27745308 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

週間パフォーマンス… New! らすかる0555さん

あるもので暮らす New! slowlysheepさん

メモ New! 4畳半2間さん

7412アトム(時価総… New! わくわく303さん

征野ファンドの運用… New! 征野三朗さん

voicyファンフェスタ… CASHFLOW101さん

Yacktman ファンドが… ossanpowerさん

オススメ経済本1位 MEANINGさん

モンゴル人に向けた… モンゴル2008さん

前日比△3,115,000円 かぶ1000さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

全71件 (71件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

カテゴリ未分類

Sep 11, 2019
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 ​さて今日は株式投資本オールタイムベスト92位







 実践ディープバリュー投資 (イェルン・ボス著、パンローリング社)









 の第8弾です。






 今日は、 第14章 三信電気 から。






 ​
​ 本書のほかの章からは逸脱するが、三信電気は日本の上場銘柄である。ディープバリュー投資、とりわけベンジャミン・グレアムが焦点を当てるネット・ネット株はまさにあらゆる場所で等しく有効なのである。



 日本市場は、ネット・ネットの手法を採る者たちにとっては、うれしい猟場であることは長く知られている。私は、ネット・ネット株は言うまでもなく、これほど多くのバリュー株が存在する外国市場に出会ったことがない。PER(株価収益率)も適度で、英語の決算報告もあり、また妥当である。



 ヨーロッパの市場のなかには、会計処理があいまいで、時代遅れなものであるところもあり、高い格付けを得ながらも多額の負債を抱えている企業があったりもする。日本ではそのようなことはない。












 ​
 日本市場にはイギリス市場に比べて多くの選択肢がある。イギリス市場で15件の投資候補を見つけることができるとしたら、日本では50件は見つけることができるであろう。



 そのうえ、それらの日本株のほうが時価総額がはるかに大きく、それだけ取引も容易なのだ。しかし、見いだすのは難しくはないけれども、それら全体がイギリス株よりも優れているというわけではない。日本のネット・ネット株の多くが精彩を欠いたパフォーマンスしか示さない。それらはゾンビ株である。



 日本で割安株を見いだし、取得することは容易であるが、それらの市場価値を変える現実的なキッカケがなければ、向こう何年にもわたり横ばいを続けることになりかねないのである。











 ​
 ​日本市場は三信電気のような銘柄が数多くある。​













 この章でイェリン・ボスは、





1. 日本株市場が、世界的に見てもトップクラスのバリュー株の宝庫であること





2. ただそこから良好なパフォーマスを発揮する銘柄を選ぶことには意外なほどの困難が伴うこと





 の2点を指摘しています。








 筋金入りのディーブバリュー投資家であるボスが日本株市場の魅力に太鼓判を押してくれていることは励みになりますし、私たち日の丸バリュー投資家には、「日本語を母国語としている」という非常に大きなアドバンテージもあるわけですから、猶更一生懸命に日々戦わなくてはならないな、との思いを新たにしました。(続く)






Last updated  Sep 11, 2019 05:50:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 5, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​ さて今日は通常の2019PF概況シリーズです。







292位 9104 商船三井(東1、3・9月優待) ◎







​ PF292位は、海運大手の商船三井です。





 現在の株価は2716円、時価総額3276億円、PBR0.62、自己資本比率は24.6%、今期予想PER8.12、配当利回り2.4%(65円)、総合利回り3.1%(65+20=85円、優待券のヤフオク平均落札価格は2枚で1000円。)で、優待は年2回100株保有で「にっぽん丸クルーズ」優待券2枚などです。​










 海運銘柄は2008年頃に大相場があったものの、その後は極端な低迷が続いています。ただ、業界全体にそろそろ光明が見えてきている気がしたので、しばらく前に勉強のためにここを1枚だけ買いました。ちなみに9101日本郵船もセットで買いました。今後の業績推移を慎重に見ながら勉強していく予定です。






Last updated  Sep 5, 2019 02:18:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 26, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
​ ​coming  soon。​











Last updated  Jun 26, 2019 08:26:11 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 2, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
 さて今日は株式投資本オールタイムベストです。第89位は、








 投資哲学を作り上げる (フィリップ・フィッシャー著、パンローリング社)










 です。​










 フィリップ・フィッシャーは、世界一の投資家である ​ウォーレン・バフェット​ の師匠の一人であり、また以前に紹介した第1作 ​株式投資で普通でない利益を得る は、「20世紀に発売された投資本の中でベスト3に入る不朽の名著」 として知られる、あまりにも偉大な人物です。











​​ そして第1作の完成度が異次元に高かったために、彼の他の著作は軽視されがちなのですが、実は今回紹介する第4作は、 天才フィリップ・フィッシャーの投資哲学が洗練され、コンパクトかつ非常に分かりやすく解説 されており、 個人的には第1作とほぼ同等の評価を与えられる傑作中の傑作 であると考えています。​​











​ また更に言うと、1作目には「フィリップ・フィッシャーがあまりにも天才過ぎる」が故に、説明不足による分かりにくさがありましたが、この 第4作ではそういった角が取れて、まろやかな極上の緑茶に昇華されている そういった印象もあります。















 それでは次回からは、天才フィリップ・フィッシャーの「最期の1冊」にして、その投資哲学が丸ごと分かりやすくパッケージされた傑作の世界を一緒に楽しんでいくことと致しましょう。(続く)






Last updated  Jun 2, 2019 07:45:40 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 28, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類

 さて今日は通常の2019PF概況シリーズです。

 

 

 

 

 

250位 9869 加藤産業 (東1、3月優待) ○

 

 

 

 

 

 PF時価総額250位の中堅銘柄は、食品卸4位で独立色の強い加藤産業です。


 













 

 

 

 

 

 

 

 

 現在の株価は3555円、時価総額1356億円、PBR1.10、自己資本比率は29.4%、今期予想PER18.10、配当利回り1.7%(60円)、総合利回り2.3%(60+22=82円)で、優待は100株保有で2200円相当の自社製手造りジャムセットなどです。

 


 



 







 実際の優待品を見てみましょう。







 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 加藤産業の優待ジャムは非常に美味しいです。今日は実際の使用例を1つだけ見ておきましょう。

 

 

 



 

 

 鶏肉の加藤産業優待マーマレード甘辛ダレ焼き





 




 




 

 



 










 

 

 

 

 

 

 

 

 加藤産業は指標的な割高感もありませんし、地味ながら確実な成長力もありますし、連続増配中ですし、PF中位で保有していくのには全く過不足の無い実力派の優待バリュー株と評価しています。これからも優待を楽しみにホールドしながら応援していく予定です。

 






Last updated  May 28, 2019 07:32:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 2, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
 さて今日は当ブログ一番人気の2018~19主力株概況シリーズです。

 

 

 

 

49位 7516 コーナン商事 (東1、2月優待) ◎◎

 

 

 

 

 PF時価総額49位の上位銘柄は、ホームセンター業界4位で大阪地盤のコーナン商事です。










 







 

 現在の株価は2747円、PBR0.86、自己資本比率は34.3%、今期予想PER9.29、配当利回り1.9%(52円)、総合利回り2.2%(52+9=61円、優待券はヤフオク平均落札価格の額面の90%で換算)で、優待は100株保有で1000円相当の自社商品券です。1000株保有までは戴ける商品券はどんどんと増えていきます。





















  実際の買い物例を御覧頂きましょう。












 






 


 

  コーナン商事は他の中堅ホームセンターの買収などによるマイルドながらも確実な成長力があり、また自社PB商品の拡充などを通じて着実に利益率も高まってきており、












 更に同時に指標的に非常に割安で、過去10年間で一度も赤字がなくかつ常に営業キャッシュフローもプラスと、この数年でエクセレントな銘柄に変貌しつつあります。
 






(上記データは良かった頃の昔の四季報オンラインプレミアムより引用)











 そのため、優待MAX分を保有していくのに全く問題が無いばかりか、更にポートフォリオ上位で戦えるだけの総合戦闘力を秘めた銘柄であると私は認識を新たにしています。







 

​ ここコーナン商事は、2012~2013年頃には予想PERが3~4倍台と驚異的に割安だったためにPF10~20位あたりの主力の一角として戦った銘柄ですが、今の市場環境下で改めて見直すと、再び大きく勝負できるポテンシャルがありそうです。






2019主力株概況シリーズ 免責事項




2019主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次の、1つ上の無重力のステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上かつ頑健な銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、死んだ目の魚になっていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこくて執念深い独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものではありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも決して分からないため記事内容の正確性は保証しません。私には未来を予見する力は一切ありません。魔法の水晶玉は残念ながら持ち合わせておりません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い、損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.000%御自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。







Last updated  Apr 2, 2019 08:04:17 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jan 12, 2019
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて今日は 2019PF概況シリーズ です。






198位 5967 TONE(東2、11月優待) ◎






​​ PF198位は、レンチ、ボルト締結機器等のメーカーのTONEです。

















 現在の株価は2700円、時価総額63億円、PBR0.96、自己資本比率は76.3%、今期予想PER7.78、配当利回り2.2%(60~70円)、総合利回り3.1%(60+25=85円)で、優待は200株保有で11月株主に5000円相当の自社グループ製品です。​​​








 TONEは昨年株主優待制度を創設しました。私は今、その初優待が届くのを毎日正座して静かに待っています。ここは成長力もありますし、指標的にも安いですし、利益率も高いですし、なかなか良い銘柄と思います。もう少しPF上位で戦えるだけの力がある気もしますね。






Last updated  Jan 12, 2019 08:00:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 24, 2018
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて今日も通常の2018ポートフォリオ概況です。

 

 

 

 

 

184位 3098 ココカラファイン (東1、3月優待) △

 

 

 

 

 

 PF184位の中堅銘柄は、セイジョー、セガミメディクス、ジップドラッグ、ライフォートの4社の大合併でドラッグ業界上位に浮上したココカラファインです。






 

 

 

 

 

 

 

 

 私はアライドハーツHD(ライフォート+ジップドラッグ)をその指標的な割安さから以前主力の一角として保有していたことがあり、その後の ​大合併に伴いスライドしてココカラファインホルダー​ となりました。








 ホルダーになった直後は ​PF15位前後の主力だった(2010年頃の話)​ のですが、ココカラファインは合併後にシステム統合に伴う混乱があってうまく成長することが出来ず、私は「総合戦闘力が全然足りない。これはよゆーであかん。優待株いけすに戻そう。」と判断して持ち株のほとんどを売り切りました。そして今はその時の恩株が僅かに100株、ポートフォリオの片隅に眠るのみとなっています。

 

 

 

 





 

 

 現在の株価は6340円、PBR1.68、自己資本比率は48.6%、今期予想PER15.08、配当利回り1.2%(76円)、総合利回り1.5%(76+18=94円、優待券はヤフオク平均落札価格の90%で換算)で、優待は100株保有で2000円相当、500株で3000円相当、1000株で5000円相当の優待券です。






 


 

 

 

 

 

 

 

  ​ココカラファインの4社大合併後の業績推移を見ると、文化が異なる企業が合併してもそう簡単に利益が急増するわけではないんだな、ということが良く分かります。ただ同時に十分な時間が経過すると、やっぱり「規模の利益」って出てくるんだな、とも思います。








 実際、ココカラファインも、この数年でようやく利益率が上がってきており、それを反映して株価も相応に上昇しました。









 企業が変わり、実際に利益を出せる様になるのにはどうしても






​「時間」という「魔法のスパイス」が必要​





 です。それは一朝一夕に達成されることはありません。そしてだからこそ、我々投資家は「長い時間軸」で企業を見ていく必要があります。









 難しいことですが、とても大切なことなんですね。







Last updated  Nov 25, 2018 09:45:24 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 8, 2018
カテゴリ:カテゴリ未分類

 さて今日は2018主力株概況シリーズです。








22位  8203  ミスターマックス・ホールディングス
   (東1、2月優待) ◎◎~◎◎◎

​​





 PF時価総額22位の主力株は、九州地盤の家電、日用品ディスカウントストアの
MrMaxHD(登記社名 ミスターマックス・ホールディングス)です。今回自分の「優待株いけす」内の徹底的な探索から見出され、ポートフォリオ最上位の一角への初進出となりました。♪





















 現在の株価は520円、時価総額206億円、PBR0.74、自己資本比率は28.1%、今期予想PER8.64、配当利回り3.7%(19円)、総合利回り4.0%(19+2=21円)で、優待は1000株保有で「6か月以上の継続保有を条件として」
2000円相当の自社プライベートブランド商品詰合せです。​​


























 
​​​​​MrMaxHDは指標的に十分に割安でかつ総合利回りも出ており、






  優待バリュー株インデックス投資法






 の銘柄選択基準を分かりやすく満たしています。






 更にこの数年で急激に利益率を高めてきていますし、非常に良い銘柄と思います。










 それでは具体的にその魅力と私が多めに買った理由を見て行きましょう。以下の6つです。






1. MrMaxHDは2018年2月期に 「22年ぶりに最高益を更新」 した。また前述の通りこの数年で急激に利益率を高めてきており、会社の内部に 「ビッグチェンジ」が起こっている可能性がある と考えた。







2. 会社IRに利益率改善の理由を質問すると、「2015年3月期に体質改善のために不採算店の閉鎖などで大きな特別損失を出して、それで良くなった。後、店舗の作業効率化を通じての人件費削減や物流費削減などの継続した経費削減の努力の効果もある。この2つ。」とのことでした。 7520エコス​ に似た感じの利益改善パターン ですね。





(上記データは四季報オンラインプレミアムより引用)​​







3. 最近は業績下方修正が出ると地獄の様に売り込まれる厳しい市場環境が続いているが、MrMaxHDは 詳細な月次​ を発表しているので、それを丁寧に追って行けば 業績の予想がしやすい 点も評価した。ちなみに今期は既存店売上高は期初予想が100.5%だったのに対して、上半期累計は98.9%と若干下回っている。これに関してIRにコメントを求めたところ、「昨年はインバウンドで中国の方が何故か大量に紙おむつを買われたのだが、それが今期はパタッと止まって無かったことと、同じく任天堂のゲームマシンのスイッチが昨年バカ売れしたのが無くなったことの2つ。ただ、両方共に利益率が低かったので、(今期の既存店売上高の期初予想に対しての未達は、利益面に対しては)あまり影響はない。」とのことでした。







4. MrMaxHDが地盤としている九州北部は「日本最大のディスカウントストア激戦区」 として知られている。具体的には、トライアル(非上場)​、​ルミエール(非上場)​、ダイレックス​ (非上場、但し以前は 7548サンクスジャパン として上場しており、2007年MBOにより上場廃止となった。ちなみにその時には私は PF3位の超主力株 として戦っていたのでとても思い出深い。)などの、「強烈に安い」ディスカウンターが軒を成しており、ミスターマックスはその地獄の環境下で、ずっと厳しい「仁義なき抗争」に明け暮れてきた。




 また超強面のライバルたちに対してミスターマックスは「相対的に負け組」と長年評されてきたが、前述の通りこの数年で利益率を急激に高めてきており、「何かを掴んだ」可能性がある。また、ミスターマックスはこのところ ​関東圏への侵攻 を始めているが、「ディスカウンターの最大激戦地、九州北部」で長年鍛え抜かれているので、仮にこの数年で「一皮むけている」とするとここから一気に飛躍するかもしれない。つまり、





 ​ミスターマックスHDは大化けする可能性がある​





 と考えた。







5. 上場している他のディスカウントストアで規模が比較的近い他社と比べた場合の相対的な割安感が極めて濃厚である。具体的には、




2791 大黒天物産 (PBR1.81×PER25.70=46.52)

3080 ジェーソン (PBR1.58×PER12.82=20.26)

7646 PLANT (PBR0.52×PER23.24=12.08)

8203 ミスターマックスHD (PBR0.74×PER8.64=6.39)

9890 マキヤ (PBR0.55×PER21.65=11.90)




 と、 グレアムのミックス係数​ で見ても、明らかにミスターマックスが1人だけ安い。








6.  また実際の店舗を見ても、ディスカウントストアとしては店内は明るく清潔で、また店員さんも元気そうで生き生きしている。(他社のディスカウントストアでは、万年人手不足で疲れきっている店員さんばかりのところも良くある。)そして商品の価格も十分に安く、総合的に見て他社のディスカウントストアと較べた場合の相対的な戦闘力が高いと考えられる。






 ついでに実際のお店での買い物の一例も御覧頂きましょう。









 上の写真のおにぎりせんべいは78円(私は幼少の頃から今に至るまでずっと一貫しておにぎりせんべいが大好きです。)、プリッツは79円、アレッポの石鹸は298円でした。





 
 ちなみにこの石鹸ですが、ヴィレッジヴァンガードでは確か500円か600円で売っていました。混じりっ気がなくてまるで「原理主義の堅物バリュー投資家」みたいで、質実剛健でとても良い石鹸です。皆様も是非お試しください。














 このように、商品の価格が実際に非常に安いことが分かりますね。♬ 









 以上、6つの大きな魅力 を持つミスターマックスHDを、今後の月次推移をしっかりと見ながら慎重にホールドして応援していく予定です。






2018主力株概況シリーズ 免責事項



2018主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次の無重力の宇宙ステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上の頑健な銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに絶対に必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこい独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.0%御自身の判断と責任の元で行って頂きますよう、伏してお願い申しげます。




​​​







Last updated  Nov 8, 2018 10:48:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 25, 2018
カテゴリ:カテゴリ未分類

​ いやあ、今日の下げはなかなかのものでしたね。私のPFもいいところなく満遍なく被弾し、余裕でYL更新となってしまいました。(汗)





 さてそんな中ですが、今日も 2018PF概況シリーズ です。





 168位 6623 愛知電機 (名1、3月優待) ◎





 PF168位は、中部電力系の変圧器メーカーの愛知電機です。













 現在の株価は3160円、時価総額300億円、PBR0.59、自己資本比率は57.2%、今期予想PER7.79、配当利回り2.9%(90円)、総合利回り3.8%(90+30=120円)で、優待は100株保有で3000円相当の選べるギフトです。















 私は前回は伊藤ハム 伝承献呈 を選びました。




















 どれもとっても美味しかったです。実際の使用例をいくつか見ておきましょう。






















 さて名証単独1部は割安株の宝庫ですが、ここ愛知電機もその例外ではなく実に良い銘柄です。今日は復習として名証1部単独上場銘柄を見ておきましょう。



 

 

 

1936シーキューブ(PBR&PER) → 同業の協和エクシオに株式交換によって経営統合されることになり、9月26日上場廃止。

 

 

5461中部鋼鈑(PBR0.31×PER11.86=3.68)

 

 

6623愛知電機(PBR0.59×PER7.79=4.60)

 

 

7485岡谷鋼機(PBR0.47×PER5.58=2.62)

 

 

9402中部日本放送(PBR0.39×PER10.73=4.18)

 

 


 

 以上の4銘柄です。そしてどこも、

 

 

 

 

 

「名証1部上場逆プレミアム」が効き過ぎており、指標的に驚異的に割安

 

 

 

 

 

​ です。






 何しろ グレアムのミックス係数は全てが超激安水準の5以下 という状況ですからね。こんなの見たら天国のグレアム先生も驚いて再び地上に舞い降りて来るんじゃないか?という様な水準ですね。






 ポートフォリオの一部にこういった超マニアック銘柄群を組み込むのは、1つの良い投資アイデアではないでしょうか?​

 







Last updated  Oct 25, 2018 07:53:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全71件 (71件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.