2468963 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

全166件 (166件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

テレビ番組

2022.04.19
XML
カテゴリ:テレビ番組
庭のイベリス

日曜日に「鎌倉殿の13人」を観た。頼朝が梶原景時に命じて上総介広常(かずさのすけひろつね)を謀殺した場面である。
上総介と言えば頼朝にとって大恩の人であり鎌倉殿を支える大黒柱の人である。上総介は頼朝の父義朝の御家人だったが1159年の平治の乱で義朝が平氏に敗れた後平氏に従っていたが頼朝が石橋山の戦いに敗れて没落の危機にありながら安房で再挙した時2万の兵を率いて参戦してくれたおかげで頼朝は鎌倉殿の地位を得られたのである。今度謀叛人の棟梁として上総介を暗殺したが、謀叛人どころか命を救ってくれた人である。木曽義仲を討つという頼朝に対し同じ源氏同士で殺し合いをするのに反対の御家人はそれまでにも頼朝に不満を持っていたので団結して頼朝を失脚させようとした。その時北条義時等の計らいで上総介に反乱軍の党首になってもらうことになった。そして圧倒的な勢力になった反乱軍が頼朝の御所を攻めようとしたとき総大将の上総介の一声で頼朝の首は助かったのである。
頼朝にとってはお世話になった人ではあるが御家人としての勢力が群を抜いて大きいこと、頼朝は朝廷と連携して平家打倒を目指していたが上総介は朝廷はどうでもよく、頼朝を棟梁に東国の独立を考えており、意見の違いはあったが頼朝を支える気持ちには変わりなく、最後の段階で頼朝の命を救ってくれた大恩人には変わりないのである。
今回の謀叛騒動の責任をとってもらう形で上総介を謀殺したのである。大軍をもつ上総介に力ではかなわないので1人で御所に来させてそこで殺してしまったのである。今まで何度も助けてもらい常日頃も一緒に酒を飲んだりして付き合っていた上総介を殺してしまう頼朝の残忍性、冷血性が恐ろしくなってしまいその夜は眠れなかった。鎌倉時代は自分が殺さなければいつか自分が殺されるという時代だったのかもしれないが、恩義ある部下を謀殺する頼朝の冷血さには戦慄した。






Last updated  2022.04.20 20:12:02
コメント(8) | コメントを書く


2022.01.20
テーマ:戦争と人間(160)
カテゴリ:テレビ番組
今朝の「マー姉ちゃん」の場面はマー姉ちゃん達の疎開先福岡市が空襲を受けた場面であった。
B29という爆撃機軍団から200発近い焼夷弾が落とされた。家々を焼き払い人々が苦しみ悶えながら死んでもいいという作戦だったのだ。
爆弾に直撃されて死んだ人もいれば火事の炎で焼かれて死んだ人もいた。街に住んでいる人達を皆殺しにしようとした米軍兵士達。家を焼かれて焼け死んでいく人達の苦しみは想像できなかったのであろうか?
もはや人間ではないと思った。酷いことをしたものだ。戦争とはそういうものなのかも知れないが、最高司令部の作戦で勝つためには手段を選ばず獣以下の動物になってしまっていた。
焼夷弾を落とされて負傷しながら逃げ惑う町民の姿をみて涙が止まらなかった。戦争は人間を人間でない獣以下にしてしまう。戦争だけは何としても避けなければならない。一時の感情に走ってはいけない。自国、他国の民衆のことを思い、辛抱強く対話を続けてもらいたいと思う。






Last updated  2022.01.20 13:32:04
コメント(10) | コメントを書く
2022.01.17
テーマ:信じること(30)
カテゴリ:テレビ番組
毎朝7時15分から朝ドラの再放送「マー姉ちゃん」を観ている。マー姉ちゃん一家は福岡、東京、そして疎開で再度福岡と住居が変るが心温まる近所付き合いがあり、妹のまち子はのらくろの田川抱月に師事し、姉のまり子は菊池寛の小説の挿絵を書いたりして社会にも溶け込み楽しく暮らしていた。
今放送している場面は太平洋戦争終盤で空襲警報が鳴り続ける中でまち子が畑を耕して野菜を作ったり、新聞社の絵画関係の仕事での収入で何とか暮らしていた。
まり子は挿絵を描いていた頃に原稿を取りに来ていた毎朝新聞の社員と結婚したがその東郷新八郎は招集を受け外地で従軍していた。そして先週の放送で東郷がインパールで戦死したとの毎朝新聞からの内報があった。
周りでは悲しんでいるがまり子は「私は信じません。新八郎さんは生きています」と信じようとしない。「絶対帰ってきます」と言い張る。女中だったお千代の夫も戦死したと通知を受けていたがそのお千代さんにも「死んだなんて信じてはだめよ」という。
信じる者は救われるというが、事実は事実である。ずっと信じていればその間は幸せかもしれないがいつまで信じ続けることが出来るだろうか?
願い事をする時に「必ずその願いは叶う」と信じることが大切で「叶わないかもしれない」と思ったら叶わない。信ずれば叶うと言うのは「信ずることによって叶わせる不思議な力が働く」ということだと思うが、世の中には事実というものがあり、絶対無理な願いというものもあるのではないかと思っている。
今後どのような展開になるのか案じている。






Last updated  2022.01.17 21:25:42
コメント(2) | コメントを書く
2022.01.13
テーマ:庶民政治家(36)
カテゴリ:テレビ番組
水曜日午後7時から「東大王」というテレビ番組があり、昨日は東大生が選んだ今年期待の100人が番組の中で取り上げられていた。
1位は殆どの人が予想したと思うがアメリカ大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手だった。2位はなんと電気自動車テスラ会長のイーロン・マスク氏や話題を集めた日ハム新庄監督、アメリカ大統領バイデン氏等を抑えて岸田総理が選ばれた。新しい資本主義を標榜してどのような経済体制を構築していくか興味があり期待しているとの声が多かった。東大受験して3回も不合格になったという秀才型でなく努力型の真面目な政治家として評価するという声もあった。東大生が世界の100人の中で大谷に次いで2番目に岸田総理に期待しているとは想像もしていなかったが、岸田総理の責任は重いと思う。
今迄はコロナが静まっていたので岸田総理の大きな失態はなかったが今オミクロン株がどんどん増えている現状があるので腕のみせどころである。介護や医療関係者の給料を上げることを実行しているがそれ以外のサラリーマンの給料をどのようにして上げていくかもポイントになると思う。本人は真面目で不正はしないと思うが過去の総理の隠蔽とかごまかしの答弁に対してどのように対処していくかも難問である。努力型政治家として誠実で誤りのない回答をだしてもらいたいと思う。






Last updated  2022.01.13 14:18:32
コメント(4) | コメントを書く
2022.01.11
カテゴリ:テレビ番組
パーキンソン病で入院している患者さんの家族からテレビを観させてやりたいがいかがでしょうか?と聞かれた。
いつもぐでんと寝ているだけなので見る力があるか分からないのでどうかなと思ったが、刺激になって脳が活性化したら嬉しいので是非設置してもらいたいとのことで借入れ許可したが事務所でその費用を聞いたら1日200円で月に6000円~6200円かかるとのことだった。
かなりの大金である。医療費の1割負担でもその位の支払いの人もいる。生活保護の人はテレビは無理だと言われる理由が分かった。料金は高いけれど生活保護以外の人は殆どテレビを観ている。入院していてリハビリや入浴以外の空き時間の退屈しのぎには最高の娯楽になるのではないかと思った。
先日の私のブログでテレビの番組内容に関しお笑い芸人さんばかりが出ているのは検討して頂いた方がよいと書いたが、入院している人達には番組内容にかかわらずテレビが観れることが生き甲斐かも知れない。そしてむしろお笑い番組の方を楽しんでいるかも知れない。テレビ番組は観る人のおかれた状況によって良し悪しはきまるので一概に批判できないなと思った。
それはそうと高い金を出してテレビを借りることになったパーキンソン病の方が実際にテレビが観れるかどうか気がかりだが、少しでも活用できるように配慮していきたいと思う。






Last updated  2022.01.11 11:21:55
コメント(7) | コメントを書く
2022.01.06
カテゴリ:テレビ番組
先日家に来た親戚の人が「最近のテレビ番組は面白くなくて殆ど見ない」と言っていた。そう言っている人は他にも大勢いて私もそのうちの一人である。朝ドラとか衛星放送の「英雄たちの選択」「クイズ番組」の特定の物などは観るが他はあまり見ない。
新聞のテレビ番組の時間表をみると3時間番組、4時間番組などがずらりと並んでいる。3時間も4時間もテレビを観ている暇人がいるのだろうか?と思う。新聞の時間表に書いてある内容説明もごちゃごちゃ一杯書いてあって何を放映しようとしているか分からない。出演者は殆どお笑いの人達だ。テレビ局や製作者側の意図はなんだろうか?と思う。
恐らく市場調査して売れる番組を作っているつもりだと思うが果たして本当に売れているか厳密に調査して番組内容を再検討してもらいたい。お笑いの人達も厳しい修行をして芸を磨いてきた人達だと思うが製作者がその人達を使えば番組が面白くなると思っているとしたら極めて皮相的な見方だと思う。
テレビは大衆娯楽の中心として長い間国民を楽しませ、癒し、教養を身につけさせ、経済の活性化にも役立ってきた。しかし近年のテレビをみるとドタバタ騒ぎが多く、癒すどころか却って悩ますことになっていないだろうか?と思う。
テレビの管轄は総務省となっているが国で放送内容の規制はできない。言論統制になり憲法違反になってしまうのであくまで自主管理、自主規制して頂くしかない。
テレビ局各局は視聴者の意向などもよく調査して、テレビのあるべき姿をよく検討して人々を幸せにするよき番組を制作してもらいたいと切に望むものである。
3時間番組、4時間番組は儲かるのかもしれないが視聴者の意向も考え、通常は1時間以下、特別の場合には高々2時間位の番組にすべきだと思う。






Last updated  2022.01.06 13:40:54
コメント(10) | コメントを書く
2021.12.27
カテゴリ:テレビ番組
NHK大河ドラマ「「晴天を衝け」が昨日で終了した。モデルになった渋沢栄一が幕末から昭和まで生き抜いて経済界から政治、国際交流分野などあらゆる分野で波乱万丈に大活躍した物語だった。
明治維新スタート時の混乱の様子などはあまり知られていなかったことも多く勉強になった。
渋沢栄一は昭和6年11月11日に91歳で亡くなっているが、満州事変が起きた直後で平和主義者だった彼は日本のやり方に憤慨していた。
日本軍の中国でのやり方やアメリカ移民した日本人が働き過ぎてアメリカ人の職を奪ってしまうなどの理由でアメリカが日本人の移民を禁止しようとした動きに対して渋沢はアメリカまで行ってそれを話し合いで解決しようとしたがその願いは叶わなかった。
しかし各国との友好を最も大事にしており、アメリカの支配層や日本の政界と太いパイプを持っていたの渋沢が亡くなるまでの間に戦争に至らないような布石をいくつも打ってくれていたら日米開戦は阻止できたかもしれないとも思ったが、如何に渋沢でもあの頃の戦争への流れは阻止できなかったかも知れない。
その渋沢をイケメン俳優吉沢亮が演じたが全くのミスキャストだと思った。渋沢はイケメンではない。もっと深みのある男だった。メイキャップ担当もずさんだった。渋沢が年取っていくにつれて吉沢も年取って行かなければならないのに何時までも年取らない吉沢のままだった。渋沢の若い時は吉沢でもいいが年取ってきたらもっと皴のある大人の役者を配するべきだったと思う。どうしても吉沢一人でやり通すのだったら吉沢に皴とかシミとか腰がまがるとか加齢によるメイキャップを施すべきなのに吉沢の顔はずっとツルツルのままだった。演出者はあんな杜撰なメイキャップでいいと思ったのだろうか。吉沢だけでなく他の役者も年齢相応に変装されておらず中学の学芸会なのかと思った。
渋沢栄一の人生物語は面白かったが役者が役どころに応じて年取った姿、形にならなければいけないのに一向に年取った姿にメイキャップされておらず、メイキャップ担当係零点の作品だと思った。






Last updated  2021.12.27 14:13:55
コメント(7) | コメントを書く
2021.05.01
カテゴリ:テレビ番組
すずらん

浪花千栄子をモデルにした朝ドラ「おちょやん」の今週分は主人公千代が道頓堀喜劇で苦楽を共にしてきた夫一平が新人の劇団員と浮気して子供が出来たことで絶望の果てに芝居を止めて消息不明になってから1年後に物語は動き出した。
命をすり減らしながら共に喜劇に尽くしてきた一平に裏切られ、もう役者は金輪際しないと心に決めて社会の裏側でひっそりと暮らしていたがラジオのホームコメディ「お父さんはお人好し」の母親役に誘いがかかったのである。父親役の花菱アチャコが戦争中防空壕で千代に会ったことが忘れられず行方不明だった千代を探し出してくれるようにNHKのスッタッフにお願して捜索してもらった結果京都に住んでいたことが分かったのだ。
アチャコや脚本家の熱心な誘いで「もう役者は止めたので」と断り続けていた千代が考え抜いた末にお引き受けすることになりそのラジオドラマがスタートした。その後についてはそのドラマが大評判で映画にもなりその後舞台やテレビなどでも大活躍の大スターになった。
アチャコが熱心に誘ってくれても一平の事や自分にできるだろうかとの不安もあって最初はけんもほろろに断っていたが、思い切ってOKしたことでその後の人生は大きく開いていった。
芝居を又始めれば嫌でも一平のことを思い出すので芝居は絶対やらないと決めていたがそんなことは吹き飛ばしてしまうような目をみはるような大活躍に繋がっていった。
千代は不幸な生い立ちだった。幼い時に母親に死なれどうしょうもない父親に育てられていたがその父親が後妻を貰ったが身重の後妻と折り合いが悪く追い出されるように奉公に出された。奉公先で必死で貯めたお金は父親がむしり取っていく。人間の屑のような父親だと思うがよく千代のような気立ての子供が生まれたものだと思う。そのような不幸な生い立ちの千代だが一平と結婚し離婚がなければ家庭劇の団長の妻として役者の面倒を見ながらそれなりの人生を送ったのではないかと思う。
ところが全く予期しなかった一平が浮気して子供まで出来てしまって失意のどん底に突き落とされた。そのままだったらとんでもない父親やだらしない夫と関わり不幸な一生で終わったかも知れない。しかし花菱アチャコに声をかけてもらい予想もしなかった大舞台で活躍することになり本当に良かったと思う。
自分の努力もさることながら他人の援助などがキッカケで大きく人生が開けることもあるものだなと思った。






Last updated  2021.05.01 17:50:11
コメント(4) | コメントを書く
2021.04.21
カテゴリ:テレビ番組
チロリアンランプ(アブチロン)
山梨甲斐市から見た本日の富士

今夜の「英雄たちの選択」は渋沢栄一が使えた最後の将軍徳川慶喜だった。二心殿と言われコロコロと態度を変えた彼の本心はどこにあったのか分からない面もあるが大政奉還し、徳川の世を終わらせ新しい時代への橋渡しをした人物として評価できると思う。
戊辰戦争の初戦である鳥羽伏見の戦いで兵力的には幕府軍の方が優勢だったが戦い慣れしていなかった慶喜は大阪をすてて海路江戸に逃げ帰ってしまった。大将を欠いた幕府軍は敗退し一気に新政府軍の体制が固まっていくことになったが、先見の明があり知性抜群と目されていた慶喜は自分が敗退した形をとりながら新しい時代への橋渡しをしたのではないかと思った。日本史上慶喜ほど人物像がはっきりしない人はいないと言われていたが、謹慎がとけた後の悠々自適の生活状態を見るに、先の先を読み最後は勝利した賢い人物だったのではなかろうかと思った。






Last updated  2021.04.21 22:46:11
コメント(3) | コメントを書く
2021.04.14
カテゴリ:テレビ番組
トキワマガリバナ

世の中に不満を持ったり可哀そうな人々の命を救ってやりたいと思っても多勢に無勢でどうしょうもないと思って世を過ごしてきた人達が圧倒的に多いと思う。
今朝、英雄たちの選択「渋沢栄一」の再放送を観た。栄一は21歳の時農家の倅なのに農閑期に江戸に出て剣術修行などをしながら仲間たちからの影響で尊王攘夷思想に凝り固まり、24歳頃には尾高惇忠、渋沢喜作らと60人位の仲間を集めてまず高崎城を襲って武器を調達して、横浜に進軍し外国人居住地を焼き払いその勢いで長州軍と連携して幕府を倒す計画を立てて、当に高崎城に突撃しようとしていた前夜(正確にはその前の夜か数日前かは不明だが当に突撃しようとしていた時)従兄弟の尾高長七郎も仲間に入れようと誘った時長七郎は猛然と反対した。「恐らく横浜にたどり着く前に高崎城で全員撃ち殺されるだろう、撃ち殺されなくても全員捉えられて打ち首になるだろう。止めた方が良い」しかし頭に血が上っている栄一達が聴くわけがない。自分体の後ろには沢山の同志達もいる、今更止めるわけにはいかない。しかし長七郎は必死だった。栄一始め何十人と言う若者たちをむざむざ死なせたくない。夜中じゅう口論は続きお互い殺し合いをする寸前までになった。しかし長七郎は自分の命はなくなってもいいから何んとしても栄一達を救いたい一念で多勢に対して一人で一歩も引かなかった。そしてとうとう根負けした栄一達が高崎城襲撃を諦めたのである。長七郎がいなかったなら栄一は死んでいただろうし明治以後の活躍はなかった。人の運命は分からないものである。その後栄一と喜作は謀反準備罪で捕らえられるのを恐れて京都に逃れたところで江戸にいた時に交流があった一橋家の家臣平岡円四郎に呼ばれて一橋家の家臣にならないかと言われた。栄一は悩みに悩んだ末に「自分達の命や別件の殺人事件で捕らえられている長七郎を救うことにもなるかもしれない」と思って自分達が倒そうとしてきた幕府側の一橋慶喜の家臣になることにして命がなくなるどころかその後の大活躍につながっていくのである。本人の努力もさることながら運がなければこんな人生は歩めなかったとしみじみ思った。







Last updated  2021.04.14 11:05:23
コメント(2) | コメントを書く

全166件 (166件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >


© Rakuten Group, Inc.