19409505 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

なつぞら  第14… New! はまゆう315さん

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

憧れの名車大集合 … New! クルマでEco!さん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

ソラと優と千夏>『… ひじゅにさん

その1)水泳の池江璃… 鹿児島UFOさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

鍛えないと・・・ 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2009年04月17日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『殺意の密室』
『密室トリックって、実は意味なくね?』

内容
奈落村で殺人事件が発生した一報を受ける大河原番三警部(木村祐一)
新人女刑事の藤井茉奈(香椎由宇)とともに向かうが、
現場の家が見える道から動こうとしない大河原。
大河原『役者がそろうまで待て!』
そして、自転車に乗ってやって来たのは、
頭脳明晰容姿端麗神出鬼没の名探偵・天下一大五郎(松田翔太)だった。
被害者は森野作蔵、第一発見者は隣に住む大島鉄吉であると、
女性警察官・森山瑞希(ちすん)から報告を受けた一同。
足跡がない、雪に囲まれた事件現場に行くと、
森山の説明から、中からつっかえ棒があり、、、、『あれ』だったという。

そう。。。
天下一『コレは完全な密室殺人です!!』

でも、それと聞き、そんなことよりも、犯人を探すべきではという茉奈。
ズバリと言われる天下一たちであったが、
天下一、大河原に連れられ、別室、、『楽屋』へ。。。。

『物語の掟』
『自分の役割、掟に従って生きろと。』

そんななか、次々と起きる、、『掟』


第1の被害者 森野作蔵(江良潤)
発見者 大島鉄吉(春海四方)

そんな中、降ってわく、
天下一の友人の壁神辰哉(森本亮治)
辰哉の婚約者・鶴岡君子(山崎真実)
辰哉を狙う分家の娘・壁神麗子(西慶子
麗子の母・千鶴子(川俣しのぶ)
辰哉の義理の母・小枝子(奥貫薫)

突然発生する、村のたたり、言い伝え、伝説!!
そのうえ、骨肉の争い!!!

2人目、3人目の死!!


敬称略


公式HP
http://www.tv-asahi.co.jp/meitantei/



当然、原作は未読。

まぁ、言ってみれば、
ミステリーの大家が描く、ミステリーの王道。
そして、それに対する疑問点をこき下ろす!!

そんな感じだ。


だから、『王道』は、どこまでも描かれているし、
その表現もキッチリされている。

最終的に、
関係者で生き残っているのが、『2人』という時点で、

確かに、物語は破綻してますけどね(笑)

でも、それこそが、ミステリーの王道であり『掟』なのも確か。


そんな、ミステリーの常識であっても、
本来ならばフィクション過ぎる非常識風景を、
バカにしながら、描ききると言うのは、

斬新、かつ、、、『小説』としてのオモシロ味と言えるだろう。

決して、『ミステリー』ではない。
そう思ってしまうと、、、、どうにもならなくなってしまう。

ミステリーの中に隠れている非常識を楽しむ。いや、突っ込む!!


イヤまぁ、、こういうのダメなひとは、ダメなんでしょうけどね



ミステリー好きで、オモシロ好きの私としては、
もう、どの部分であっても楽しむことが出来るので、

かなり満足感が高い。


ラストのグダグダな感じの3人の姿なんて、
良いですよね(笑)


まさに、『掟』と『ぶっこわし』の両立である。









最終更新日  2009年04月18日 01時29分07秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.