079242 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ステンドグラス工房かわもと インストラクターの日記

PR

プロフィール


かわもと工房 インストラクター

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(4)

おしらせ

(19)

由井康子

(70)

海野裕文

(29)

鈴木 孝

(24)

ドイツ旅行記

(27)

岡田あかね

(18)

安田美恵子

(9)

阿部真知子

(0)

杉本敦子

(1)

櫻井壽代

(0)

大瀧恵美子

(0)

稲葉洋子

(0)

山田尚美

(0)

川本昭彦

(0)

川本佳恵

(0)

かわもとみえ

(4)

日吉恭子

(0)

米津照代

(0)

荒井優子

(0)

ステンドグラスを巡る旅

(42)

イベント情報

(45)

作品の紹介

(0)

研修旅行

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

Aさん@ Re[2]:夢のような3日間!!(12/26) かわもと工房 インストラクターさんへ は…
Aさん@ ティファニーの光に包まれて!(1/19) 昨年10月、体験講座で 「ステンドグラス工…
Aです@ ティファニーの作品に包まれて! Aです🍀 昨年10月「ステンドグラス工房か…
かわもとみえ@ Re:まばゆい光に包まれて!(10/22) 先日は 遠方よりありがとうございました。…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.10.21
XML
カテゴリ:由井康子
こんにちは、由井です。



北海道に来てすでに3日目!今日は楽しみにしていた小樽芸術村です。

こちらは4つの建物に分かれていて、それぞれの建物の中にステンドグラスはじめ、世界の素晴らしい美術品が沢山展示されています。
まず私達が入ったのはステンドグラス美術館。こちらにはかつてイギリスの教会に入っていた、絵つけ技法で作られたパネルの数々が展示されています。







建物の壁いちめんに飾られた美しく荘厳なステンドグラスに圧倒されました。
こんなに近くで、こんなに多くの教会ステンドグラスを見ることができるのは日本ではここだけだそうです。

パネルの他に、絵付け技法の説明や工具、ガラスの製造工程のビデオなどもありとても勉強になりました。



次に入ったのは似鳥美術館です。ここにはルイス・C・ティファニーのパネルがあります。











エントランスを入った途端、目に入った美しいパネルの数々!
思わず「わぁー!ティファニーだ!!」
感激です!まさに光の絵画です!
こちらのパネルも目の前で見ることができ、どんなガラスを使っているのかもじっくり見ることができました。
別のコーナーには、同じ場面を絵付け技法で表現した場合(英国ステンドグラス)と、ガラスの色やテクスチャーで表現した場合(アメリカステンドグラス)を対比させ、その違いをわかりやすく説明してありました。また、ティファニーがよく使うガラスを重ね合わせて、奥行き感を出す技法も詳しく学ぶことができました。




似鳥美術館にはこの他にもガレ、ドーム、横山大観などなど超が付くほど有名な芸術家達の作品も多く展示されています。


多くの素晴らしい作品に触れ、とても幸せな時間を過ごすことができました。







To be continued 。。。


ステンドグラス工房かわもとのホームページ​はこちら


ステンドグラス工房かわもとのネットショップ​はこちら







最終更新日  2019.10.21 22:11:02
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.