19863357 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

カクホの女2 第5話 New! はまゆう315さん

Hey Buddy>『相棒s… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「アナと雪… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

綾の光時通信 11月2… New! 鹿児島UFOさん

壇蜜 結婚 w(゚ロ゚;w… New! クルマでEco!さん

君のことをまだ何も… YOSHIYU機さん

おや?いつの間にか… 俵のねずみさん

【スカーレット】第8… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2008年09月04日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『清算できない秘密ありませんか?』
『アラフォー最後の同窓会

内容
満希子と大森(崎本大海)のことが気になった詩文(永作博美)は、
マンションに戻ると、誰もいなかった。
別の部屋の前に、満希子(寺島しのぶ)のボタン。
扉を叩き叫ぶ詩文、、、、するとそこでは、
パーティ、、が開かれようとしていた。
詩文の機転により、窮地を脱した満希子。
詩文、ネリ(高島礼子)は、訴えようと言うが、
『なかったことにして』と。。。。。
仕方なく詩文は、自分への暴行未遂で訴え出ることに。。。。。

翌日。詩文の元に澤田(石黒賢)がやってくる。
『妻にする自信がなくなった』とプロポーズを断りに来たのだった。
驚く詩文だったが、そこに思わぬ加勢。。。
河野良子(野際陽子)がいた。。。。。
そして、澤田のイイワケを聞き、追い返す良子。
すると、そこに、、冬子(松山愛理)と禮一郎(品川徹)まで現れる!

そのころ、満希子は、、帰宅。。
武(渡辺いっけい)は、、すでに桑野君子(星野真里)と別れたと、、、
いつもの日常に戻った。。
娘・ゆかり(夏未エレナ)息子・明(井之脇海)との4人の生活が。。。

そして、ネリも。。。
英児(勝地涼)が、海外で引退したことを聞くとともに
病院を辞め脳ドックを開業することに。
後を追おうとした福山(長谷川勝己)には、断りを。。。。

また、詩文も新しい恋を見つけかけていた。。。。。

それぞれが、1つの結末を迎える中。
美波(羽田美智子)のためのクラス会が開かれる。。。。

その席の後、、3人は、バンクーバー行きを決める。。。。


敬称略




↑9割ですね。。。


当然ココまで書いちゃったと言うことは、
何を書いて良いかが分からないと言うことです。

ま、、、
最終的に、『嘘』をそれぞれつきながら、
みんなある意味で『ハッピー』と言うことかな。



っていうか

結局、最後の最後まで。『四つの嘘』が、なになのか。
本当に分かりませんが。。。。

ただ、これだけの登場人物がいる割に、
良い感じのテンポと、『らしさ』を発揮しながら、
面白く見ることは出来たと思っています。



ほんの少し『過去』とは『ズレ』が生じましたが、
それぞれに、『次』に進んだような印象でしょう。

あくまでも、印象です。
これくらいの雰囲気が、このドラマだと言えるだろうね。。

わたし的には、、、福山とネリの関係かな。。。

福山『先生、新しいクリニックで働きたいんです
ネリ『それはダメ
   理由は。。。気持ち悪いからです。

そして
もちろん、詩文の悪魔的発想も!!
一番面白かったのは。

満希子『子供達がかわいそすぎる
  こんな女だと知ったら。。
詩文『仕方ないでしょ、そうなんだから
ネリ『私も訴えた方が良いと思う
  あきらめるには大きすぎる
詩文『私は絶対に許さないから
満希子『何もなかったことにしたいの
  一生のお願い
詩文『じゃ。何事もなかったような顔して帰るのね
  完璧にしらばっくれるの
  隠すなら徹底的に隠すの。できる?
ネリ『まいった、まいった 原は強いわ


あとは、、、

河野良子『あなたの目は節穴ですか
  この人は、倒れかけた本屋を守りながら
  17年間女手ひとつで、娘を育ててきたんです
  家族とか、そういうものから遠いところにいる人間なんて
  とんでもありません
  この人は、本物の母です
  あなたのほうから、捨てちゃいなさい

(中略)
良子『結婚しなくて良かったのかも
  だって、圭史みたいな人がこの世にもう1人できたら
  かわいそうじゃない
詩文『そうですよね。私もそう思います
良子『珍しく意見が合いましたね
詩文『ほんとですね。
  最初で最後かもしれませんけどね


かな。。。





さて。。。今回、、、と言うか
もう面倒なので。。ドラマ全般を見て。。。

最終回の今回の雰囲気、関係が
第1話から、どれだけ変化があったのか?

と言うのが、ポイントになっているのだろう。

ネリには恋。詩文も新しい恋。
満希子は、、、、経験で強くなったという感じか。。
『嘘』をつけたからね。。

それぞれの俳優さんがかもし出す雰囲気が、
本当に良い感じで、
ドラマのテンポと、微妙なシチュエーションを楽しむことは出来た。
実際、『変化』を考えると、大きくはない。
それぞれの『心』にとって『良い経験』という程度だ。
結果的に、その微妙さがオモシロ味であり、
変化を捉えきれないと、くだらなく感じると言うことであろう。
そのため『好み』がかなり別れているのは確かだ。

独特の雰囲気などは、本当に面白かったけどね
逆に、それが『ダラダラした印象』になっているのも確かですし。。。

ま、、、『楽しんだ』。。。それだけで十分かもしれません。


これまでの感想
第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 








最終更新日  2008年09月04日 23時44分17秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.