000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

アウトドアーズ・コンパス 旧ブログ(~2018年2月)

2015年08月12日
XML
こんにちは、アウトドアーズ・コンパスの門屋です。

3月からスタートした登山初心者限定企画「2015ハジメテトザンシリーズ」
ステップアップの今回は、憧れの北アルプスへハジメテアルプス!
立山三山縦走に行って参りました。

前回の イベントレポート1 の続きです。



PM4:28 本日の宿、リニューアルしたばかりの「内蔵助山荘」到着!
さすがに、皆さんお疲れの様子です。噂の夕飯が楽しみです。



PM5:30 夕飯の時間!!

じゃん!!



本日の夕飯です!

1週間滞在すると、体重2キロは増加しちゃうという噂は本当かも!?
「ちゃんと作ってくれてる」美味しさを味わえる感じ。
特に、右上のしいたけや若竹の煮物は絶品でした!そして・・・

ご飯とお味噌汁、「おかわり自由」なんです!゚+。:.゚(*゚Д゚*)キタコレ゚.:。+゚
大変美味しく頂きました!

夕飯を頂いた後は皆さんそれぞれ、景色を眺めながらの晩酌をしたり、
明日の準備や、「酸素室」なる部屋で、酸素吸入される方も。
きれいな小屋で、それはそれは満喫のひと時でした。

PM6:20 門屋秘密スポットへ

小屋に着いてからTさんに誘われて、あるモノを求めて秘密スポットへ。
さっき越えてきた「真砂岳」をもう一度上り、そのスポットへ。
Tさんめっちゃ早いんで、小走りになる僕。この高度で超人的。

と・・・・まさかの、あの子に遭遇しちゃいました!



ら・・・雷鳥!ライチョー!らいちょーです!

みんな、「雷鳥会えたらいいなぁ」と切望していたところに、
ひとり、遭遇しちゃいました!

小屋に戻り、「雷鳥に会っちゃいました(*´Д`*)」って、
言ったとたん「私も見たい!!!!連れてってください!!」

と、数名から声が上がり、「けっこうまた上がらなきゃですよ?」と言ったものの
みんなのキラキラした目と、「門屋くんに連れてってもらって」という、
ガイドさんの言葉にも後押しされw

「暗くならない内に下りてこられるところまでにいたら」

って約束で、数名の有志と共に本日3度目の真砂岳。

途中まで上がってはみたものの、ガスが濃くなってきて、
そろそろ判断しなきゃって思って、立ち止まり。
「皆さん、ちょっとここで待ってて下さい」
と、ひとりダッシュで駆け上がると、少し行ったところで・・・

雷鳥発見!!
すぐに、待機中のメンバーの下へ戻り、静かに接近。

声にならない声が漏れる女性陣。
思わず手を合わせて、この奇跡的な瞬間の感動に浸り。



「後は、明日晴れたらいいね!晴れ男の門屋さん、よろしく!」
小屋に戻った後は、こんな会話で寝床に着くのでした。
「大丈夫っすよ!晴れ男の僕がちゃんと、快晴予約しときましたから!」

深夜「ゴロゴロゴロゴロ」--カミナリ?・・・(・∀・i)タラー・・・

上向き矢印7/26AM 3:30 上向き矢印

天気が心配で、ひとり起床してダっと外に飛び出す。
あたりは真っ暗だけど、雨やカミナリの音もしない。
頬にあたる冷たい風が、寝起きに気持ちい良い。

「いやぁ、本当にすごい晴れ男っぷりですね!」

小屋に入った瞬間、声をかけてくれたのはTさん。
それは、ご来光と今日の快晴を意味する言葉でした。

AM4:20 

後立山からのご来光を満喫しようと、声をかけあって、
展望スペースへ繰り出します。

はるかに見える「富士山」も、幻想的に見えて、
「来週はあっちに居ます」って贅沢な感想も述べ。

AM4:47 ご来光





ご来光をありがたいと感じるのは、日本人独特の文化と聞きますが、
この神々しい物を、ありがたいと感じられることに感謝しながら。

AM5:45 朝食

さて、ご来光も綺麗に見えて、出発前の腹ごしらえです!





女子だって、朝はしっかり!

ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

朝食も終わり、山荘にもお別れを告げる時が近づいて
「嫌だー!ここの子になるーー!!」
と、ダダこねタイムの皆さんに、お土産タイム。





僕も、お世話になったTさんと、お揃いのTシャツをゲットしました。



速乾素材なので、モチロン山でも着れます(●≧з≦)

AM6:28 別山へ向けて出発!





AM7:35 別山到着





そのまま北峰へ足をのばしました。
この上なく綺麗な快晴の空に、剣岳をバッグに記念撮影



別山でも参拝をすませ



AM8:30 下山開始

下山は一気にドンドン行きます



途中、雷鳥の親子に遭遇!



昨日ほどの近距離ではなかったけど、見れなかった人もココで会えて良かった!

雪も気持ちよく踏んで



気持ち良くて僕は小走りに追い抜いて撮影タイムw



AM10:15 雷鳥沢キャンプ場到着



下山後のご褒美、「みくりが池温泉」に向けて、再度歩き出す。
自分達が歩いてきた稜線に、それぞれが想いを馳せながら。



「地獄巡りみたいねぇ~」
なんて話ながら進み、

AM11:15 日本最高所にある秘湯「みくりが池温泉」到着!!



白色の温泉で、ちょっとこじんまりしてるものの、
秘湯感はすごい満喫できました。

中で、ビールやご飯に舌鼓をうっている方も。

僕は、内蔵助山荘で、お弁当(\1,000-)をこさえてもらっていたので



外のベンチで美味しく頂きました!

PM12:40 室堂到着。

「帰りたくないよぉ~」
「ここの子になるぅ~」
「内蔵助で働く~」



と、最後にダダをこねる大人達を激写して、今回のレポート終了です。

とかくいう僕も、【内蔵助Tシャツ】を着て、
お店でこのブログを書きながら、
使用する写真を選びながら、楽しかった山旅に想いを馳せるひとりです。






最終更新日  2015年08月12日 16時31分24秒
[└登山・トレッキング] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

カテゴリ

プロフィール


KOMPAS002

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.