18756172 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Rakuten Profile


みきまるファンドさん

優待バリュー株に全てを賭けています。

フォローする

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

リチャード・カール… New! モモンガ2006さん

【2017持ち株分析】… New! タシームバーグさん

カラオケをキャラオ… New! わくわく303さん

メモ New! 4畳半2間さん

2017年4月サマリー New! bluebonnet7385さん

ビジネスブレイン太… New! 征野三朗さん

前日比▼838,600円(… New! かぶ1000さん

2788 アップルインタ… uki5496さん

2017年4月の投資成績 siozatouさん

死ぬ事しか能がない… MEANINGさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

fortune

Rakuten Card

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

カテゴリ未分類

Dec 2, 2016
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて今日は通常のPF概況シリーズです。

 

 



 

 

 426位 8098 稲畑産業 (東1、9月優待) ◎

 

 


 

 

 

 PF426位は、化学専門商社で住友化学系ですが稲畑オーナー色もある稲畑産業です。















現在の株価は1233円、PBR0.57、自己資本比率は41.9%、今期予想PER8.70、配当利回り2.9%(36~39円)、総合利回り3.3%(36+5= 41円)で、優待は100株保有で500円相当のクオカードです。





















 稲畑産業は指標的に非常に割安ですし、過去の業績推移も高いレベルで安定していますし、













 率直に言って凄く魅力的な銘柄です。これほど力のある優待バリュー株をポートフォリオ下位で持てる幸せ。日本株は本当に先進国の中では突出して安いと思いますね。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Dec 2, 2016 08:09:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 22, 2016
カテゴリ:カテゴリ未分類
 さて今日は通常のPF概況シリーズです。

 

 

 

 


 

420位 7256 河西工業 (東1、3月優待) ◎

 


 

 

 

 

 PF420位は、独立系の自動車内装インテリア部品メーカーの河西工業です。
























 現在の株価は1244円、PBR1.09、自己資本比率は36.0%、今期予想PER7.23、配当利回り2.4%(30円)、総合利回り3.2%(30+10=40円)で、優待は100株保有で1000円相当のクオカードです。また1年以上継続保有の場合クオカードは1000円増となります。























 自動車部品メーカーは5184ニチリン、5185フコク、7264ムロコーポレーションなど、「割安な優待バリュー株の桃源郷」な訳ですが、ここ河西工業も実に魅力的な水準です。いつまでもこんなに魅惑的な株価位置でいて欲しいですが、どうなるでしょうね?






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Nov 22, 2016 11:24:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 25, 2016
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて今日もいつものPF概況シリーズです。

 

 

 

 

 

 

406位 8154 加賀電子 (東1、非優待株) ◎

 

 

 

 

 

 

 PF406位は、『TAXAN』ブランドを展開している独立系電子部品商社の加賀電子です。

 





 

 

 




 

 

 

 現在の株価は1380円、PBR0.63、株主持分比率は52.3%、前期予想PER8.42、配当利回り2.9%(40円)で、業績悪化のため2010年より優待休止となりました。私は優待再開を楽しみに粘り強くホールドしていましたが、いつの間にか優待制度はそのまま廃止となってしまいました。



 

 

 

 

 ちなみに優待休止前の2009年度の優待品は、「やさいのようせい」グッズセット(ランチョンマット+ノート)でした。

 



 

 

R0051435.JPG



 

 

R0051437.JPG

 

 

 



 

 

 

 私はこの「やさいのようせい」のランチョンマットが非常に気に入り愛用していたのですが、ぼろぼろになってしまい今はもうありません。

 



 

 

R0075685.JPG



 

 

R0074978.JPG

 

 

 

 

 






 

 

 私は「自分が欲しい株主優待を貰う」事に関してはちょっと執念深い面があります。そのため、優待休止後もずっと優待再開を楽しみに3年以上もホールドを継続していました。「もう一度、やさいのようせいのアイテムが欲しいなあ。」と思い続けていたのです。














 ると、、、、、、、













 2013年になって、唐突に会社から隠れ優待が届いたのでした。













 どこでもできる動画通信カラオケのスマカラでした。























 この突然のサプライズ優待で、折れかかっていた心が復活した私は、「またきっといつの日か、面白い隠れ優待が届くかもしれない。♪」という












パブロフの犬」状態











となってしまいました。。。。。。












 ただその後、2014年、2015年、2016年と、ずっと正座をして待っているものの、加賀電子から隠れ優待が届くことは決してありませんでした。。。。。











 ま、加賀電子は指標的に十分に割安なのでPF下位で1枚保有継続する上では特に問題のない銘柄です。そういうわけで、私は「もう2度と届かない隠れ優待」の幻影を見ながらホールドを継続しています。(滝汗)






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Oct 25, 2016 07:50:30 PM
コメント(2) | コメントを書く
Oct 16, 2016
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて最近の私ですが、実は精神的に非常にのんびりとした日々を過ごしています。もちろん我々投資家には「永遠の安住の地」も「地球上のどこかにきっとある完全なる世界=パーフェクトワールド」も決して存在しないわけなので、 実際には「ノラ猫が陽だまりで一時的に気持ち良さそうにまどろんでいる」程度のこと なのですが、それでも確実に久々にリラックスしています。








 その理由なのですが、私の投資家としてのライフサイクルと密接に関係があります。自分はこのところ 年初に主力株概況シリーズを書き始め、PFを日々厳しく査定して細かく順位を調整しながら毎日を常在戦場の緊張感を持って過ごし、年末に主力株概況シリーズを書き終える というスケジュールで1年を過ごしているのですが、今現在の状況は2016主力株概況シリーズの原稿は既に脱稿しており、かつ2017主力株概況シリーズの執筆にはまだ取り掛かっていないため、しばしの安堵のまどろみの時を迎えているのです。









 またそれ以外の要因としては、 今年は年初からポートフォリオが激震に見舞われて例年以上に徹底的にPFの厳しい見直し・ブラッシュアップを徹底してきたので、ちょっと「遣り上げた感」が出ている こともあります。現在のPF最上位というのは新しい銘柄については「リスク・リワード比が極めて高い、正の期待値を持つ」と自分が確信するところで固めており、以前から持っている銘柄については株価・ファンダメンタルズ的にはやや仕上がり気味だとしても「依然として株価推移が強いモメンタムを発揮している」か、株価的に評価されておらず「未だに十分な総合戦闘力を維持している」かのどちらかだからです。










 私は自分を「中期投資家」であると認識しており、具体的には1~3年程度の時間軸で利益を上げられれば良いと考えています。そのため新しく徹底的にかつ大胆に刷新された現在の2017年型の ポートフォリオが力を発揮するためには、当然ある一定以上の「時間と言う魔法のスパイス」が必要 なのです。








 
 ま、そういうこともあり、ここ最近はPF概況シリーズや株式投資本オールタイムベストシリーズの記事を多めにリリースしています。そして同時に復習を含めて大量の投資本を読み漁り続けています。こんなに穏やかな日々がいつまでも続いたらいいのですが、でも、きっとそうはならないでしょうね。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Oct 16, 2016 10:50:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 21, 2016
カテゴリ:カテゴリ未分類

 さて今日は久々に 2016主力株概況シリーズ です。

 

 

 

 

 

24位 3395 サンマルクホールディングス (東1、3月優待) ◎◎

 

 

 

 

 

 PF 時価総額24位の幕内銘柄は、全国にサンマルクカフェなどを展開するサンマルクHDです。ここは自分の「優待株いけす」内の全銘柄を徹底的に比較吟味した結果、「中期的な成長余力が高く、また優待カードに凄まじい魔力があり、どうしても、何があってもPF上位で応援したい。」と考えてこの数年PF上位に置いています。前回は14位だったのですが、このところ株価が軟調に推移しており少し順位を落としてここで登場しました。

 

 

 

 

R0073044 - コピー.JPG

 

 

 

 

IMG_6179.JPG

 

 

 

 

IMG_6858.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 現在の株価は3050円、PBR1.60、株主持分比率は79.3%で有利子負債は0と磐石、今期予想PER14.48、配当利回り2.0%(62~66円)、総合利回り3.3%(62+40=102円、優待カードはヤフオク平均落札価格の4000円で換算)で、優待は100株保有で「ほとんどのお店で飲食代金20%割引になる魅惑の株主優待カード」です。

 

 

 

 

R0121608.JPG

 

 

 

 

R0121609.JPG

 

 

 

 

R0137735.JPG

 

 

↑ 毎年、こんな感じで優待カードの色が美しく移ろっていくのもとても魅力的なんですね。♪♪♪ 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、サンマルクカフェは全国各地にたくさんあるので、財布に株主優待カードを入れておくと、 いつでもどこでも誰とでも、お得に気軽に小粋にお茶が飲めて本当に重宝 します。「株主であることの御褒美」を日々しみじみと実感しながら幸せに暮らせるんですね。

 

 

 

 

 

IMG_2514.JPG

 

 

 

 

IMG_7576.JPG 

 

 

 

 

IMG_7572.JPG 

 

 

 

 

IMG_2212.JPG

 

 

 

 

IMG_3273.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 また現在育成中の「鎌倉パスタ」も武器のパン食べ放題を生かして十分な店舗戦闘力を持っていると思います。

 

 

 

 

 

IMG_0724.JPG 

 

 

 

 

IMG_0720.JPG

 

 

 

 

IMG_0730.JPG

 

 

 

 

IMG_0734.JPG

 

↑ 食べ放題のパンの中に、余ったパスタの具を詰め込んで食べると「惣菜パン」みたいになって美味しいのでお勧め。

 

 

 

 

IMG_0738.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 サンマルクHDは、魅力的な優待、磐石の財務、高い利益率、着実で確実な成長を続けている、という4拍子揃った極めて力のあるエクセレントな銘柄

 

 

 

 

 

 

 です。収益源のサンマルクカフェは相変わらず凄い勢いで店舗が増えていますが、例えばスタバの跡地にほとんど改装もせずそのまま居抜きで堂々と出店したり、逆に儲からないと見ると夜逃げ同然で唖然とするほどあっという間に退店したりと店舗政策には非常に柔軟性があります。100円ショップ業界の実力派バリュー株、2735ワッツ(そばにダイソーが来ると、後ろを振り返らず躊躇無く全力で逃げ出す「ワッツ走り」で有名)に似たテイストを感じる、強靭な生命力を持った銘柄です。

 

 

 

 

 

 

 また利益率についての話ですが、以前の日本証券新聞で、

 

 

 

 

R0119722.JPG

 

 

 

 

 

 競争の厳しい外食株では売上高営業利益率が2ケタを確保している銘柄が僅かに5つしかないと言う記事がありました。その中には先日PF上位銘柄として紹介した 

 

 

 

 

3091ブロンコビリー

 

 

 

 

 や以前からグロース系の個人投資家の方の「御用達銘柄」として有名な3085アークランドサービスなども入っているのですが、ここサンマルクHDもちゃっかりと入賞していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 サンマルクHDは本社が岡山県にあります。地方から出てきて全国制覇をしようとする会社というのは、山口県発祥の9983ファーストリテイリングなどもそうですが、とことんタフなところが多いですね。これからも「魔法の優待カード」と会社の成長を楽しみに、PF最上位の一角として楽しくホールドして応援していく予定です。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Jun 21, 2016 08:04:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 12, 2015
カテゴリ:カテゴリ未分類

 さて今日はPF上位を紹介する十両銘柄概況シリーズです。

 

 

 

 

 

50位 2882 イートアンド (東1、3・9月優待) ◎

 

 

 

 

 

 PF時価総額50位の上位銘柄は「大阪王将」ブランドで外食チェーンと冷凍食品製造のダブル看板で展開しているイートアンドです。

 

 

 

 

R0138565.JPG

 

 

 

 

 

 

 現在の株価は2277円、PBR2.20、株主持分比率は43.3%、今期予想PER50.38、配当利回り0.7%(15円)、総合利回り2.9%(15+50=65円)で、優待は100株保有で3月に3000円相当の自社商品

 

 

 

 

R0138580.JPG

 

 

 

 

 

9月に2000円相当の食事券

 

 

 

 

R0131349.JPG

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

 私はこの数ヶ月「株式投資本オールタイムベストシリーズ」の執筆に完全に嵌ってしまっており、今では優待券を使って大阪王将で御飯を食べている時でさえも入賞候補の投資本を読み返すような末期的な状況です。(汗)

 

 

 

 

IMG_0215.JPG

 

 

 

 

IMG_0220.JPG

 

 

 

 ↑ この「バフェットの銘柄選択術」は非常に古い本ですが、「バフェット関連本の中ではナンバーワン」として推す投資家の方も多い名作です。果たして私のランキングではどこで登場することになるでしょうか? お楽しみに。 それにしても表紙のバフェットが若いですね。♪

 

 

 

 

 

 

  さてイートアンドと言えば、「家の冷凍庫がもしも小さかったら一体どーするんだ。優待品を抱えて一緒に心中するしかないぞ。」というほどの、凶暴・凶悪な圧倒的なボリューム感を誇る優待品で有名です。今日はその内容を復習しておきましょう。

 

 

 

 

R0102517.JPG

 

 

 

 

 お酒の友にぴったりの小籠包

 

 

 

R0102527.JPG

 

 

 

 

 看板商品の餃子

 

 

 

R0102552.JPG

 

 

 

R0102555.JPG

 

 

 

 

 レバニラ炒め

 

 

 

R0102645.JPG

 

 

 

 

 水餃子と若鶏唐揚げ

 

 

 

R0102703.JPG

 

 

 

R0102705.JPG

 

 

 

 

 コク辛炒飯

 

 

 

R0106940.JPG

 

 

 

 

R0106944.JPG

 

 

 どれも素晴らしいですね。

 

 

 

 

 

 

 イートアンドは、優待品の高い戦闘力に加えて、本家の「京都王将」が時間とコストをかけて作り上げてきたブランド力を横からローコストでタダ取りしているところが魅力です。

 

 

 

 


 イートアンドは関東・海外(最近だとミャンマーやベトナム等)などの京都王将と大阪王将の店舗の味の差がばれにくい(圧倒的に京都王将の方が手間もコストもかかっていて美味しい)、「王将」ブランドの力を最大限に生かせるエリアを確信犯的に攻め上がっており、次男坊らしいタフさ・ズルさ・ワルさに満ちた、投資家的には実に頼もしい銘柄です。

 

 

 

 

 

 以上をまとめると、イートアンドは、破格の優待戦闘力・評価の高い王将ブランド(本家の9936王将フードサービスの時価総額は約900億円)を確信犯的にローコストで使いまくる次男坊的なワルさ・保有するブランド力に対して相対的に小さな時価総額(90億円強)の3拍子揃った面白い銘柄です。今後の業績推移をしっかりと見ながら引き続きPF上位で楽しくホールドしていく予定です。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Dec 12, 2015 02:12:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 23, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類
 今年も終わりが近づいてきました。年末年始は色々と予定が立て込んでいるので、そろそろこの1年の総括を少しずつして行こうと思っています。

 

 

 

 

 

 

 今年も本当に色々なことがありましたが、大きく利益確定できた銘柄は2198アイ・ケイ・ケイ、2786サッポロドラッグストア、3077ダイヤモンドダイニング、3097物語コーポレーション、3258常和HD、4339スターキャットケーブルネットワーク、6630ヤーマン、7458第一興商、9441ベルパーク、9990東京デリカあたりでした。

 

 

 

 

 

 

 逆に大きな損害を出した銘柄は、1938日本リーテック、1960サンテック、2769ヴィレッジヴァンガードコーポレーション、7516コーナン商事、9202ANAあたりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 全体的な傾向としては、指標的に割安で成長力を併せ持っている銘柄で大勝しやすかった、また逆に、専門外の非優待株、指標的に割安でも成長力が無かったり前期比で減益の銘柄は負けやすかった、とまとめられると思います。

 

 

 

 

 

 

 ただ、これはこの1年に限ったことではなく例年の傾向でもあります。来年の課題と反省としては、

 

 

 

 

 

1. 指標的な割安さと高い成長力、更に魅力的な優待の3つを併せ持ったキラキラと光り輝く銘柄だけを厳選して主力株とする。

 

 

 

 

2. 一旦主力株にした銘柄であってもその後「これはダメだ!」と判断した場合には、迅速に撤退して元の「優待株いけす」に戻す。今年も気をつけていたつもりだったが、結果としては決断が遅れる事例が多くてパフォーマンスを悪化させた。ミスは謙虚に反省して出直し、常にその時点で自信と確信を持てるベストの銘柄のみで主力株を構成する。

 

 

 

 

3. 「この銘柄は勝てる!」と直感し、かつその理由を論理的・客観的に分かりやすく他人に説明できるような銘柄には、確信の度合いに応じて大胆に大きく張る。PF内での比率が突出することを恐れない。最近では良い銘柄は瞬間的に急騰することも多いので、場合によっては「先に買ってから後で深く考える」などの柔軟な戦略も取る。

 

 

 

 

4. 自分の過去の戦績が極めて悪い非優待株には、よほどの確信と分かりやすい根拠が無い限り手を出さない。自分は専門外の非優待株ではトータルでは勝てていないことを常に十分に認識する。

 

 

 

 

 あたりです。

 

 

 

 

 

 今年の私の成績は恐らく対前年末比で+30%ちょっとあたりで終わるだろうと思うのですが、今年は相場環境も極めて良好でしたし「もっとやれたはず」という無念の思いが強いです。期待外れの厳しいパフォーマンスに終わった最大の原因は、優待株いけすから見出して準主力以上に引き上げた銘柄が「実はダメな子」だったと分かった時に素早くいけすに戻すことが出来なかったことです。

 

 

 

 

 来年以降は、主力株へと昇格させる基準を今以上に厳密に設定し、また一旦昇格させてもその後基準を下回った場合には即マイナーリーグの優待株いけすに降格させるという原則を徹底し、「資産を増加させる」という目標に全てを賭けて更に精進していきたいと思っています。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Dec 23, 2012 12:50:22 AM
コメント(4) | コメントを書く
Jul 14, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類
 しゅっしゅっぽっぽ、しゅっしゅっぽっぽ、しゅっしゅっぽっぽ、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 レーンに乗って次の主力株がやってきました!!!

 

 

 

 

R0088592.JPG

 

 

R0088593.JPG

 

 

 

 

 

25位 2695 くらコーポレーション (東1、4月優待) ◎

 

 

 

 

 

 PF時価総額25位の準主力には前回の132位からジャンプアップして、回転寿司3強(スシロー、かっぱ、くら)の1つのくらコーポレーションが登場しました。

 

 

 

 

R0085636.JPG

 

 

R0088582.JPG

 

 

IMG_5204.JPG

 

 

 

 

 

 

 現在の株価は1155円、PBR1.28、株主持分比率58.0%、今期予想PER10.18、配当利回り1.0%(12円)、総合利回り2.3%(12+15=27円)で、優待は100株保有で1500円相当、200株保有で3000円相当の優待券です。

 

 

 

R0085641.JPG

 

 

 

 

 くら寿司は、業界1位で非上場のスシローに較べると圧倒的に下(ネタが悪い、鮮度が悪い)なのは食べ較べて見れば一目瞭然ですが、それでも全国どこでも食事時には長い行列が出来ています。これを見ると、「うーん、戦闘力に劣るくらでさえこの混みかたなんだから、回転すし業界には強い追い風が吹いているんだな」ということが手に取るように分かります。

 

 

 

 

 私がくらを準主力にした理由をシンプルに言うと、

 

 

 

1. 上述の通り、回転寿司業界は全体が成長産業である。

 

 

 

2. くら寿司はスシローには圧倒的に及ばないが、それでも7421カッパクリエイト(PBR1.35&PER23.44)とは互角かやや上回るくらいの総合戦闘力はある。それなのにカッパよりは指標的にかなり安い。

 

 

 

 ということです。

 

 

 

 

 

 最近くらは、

 

 

IMG_5188.JPG

 

 

IMG_5190.JPG

 

 

 

 「何もつかない、誰もふれない」という「鮮度くん」というシステムを導入しています。

 

 

 

 

IMG_5219.JPG

 

 

IMG_5220.JPG

 

 

 

 確かに清潔感がありお寿司を取るのも簡単なので悪くないアイデアだと思いますが、どちらかというとお客さんのためと言うよりは廃棄ロスを減らすためのお店側のためのシステムのようにも感じました。ま、投資家的に考えれば素晴らしいことですが。

 

 

 

 

 さて、前書きはこのくらいにして早速お寿司を食べて見てみましょう。

 

 

IMG_5215.JPG

 

 

IMG_5191.JPG

 

 

↑ くらの長所はわさびのグレードが高いことです。この点はスシローより勝っていますね。

 

 

 

 

 この偵察時に美味しいと思ったのは、

 

 

 

 ボイルずわいがに

 

 

IMG_5218.JPG

 

 

 

 くら特製サラダ

 

 

IMG_5212.JPG

 

 

 

 海鮮ユッケ軍艦

 

 

IMG_5199.JPG

 

 

 

 あたりでした。美味いネタは一部スシローを凌駕しますが、全体を通して見ると残念ながらスシローのクオリティには遠く及ばないですね。

 

 

 

 

R0088594.JPG

 

 

R0088604.JPG

 

 

R0088596.JPG

 

 

 

 

 

 そしてくらのお楽しみは、食べたお皿を5枚カウンターに入れると皆様ご存知のゲーム、「ビッくらポン」ができることですね。

 

 

 

IMG_5207.JPG

 

 

 

 私は優待族という特性上、生来この手の「おまけ」が大好きです。そのため、属性を刺激されて「むしろおまけが欲しくてお寿司を食べる。」というような本末転倒を起こしやすいんですね。

 

 

 

R0088597.JPG

 

 

R0088607.JPG

 

 

R0088600.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 くら寿司は「独り勝ち」のスシローの驚異のハイクオリティには全く敵いませんが、「鮮度くん」、「ビッくらポン」などのひねりの効いたアイデアが店内に張り巡らされており一定の魅力はあります。そして、回転寿司は今や国民食と言えるほどの人気がありますし、市場全体が拡大していることもあり、くらもまずまず業績好調です。売上の伸びが目覚しいことを評価して私は今回準主力の一角に昇格させました。今後の業績推移を楽しみにホールドして行く予定です。

 

 

 

 

 

 しゅっしゅっぽっぽ、しゅっしゅっぽっぽ、しゅっしゅっぽっぽっぽ、、、、、、、、

 

 

 

 

R0088603.JPG

 

 

R0088621.JPG

 

 

 

 

 それでは、主力株概況シリーズはまた次の銘柄に進みます。。。。。。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Jul 14, 2012 08:00:27 AM
コメント(8) | コメントを書く
Aug 11, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類

 今ニュースを見ていると、熱中症に注意 と出ていました。以下に引用します。

 

 

 

 

猛烈な暑さとなった10日、熱中症とみられる症状で病院に運ばれた人が、全国で少なくとも790人にのぼったことが、FNNのまとめでわかった。
11日も各地で猛暑になる見込みで、日中の予想最高気温は、埼玉・熊谷市で39度、群馬・前橋市で38度となっているほか、宮城・仙台市では34度、香川・高松市でも35度など、東北南部から中国・四国の広い地域で、35度前後の厳しい暑さとなる見込み。
気象庁では、水分補給や冷房の適度な利用など、熱中症の予防を呼びかけている。(引用終わり)

 

 

 

 

 

 株式市場も今日はダメリカからの熱波を受けての熱中症的暴落が予想されますが、皆様お互いダウンしないよう・何があっても生き残れるように頑張りましょうね。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Aug 11, 2011 08:27:48 AM
コメント(2) | コメントを書く
Jan 30, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類

 先週はアメリカの格付け会社S&Pによる日本国債の格下げがありましたが、その後もエジプト騒乱やそれに伴うNY株急落が続きました。CME日経平均先物も大きく下落していますし、月曜日の日本市場は暴落するかもしれないですが、私は狙っている銘柄が多いこともあり、今週の値動きを楽しみにしています。

 

 

 どんな一週間になるでしょうね。?






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Jan 31, 2011 08:03:13 AM
コメント(0) | コメントを書く

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.