30401147 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

レベル999のマニアな講義

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

レベル999

レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


21年04月期


21年07月期


21年10月期


22年01月期


22年04月期


22年07月期


22年10月期


23年01月期


23年04月期


23年07月期


23年10月期


24年01月期


NHKドラマなど


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


NHKドラマ2022年


NHKドラマ2023年


NHKドラマ2024年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021~


映画感想


お気に入りブログ

相棒season22 17話 … New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

今日はつぶやきます! New! 俵のねずみさん

阪神×サムスン @バ… New! 虎党団塊ジュニアさん

【ブギウギ】第21週(… ショコラ425さん

コブ付き>『ブギウ… ひじゅにさん

皆さま 俳優「窪塚洋… 鹿児島UFOさん

『劇場版ハイキュー!… クルマでEco!さん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2008年09月07日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『薩摩か徳川か』

内容
家茂(松田翔太)と和宮(堀北真希)の仲が良くなるのに
満足する天璋院(宮崎あおい)
そんななか島津久光(山口祐一郎)が、兵を率い上洛を開始する。
下関での待機命令を無視し単独行動した西郷(小澤征悦)を島流しとし。
そして、、京へと向かう薩摩軍。
すべては幕政改革の建白書を朝廷に提出するためだった。
安政の大獄により、蟄居させられた
松平春嶽、一橋慶喜らの赦免と幕政参加。。。
岩倉具視(片岡鶴太郎)ら朝廷の重鎮に幕政改革を訴えた久光は、
とりあえず、京の警護を申しつけられるのだった。
そして、その京で、、、事件が起きる。
突出を止めても聞かない有馬新七(的場浩司)らを、
寺田屋にて成敗。。。。。
それにより、久光の名声、そして薩摩の信頼は上がるのだった。
だが、、それは、苦渋の選択。
有馬らの覚悟を知った、
久光だけでなく、帯刀(瑛太)、大久保(原田泰造)らは、
自らの行動を天命であると納得させるしかなかった。。。

その頃江戸では
かつての友の死。。。そして、、薩摩軍の上洛。
そして、、、朝廷の勅使を伴った江戸への行軍。。。
衝撃の中にいた天璋院。
だが、薩摩軍の上洛による薩摩出身の天璋院に対する疑念は
大奥、本寿院(高畑淳子)だけでなく、
老中達、、、そして、、家茂にもひろがっていく。。。




敬称略


とりあえず今回は、幕末モード開始!!!です


とはいえ、、、
最後の、数分だけですね。。
天璋院の『活躍』は。

ま、、活躍と言えるものではありませんが、

でも、薩摩ではなく、徳川の人間であると言うことを
最大限に表現する、
天璋院のあっぱれな行動だったと思います。

さすが、、オトコマエですよね(^_^)b

そこに至るまでの天璋院の気持ちの変化も面白いモノがあり、
ラストまで、短時間なカットばかりでしたが

初めは、なぜ?
と言う状態から、
江戸の表だけでなく、大奥にも疑惑がひろがっていくのが
面白かったですね。

特に、本寿院!!!
ヤッパリ、登場しなきゃ、面白くありません!!

そして、
これまた面白いのは、イイワケをほとんどしなかったことでしょう。
イイワケをせずに、最後の行動ですから

あっぱれのヒトコトに尽きます!

幾島の掛け軸も焼こうとするアタリ
さすがに、、
懐刀の滝山だけでなく、本寿院達にも衝撃となったことでしょうし。

なかなか、面白かったと思います。

覚悟』、、、かな。


というか。

やっと、『激動の幕末』に翻弄されはじめた主人公

と言うことですね!



さて、、その激動の世界。

薩摩を中心にして、帯刀、久光に葛藤させ、
大久保には、冷静な意見を発言させるなど
見事な登場人物の描き方と言って良いだろう。

ま、、、帯刀が情けないと言えば、、、それまでですが。
それでも、友情に苦悩する部分にこそ『意味』があるし
『天璋院』を心配することにも『意味』がありますから、

これまた、
大久保の『見方』も重要ですが、
帯刀の『見方』もまた、ドラマを盛り上げる上で
特に、
現場に登場させるわけにはいかない天璋院の分身』として

なかなか、良い役割を果たしていると思います。


当然、今回の主役は、、
苦渋の決断をし、有馬の文を見て泣く久光

自らの命を『礎』にすることで、世の中が変わる!!と
覚悟を決めた、有馬
でしょう。

この2人だけで、直接の会話が無くても
『文』という存在により、
良い感じの『覚悟』『気持ち』を表現したと思います。

それぞれ、熱かったしね!!!




ということで、
完全に、シリアスモードの突入した『大河ドラマ 篤姫』でした。

それにしても、、
オマケ状態の大奥・天璋院でしたが、
なかなか良い感じのオチだったので、
納得です。

アレだけ焼いちゃったから、同じ手は出来ないけどね。。。


そういえば、面白かったのは
滝山が、、天璋院は信じるが、薩摩は信じる事が出来ない
と、、言ったことかな。。。



2度見しての追記

2回見ても、良い感じでしたね。
ま、、歴史好きとしては、あれこれ言いたいこともあるが
でも、ほぼ、大満足と言って良いだろう。
サスガに、天璋院、帯刀の2人以外の視点で描くわけにもいかないし。

それぞれに、感動モノだったと思います。

両立してしまいましたね。ついに!

次回は、あの事件ですね。
どう表現されるのか?

期待したいと思います



これまでの感想
第35回 第34回 第33回 第32回 第31回 
第30回 第29回 第28回 第27回 第26回 
第25回 第24回 第23回 第22回 第21回 
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回 
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2008年09月07日 20時50分02秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.