1441025 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

劇場鑑賞「チャイル… New! BROOKさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008.04.19
XML
“合唱”って、スゴイ!
きっとあなたも歌いだす、
感動のハーモニー!!

日本中が、スタンディングオベーション!!


上映時間 120分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(日活)
初公開年月 2008/04/05
ジャンル 青春/音楽/ドラマ

【解説】

高校の合唱部をテーマに描く夏帆主演の感動青春ストーリー。
自意識過剰だったヒロインが、挫折を経験して“合唱”の真の
魅力に目覚めていく姿をユーモラスかつさわやかに綴る。
共演はガレッジーセールのゴリと「ALWAYS 三丁目の夕日」
の薬師丸ひろ子。監督は「タナカヒロシのすべて」の田中誠。

【ストーリー】

北海道のとある町。七浜高校合唱部のソプラノパートリーダー、
荻野かすみは、自己中心的で自意識過剰な女の子。
自分の歌声とルックスに自信満々の彼女は、
イケメン生徒会長から写真のモデルを頼まれ有頂天に。

ところが、意気揚々と歌っている瞬間の顔を“産卵中の
シャケみたい”と評され、あえなく自信喪失、退部を決意する。
ラストステージのつもりで参加した夏祭りの合唱祭でも、
ただ一人下を向いてやる気ゼロのかすみ。

そんな時、番長の権藤洋が率いる湯の川学院高校の
ヤンキー合唱団の魂のこもった熱い歌声を聞き心動かされた
かすみは、忘れかけていた歌への情熱を取り戻していく。

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハート

邦画は苦手と言いながら、ぼくちゅうの後は、
またまた邦画の感想で、私を知っていらっしゃる
かたは不思議に思うかもしれませんね(笑)

ぼくちゅうは試写会に誘って頂いたのでタダ、そして
この映画は、鑑賞券を頂いたので今回もまたまたタダ
での鑑賞なのでした(笑)
あっ!タダじゃないと邦画は観ないのか!と突っ込まないで
下さいね(笑)

定石通りの青春映画で、ベタな展開でストーリーとしては
特に目新しいことは感じませんでしたが、やはり歌っていいなあと
感じさせてくれた映画でした。
中でも、ゴリ率いるヤンキー合唱部の尾崎豊の
「15の夜」の合唱は聞き応えがありました
目がハート

合唱コンクールと言うことで、歌と言う部分で、
ものすごい感動があるのではと期待しすぎたせいもあって、
思ったより感動はできなかったのは残念でしたしょんぼり
(この作品の前につぐないを観たからかもしれませんが(^_^;))

とは言え、夏帆さん演じるかすみの自意識過剰は
自分の学生時代にも思い当たることでしたので、
そう言う心情は「うんうん。わかるわかる」
と思って観ていましたスマイル

自意識過剰と言いましたが、私は夏帆さん演じる
かすみのように自分が一番美しいとか歌が一番上手いとか
思ったわけではないですよ。(当然のことですが/(^_^;))
そういうことでなくて、学生の頃って、若い頃って
自分になんの根拠もない自信のようなものがあった気が
したからです(笑)って私だけかしら(^_^;)
かすみみたいな女の子は鼻につくと思う女性もいるかも
しれませんが、私はなんか憎めない感じがしました^^

ゴスペラーズ.jpg
<審査員役で出ているゴスペラーズ・彼らの歌声
聞きたかった・・・エンドロールで聞けますが^^>


歌に関して言えば、私は小さい時から歌が大好きで
自分は歌が上手いと思っていたのに(笑)、ある日
カセットデッキなるものが出てきて、そこに自分の歌声を
吹き込んで(笑)聞いた時のショックと言ったら涙ぽろり・・・
「私ってこんな変な声?こんな下手な歌い方?涙ぽろり」と
自信喪失(笑)、良かった音楽の成績が下がりました・・・
そんなことを思い出しました(笑)

夏帆さんの演技は始めて見たのですが、
能天気で悪気はないんだけど(多分いい家族に囲まれて
幸せに育ってきたからだと思うのですが)
自信過剰なかすみを自然に演じていて良かったです。
綺麗に見えたり、普通に見えたりと、透明感があって
不思議な女優さんですねオーケー

二人.jpg
<この状況で噴き出さない夏帆さんはエライ!笑>

もう一人の主役?とも言えるガレッジセールのゴリ
今年で36歳になるゴリの高校生はすごいですが(笑)
ガクラン着ているとそんな違和感はなくて、
好演だったと思いますグッド「真剣十代」面白かったあ(笑)

薬師丸さんも相変わらず上手い演技ですが、今回は
彼女の透き通った音符歌声も(しかも尾崎豊のオーマオリトルガール)
聞けてちょっと嬉しかったかも目がハート

薬師丸.jpg
<薬師丸さんはちょっと変わった音楽の先生>

この監督の笑わせようとしているシーンは私は笑えないと言うか
苦笑なんですが(^^ゞ、でも、全体を通しては無難に作られていて
幅広い年代層のかたが観れる映画だと思いますオーケー

邦画を2本続けてタダで観ましたが(笑)2本とも良かったのですが
自分としてはぼくちゅうのほうが好みかも・・・

でも、歌っている顔がしゃけの産卵がツボだった私でした(笑)

星4月5日(土)~公開中

パンフ1.jpg
<パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>

PS.先週の土曜日の3時半からの上映で鑑賞したのですが、
後ろの席でかなりビールビールを飲んでいるのかお酒臭いしょんぼり
お酒が一滴も飲めない私にはかなりキツイ臭い失敗

しかも上映時間中に10人以上がトイレに
行ったり戻ってきたりパンチ、忙しかったですわからん
カップルで3回出ていって戻ってきた人もいましたショック

中高校生?らしい若者が、会場を後にする時に
「後ろの席の人たちトイレ行き過ぎ~~」と言って
いましたが同感です泣き笑い
飲んでいる人たちの列にいなくて良かった(私は
端に座るので、同じ列だったら出たり入ったりされたわけで)
とつくづく思いましたうっしっし







最終更新日  2008.04.19 17:45:04
[2008年鑑賞映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.