまった。そこまでしてやっと私は映画が小説に近づいたと思う。藤沢作品を読んだような気持ちになった。

木村拓哉を選んだ狙いは、作品が始まって10分で分かった。なるほど、こんな若者なら、木村拓哉でOKだ。

「一分」とは「面目」とでも言うべきものである。宣伝を見ていると、「武士の一分が愛を守った」とでもいえるように言っているが、実際の映画を見た人は当然いつもの映画宣伝のまやかしであると気がついたことだろう。

と、書いて幾つかの映画評を見ると、そのことについて書いている映画評がひとつもなかった。それで私の意見を少しばかり書いておく。
(以下ネタばれ。文章を反転してください。)
新之丞は島田との果し合いに勝ったあとに、充実感や喜びを感じることが出来なかった。武士の一分に命を懸けたが、分かったのは島田の卑劣さだけであったからだ。その島田も、果し合いのことは誰にも話さずに腹を切ったという。「彼にも武士の一分があったのだな」と同僚が見舞いのときに一言言う。そうだ、「私の欲しいのは一分ではない。加世なのだ。」いまどきの若者である新之丞はやっとそれに気がつく。眼が見えないから、出世が出来ない、生活が不安だ、そんな愚痴を言っていたときに加世のことが見えていなかったのは一分が邪魔をしていたからだ。自分が自分を負け組みだと思っていた。そうではない道は一分にあるのではない、加世にあったのだ。

「たそがれ」で主人公は死んで終わる。「鬼の爪」では若い二人の未来は過酷な北海道開拓の道である。そして三作めにして一番のハッピイエンドで終わったような気がする。前にも書いたが、山田洋次の作品はすべて悲劇の一歩手前で終わっている。この作品はその可能性が最も少ない終わり方であり、三部作の最後にふさわしいと思う。






最終更新日  2006年12月14日 22時42分07秒
コメント(13) | コメントを書く
2006年12月06日
カテゴリ:邦画(05・06)
監督・脚本ポール・グリモー、脚本・台詞ジャック・ブレブェール

宮崎駿と高畑勲に大きな影響を与えた作品だそうだ。ジブリアニメーションが取り入れたものと取り入れなかったものが、分かるという意味で、その意味でのみ貴重なアニメーション。

話の構成は「天空の城ラピュタ」、巨神兵も出てくる。機械の中に入るものによって、破壊神にも、限りない優しく繊細な味方にもなるという構造。底辺の民に対する眼差しもある。全てを壊したあとに生まれるものは「もののけ姫」である。80年フランス作品。子供に媚びない、けれども時代を超えるファンタジー。

無いのは、(音楽の素養がないのでうまく指摘出来ないが)ここで使われたような音楽の使われ方。ライオンのような堅い線のアニメ化。

そんなに凄い作品ではない。凄い部分は既にジブリがやった跡だからである。






最終更新日  2006年12月06日 23時02分24秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年12月05日
カテゴリ:邦画(05・06)
先の日曜、労組主催の映像試写会と講演会の集いに行った。ドキュメンタリーと制作にかかわったNHKディレクター小嶋一適氏の話を聞いた。題名は「人も長持ちモノも長持ち」。NHK「人間ドキュメント」の一作。

定年なし、残業なし、最新機械は一切なし。それでも43年間、黒字経営を続けている町工場が愛知県知立市にある。社長の成瀬博さんは93歳。「金よりも仕事が上。」という信念で下請けを拒み、身の丈にあった長持ち経営を貫く日々を見つめる。という作品である。

作っているのはおもに洗浄機。発注を受けて手作業でいちから作る。30年間使っている機械だから、鉄板を切るにも寸分の狂いも無い。大根洗浄機、ボーリングのピンの洗浄機、等々自ら工夫を重ねた商品なので、どの工場もまねが出来ない。

腰痛で辞表を出した60歳のベテラン行員を引き止めて、納期を延ばして休みながら働ける体制を作る。

自分で出来ない仕事はよその工場に頼む。下請けという感覚ではない。7年前のITバブルの後一億円の不渡を出した溶接工場の社長に、詳しい話を聞かずに「この工場を言い値で買い取って賃貸で貸してあげよう」と提案する。溶接の社長は「何が起こっているのかわからなかった。そんなことはありえない‥‥。」いくら善意で言っているにしても、普通は工場の状態を詳しく聞いてから判断するだろう。当の成瀬社長は人助けとは思っていない。「どうしてそんなことをしたのか、わし自身にも分からない。」

「手でやる仕事は本当にいくらでもある。何の心配もしていない。」5年前に妻に死なれて一人暮らし。自炊している。あちこちに自分で工夫して作った生活用具がある。

小嶋氏は番組に出ていなかった社長の一言を紹介した。「八割が運、一割が努力、一割はちょろまかしだね。」なるほど、税金逃れをやったのかな。この言葉はテレビでは流せないわな。でも社長の人柄がよく分かる。映写の後の質問時間に一人の観客がエールを送った。「ずっとNHK受信料を払っています。こんな番組を年4~5本作ってもらえたら、受信料も安いものだ。頑張って下さい。」ほんと、頑張って下さい。テレビの番組を団体で見るのもいいものだ。笑い声が起きる。






最終更新日  2006年12月05日 17時57分52秒
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:邦画(05・06)
監督 : 金子修介
出演 : 藤原竜也 、 松山ケンイチ 、 戸田恵梨香
かつて金子監督の作品で「クロスファイア」というものがあった。原作は宮部みゆき。パイロキネシス(念力発火能力)を持って生まれた青木淳子。怒りを抑えることが出来ずに「正義」の制裁を続けてしまう。映画では、映画初出演の長澤まさみが演じる少女(パイロキネシス能力者)に向かい、淳子が死ぬ前におおよそこのような言葉を伝える。「最初は正しいと思って人を殺したとしても、一度人を殺してしまえば、もう止めることが出来なくなってしまうの。だからあなたはどんなことがあってもこの能力で人を殺しては駄目。」小説ではあえてその言葉は使われていない。けれども映画ではこの言葉を言うことで、テーマがものすごくクリアになった。

この映画でも、夜神月の父親の総一郎が発する、原作に無い一言が、決定的なものになる。この一言で、この映画は原作を超えた。

しかし、主人公に悪役ヒーローとしての魅力は感じなかった。相手役の"L"にしても、確かに無表情なのがこの役の持ち味なのだが、もう少し工夫が欲しかった。






最終更新日  2006年12月05日 17時45分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月03日
カテゴリ:邦画(05・06)
小田切みきの訃報を知り、思い出すのはやはり黒澤明「生きる」の少女といっていい、おもちゃ工場の工員の役である。死の宣告をされた志村喬の前で「こんな仕事でも何か作るというのは楽しいのよ。」といって自分の作ったおもちゃを動かす。結局この場面があの映画のクライマックスであった。それを当時ほとんど新人といっていい小田切に任せた黒澤の眼力。
文書に埋もれた役人、たらいまわしの役所。少しずつ改善されているところもあるとはいえ、あの当時と今の役所がそんなに変わっているわけではない。あれから50年、日本は何をやってきたのだろう。






最終更新日  2006年12月03日 23時49分53秒
コメント(3) | コメントを書く
2006年11月26日
カテゴリ:邦画(05・06)
監督 : 生野慈朗 脚本 : 安倍照雄 、 清水友佳子 原作 : 東野圭吾
出演 : 山田孝之 、 玉山鉄二 、 沢尻エリカ 、 吹石一恵 、 尾上寛之 、 吹越満 、 風間杜夫 、 杉浦直樹
1001284_01.jpg
原作を読んだとき、イマイチだったという記憶がある。東野圭吾だから、絶対最後に「秘密」みたいにどんでん返しがあるのだと構えていたせいかもしれない。
さて、この作品はほとんど原作に沿って話が進む。大きく違うのは主人公が歌の道に進むのではなく、漫才の道に進むところだ。その改変はビジュアル的に成功していると思う。普通、殺人者の弟であるというだけで、あそこまで理不尽な人生を送らなくちゃいけないのだろうか、と思うだろう。小説はしかし、説得力を持って描いていた。映画はどうか。幾つかの理不尽はエピソードから抜け落ちる。理不尽を体現する吹越満 、 風間杜夫 、 杉浦直樹はなかなかリアルにセリフを吐いた。特に杉浦直樹演ずる会社会長のセリフは大切である。決して彼らは悪人ではない。けれども「君を差別するんだよ」という難しいセリフである。この時点でこの映画は、存在意義を主張し始める。当事者にならないと分からないことがある。映画というものはそれを想像させる材料を与えてくれる。

沢尻エリカ、「パッチギ」以来である。この二年間、彼女は出ずっぱりだ。もしかして、擦り切れていまいか、心配だったが、杞憂だった。セリフがなくても、存在感はすでにある。まだ主演女優賞を取るような唸るような演技は出来ないが、清純さと色気、両方を持った将来性はそこかしこにある。どの女優にもない、沢尻節がすでに出来つつある。

最後に映画らしい演出があった。最後に来て玉山鉄二にはやられた。いやあ、泣かされました。

「教育基本法・教育の機会均等」
「すべて国民は、ひとしく、その能力に応ずる教育を受ける機会を与えられなければならないものであって、人種、信条、社会的身分、経済的地位又は門地によって、教育上差別されない。」

山田孝之演じる弟は、殺人者の弟であるというたことで実質頭がいいのに、大学への道を閉ざされる。「門地」とは何か。このようなことはきちんと教育しなければならないだろう。政府案は徹底的な批判にさらされて、この文章は残している。しかし、前の案では「すべて」と「ひとしく」が削られていた。本音がどのようなところにあるかは明らかである。






最終更新日  2006年11月26日 23時37分12秒
コメント(4) | コメントを書く
2006年11月22日
カテゴリ:邦画(05・06)
監督 : 熊澤尚人 脚本 : 桜井亜美 、 齊藤美如 、 網野酸
出演 : 市原隼人 、 上野樹里 、 蒼井優 、 酒井若菜 、 鈴木亜美 、 相田翔子 、 小日向文世 、 佐々木蔵之介 、 尾上寛之 、 田中圭 、 ピエール瀧 、 マギー 、 大橋未歩

「THE END OF THE WORLD」‥‥‥作品中、主人公佐藤あおいが、監督して岸田と共演して撮った大学映画サークルの自主映画の題名である。地球滅亡までの一週間、恋人を待つ少女の日常生活。10分間の短編。金が無い、人が無い、演技力が無い、そんな小品だけど、例えば水溜りに映った男の人が死んだ父親だったり、どきりとする映像がある。

しっかりしている女はダメ男に恋をする。けれども結局どちらも若いだけなんだ。可能性は無限に広がっている。盲目の妹(蒼井優)だけにそれが見えている。若いってことはこんなことなんだ。それをリリカルな映像と絶妙な編集で描く。岩井俊二がプロデュース。なるほど、と思う。

実は私は上野樹里を今まで一回も評価したことは無い。けれども今回の彼女はよかった。ストーカーの岸田から逃げ回る彼女や、プロポーズを冗談だといわれ切れて岸田を足蹴にしたときの彼女はめちゃリアルだった。『ただ、君を愛してる』と同様、ここにも不器用で超鈍感な男が出てくるが、さすが市原隼人、役者がいいのか、監督がいいのか、彼には感情移入できる。

大学時代、黴臭い部室で30数回作ったあの大学新聞は今どこに行ったのだろう。いま無性にあの新聞に逢いたい。






最終更新日  2006年11月23日 03時05分15秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) 令和皇太子さんへ。 貴方がどんなコメント…
KUMA0504@ Re[1]:北斎のたくらみ 富嶽三十六景(09/02) ももたろうサブライさんへ ありがとござい…
KUMA0504@ Re[1]:100分de名著 小松左京(09/01) ももたろうサブライさんへ そうかもしれな…
ももたろうサブライ@ Re:100分de名著 小松左京(09/01) コンピューター付きブルドーザーと言えば…
KUMA0504@ Re[1]:「タッチ」の続編?「MIX」(05/25) ガラケーさんへ わざわざ心配ご指摘ありが…
ガラケー@ Re:「タッチ」の続編?「MIX」(05/25) 貼ってあるMIXの画像は… きちんと、あだち…
KUMA0504@ Re[1]:「おにぎりの文化史」古代の食卓(08/23) はんらさんへ 「家で作ることはほとんどな…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.