1291829 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ワインと絵画がある生活

2011.02.25
XML
カテゴリ:ワイン会あれこれ
白編に続いて赤編。

事前にドメーヌ・ルロワの04NSGを持っていくと言ったら、eaterさんもあわせてくれて垂直になりました。

わたしが買った理由はセールでちょっと安かったからだけれど、ドメーヌ・ルロワのNSGを買うeaterさんはつわもの。普通は買いづらい銘柄。


2004 Nuits-Saint-Georges(Domaine Leroy)
ニュイ・サン・ジョルジュ(ドメーヌ・ルロワ)

わたしの持参品。すべてデグラッセされた2004年のドメーヌ・ルロワ。数本か購入したときは期待していなかったのだけれど、04のACブルゴーニュ(メゾン・ルロワじゃなくてドメーヌ・ルロワ)がすばらしかったので、これは期待していました。

一言で表すと「満開」。

とにかく香りのボリュームがすごい。酒質は軽めでNSGらしくないけれど、うまみはしっかりある。

ドメーヌ・ルロワは一般に言うビオらしさを感じないワインだけれど、このワインに関して言えば、ビオ風にルロワが作ったらこうなるんだという味わいだった(あくまでもイメージですよ)。

自画自賛も何だけれど、個人的には今飲んだ点で今日イチだった。

04はほとんど売り切れ。コストパフォーマンスは別として、今までの04の当たりっぷりを考えれば、デグラッセされたシャンベルタン入りのジュヴレはおいしいはず。

2002 Nuits-Saint-Georges(Domaine Leroy)
ニュイ・サン・ジョルジュ(ドメーヌ・ルロワ)

満開で飲み頃感のある04のあとだけに、抜栓当初は04の圧勝だと思った。

ところがどうして、時間経過とともに開いてきた。いいビンテージらしく目が詰まり、緻密でなめらかな酒質。色も相当に違う。

複雑さもほどほどにあり、しっかりしながらも重ったるく無い仕上がりは、さすがといえるもの。これもNSGらしくない。若いときの飲み頃感がある、将来楽しみなワイン。

香りの04に対し、味の02という結果になった。どちらが好きかは好み次第だろう。いい経験になりました。eaterさん、ありがとうございます。

02のドメーヌ・ルロワを探す>

区画名付きで、この値段。ヒー。ウォッチしていなかったけれど、ドメーヌ・ルロワの相場はすごいことになってますな。種類が多いこともあって、DRCほどの愛情がわかないのにね。

2001 Romanee-St-Vivant(Domaine de L'arlot)
ロマネ・サン・ヴィヴァン(ラルロ)

ラルロのトップキュヴェとはいえ、飲み頃感があったドメーヌ・ルロワ2本の次は厳しい。今日は閉じているようで時期が悪かった。●●さん、ごめなさい。

つづく。

気が向いたら投票お願いします→banner_01.gif






最終更新日  2011.03.03 20:25:12
コメント(2) | コメントを書く
[ワイン会あれこれ] カテゴリの最新記事

PR

サイド自由欄


キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

busuka-san@ Re:勝沼ワインゼミナール(03/11) こんにちは。 >フレッシュな味わいで早…
ぱんだしゅりけん@ Re:勝沼ワインゼミナール(03/11) シトラスセントの2006ですか。フレッシュ…
busuka-san@ Re:第7回ファインズチャリティ テロワールとの出会い(03/07) 98年です。当時は30万アンダーだったので…
busuka-san@ Re[1]:NAGANO WINE FES in 東京(02/12) ぱんだしゅりけんさん、こんばんは。 NAG…

フリーページ

楽天プロフィール


busuka-sanさん

ワインとお酒イベント、ワイナリーめぐり、自転車イベント

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
自転車  ワイン  美術館 
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.