1668162 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ワインと絵画がある生活

ワインやレストラン、ロードバイク、自転車散歩(名所めぐり)、絵画鑑賞、カメラ、旅行などについて、思いついたことを書いています。年ごとのベストワインをこちらで紹介しています。
2018.08.12
XML
テーマ:ワイン大好き!
前回の続き。


2007 Monthelie 1er Cru Sur la Velle(Eric de Suremain)
モンテリー・プルミエ・クリュ シュール・ラ・ヴェレ
Bourgogne, France - 赤辛口

ブラインドの印象は「少し、こなれたピノ」。ニュイではないなと思ったけれど、どことまでは特定できず。正解はモンテリー。いやいや、こんなアペラシオン当たりませんて。佐藤さん曰く、飲みごろ感があってリーズナブルと言うことで出てきたワイン。

少しタンニンがあり、リリースして10年近くたっていると思えない。熟成香はそれなりにあり、タンニンの多さとのぎごちなさはご愛嬌。ワインバーのピノとしては面白い。

今回の料理は真ん中のコースにしようと思っていたのだけれど、こちらの馬肉のタルタルが気になって一番上のコースを選択。やっぱり馬肉はうまい。



2013 Voltumna Silene Pinot Nero IGT(Voltumna)
ウォルトゥムナ シレーヌ ピノ・ネロ(ウォルトゥムナ)
Toscana, Italia - 赤辛口

トスカーナのピノ・ネロ。こんなの当たるわけありませんて。

2016 Rosso di Montalcino(LE CHIUSE)
ロッソ・ディ・モンタルチーノ(レ・キウーゼ)
Toscana, Italia - 赤辛口

このあたりになるとワインの記憶が...。

こちらは銘柄豚のグリルだったはず。



2012 Blaye Cote de Bordeaux Croix de Perenne Cuvee d'Exception(Bernard Magrez)
ブライエ・コート・ド・ボルドー クロワ・ド・ペレンヌ キュヴェ・デクセプシオン(ベルナール・マグレ)
Blaye Cote de Bordeaux, Bordeaux, France - 赤辛口

最後はこちら。アペラシオンはマイナーながらも、パプ・クレマンのベルナール・マグレさんが作る赤。有名生産者が力を入れて作っているだけに、しっかりとした酒質で、サンテミリオンの新進気鋭の生産者のような雰囲気。値段はよく分からないけれど、小売りで1万円近くするボトルだとか。




1回目の冒頭にも書いたけれど、佐藤さんのサービスは毎回素晴らしく、こちらは佐藤ワールドを満喫するお店。料理のほうは、よい食材を使ったやさしい料理と言うことは分かるのだけれど、強豪ひしめく東京ではインパクトが薄い。

たまにワインペアリングを中心に楽しむのがいいのな。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

ワインランキング






最終更新日  2018.09.08 00:27:11
コメント(0) | コメントを書く

PR

サイド自由欄


キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

busuka-san@ Re:東銀座のワインバーにて(06/23) のみちらかしさん、こんにちは はい、そ…
のみちらかし@ Re:東銀座のワインバーにて(06/23) 中○さんの方のお店でしょうか。 カーヴ・…
busuka-san@ Re[1]:自宅新年会 Part1(02/03) KONA9113さんへ、こんにちは。 これっ…

フリーページ

プロフィール


busuka-san


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.