463661 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

☆キセキ☆

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

ゲームとのつきあい方編

2016.06.04
XML
やることやったら後は自由。

という我が家は、朝からゲーム三昧な子供たち。

ホントずっとこれってどうなの?と思っていたものの、
中学生になったらあんまりできなくなるだろうし、
その内飽きるかな?なんて思っていたのに、
男の子は飽きないんだね。。

ゲームどころか動画も好き勝手見てる子供たち。。

You Tubeとかさ、どうなのよ。。

前からパパに制限かけるようにお願いしてたんだけど、
厳しくすると、え?これも見れないの?ってウザい感じになっちゃうってのもあって、
ゆるゆるな制限になっちゃってたのが実情。。

お友達のところはエロいのとか見ちゃってるって言うし、
ウチもそろそろ本格的に考えた方がいいよねってことで、
ついに我が家も見直すことにしました。

まずは、パソコン自体を子供用と大人用に分けることにしました。

元々デスクトップ派の我が家。

子ども用のパソコンも、
使うときはリビングのみ、勝手に持ち歩けないように、中古のデスクトップを購入。

動画もゲームも今までやることやったら無制限でしたが、
時間を決めることに。

長男くんと仲のよいお友達にルールを聞いたところ、
平日は1時間。
休日は3時間。
お友達と遊んでいる時間は含まない。
とのこと。

完全にパクリ
参考にさせていただきましたw

まずは、子供たちにルールを見直すことを伝え、
週末に家族会議をするので、それまでに各自考えをまとめておくように言いました。

上記のお友達のお家のルールも参考として伝えておきました。

ルールを決めるときは、勝手に親が決めるのではなく、
必ず子供と話しあって決めることにしています。

押し付けても反発するだけだし、
自分たちで決めたことなら、
納得してできるだろうし。

結果。

=平日=
最初は3時間にして、1日15分ずつ減らしていき、1時間になったら減らすのをやめる。

=友達が来た時(平日、休日)=
友達がいる間はずっとゲームをしてもいいが、帰ったらその日はゲームをやらない。

=休日=(休日おでかけするときは、おでかけを優先とする)
最初は5時間から始め、15分ずつ減らしていき、最終的には3時間にする。

=ペナルティ=
次の日は1日ゲームもパソコンもできない。
友達が来てもできない。

ということで、決定。
記録ノートを作成しました。

表紙
rblog-20160605032758-00.jpg
しまう場所も明確にしておきました。

1ページ目
rblog-20160605032758-01.jpg
裏表紙に、元々あった我が家の鉄則を記載。
「ゲーム(パソコン含む)の優先順位は最下位です。
やること(宿題、チャレンジ、明日の準備)をやってからでないとできません。」
1ページ目には、上記の新ルールを記載。

記録ページ
rblog-20160605032758-02.jpg
初日のみ、私がフォーマットを作り、
翌日からは長男くんが作成。
記録は各自記入しています。

※フォーマットの詳細
1日1ページ管理。
1日の制限時間を一番上に記入。
1ページを2等分にし、
左・長男くん

右・次男くん

開始時間、終了時間、所要時間、トータルを記入するように作りました。

すぐに物が無くなる我が家なので、
記入するペンはヒモでくっつけてます。
書こうとしたときにペンがないと、
めんどくさくなって書かなくなるのがオチなんで。

画像は、今日と翌日のページ。
日付書いてないな。
次男くん、今日の分を全く記入していないな雫

でもまぁ、
時間は明らかに減ってるし、
時間もおおむね守っているようなので、
いっかダッシュ

てなゆるい感じで、続いております。

ルール決めやノート作成したのは、GW前後の話です。
これに伴って家具の大移動もしました。

動線が大幅に変わったのですが、
無事に問題なく過ごせております。

前に子供のゲームをとりあげたというお友達から
「ゲームなんてなきゃないで他に遊び見つけてくるし、
外に遊びに行くようになってよかった」
と聞いてはいたのですが、
本当にその通りでした。

もっと早く時間制限をしておけばよかったと後悔しても後の祭り。。

長男くんにとっては小学校最後の1年を有意義に過ごしてもらえるといいなと
盛大に期待している私です。←


にほんブログ村







最終更新日  2016.06.05 11:21:23
コメント(0) | コメントを書く


2015.08.27
ずーっとDLしてほしいと懇願されていたマイクラ(マインクラフトっていうんだっけ?)とやらを、
ようやくDLしてみた。

だいたい、去年あたりからお友達のお家でハマっていたらしいマイクラってゲーム。

何なの?それ???

ちょろっと調べたけど、
種類がいっぱいあるし、英語だし、何なの??
怪しくないの??
しかもどれをどうやってDLしたらいいの??と分からず、
そのままにしてたんだけど・・
今回は、自分たちのおこづかいを先払いされたため、
重い腰を上げてみた。

マイクラをすでにDLしているお友達のママ曰く
マインクラフトってゲームは、
デジタルなレゴブロックみたいなものらしい。

自分で街とか作っていくんだって。

変な動画やゲームよりもクリエイティブでいいんだって。


で、スマホ・タブレット版はマイクラPE(ポケットエディション)といい、
700円でいいみたい。

子供たちはPEでいいと、一人350円ずつ払ってきた。

PC版だと機能が増えて、1900円くらいするみたい。

我が家のタブレットはiPadではないので、
普通にgoogle playからインストールした。

インストールする前に、もめないよう二人でルールを決めさせたところ、
一人10分制でタイマーかけて交代でやるんだとさ。

もちろん、我が家のゲームのお約束は厳守してもらっています。(ゲームのお約束についての過去記事→

ゲームの優先順位は最下位。
やることやってから。
ゲームがやりたいからと外出しないのはNG。
ゲームやPCをしていいのは、朝6時~夜9時までの空き時間。

インストールしてから2日経ってますが、
昨日の夜、ちょろっと揉めてましたが、
その後、一応大きな揉め事なく、
子供たち二人の世界にどっぷり浸かってハマってる様子。

なんだか現代っ子だなぁーーーーーー。。。。
いいのか?これで???

外の世界にも触れさせないと!
また来月から、イベントに連れ出そうマラソン


にほんブログ村


人気ブログランキングへ
さーて、今日は貴重なお休みの日~音符
家事もやることも全て終わらせたので、
これから早めのお昼(昨夜の残飯)を食べて、
玄関収納でいいものないか物色してきま~す音符
インテリア熱~音符止まらない~~音符音符






最終更新日  2015.08.27 11:25:25
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.09
先日も書きましたが・・
学校から配られたネットルールに関するプリントから参考になった部分を抜粋えんぴつ

1.困ったことがあったら、すぐに親や先生に相談する。
2.ネットで知り合った人とは直接会わない。
3.他人のIDやパスワードは使わない。
 自分のパスワードは忘れにくく、他人から分かりにくいものにする。
4.アプリのインストールは親の許可を得て行う。
5.必要以上に個人情報(住所、名前、電話番号、写真)を公開しない。
6.ベッドやお風呂に持ち込まない。
7.勉強するときは、電源をOFFにする。
8.充電は、リビングなどの決められた場所でする。

上記のことは、大事かも。。

私、時々スマホをベッドに持ち込んでたびっくり

一緒に寝てるから、子供たちにその姿見せてるわショック

ヤバ!と思って、プリントを読みながら、子供たちに言っといた。。

「ママ、知らなかった~。
ベッドにスマホを持ちこんじゃいけないんだって~。
これから、やめるね。」
って。

そしたら、「なんでいけないの?」って。。

・・・・なんでだろ?

私「ダラダラやってちゃいけないから?
睡眠時間が減っちゃうから?
目が悪くなっちゃうから?」

長男くん「ふーーん。そうなんだぁ。。」って分かったような分かってないような返事してましたが・・

大丈夫かな。。



あと、先日も書いたけど、再度おさらい↓

~家庭内におけるルールづくりをする上でのポイント~
・子供のスマホ等への依存度が低い小学生の時期からつくること。
・押し付けにならないよう子供とよく話しあってルールを決めること。
・ルールを書いた紙を室内に貼り認識を持たせ続けること。

スマホの依存度の低い今の内から、繰り返し伝えていこうと思います。

そして、私も見本となるように、上手にスマホと付き合っていきたいと思います。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ






最終更新日  2015.03.09 21:21:27
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.07
先日の痛ましい事件を受けてか、
学校から子供たちのネットトラブルについての配布物が続きました。

その中から抜粋えんぴつ

●子供をネットトラブルから守るには、家庭内や友人間におけるルールづくりが必要!

家庭内におけるルールづくりをする上でのポイント
1.子供のスマホ等への依存度が低い小学生の時期からつくること
2.押し付けにならないよう、子供とよく話しあってルールを決めること
3.ルールを書いた紙を室内に貼り、認識を持たせ続けること


●「友人間におけるルール」を作らせましょう!

友人間におけるルールの例
・SNSのやりとりは午後9時までにする
・試験の前や期間中はやりとりをしない
・相手を思いやった言葉を選び、仲間外れにしたりしない
・友人の個人情報を勝手に書き込んだりしない
・すぐに返信しなくても責めない


●2つの回線それぞれにフィルタリングを!

スマホには、「携帯電話回線」と「無線LAN回線」の2つの回線がある。
どちらの回線でも、インターネット接続が可能なので、両方の回線にフィルタリングを設定する必要がある。


●スマホのアプリの中には、危険なものも!
アプリのインストールは、親の許可を得てから行う。



友人間におけるルールはとても大切なことだけど、
これが守れていたら、トラブルなんて発生してないよね。。

このルールを、子供たちが共通認識として持つためには、
依存度の低い小学生の時期から繰り返し話しあっていくことが大切だということに、
とても共感しました。

家庭で話しあってルールを決めることも大切かもしれないけど、
ネットって、基本、家族以外の人たちが相手だから、
家庭内のルールを作っても限界がある。

ネットルールを小学生の頃からみんなの共通認識にするためには、
学校での継続した取り組みが必要不可欠なのではないかと強く思いました。



我が家は、まだ子供に携帯は持たせていませんが、
まずは親がきちんとした姿勢を見せなくてはいけないと思っているので、
食事中の携帯は禁止にしています。

食事中にラインが鳴ることがけっこうあるのですが、
非常に気になるぅ~~~失敗
けど、「今、食事中だから」と言って、
食事が終わるまでは絶対に手に取らないようにしています。

まずは親から。
大事ですよねウィンク


にほんブログ村


人気ブログランキングへ






最終更新日  2015.03.07 14:10:21
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.03
以前、ゲームをすると人格が変わっていた長男くん。

前に、3DSのゲームがうまくできなくてキレて、
DSの本体を投げて壊した長男くん。←サイテー

以来、我が家からDSが消えた。

本体は修理していたのものの、そのままお蔵入り。

ずっと押し入れにかくしていた。

それを、先週、みつけられてしまった。

で、3DS復活。

Wiiも同じ理由で、一時期、禁止していたけど、
めざとい次男くんに、私だけこっそりWii fitをやっていたのをみつけられ、
復活していた。

復活以降は、ルールを決め、まともにゲームをできていたので、
3DSもそのまま復活させることにした。

一応、以下のルールを再確認。

・けんかしない。
同じソフトをやりたくなったら、順番こしてやる。

・怒って投げたりしない←当たり前
ゲームは楽しむもの。

・歩きながらやらない。

・レストランとかで料理がきたら、中途半端でもすぐやめる

・やることをやってから。
そのために、3DSはママが管理し、やることをやってから渡す。



久々の3DSをやりたくて仕方ない長男くんは、
こちらが何も言わなくても、自らやることをやるやる。

昨日は、驚くくらい超スムーズにやることをやって、
ゲームも楽しみ、21時に就寝眠い..

はぁーDSの威力ってすごいわぁ~♪
やりようによっては、使える逸品ね♪
なんて、鼻歌歌っちゃうほど上機嫌だった私。

子供たちと一緒に寝て、しばらくして、復活。
まだ、キッチンの片付けなど終わってなかったので、
3階の寝室からリビングに降りた。

片付けなどを終えて、
次男くんの明日の準備でもしておこうと、
リビング隣の和室(子供部屋)に入ると



・・・・散らかってるやないかーーーームカッ

ランドセルが開いた状態で、床に置きっぱなし。

連絡袋も、明日持って行くはずの新聞紙も、筆箱も、ランドセルの周りに落ちてる。


これで、全部終わっただとムカッ

明日の朝は、これを全部きっちりさせてからじゃないとDSさせんっムカッ

DSは私の枕元に置いて寝た眠い..



今朝、いつも通り、一人早起きした長男くん。

リビングに降り、着替えをして、寝室に上がって来た。

「ねぇ、ママー。DSどこー?」

私「明日の準備がきっちり終わったらね。」

長男くん「終わった!終わってる!!」と泣きだすショック

私「終わったの?」と、下に降りて見ると、そのままの状態。。

「これで終わったって言わないから。
きっちり終わってから呼んで」

以降、長男くん「終わった!もうちゃんとできてる!」と泣き、一向にやらない。

しばらくして泣きやむも、「やるもんか!」とへそを曲げて、やらない。

私、声を出すとキレそうだったので、シカト。




途中、騒ぎを聞きつけて起きてきた次男くん。

泣いてる長男くんを見て「もっと優しく言って!」と訴える。

「イヤイヤ、全然、怒ってないから。
ママ、すごく冷静。」とお話し。

一向にやろうとしない長男くんにつきあってられないので、
二度寝しようと3階の寝室へ戻った私。



すると次男くんが上がってきて
「ママが見てないと、にいにが出て行っちゃう!
にいにに出て行って欲しくない!」
と泣きだす。。。

・・・出ましたよ。
次男くんの妄想。

次男くんも妄想癖あり。
しかも、被害妄想。←遺伝か?

にいにが怒る→にいにが出て行く

兄さん、実際に家出したことありませんから。

今朝だって、誰も一言も、出てくって言葉使ってないし、
出て行くような素振りもなかったわ。


「にいに、出て行ってないよ。大丈夫」
と言っても

「ママがいないとダメ!」と泣きやまない。。



・・・・・・・・・・・・・二人そろって、めんどくせぇーーーー!!!
寝かせてくれーーーーーー!!!!



結局、リビングに戻らされ、
その後も時々毒づきながらも何もやらない長男くんを無言で待った私。

最終的には、ちゃんと支度を終えた長男くんだけど、
その作業、1分もかかってない。

なのに、それまでかかった時間2時間ほど。。。。。。。。。。




・・・・・・・・・さっさとやれムカッムカッムカッ

あぁー眠いっ

私の貴重な睡眠時間返せーーー!


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
がむばった私をあなたのポチで励ましてやってくださいませしょんぼり






最終更新日  2013.07.03 21:34:45
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.16
ゲームをやり始めると、人格の変わる長男くん。
乱暴な言葉を使ったり、まだ4才の次男くんに無理な要求をして泣かせたり・・ほえー
私のイライラも募るばかり。

去年、耐えかねて禁止になったwiiだけど、
私がwii fitをこっそり再開したところ、
めざとい次男くんがコントローラーを発見し、
なし崩し的に解禁となった我が家のwii。

でもまた、もめることが増えてきて、
ついに昨日、またwiiを中止にした。

が、私的に大嫌いなゲームでも、子供たちにとっては大好きなゲーム。
一方的な感情で、子供たちの大好きなものを取り上げるのは、
私としてももやもやが残る。。

なので、我が家のゲームのルールを明確化することにした。
ある育児書に、
「ルールを決めるときは親が一方的に決めず、子供が主体となって決めるのが大事」
と書いてあった気がするので、子供と話し合って決めた。

紙に書いて、リビングの壁に貼っておきました。
決めたルールは、以下の通り↓

ゲームのお約束
●やることをやってから
・お着替えは終わりましたか?
・宿題はやりましたか?
・お外(または児童館)で、体を使って元気に遊びましたか?

●ゲームは仲良く
・乱暴な言葉は使いません。
・相手に何かしてほしい時は、事前に説明して、了解をもらってからやりましょう。

●ゲームの優先順位は最下位です
・ゲームをやりたいから、やるべきことをできなかったり、おでかけを拒否することはありえません。

以上のことを守れなかったら、1時間勉強する。(←長男くん案・・こんなことできるの??)
それができなかったら、1回目は1日、2回目は2日というように、1日ずつゲーム禁止期間が増えていきます。

さてさて、これで平和な日々はいつまで続くかな。。






最終更新日  2013.06.10 21:30:34
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.