902422 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ジョニーのねこまみれ日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ジョニー@こいずみ猫店@ Re[1]:ナショナル RQ-552 音のMAC(08/15) みいとらさんへ このRQ-552 後期のラジカ…
みいとら@ Re:ナショナル RQ-552 音のMAC(08/15) こんな高級なものを捨てるセレブがいると…
誕生日に乗っ取られました@ Re:Twitterアカウント 取り返しました(05/14) 今更ながら記事を読ませて頂きました。 今…
ジョニー@こいずみ猫店@ Re[1]:CB125T 大手術(06/01) みいとらさん 昔、ネットで見たのですが …
みいとら@ Re:CB125T 大手術(06/01) ボアアップ版とも言える昔のレブルのエン…
ゆっきーお@ Re:初期型ウォークマン TPS-L2 を修理してみよう!(07/03) はじめまして。 とてもわかりやすい記事で…
さりさり@ Re[2]:docomoを解約しました。 blackberry 9900 mnp iij BIS(11/30) 早速ありがとうございます。 自己判断で見…

バックナンバー

カテゴリ

楽天プロフィール

設定されていません

サイド自由欄

Twitterはじめました。

http://twitter.com/saisuke64

カレンダー

占い

ようこそ!
ジョニーのブログへ


ジョニー

ジョニーのTwitterです。
フォローしてね (^O^)
twitter.com/saisuke64

Face Bookはこちら↓です。
www.facebook.com/saisuke.koizumi


2017.08.15
XML
カテゴリ:日記
地元の粗大ごみ置き場に古いラジカセが捨ててあったのでつい持って帰ってしまった。

それがこれです。

ナショナル RQ-552 音のMAC





いやぁ、懐かしいなぁ・・・・・・
私が中学生の頃の製品です。
ラジオ位鳴れば良いかな?とか思っていたら
テープレコーダーを含め完動品。
40年前のテープレコーダーのゴムベルトが朽ちてないという
奇跡のような上物であった。

ちなみにMACというと、アップルのコンピューターを想像する方も多いと思うが
こちらの方が先です。私的にはMACといえばラジカセなのだ。
ちなみにナショナルのビデオはマックロードだった。(笑)



ちなみにネットで拾った当時のラジカセカタログ。
私は右の丸で囲んだ「MAC18」というラジカセを持っていた。
このラジカセ3万円もするが、当時としては廉価であった。
(現在3万円だせば結構なオーディオ機器が買える)
大口径18cmスピーカーが売りだがそれ以外はホントに基本性能しかなかった。

それに対して、今回ゲットしたのは左下のモデル。
当時の価格で39800円
高級機である



さて、その機能を見てみよう。

まずは、短波が聴ける3バンドラジオ


現在、短波の聴ける機器は少ないが
4-12Mhzをカバーしていて、世界のかなりの放送を受信できる。

次に、スパイ映画に出てきそうな5ウエイワイヤレスマイク
内蔵マイクとして機能するほか、テープの音をトランスミッターとして送信できたり
取り出してワイヤレスマイクとしても機能する。
当時の中学生にとっては喉から手が出るほどの最新鋭のマイクだったのだ。





スピーカーの中心に銀色の丸いのがお分かりだろうか?
これはダブルコーンスピーカーといって
スピーカーの主のコーン紙(音の出る部分)に加えて、高域専用のコーンを備えているのだ。
このおかげで、通常のスピーカーよりも綺麗な高域が鳴るのである。



ミュージックセンサー搭載。
録音テープの無音部分を探しだしてそこで止まるという機能。
カセットテープの時代は選曲も大変だったのだ。

分かる人なら分かるが、当時のラジカセで選曲装置といえば
シャープのAPSSを想像するかもしれない。
しかし、本機はAPSSよりも早い時期に実用化した
まさに最新の機能であった。



高級機の証 ダイヤルライト





だからどうしたという機能だが
ボタンを押すと、ラジオのスケール(選曲面)に明かりが灯る。
夜、部屋の電気を消してラジオの深夜放送を聴くには重宝する機能なのだが
この機能が搭載されているのは高級機だけなのだ。
ちなみに当時、多くの方がラジカセを改造して電球を仕込んだと思う。
私もやった。(笑)

マイクミキシング専用ボリューム



当時、マイクミキシングできる機器は多かったが
専用ボリュームが付いているものは少なかった。
ラジオやテープの音に合わせてマイクで歌えるというもの

NSBクリスタル専用端子

ここに専用クリスタルを挿せるようになっていて
特定の周波数を選曲なしで聴けるというもの。
このクリスタルが高価で当時でも1万を超えていたような気がする。
本物を見た事がない。




と、まぁ、当時としても
考えうるすべて機能を詰め込んだようなラジカセだったのだ。

欲しかったんだよなぁ・・・これ。
まさか、40年後に手に入るとは・・・・

感無量とはこのことです。

ちなみに、音はと言うと、かなり良い。
もちろん、最近のドンシャリではないが自然な音である。
FMラジオなんかかなり良く鳴ります。

古き好き、熱い時代のラジカセ。
思わず青春が蘇ってきそうです。(笑)






最終更新日  2017.08.15 16:09:15
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.