20417002 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Rakuten Profile


みきまるファンドさん

優待バリュー株に全てを賭けています。

フォローする

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

安田倉庫 New! toms2121さん

ぶす New! slowlysheepさん

ドミノ・ピザで食事… New! わくわく303さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

ビックカメラ(3048)-… New! 征野三朗さん

岡ちゃんの反撃?!? New! skyfish1975さん

前日比▼249,527円 かぶ1000さん

日経平均は上がるけど Night0878さん

投資手法を変える場合 MEANINGさん

上海高島屋四周年慶… モモンガ2006さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

カテゴリ未分類

Sep 2, 2017
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて今日は 2017年主力株概況シリーズの中間総括 として、ここまでで紹介したポートフォリオTOP11~20位銘柄をまとめておきます。








 尚、最初にお断りししておきますが、私は独自の「優待株いけす理論」を基として、常に総合戦闘力最強の頑健な銘柄のみでポートフォリオ最上位を組み上げることを目指しており、順位は常に変動しています。また今年も既に8か月が経過したため、今回紹介するTOP20銘柄の中には残念ながら状況の変化に伴って「力量不足」と判断され、既に順位を少し落とした子もいます。TOP20銘柄の「その後」の詳細については極一部はこの後触れますが、それ以外はまた来年の新しい 2018主力株概況シリーズ で是非御堪能頂ければと考えていますのでご了承ください。







 まずは復習でTOP10銘柄です。






 1~10位







 それではいよいよ、11~20位を見ていきましょう。






11位 3228 三栄建築設計


12位 3277 サンセイランディック


13位 8922 日本アセットマーケティング



14位 3172 ティーライフ


15位 6186 一蔵


16位 6356 日本ギア工業



17位 7533 グリーンクロス


18位 4686 ジャストシステム


19位 7264 ムロコーポレーション


20位 7932 ニッピ













 では次に、TOP11~20位銘柄それぞれの現時点での最新コメントを個人的なメモとして残しておきます。









11位  3228 三栄建築設計



 「同じ家は作らない」という当社のコンセプトは本当に魅力的だし、日本のあちこちにありきたりでない素敵で緻密な街並みを作り出していると思う。また手堅い業績を誇るパワービルダーであり、創業以来一度も赤字もなくかつ最高益更新が続いている。IRへの取材でも担当者に「今後の更なる飛躍」への自信と気合が漲って(みなぎって)おり、現時点で「総合戦闘力最強の優待バリュー株」の1つと認識している。ブログ登場時からは更に大きく買い増ししたこと及び株価上昇から、現時点での最新の順位は当然のTOP10入りとなっている。それにしてもパワービルダーには良い銘柄が多い。









12位 3277 サンセイランディック



 権利関係が複雑な不動産の買取&再販のスペシャリストであり、同時に指標的な割安さと成長力を併せ持つ銘柄。創業以来40年で一度も赤字もないし、独自のノウハウを持つ経済的な堀を築けている銘柄でもあるので、本来もっと高く評価されて当然であるとずっと以前から思っている。









13位 8922 日本アセットマーケティング



 ここは専門外の非優待株だが、なにしろ親の7532ドンキホーテHDが絶好調であり、その恩恵を最大限に受けることの出来る超低位株のJAMは、たまらなく魅力的であると考えている。









14位 3172 ティーライフ



 相変わらず良い銘柄だが、PF最上位の他の銘柄との徹底的な相互比較の中で、「やや割負けしてきているな。」との判断の元で少し順位を落とした。ただ現時点でもTOP25の地位はなんとかギリギリで死守している。









15位 6186 一蔵



 ここは実に安いとは思うのですが、今から考えると東証1部昇格で株価が急騰した段階で持ち株の一部は売却したらよかったかな?とちょっと感じる。実際BNF氏はそのタイミングで持ち株の8割をサクッと売り抜けているし、自分はやっぱり株式投資で最も大切な「株の売り時」に関して、もっともっともっと勉強していかなくてはいけないな、と感じている。










16位 6356 日本ギア工業



 ここは「おっとり優待族」の自分としては珍しく良いタイミングと株価位置で大きく買えた。 株は何と言っても買値が大切 であるという事を改めて実感した。それにしても東証1部昇格に関してのIRの「全く(それを)意識していないわけではないし、別に目指したくないという事でもない。」との表現は過去に経験がなく実に新鮮だった。「IR文学」と言うのは、時に本当に不可思議かつ難解なんですね。(汗)









17位 7533 グリーンクロス



 業績好調な福証銘柄。株価も好調で年初来高値更新が続く。前世紀の大投資家である ジェラルド・M・ローブ の 「一番成績の良い銘柄は最後まで残しておくこと。」 との言葉を思い出しながらのんびりとホールドを続けている。









18位 4686 ジャストシステム



 株価爆裂上昇で1年で3倍になった。指標的には既にクソ高いが、1年前に「これ ウィリアム・オニールのCAN-SLIM に完全にぴったりと当てはまる銘柄やん。」と思って買った時にも別に特に割安という訳でもなかった。前述のジェラルド・M・ローブは、「あなたの持っている株の多くが高値を更新していれば、現在の状況に置いて適切な銘柄を持っていると考えられる。(投資を生き抜くための戦い P214)」と語ったが、現時点ではジャストシステムは未だに「適切な」銘柄であると考えている。









19位 7264 ムロコーポレーション



 自動車部品関連銘柄は極めて不人気で、数年前には指標的に目が飛び出る程に割安なところが多かった。ここムロコーポもその1つだったが、現在はそれなりに評価されて株価も上昇した。他に5184ニチリンなどもそうだったが、市場では常に「局所的に異常に割安」なセクターが発生することがあるので、今後も積極的にそういったところを狙っていきたい。余談だが、現在でいうと「不動産関連銘柄(特に中古住宅販売とパワービルダー)と一部の地方スーパー銘柄」が異常に安いと思っている。









20位 7932 ニッピ



 ま、日記を書いたばかりなので特に新しいコメントはないですが。 こういうほとんど株価が動かないニッピ的な銘柄をPF上位で持つのは精神的に健全で余裕がないと出来ない事なので、自分はこれからも「とにかく楽しく、面白く、にこやかに。」株式投資に取り組んでいきたいと思っている。(笑)











 以上、2017年ポートフォリオTOP11~20位のまとめ でした。






Last updated  Sep 2, 2017 03:39:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 27, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて今日は 2017主力株概況シリーズ です。

 

 

 

 

 

20位 7932 ニッピ  (東JQS、3月優待) ◎◎~◎◎◎

 

 

 

 

 

 PF20位は、旧大倉財閥グループでゼラチン、コラーゲン、化粧品等に展開し、最近はiPS細胞開発も手掛けているニッピです。












 ここは前回は2014年に84位で登場していますが、「ニッピは指標的に極めて安いし、
その保有する土地の膨大な含み益を考えると実質的なPBRは更に驚異的に低い






↑ 賃貸等不動産の含み益はほぼ時価総額に等しい120億円!!!




 し、たまにバイオ関連銘柄として人気化して急騰することがあるし、兄弟会社の7938リーガルコーポと一緒にMBOの可能性も、低いながら常にあるし、株価上昇のカタリストがキラキラキラキラとたくさんあって面白いな。」と考えて大きく買い増ししたので、今回初の主力昇進を果たしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 現在の株価は796円、時価総額115億円、PBR0.43、自己資本比率は40.9%、今期予想PER11.50、配当利回り1.3%(10円)、総合利回り1.8%(10+4=14円、優待品はヤフオク平均落札価格の額面の80%で換算)で、優待は1000株保有で自社商品である「ニッピコラーゲン100」110グラム×3袋です。





















 

 

 

 

 

 


  さてこのニッピですが、最初に言ったように2014年には84位で日記に登場していました。そして 「その後のニッピ」 がどうだったかと言うと、実はタイミングが合わなくて日記に出て来なかっただけで、大体PFの30~50位辺りの「幕内・十両銘柄」と私が呼んでいる、いわゆる「関取」としての地位を維持し続けていました。非常に魅力的な銘柄であることに間違いはないので、「常に主力株候補」として大切にPF上位で処遇しケアし続けていたのです。








 何が言いたいのかと言うと、今回ニッピがPF最上位の一角にポッと現れたのは決して偶然やまぐれではなく、「優待株いけす」内の魚同士の激しい血みどろの抗争を制して、その際立つ実力の高さでようやくここまで這い上がってきたということなのです。












 ニッピの良さというのは、バリュー系の投資家なら誰でも茫漠と感じると思うのですが、一言でいうと、「指標的に滅茶苦茶安いのに、人気化しそうなカタリストが豊富にあって宝石の原石みたいにキラキラキラキラ光っている。」という事です。











 指標的に超割安なのに、同時に鋭いカウンター攻撃能力を兼ね備えた、潜在ポテンシャル抜群の「地味株ニッピ」を、これからPF最上位の一角として愛でながら、楽しく戦っていく所存です。

 

 

 





 

 2017主力株概況シリーズ 免責事項






2017主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次の、1つ上の無重力のステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上かつ頑健な銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、死んだ魚になっていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこくて執念深い独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものではありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも決して分からないため記事内容の正確性は保証しません。私には未来を予見する力は一切ありません。魔法の水晶玉は持ち合わせておりません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.0%御自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。






Last updated  Oct 3, 2017 11:27:24 PM
コメント(2) | コメントを書く
Aug 24, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト、第56位、





出来高・価格分析の完全ガイド (アナ・クーリング著、パンローリング社)











 の最終回第3弾です。








 今日は非常に出来の良い第6章から特に印象的だったところを紹介しましょう。







 具体的にはストッピングボリュームとトッピングアウトボリュームについてです。







 
ストッピングボリュームは、インサイダーによってブレーキがかけられたときの値動きを表すもの。。。


 市場はオイルタンカーのようなものだ。いきなり反転することはない。


 市場は勢いを持ったスーパータンカーのようなもので、ブレーキがかけられても反応するまでに時間がかかる。



















 
トッピングアウトボリュームは市場が上昇トレンドに乗って上昇したあと天井を付けることを意味する。


 前にも言ったように、市場はいきなり止まって反転することはない。市場は勢いを持っているからだ。















 非常に実践的でいい話ですね。実際の日々の闘いの中で非常に良く遭遇する局面を、図説化して分かりやすく解説してくれていると思います。








 さて名残惜しいですが、そろそろ総括です。





 この本は、 市場は全てインサイダーによって操作されている という「偏光メガネ」を掛けた特殊な異形の視点で全編が綴られている のですが、








「常に少数派が勝つ」という普遍的な特徴があるマーケットでは、独特で風変わりな視点から市場を眺めて戦うことには大きな意義がある







 と私は考えています。










 実際、「優待バリュー株投資」というトリッキーでビックリ箱的な眼鏡をこの16年間掛け続け、自らが編み出したオリジナル且つ不可思議な視点に特化して戦ってきた私は、対TOPIXで見て圧倒的な好成績をここまで収めることが出来ました。





 


 もちろんこれには幸運の助けが大きかったのは厳然たる事実ですが、決してその全てが偶然という訳ではない、 マーケットに対して理に適っていてそして同時に独自の確固たる視点で対峙することには素晴らしい付加価値がある そういったことを実感させてくれる印象深い名著です。未読の方は是非。






Last updated  Aug 24, 2017 07:41:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 17, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて今日は 2017主力株概況シリーズ です。

 

 

 

 

18位 4686 ジャストシステム (東1、非優待株) 〇

 

 

 

 

 

 PF18位の主力銘柄は、ワープロ一太郎や法人業務システムなどを展開し、最近は通信教育事業「スマイルゼミ」に注力中でキーエンスと資本提携しているジャストシステムです。株価急騰により前回の37位から大きく上昇してここで登場しました。







 現在の株価は2395円、時価総額1538億円、PBR4.25、自己資本比率は84.9%で有利子負債は0、今期予想PER34.17、配当利回り0.3%(6~7円)で優待はありません。





 ジャストシステムは私の専門外の非優待株であり、また指標的にも特に見るものはありません。ただここは四季報を見れば一目瞭然のピカピカの成長株でありここまで、





売上高は6期連続の増収、営業利益、経常利益、当期純利益はいずれも株式上場以来の最高益を更新、営業利益、経常利益については6期連続で過去最高益





となっています。





(上記データは四季報オンラインプレミアムより引用)







 また大株主2位には「S級の凄腕投資家」である、9435光通信会長の重田康光氏が登場しており、更にそれだけでなくジリジリと市場で不気味に買い増しを続けてもいます。そのため、いわゆる







パクリュー投資







 的な観点からも非常に興味深い銘柄ですね。








 またジャストシステムは、ウィリアム・オニールの








CAN-SLIM投資手法








 を非常に分かりやすく、かつハイレベルで満たす銘柄でもあります。指標的には率直に言って既にかなり割高ですが、株価にモメンタム(勢い)がある限りはこれからも楽しくホールドしていく予定です。







Last updated  Aug 17, 2017 07:55:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 1, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類

いやあ8月になりましたね。


 





 さて最近は毎月プロフィール画像を新しく更新しているのですが、今月は8月らしく














イルカみきまる 熱帯魚熱帯魚熱帯魚熱帯魚熱帯魚 


です。








 その心は、優待株いけすから選び抜いた賢いイルカに乗って、市場と言う大きな海でご機嫌に泳ぎ続けるイメージを具現化したものです。(笑)


 


 


 それでは皆様、今月もよろしくお願い致します。







Last updated  Aug 1, 2017 07:30:50 PM
コメント(4) | コメントを書く
Jun 29, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類

さて今日も2017PF概況シリーズです。

 

 

 

 

 

515位 1768 ソネック(東1、9月優待) ○

 

 

 

 

 

 PF515位は、兵庫県(東播磨)を地盤とする民間建築中心の中堅ゼネコンのソネックです。







 現在の株価は810円、PBR1.10、自己資本比率は51.2%で有利子負債は0、今期予想PER11.91、配当利回り1.6%(13円)、総合利回り2.8%( 13+10=23円)で、優待は100株保有で1000円相当のクオカードです。







 ソネックは指標的にもまずまず安いですし、財務状態も良いですし、PF下位としてはとても良い銘柄です。本当に日本には星の数ほど良い優待バリュー株があります。私達優待族は幸せですね。







Last updated  Jun 29, 2017 08:04:51 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 8, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類

 さて今日は通常の2017PF概況シリーズです。

 

 

 

 

 

507位 9818 大丸エナウィン (東2、3月優待) ◎

 

 

 

 

 

 PF507位は、LPガス販売で近畿3位の大丸エナウィンです。



















 現在の株価は789円、PBR0.58、自己資本比率は73.5%と良好、今期予想PER10.76、配当利回り1.9%(15円)、総合利回り2.5%(15+5=20円)で、優待は100株保有で500円相当のクオカードなどです。
























 大丸エナウィンは指標的にもかなり安いですし、私の大好物の東証2部銘柄ですし、PF下位としてはとっても良い銘柄であると思っています。







Last updated  Jun 9, 2017 08:02:56 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 2, 2016
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて今日は通常のPF概況シリーズです。

 

 



 

 

 426位 8098 稲畑産業 (東1、9月優待) ◎

 

 


 

 

 

 PF426位は、化学専門商社で住友化学系ですが稲畑オーナー色もある稲畑産業です。















現在の株価は1233円、PBR0.57、自己資本比率は41.9%、今期予想PER8.70、配当利回り2.9%(36~39円)、総合利回り3.3%(36+5= 41円)で、優待は100株保有で500円相当のクオカードです。





















 稲畑産業は指標的に非常に割安ですし、過去の業績推移も高いレベルで安定していますし、













 率直に言って凄く魅力的な銘柄です。これほど力のある優待バリュー株をポートフォリオ下位で持てる幸せ。日本株は本当に先進国の中では突出して安いと思いますね。







Last updated  Dec 2, 2016 08:09:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 22, 2016
カテゴリ:カテゴリ未分類
 さて今日は通常のPF概況シリーズです。

 

 

 

 


 

420位 7256 河西工業 (東1、3月優待) ◎

 


 

 

 

 

 PF420位は、独立系の自動車内装インテリア部品メーカーの河西工業です。
























 現在の株価は1244円、PBR1.09、自己資本比率は36.0%、今期予想PER7.23、配当利回り2.4%(30円)、総合利回り3.2%(30+10=40円)で、優待は100株保有で1000円相当のクオカードです。また1年以上継続保有の場合クオカードは1000円増となります。























 自動車部品メーカーは5184ニチリン、5185フコク、7264ムロコーポレーションなど、「割安な優待バリュー株の桃源郷」な訳ですが、ここ河西工業も実に魅力的な水準です。いつまでもこんなに魅惑的な株価位置でいて欲しいですが、どうなるでしょうね?







Last updated  Nov 22, 2016 11:24:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 25, 2016
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて今日もいつものPF概況シリーズです。

 

 

 

 

 

 

406位 8154 加賀電子 (東1、非優待株) ◎

 

 

 

 

 

 

 PF406位は、『TAXAN』ブランドを展開している独立系電子部品商社の加賀電子です。

 





 

 

 




 

 

 

 現在の株価は1380円、PBR0.63、株主持分比率は52.3%、前期予想PER8.42、配当利回り2.9%(40円)で、業績悪化のため2010年より優待休止となりました。私は優待再開を楽しみに粘り強くホールドしていましたが、いつの間にか優待制度はそのまま廃止となってしまいました。



 

 

 

 

 ちなみに優待休止前の2009年度の優待品は、「やさいのようせい」グッズセット(ランチョンマット+ノート)でした。

 



 

 

R0051435.JPG



 

 

R0051437.JPG

 

 

 



 

 

 

 私はこの「やさいのようせい」のランチョンマットが非常に気に入り愛用していたのですが、ぼろぼろになってしまい今はもうありません。

 



 

 

R0075685.JPG



 

 

R0074978.JPG

 

 

 

 

 






 

 

 私は「自分が欲しい株主優待を貰う」事に関してはちょっと執念深い面があります。そのため、優待休止後もずっと優待再開を楽しみに3年以上もホールドを継続していました。「もう一度、やさいのようせいのアイテムが欲しいなあ。」と思い続けていたのです。














 ると、、、、、、、













 2013年になって、唐突に会社から隠れ優待が届いたのでした。













 どこでもできる動画通信カラオケのスマカラでした。























 この突然のサプライズ優待で、折れかかっていた心が復活した私は、「またきっといつの日か、面白い隠れ優待が届くかもしれない。♪」という












パブロフの犬」状態











となってしまいました。。。。。。












 ただその後、2014年、2015年、2016年と、ずっと正座をして待っているものの、加賀電子から隠れ優待が届くことは決してありませんでした。。。。。











 ま、加賀電子は指標的に十分に割安なのでPF下位で1枚保有継続する上では特に問題のない銘柄です。そういうわけで、私は「もう2度と届かない隠れ優待」の幻影を見ながらホールドを継続しています。(滝汗)







Last updated  Oct 25, 2016 07:50:30 PM
コメント(2) | コメントを書く

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.