000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

ネタバレ【なつぞら】第… New! ショコラ425さん

麻子退場>『なつぞ… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「東京喰種 … New! BROOKさん

THIS IS U… New! はまゆう315さん

「ハマー」からむ事… New! クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2016年01月12日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『あだこ』
「あだこ~腑抜け旗本男の前に現れた奇妙な女の正体」

内容
許嫁の金森みすず(梨木まい)に駆け落ちされた小林半三郎(田中幸太朗)
旗本とはいえ、生きる気力を失った半三郎。
すでに蓄えを使い果たし、奉公人に逃げられ、屋敷は無茶苦茶に。
友人の曾我十兵衛(三浦力)秋田源右衛門(鷲津秀人)
三枝小市郎(虫狩愉司)らは、屋敷を訪ねては奮起を促すがダメだった。

そんなある日、庭先で物音がするのに気付く半三郎。
いつもの猫かと思われたが。。。女だった。
女は、自らをあだこ(佐津川愛美)と名乗り、庭の方付けをはじめる。
そして部屋の掃除。。。料理を作って、半三郎に出すのだった。
金どころか、米さえない屋敷。いったい、どうして??
すると、あだこは、米屋、酒屋、魚屋などを訪ねて、小林家の女中だと言い、
借りてきたと告げる。
半三郎が唖然としていると、あだこは、屋敷で働かせて欲しいと言い始める。
給金を払えないと言っても、働くと言い張るあだこに圧倒された半三郎は、
働くことを認めるしか無かった。

その後、屋敷は片付いていき、半三郎も徐々にあだこに打ち解けていく。
そしてついに、みすずへの思いを語るまでに。

しばらくして、米屋の市兵衛(市川勇)がやってくる。
「旦那は、思い違いをしているようだ」
すべては、あだこ。。。こと、おいそに貸していると。。。。

敬称略


脚本は、李正姫さん

監督は、森岡利行さん


ほんと、良い話だね。

何気ない話。。。。なのに。

やはり、こういう話こそ、丁寧さが無ければ、魅せられることはない。


っていうか、

佐津川愛美さんが、ほんとに良いですね。

今までの経験が生かされている。

素晴らしい!!


良いモノを見ました。


今作、ハズレがなくなってきていますね。

これ、かなり精査されているね。







最終更新日  2016年01月12日 21時56分07秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.