19051441 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

綾の光時通信、、、… New! 鹿児島UFOさん

日曜日>『なつぞら… New! ひじゅにさん

仮面同窓会  第6… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ビーチや砂場で大活… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… New! みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2007年11月07日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
人気ミステリー作家・蓬城静流こと田橋静枝の夫・不二夫が、
蓬城が事務所として使っている部屋から、遺体で発見された。
指紋の付いた拳銃、硝煙反応、そして遺書。
あきらかに田橋の自殺。
だが、拳銃には、ナゼか弾が一発無く。
そのうえ、クッション、百科事典がないことから、
右京は何かを感じる。
そんなとき、妻の蓬城静流が、現場に到着。
静流は、全く動揺がなかったが、夫婦は不仲だったらしい。
そして右京は、自らの推理を静流にぶつけてみる。
静流が犯人であると。

夫・不二夫による妻殺しの計画を逆手にとった殺人。
アリバイを崩し、動機を披露した右京だったが
右京自身も、「ツメの甘さ」を感じるのだった。。

そんなとき三浦たちが、重要参考人として
静流を。。。
しかし、それさえも予想していた静流。

『私には、時間がないの』








開始15分足らずで、
右京が、自らの推理を静流に披露した時は、
いったいどうなるんだ????

って、本気で思いましたが。

終わってみれば、
ミステリー作家との推理勝負する右京
と言うことを基本にしながらも、

その中に隠された、
作家としての意地と、夫婦の愛のカタチ。


序盤で、静流が、
『全く動揺がなかったため』
核心部分の、静流の『慟哭』が、

心に響くくらいの『愛』を感じさせることが出来ました。


末期ガンで、余命幾ばくもない妻・静枝
静枝『あなたを殺せるわけ無いでしょ
   あなたには、私の分まで長く生きて欲しい
不二夫『君がいないこの世界、そこには僕の居場所はない。
    君が書き上げるのを向こうで待っている


すべては、妻のため。

愛する夫の遺志だった。



なかなか、感動のお話でした。


そんな中に、
ナントカ『核心』『真意』に迫ろうとする右京たちが、
その小説の中では、登場人物にしか過ぎない。
そんなことを
三浦たちと比較しながら、
右京たちの行動を描いていったのは、
『相棒らしい』ところだろう(^_^)b


殺人なのか?自殺なのか?
で、最後までキッチリ引っ張りましたしね(^_^)b






ちなみに、、、
江藤潤さんが、拳銃を持っている時点で
今回の筋書きが読めてしまったので

私としては、
はじめの部分で、江藤さんと拳銃は出さない方が良かったと思いますけどね。

そうすれば、『誰が用意したか』も視聴者にも分からないだろうし。
できれば、江藤さんは、死体からの方が良かった気がしますね。
はじめのシーンは、後ろ姿だけ。。。ってことね。

キャラ的に、『悪』じゃないからね(^_^;


これまでの感想

第2話 第1話







最終更新日  2007年11月07日 22時06分53秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.