19820362 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

少年寅次郎  第5… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

小沢健二 SONGS New! クルマでEco!さん

【スカーレット】第8… New! ショコラ425さん

キュウちゃん>『ス… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「ブライト… New! BROOKさん

合同引退試合 YOSHIYU機さん

とても大事な話「ゲ… 鹿児島UFOさん

見つかった~(^^♪ 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2010年11月19日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『東野圭吾原作 許されない恋の始まり』

内容
平介(佐々木蔵之介)が直子(石田ひかり)の魂が宿る藻奈美(志田未来)と
事故の運転手・梶川(吹越満)の妻・征子(堀内敬子)のことでもめていると、
突然、、電話が鳴り響く、、、梶川の娘・逸美(日向ななみ)だった。
征子が。。。。心筋梗塞で亡くなったという。
直子と通夜に出席した平介。
その夜。。。逸美から“渡したいモノがある”という連絡を受けるのだった。

直子は、逸美を家に呼ぶことを提案。
やがてやってくる逸美。。。。父のこと、母のことをひととおり話をしたあと
平介に手渡したのは、梶川が持っていたという懐中時計だった。
事故の時も持っていたという壊れた懐中時計。
いずれ捨てられてしまうかも。。。
優しくしてくれた平介への感謝の気持ちだという。

その後、知人の時計店店主・松野浩三(ミッキー・カーチス)に
懐中時計に見てもらったところ、あまり価値がないと分かる。
と同時に、、、内部から、男の子の写真が!
梶川の息子ではないのか?毎月送金していた相手は、母なのでは?
ちょうど、札幌への出張が決まったこともあり、
“サワダミカコ”と会う決心をする平介。

一方で、藻奈美は、
親友の由梨絵(林丹丹)と相馬(竜星涼)の妊娠騒動に巻き込まれていた。
そのことで、担任の多恵子(本仮屋ユイカ)は、窮地に立たされ。。。


それから、、、、札幌を訪れた平介は、
沢田美香子(朝加真由美)と会うが、梶川とはもう関係ないと言われ、
話すことはないと追い返されるのだった。
そのとき、、、1人の青年を。。。根岸文也(田中圭)と出会い。。。

敬称略



変なセリフ。

直子“まるで藻奈美に怒ってるみたい

って、、、あんたが、今度から“おとうさん”って、、、言い始め、
全てが、そういう方向に進み始めたんじゃ?

じゃ、平介の態度は間違っていないんじゃ?


と、、、そんな、どうでも良いことが気になった今回。


実際、物語としては、特に、内容は無い。

物語が本当の意味で動いたのは、最後の10分である。

そこまでの印象は、
特に、あってもなくてもどうでも良いような、色恋沙汰で。
引き延ばし感満載である。

特に、多恵子など、征子が死んだから、その代わり?
そんな印象が強く。。。。。
逆に、“担任”というドラマとしての利用価値を、
これまで、全く利用してこなかった“ツケ”が、見えた瞬間である。


とりあえず。

事故の裏が知りたい!

と、そんな感じで、ようやく、ラストで動き始めた物語。
これ。。。どう関わっていくんだろ。。。。

もう、ここまでくれば、どうでも良いような気もしないでもないが。


あとは、、、魔性の女、、が。。。


しっかし、枝葉が多いだけで、
なんていうか、要るのか要らないのか分からないネタばかり。
まあ。。。奇妙な親子関係、夫婦関係を描いているのだろうが、

今回なんて、序盤。。。にやりとりがあったくらいで、
あまり、2人のやりとりはなかった。
その序盤にしても、前回からの続きであり。。。。

たしかに、そういう距離が出来たと言えば、そういうコトなのだが、
見ていると、、、かなり近い部分もあるよね。

かなり近い部分と、距離がある部分が混在しているから、
いま現在の“距離感”が、“異性の存在”でしかないという感じだ。

別に、毎回、ケンカしろ!とか、、
極論を言えば、キスをしろ。。。イヤ、せめてハグをしろ。。。
とは言いませんが、
もう少し“距離”を精密に描いてもらいたいモノだ。

そこがあってこその、俳優さんの演技だと思いますけどね。


これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 








最終更新日  2010年11月20日 01時26分58秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.