000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

第44回日本小児臨床薬理学会学術集会:かいちょーなおもてなし

第44回日本小児臨床薬理学会学術集会:かいちょーなおもてなし

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Free Space

Calendar

Archives

June , 2024
May , 2024
April , 2024
March , 2024
February , 2024

Category

Recent Posts

Comments

保和苑@ Re:6月:アジサイ(06/24) 成山裕治 星川みおん
高城れに@ Re[1]:6月:アジサイ(06/24) 大工原里美さんへ
January 28, 2018
XML
​ 2012年の4種混合ワクチン(百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ混合ワクチン)の登場と定期接種化を受けて、2016年をもって3種混合ワクチン(百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン)は国内で製造が中止され、入手できなくなっていました。

 明日2018年1月29日、​3種混合ワクチン「トリビック®」が再販売​となります。2016年以前との違いは、​接種できる対象年齢​につき、以前は3ヶ月以上7歳6ヶ月未満であったものが、成人も含めて3ヶ月以上は全年齢に広がったことです。

*破傷風は、現時点で概ね50歳代以降の世代は、予防接種制度との兼ね合いもあって、​抗体保有率が極めて低い​。
*百日咳は、​成人での流行​が世界的な問題であり、​特に妊婦について欧米では​予防接種による積極的な対応がなされている。
*ジフテリアも、決して過去の感染症ではなく、実際、​ロヒンギャの難民キャンプで​等、患者発生が見られている。

 以上より、3種混合ワクチンを接種する意義は、今後ますます高まることはあれ、薄れることはないと思います。

 4種混合ワクチンは不活化ポリオワクチンも含まれている分、高価であるということからも、任意接種となる特に成人においては、3種混合ワクチンの出番が増えていくことでしょう。

 



 

 ​





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  January 28, 2018 02:45:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
[小児臨床薬理学的話題] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.