2292514 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

東京都練馬区 社会保険労務士 中村事務所   (社労士ブログ 代書屋稼業 奮闘記)

PR

Rakuten Profile


代書屋sr▼・ェ・▼さん

ひっそり、目立たず。

フォローする

Calendar

Category

Favorite Blog

久々の自転車トレー… New! SRきんさん

代書屋?  行政書… New! 行政書士&許認可コンサルタント 山崎事務所さん

久しぶりです。 New! J.J.小見山さん

発表会まで! 幼虫2005さん

長谷寺 本尊大観音… 大和侍( 葛城総研 藩士 )さん

六甲シティマラソン へこきもとさん

キンドルで読み終え… リライト8142さん

ああ、良いと思いま… う〜いちさん

本日の営業について かずさのサムライさん

野山系の行政書士が… 野山系の石井行政書士さん

Comments

三和信一@ Re:★ブログ再開! 大山鳴動して鼠一匹(09/22) 税理士に普段の税務は任せているのではな…
J.J.小見山@ Re:★ブログ再開! 大山鳴動して鼠一匹(09/22) 入院するということで長いこと中断したん…
代書屋sr▼・ェ・▼@ Re[1]:★久々、近況報告。(04/21) ふとっちょえすあーるさん そうですね。…
ふとっちょえすあーる@ Re:★久々、近況報告。(04/21) 私は逆に仕事をセーブして、体を休めてい…
robi@ Re:★この数ヶ月の間で身の回りに起こったこと。(03/01) 昔S労会でご一緒させていただきました。…
代書屋sr▼・ェ・▼@ Re[1]:★2017年の展望(01/03) うえうえさん 新年おめでとうございます…
うえうえ@ Re:★2017年の展望(01/03) 明けましておめでとう御座います。 時代…
練馬の運び屋@ Re:★自分の頭で、最善手を紡ぎ出す努力が大事。(12/07) 9日はありがとうございました。助かりま…
代書屋sr▼・ェ・▼@ Re[1]:★最近のマイブーム。(11/05) はじめまして。吉本です。さん はじめま…
はじめまして。吉本です。@ Re:★最近のマイブーム。(11/05) はじめまして。弊社は社労士の顧問契約を…
にほんブログ村 士業ブログへ

中村事務所(練馬区・さいたま市在住)のホームページ(ブログ)へおこしいただきありがとうございます。
社会保険労務士(社労士)は「社会・労働保険関係諸法令」の専門家であって年金事務所、協会けんぽ、ハローワーク、労働基準監督署の下請けではありません。会社経営者・労働者の権利を守ります。

社会保険労務士・行政書士 中村事務所

ビジネスブログ100選

【業務のご依頼、お問い合わせは下記の連絡先またはメールで承っております。】
【ご依頼の際は、当事務所の営業方針をご覧ください。】

〒178-0061
東京都練馬区大泉学園町5-8-11
電話  03-5933-1626  FAX 03-5933-1636

Free Dial 0120-818609(はい、ハローワーク)

業務案内(リンクがコンテンツになっています)

社会保険について ●労働保険について  ●助成金に関すること
●建設業の許可 ●産業廃棄物の許可 ●会社設立に関すること
●民事、家事法務 ●国籍、出入国関係 厚生年金基金問題
労使間のトラブル ●内容証明・契約書作成 交通事故の相談
就業規則の作成税理士事務所検索

BLOG RANKING
社会保険労務士関係のブログがたくさん掲載されています。

Blog Ranking
士業名鑑人気ブログランキング

雇用保険ポータル"ビジネスブログ100選ビジネスブログランキング人気ブログランキング【ブログの殿堂】

社会保険加入・健康保険・厚生年金・障害年金・労災保険・社会保険料節約・就業規則・残業問題・退職金制度・助成金・懲戒解雇・労使トラブル・ 労使協定・高齢者雇用・障害者雇用・労務相談・許認可申請・内容証明・契約書作成・東京都練馬区・さいたま市・社会保険労務士(社労士)・行政書士・中村事務所・特定社労士・社労士 ブログ・ブロガー・紛争解決手続代理業
税理士紹介ビスカス

2017年10月24日
XML
カテゴリ:社労士の休日

先週の週末、事務所旅行で福島会津へ出かけた。今回は、社有車ハイエースワゴンでの旅で、快適かつ楽しい旅行であった。社有車のラッピングを計画して、業者に依頼したのだが、その業者がかなりいい加減な業者で、打ち合わせにも来ないし、見積もいつまでも出さないので結局、断った。出来ないのなら、最初から引き受けなければいいのに、大いに時間をロスして大迷惑だった。


今回、会津のあちこちを訪ねて、なかなか有意義な旅行であったが、そのなかで印象的な訪問先を記録しておくとすれば、野口英世記念館だ。あまりにも有名すぎて、日本人なら誰でも知っている偉人。実は小学生の頃に、一度、亡き親に連れてきてもらったことがあり、今回、実に四十数年ぶりにここを訪れた。

当時は、野口英世の生家がぽつんとあるだけだったが、近代的な資料館が併設され、様々な資料、遺品が展示されている。野口英世の私生活や趣味まで知ることが出来た。なんでも凝り性であったようで、絵画、書の腕前もかなりのものだ。



実筆のノート、戸籍謄本も展示してあった。清作から英世に改名した経緯は諸説あって、真実は知るよしもないが興味は尽きない。あの時代に単身、アメリカに渡って大成功を収めたサクセスストーリーはもちろん現代にも通じるものはあると思う。

事務所旅行でさんざん遊び回って、仕事が心配だったが、帰ってから、かなりの受注ラッシュでありがたいことだ。自分がいなくても、1週間程度は、ある程度仕事が回るようにしていくのが今後も目標。野口英世は51歳でこの世を去ったが、俺はまだまだ努力が足りない。

ずっと雨が降っていてがストップしたままのガーデン工事が再開。



既存の外構を取っ払い、ブロックを数段積み増しするとのこと。シンボルツリーのヒメシャラの木がこざっぱり剪定された。どんな庭になるのか、全部、庭師の感性、センスにおまかせだ。

おまかせと言えば、目の美容整形もほとんど医師におまかせだった。女性なら、細かい打ち合わせをするのだろうが基本、加齢による変化を元に戻してもらうだけなので、顔が大きく変わるわけじゃないからだ。

それでも、なんとなく、成り行きで思い切ったことをしたとも思う。美容医療での再生医療の応用はかなり今は進んでいて、老化の治療は安全、簡単になっているので、人生100年時代には必要なことのように俺は思う。今日で術後10日経ち、腫れはかなり引いたが、まだ内出血は完全には治まっていない。俺がどんな顔になったか興味持つ人もいるかも知れないが、他人の目にはあまり変わらないようにも思う。基本、人の顔なんて

どうでもいいもんだからな・・・。







Last updated  2017年10月24日 22時44分39秒
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.