000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema  Collection

Cinema Collection

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

プロフィール

ひろちゃん★510

ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007.12.05
XML
BEOWULF

世界を巻き込む‘呪い’の連鎖は
ひとりの女の誘惑から始まる。


映時間 114分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2007/12/01
ジャンル アクション/アドベンチャー/ファンタジー

【解説】

最強の勇士が凶悪な怪物たちと壮絶な闘いを
繰り広げるアクション・ファンタジー。

英文学最古の文献のひとつとされる英雄ベオウルフの
冒険物語を基に、オスカー監督ロバート・ゼメキスが、
「ポーラー・エクスプレス」に続いて最新の
パフォーマンス・キャプチャー技術を駆使して、実写とCGを
融合させた革新的な映像で幻想的世界を壮大に描く。
主演は「ディパーテッド」「キング・アーサー」の
レイ・ウィンストン、共演にアンジェリーナ・ジョリー。

【ストーリー】

古代デンマーク。戦士ベオウルフは、時の王フロースガールの
命によって、人々を襲い続ける呪われし巨人グレンデルの
討伐に立ち上がる。そして激戦の末、グレンデルを見事に
打ち負かすのだった。しかし、平安が訪れたのも束の間、
ベオウルフの部下たちが皆殺しにされる。

それは、魔性なグレンデルの母による仕業だった。
さらにはベオウルフも冷酷で妖艶な彼女の魅惑に
引き込まれ、彼女を愛せば永遠の力を持つ王になれる、
という悪魔の誘いを受け入れてしまう。
はたして、突然命を落としたフロースガールの後継者
として王の座に就くベオウルフ。
だが、やがてある時、ドラゴンが現われ、民衆を襲撃し始める…。

3人.jpg

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート>3Dで観たら、もっとハート増えるかもスマイル

今日は高校の時のお友達(いつもの元町6人組・笑)
とランチをしてウィンドウショッピングしてから
お友達と別れて4時からこの映画を鑑賞しました。

食べてしゃべって歩いて・・・ちょっと疲れ気味で、
予告編で観た感じでは、画面は暗かったし・・
イスはエクゼクティブシートだし(笑)
寝ちゃうかもなあ・・・と思っていたのですが・・・・

睡魔は全然訪れませんでした\(~o~)/
映画に悪魔は出てきましたが(ダジャレ言っているしぃ
(^^;))
私はゼメキス監督とは相性いいです目がハート

予告編を観ていて、CGとは全然気がつかなかった
のですが、やはり映像は綺麗で、
レイ・ウィンストン
(ベオウルフ役)もアンソニー・ホプキンス
ジョン・マルコビッチ
時折、実際に出演しているんではないか
と思うほど、表情がリアルでしたびっくり

ホプキンス.jpg
<フロースガール役のホプキンスのCG>

ポーラエクスプレスのCGもすごいと思いましたが、
また格段とすごくなっているCG映像には本当に
驚かされましたびっくり

「ベオウルフ」は現存する最古の英雄叙事詩だそうですが
この作品の脚本は、ニールゲイマン(「スターダスト」の原作者)と
ロジャーエーバリーと共同で書かれていて
原作の要素も踏まえながらも、ストーリーはちょっと、かなり?
違うようです。


ストーリーはとてもわかりやすく、メッセージ性もそれほど強く
押し出していないような感じですので、気楽に楽しめる
映画ですし、また、フルCGの映像を楽しむ映画だとも
思います。

特に後半のシーン、ドラゴン登場からは、迫力ある
すごい映像で、ドラゴンが襲ってくるたびにドキドキハラハラ、
ドラゴンとベオウルフの死闘?のクライマックスシーンは
見ものです!


メッセージ性はあまりないと書きましたが、どんな英雄も
強い男も、美女と富と名声と言う誘惑に負けてしまう
人間の弱さ(男の弱さ?笑)みたいなものは感じましたショック

アンジー.jpg
<グレンデルの母役・アンジー>

アンジーはCGでも迫力、存在感がありましたね~~
もともとアンジー自体がミステリアスな面や強さを
持っているので、この役は適役だと思いましたグッド
アンジーファンには出番少なくて残念かと思いますが(笑)
オールヌード(金箔?笑)のアンジーなのに
ハイヒール履いている(足がハイヒールの形になっている?)
のが可笑しかったですスマイル

ベオウルフ.jpg

<実際はふっくらなレイだけどCGはシャープなベオウルフ>
ベオウルフ役のレイは、「こわれゆく世界で」に
出ていたかたで、実物はふっくらしている中年
男性なんですね(^^;)

この映画はアメリカでは3D映像での上映で
日本では字幕の関係から、3Dの上映館は
少なく、上映があっても、料金も高めに設定
されているようですしょんぼり

この映画は、3Dで観たら、迫力あるんだろうなあと
思うと、3Dで観ることができなくて残念でしたしょんぼり

グレンデル.jpg
<この世の生き物とは思えないショック・・グレンデル
でも、生い立ちを考えるとちょっとかわいそうな気も涙ぽろり


この映画は好き嫌いがきっとわかれると思います。
映像に興味がある方は、この映画は映像主体だと
思うので、映画館で観ることをお薦めしますウィンク

ただ、やはり実際に俳優が演じていないので
ず~~と観ているとゲームの画像のような
感じもあって、映像に重みみたいのものは
感じられないかもしれません。

特に感動させられたとか言うお話ではないのですが
私は嫌いな映画ではない、って言うか
好きなほうですオーケー
この映画の感想書くのって難しいなあ(^^ゞ

image1.jpg
<パンフレット¥700えんぴつクリックで公式サイトへ>

基となったのは、『ロード・オブ・リング』シリーズの原作

「指輪物語」にも多大な影響を与えたとされる

英国文学最古の英雄叙事詩。

あらゆるファンタジーの原点とも言うべき物語が、

最新の映像テクノロジーと出会い、

まだ誰も見たことのない新たなる歴史が刻まれた。


<パンフレットより引用>






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007.12.06 02:33:33



© Rakuten Group, Inc.