1906665 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema  Collection

Cinema Collection

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

プロフィール

ひろちゃん★510

ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007.08.08
XML
人間の友達ができちまった。 

人間の世界に迷い込んだ河童のクゥと、
一人の少年がとどける感動のファンタジー


上映時間 138分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(松竹)
初公開年月 2007/07/28
ジャンル ドラマ/アドベンチャー/ファミリー

【解説】

「クレヨンしんちゃん」シリーズの「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」
「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」で数々の賞に輝いた原恵一監督が、
木暮正夫の同名児童文学を映画化した感動ファミリー・アニメーション。
不思議な力を秘めた河童のクゥと出会った少年のひと夏の冒険を、
家族の絆や友情の大切さを織り込みつつさわやかに綴る。

【ストーリー】

夏休みを心待ちにしていた小学生の上原康一は、
学校帰りに不思議な石を拾う。持ち帰って水で洗うと、
なんと河童の子どもが姿を現わした。

康一によってクゥと名付けられたその河童は、康一たちと
同じ言葉を話し、何百年ものあいだ、地中に埋められて
いたのだという。最初は驚いた家族も、クゥを受け入れ、
周囲に気づかれないよう注意しながら一緒に暮し始める。
そんなある日、康一はクゥを仲間のところに帰してあげようと、
河童伝説の残る遠野へ、クゥを連れてはじめての一人旅に
向かうのだが…。

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート

インファナルフェアーのアンドリュー監督の「消えた天使」も
観たい、でも、「河童のクゥと夏休み」も観たい!
映画館が違うので2本は観れないので、迷った末に
「河童のクゥと夏休み」を鑑賞することにしましたウィンク
(でも、「消えた~」も今月中に観るぞ~~!)

観た方の評判がとても良くて、また監督も
「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!
オトナ帝国の逆襲」の原 恵一監督と言うことで
期待をして観に行きましたスマイル

派手な映画ではないのですが、観ていて懐かしさを感じ、
また家族、友達、自然、人とのつながり、マスコミ、
大衆、イジメetcいろいろなことを考えさせられました。


と書くと、なんかおかたい映画に思われますが、
全然そうではなくてかなり笑わせてくれる映画です。
(瞳ちゃんが面白いです^^)

声高に、メッセージを言うのではなくて、観ているうちに
笑いながら観ているのに、いろいろなことを自然に
考えさせられてしまう・・・
そんな映画でした。

いろいろなことがおしきせがましいわけではなく
また泣かせようとしているわけでもなく(でも
4回泣きましたが・笑)とても静かに時が流れると
言う感じで地味な感じの映画なのですが、2時間18分
飽きることはなかったです。

クゥ.jpg

私が泣いた涙ぽろりのは、後半4回(笑)・・・
ネタばれになるので観ていないかたは読まないで下さいねウィンク

1、号泣人間の身勝手さで、オッサン(康一の飼い犬)が
  自動車にはねられて死んでしまった時


2、号泣イジメられていた同級生の紗代子が引っ越して
  しまうことになり、康一に「仲良くしてくれて
  ありがとう」と笑ってお礼を言おうとして
  その顔が泣き顔になり、大泣きしてしまうところ


3、号泣初めは大嫌いだったクゥが大好きになり
  別れる時に別れたくないと大泣きする瞳のところ


4、号泣ダンボール箱に入ったクゥが乗っている宅配便を
  康一が泣きながら追いかけるところ


人間っていいものだなあと思う反面、身勝手で
自分では気がつかないうちに人を傷つける、
残酷なところもあるとあらためて感じました涙ぽろり

アニメーションの映像的には、レミー~には
かなわないかもしれませんが、でも水雫のシーンは、
レミー~の下水道とは違うリアルさでしたが、
とても綺麗で、クゥと康一が泳ぐところは、観ていて
気持ちが良かったですし、とってもステキでしたきらきら

吹き替えの声もココリコ田中さん、西田尚美さん、ゴリ、
なぎら建壱さんと有名人を使っていますが違和感はなく
クゥ、康一、瞳などの声は子役の声も良かったです。

とってもあたたかな作品ですので多くのかたに
観てもらいたいです。

大人が観ても十分楽しめますし、多くのこどもたちにも
観て欲しい作品です。

上映館が少ないのですが、お近くでやっていたら
是非劇場へ足を運んで欲しいと思います。
もし、無理でしたら、DVDになったら
ご覧になって頂きたいです。

PS・

クゥみたいなかわいい河童なら、私も一緒に暮らしてみたいなあ目がハート
龍が出ると、どうしてもドラゴンボールを思い出す私ってショック
みっしゅさんがラスト、ゴリがいいところ持って行くって
言われてましたが、そういうことだとわかりましたちょき

原監督がその原作をどのようにして映画の脚本にしたのか
興味があるので、原作の「かっぱ大さわぎ」と「かっぱびっくり旅」
を読んでみたいですねウィンク

クゥP.jpg
<↑パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>

世の中みんな敵でも、自分を理解してくれる人が
身近にひとりいればいいじゃないか。


パンフレットに書かれているメッセージですが、これは一部ですが、
監督のメッセージがすごくいいんです。
かなり長いので全部書けないのが残念ですしょんぼり


ピンクハートオマケ

予告編(カート・コバーン・アバウト・ア・サン
だったと思うのですが・(^^ゞ)な、なんとジョニー
コメントを言っている場面が出ました目がハート
こんなところでジョニーに逢えるとは思って
いなかったのでちょっと、かなり?得した気分に
なりましたピンクハート







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007.08.10 15:19:30



© Rakuten Group, Inc.