000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

老いも若きも健康長寿のススメ—がんに負けない

全6件 (6件中 1-6件目)

1

からだにいい旬のもの

2021.10.27
XML

先日りんごの話を書きましたが、ゆずも今が収穫の時期だそうです。
ゆずの産地の一つ、島根県益田市では、
収穫時期に合わせて温泉施設が、ゆず湯のサービスを始めたことを、
早朝のNHKニュースが伝えていました。

男性用と女性用の露天風呂それぞれに、
収穫したての黄色く色づいた250個のゆずが、浮かべられているとのこと。

ゆず独特の、あの甘酸っぱい香りには、柑橘類に共通の、
脳を活性化させるアロマ効果があるんですよね。
それとお肌すべすべ効果も期待でそうです。
ああ、羨ましい――。

ゆずといえば、もう一つの産地、
高知県馬路村(うまじむら)が高知大学と開発した、
「ゆずちゃんゼリー」があります。

→ ​「ゆずちゃんゼリー」で美味しく便通改善

この便通効果はなかなかだと、
友人が体験談を話してくれました。
パッケージがおしゃれなのもいいとのことです。
便秘でお悩みの方は、是非試してみてください。







最終更新日  2021.10.27 07:30:04


2021.09.12
テーマ:秋刀魚(11)

いつもは少し遠いスーパーに行くのですが、
このコロナ禍になってからは、
家の近くのスーパーにも行くことが増えました。

で、夫と一緒に散歩がてらでかけたところ、
2本入りの焼いた秋刀魚(さんま)のパッケージが目に入りました。

「チンするだけでいいから」との怠け心もあり、
買って帰ったのですが、失敗でした。

全然秋刀魚の味はしないし、脂っ気がないんです。
夫は、ちょっと箸をつけただけで、
「僕はいいや」とやめてしまうし、
私も、半分も食べないで結局……。

秋刀魚のような青魚は、
動脈硬化の予防にいいとされるDHAやEPAが魅力なのですが、
やっぱり、よほど新鮮なものでないと、
缶詰には負けます。

→ ​動脈硬化の進行は青魚の缶詰で食い止める

結局夕食には、買い置きのサバ缶を開け、
オリーブオイルで加熱調理したトマトソースをかけて、
いただきました。美味でした。

→ ​トマトはオリーブオイルと食べるのが大正解







最終更新日  2021.09.12 07:30:05
2021.01.25

カレーの付け合わせ、いわゆる薬味に、
あなたは何を選びますか?

カレー専門店などに行けば、
何種類もの付け合わせから選ぶことができますが、
一般の家庭でしたら、
福神漬けかラッキョウではないでしょうか。

ラッキョウは、あの何とも言えないニオイと味が好きになれず、
子どもの頃からごく最近までは、
ずつと福神漬けを選んでいました。

それがラッキョウに代わったのは、
循環器の医師を取材した折に、
ラッキョウの健康効果を聞かされたことがきっかけです。

タマネギの生のままのスライスに、
「血液サラサラ効果」があることはご存知のことと思います。

同じ効果がラッキョウにもあるというのです。
加えて、スパイスのよく効いた、
刺激の強いカレーにラッキョウは、
消化器を保護して、消化吸収を助ける効果もあるというのです。

タマネギやラッキョウ、ニラなどに含まれる、
「硫化アリル」という成分の効能ということです。

​詳しくは、こちらを読んでみてください。
→ ​タマネギの血液サラサラ効果と硫化アリルの話







最終更新日  2021.01.25 10:07:30
2020.11.17

今が旬と言えば、まず頭に浮かぶのは「牡蠣」ではないでしょうか。
牡蠣は栄養豊富ですが、
特に必須ミネラルの「亜鉛」が多いのが魅力です。

亜鉛は、​味覚異常​にいいことで知られています。

それと、最近の研究で、褥瘡(じょくそう)、
つまり​床ずれの発生や悪化​に亜鉛が関係していることもわかっています。

ただ、牡蠣には​ノロウイルスによる食中毒​のリスクがあります。

そこで、「生食用」と「加熱調理用」を間違えないように、
気になったりするのですが、
両者はどう違うのかを正確に知りたくて調べてみました。

その結果わかったことは、
他の魚介類が「鮮度」によって区別されるのと違い、
牡蠣の場合は、育った海域がどこか、どんな海域かにより、
「生牡蠣」でいただけるのか、
牡蠣フライや牡蠣グラタンにすべきなのかが決まるということです。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。
→ ​牡蠣の生食用と加熱用の違いは鮮度ではない


広島産 生牡蠣(かき)むき身 700g 入り【送料無料】







最終更新日  2020.11.17 17:33:00
2020.11.09

牡蠣(かき)のシーズンに入りました。
ご承知のように、牡蠣は「海のミルク」と言われるほど、
栄養価の高いことで知られます。

なによりも美味しさが魅力なのですが、
ちょうどノロウイルスの流行期と重なるだけに、
食中毒のことも気になります。

生食用ではない牡蠣を生で食べたり、
調理用牡蠣でも加熱が十分でなかったりすると、
ノロウイルスによる感染性胃腸炎で、
腹痛や下痢に悩まされることにもなってしまいます。

新型コロナウイルス感染症にインフルエンザ、
さらなノロウイルス感染症と、気が重くなります。

せっかくの牡蠣のシーズンを、
食べずにやり過ごすこともないと思い、
牡蠣とノロウイルスの関係を調べてみました。

詳しくはこちらを読んでいただくとして、
→ ​ノロウイルスの流行期で消費者庁が注意喚起

結論を言えば、生食用以外は生で食べない、
調理用はしっかり加熱してから食べる、ことに尽きるようです。







最終更新日  2020.11.10 18:13:29
2020.09.02

関西人には人気がないようですが、
「納豆」を毎朝食べている人は結構多いのではないでしょうか。

この納豆について、非常に気になる研究データがあります。

日本人の死因別に納豆の摂取状況との関連を調べた調査で、
がんによる死亡と納豆の摂取状況に関連は認められなかったものの、
脳卒中や心筋梗塞のような循環器疾患による死亡については、
「男女ともに納豆の摂取量が多いほど、死亡リスクが低下することが確認された」
というのです。

ただ、それなりの効果を期待するには、
納豆の食べ方に留意すべき点があります。

納豆に含まれるナットウキナーゼと呼ばれる酵素は、
熱に弱いという性質があります。

ですから、日本人の納豆好きの方がやりがちな、
「炊きたての熱いご飯に、よく混ぜた納豆をのっける」
といった食べ方では、せっかくの酵素を殺してしまいます。

それと、最近レシピ自慢等でよく紹介される、
納豆チャーハンや納豆パスタ、納豆オムレツの類は、
酵素の働きを期待する方にはおすすめできません。

詳しくはこちらの記事を参照してください。
→ ​「寿命が伸びる」納豆――いつ、どう食べる?



高級納豆 受賞納豆 ギフト 敬老の日【送料無料】 高級納豆 贈答 贈答品 贈り物 納豆菌 納豆ふりかけ 納豆キナーゼ 納豆粉 )菊水食品







最終更新日  2020.09.02 07:25:50

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.