696508 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Serene state of mind

Serene state of mind

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

HNが思いつかん..

HNが思いつかん..

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

フリーページ

ニューストピックス

2023.08.13
XML
カテゴリ:ライブレポ
本文中敬称略
【2023年7月14日、ビルボード大阪 2ndステージ】

まずNeighbors Complain位置に付く…
"皆さんこんばんは、NBCPです! 楽しむ準備、できてますかー!!"
1.オーロラ
→"大きな拍手!佐藤竹善!"
アコースティックギターを手に…
2.Wind Of Change
3.Visions

”すっかりバンドのようになり…” 竹善の名を出さずともNeighbors Complain「ズ」
<メンバー紹介>
キーボード:Oto
ベース:Gotti
ギター:Kash
ドラム:Taka
竹善は出会って5年…根本要などと一緒に共演するなどして、ある日ガチンコでやろうということになり、あれよあれよと9本のツアーに
サザンオールスターズの松田さん曰く、ビルボードは大ホール以上に緊張する話
"Neighbors Complain「ライブ2023」ってことは24もある?"
名古屋でのレコーディングの話

せっかくやるならNBCPの素晴らしいグルーブを聞かせたい…実はロックの方がR&Bよりグルーブが大事
”1部も来た人?" …で、けっこー手が挙がる
→"小田和正って知ってるでしょうか?"
東京で9/30と10/1にSING LIKE TALKINGの35周年ライブ…の1日目にゲストを呼ぶ企画。
TOKU、渡辺美里、トレ・ジョワイユ、押尾コータロー…そして”なんと、小田和正が出てくれることになった”
Plus Oneの曲もできたら…
NBCPのメンバーは35歳。
 "35年経ったらこんなに大きくなるんですね"
  その小田和正に敬意を表し…
   ―の前に、リハーサルの時に言い忘れたミキシングの指示 "終わったら元に戻してね"
4.ワインの匂い
竹善一旦退場
5.(?)
"嬉しいっすね、ホントに…" 地元大阪でビルボードは憧れのステージ、しかも竹善と一緒で"ホントに幸せです!!"
9月にアルバムをリリース。タイトル:「ファーストコンタクト
みんなケータイで音楽を聴く時代、楽器ソロが少なくなっているので、今回は楽器ソロパートが沢山
→1枚目の「NBCP」から
6.ムーンライト
竹善再び ”NBCPの最もいかがわしいナンバー”
→"えっと…何喋るかまた忘れちゃった"
出逢いは根本要との「おたまじゃくしの夜」…根本のモノマネ
実は根本はライブ前に必ず韓国の辛口ラーメンを食べる話
…卓越したトークで「アンダンテ」に3週連続出演中
あと湘南ビーチFMの竹善のラジオ番組でNBCPの4枚目のアルバムの特集がある

ここからはディスコな感じ
"今日はよく達郎さんじゃなくてこっちに来てくれました"
7.Last Train To London
Oto、ピアノに向かう
8.Isn't She Lovely
9.Rise
2番でボーカル交替
→竹善ギターを…
10.Change The World
”Oto!Gotti!Kash!Taka!””チク!!"

<アンコール>
近所迷惑というバンド名… ”迷惑じゃないですね”
再び9月のアルバムリリースと横浜のライブの話
+ 竹善×Big Horns Beeの「ナニワブルースフェスティバル」の話
ただし要は今年は来ない…
「ザ・おおさか」という人達が出るが、アンコール前に楽屋で酒瓶が40本位空いていて、
 "いや~ボクと要さんってこんな爽やかでしたっけ"
  極めつけは"ミュージシャンが酒とたばこをやめたらこんな不健康なことはない"と言われた話
クインシー・ジョーンズのアルバムの中で… お別れの歌だが、ボクらもう1回何とかならないかな~という歌
11.Just Once
ピアノを交替…
12.Spirit Of Love

【PolarBear】2023.jpg


Neighbors Complainは今回全く初めて聴くことになりますが…今回のステージを一言でまとめてしまうなら、
この楽しさ、懐かしいというか何か身に覚えがある…あっそうか、アンリミテッド・トーンとのステージみたいだ
もちろんNBCPとアンリミは違いますが、今春のCross Your Fingersまで久しく忘れていた「一期一会の音楽の化学反応」というものです。
また、今後NBCPはSING LIKE TALKINGの後継者的な存在と言いましょうか、
もちろんNBCPはNBCPなので、SLTになる・取って代わることはないのですが、
SLTが作ってきた路線を今後引き継ぐアーティストになっていくんじゃないか
…という予感がします。
Rise」で竹善さんとOto君がリードを交替した時に、本気でそんなことを勝手に思っていました。
誇張だろうが褒め過ぎだろうがとにかく、いい歌を歌うバンドです。

え~、先に言ってしまいますとSLTの35周年記念ライブのチケットは、先行発売でほとんど埋まってしまったものらしく、一般発売狙いしか道がない私には手に入りませんでした。
とはいえ、この日のライブに行けたからまあいいか…と潔く諦められる位のステージでした。

遠方に毛づくろいする白黒猫_小で載せる


イラストですか? オーロラといえば北極・南極といえば、ペンギンは一度使ったので今回は白熊です。
さあ、654321アクセス目の階段を踏む読者様はどなたでしょう!?





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023.08.13 12:38:43
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.