2986895 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東京都練馬区 社会保険労務士 中村事務所   (社労士ブログ 代書屋稼業 奮闘記)

PR

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

社労士のネット術

2012年02月07日
XML
カテゴリ:社労士のネット術

先日、ランキング番組で、有名な会社の社員食を取り上げいていた。驚いたのはGoogleで、社員は、社食はなにをどれだけ食べても無料。やっぱり儲かっている会社は違うよな。

Googleと言えば、いつの間にか俺も毎月広告料を支払うことになっており、たいした金額ではないにしろ、俺のような貧乏人から金を巻き上げているのだから、やっぱり凄い会社なのは間違いない。しかし、SRきんさんによると、すでにGoogleの衰退がはじまっているという。

俺なりに調べていくと、Facebookの台頭で、検索エンジンの利用頻度が減りつつあり、また巧妙な検索エンジンスパムにより、本当に必要な情報が得られにくく成りつつある。そうでなくても、Googleは広告が優先され、ユーザーに不信感が募りつつあるようだ。そういうトレンドを踏まえつつ、

とりあえずFacebookに広告を出稿してみた。

まだ、出したばかりなのでなんとも言えないが、効果はかなり限定的だと思う。Facebookの場合、個人の属性を対象にしたきめの細かい配信が売りのはずなんだが、それほど、こちらの意図したターゲットが絞れないと思う。

広告料も、ワンクリックの単価が73円と思ったより高価で、無駄打ちだと痛いかも知れない。それでも、広告ってのは、ある意味ギャンブルみたいなところがあるので、ひょんなところから大物を釣り上げられる可能性は否定は出来ないよな。

試行錯誤するしかないかもね・・・。







Last updated  2012年02月07日 11時10分35秒
コメント(4) | コメントを書く


2011年12月11日
カテゴリ:社労士のネット術

楽天ブログの足跡がなくなるらしい。なくなるのは、足跡機能だけではなく、掲示板、メール、ブックマークもなくなるらしい。情報発信、収集のツールとしては、ブログ→ツイッター→フェイスブックと推移しており、ブログの退潮傾向は加速しそうだ。

もともと長い文章を書くことができない人の方が圧倒的に多いわけで、ミニブログといわれるツイッターや、同様の機能があるフェイスブックが受けるのは当然の流れなんだろうね。俺もここまでブログを書き続けられてきたのは、ブログの読者間の交流機能によるところが大きかったのだが、最近はレスも少なくなり、俺が書くことで得られる情報量が少なくなってきた。ブログの

交流機能は外部のサービスとの連携で・・・・

と楽天は考えているようだ。俺としては、100万ヒットまでは楽天ブログで頑張ろうと思っているのだが、単純に書けばいいという、今までのブログの使い方ではメリットが少なく、来年は、他のSNSサービスとうまく絡めてやっていく年になりそうだ。

ブックマークもなくすと言っているのだが、これは、ちょっと迷惑というか、それなりに便利だったので困るね。楽天でブログやってて思うのだが、どうも楽天という会社は好きになれないんだな。タダだから文句は言えないのだが、それにしても

勝手すぎるよ・・・。







Last updated  2011年12月11日 21時58分03秒
コメント(12) | コメントを書く
カテゴリ:社労士のネット術

埼玉労災一人親方部会へのリンクをご希望の際は、必ずsaitama631@mou.ne.jpまで、メールにてお申し込み下さい。(迷惑メール防止のため、@が全角になっています。
メールを送信される場合は、お手数ですが半角に直してください。)
その際は、必ず ご連絡先 ・ HPのURL をお知らせいただけますようお願いいたします。
埼玉労災一人親方部会へのリンクは、ホームアドレス [ http://www.saitama631.com/] にお願いいたします。

バナーは下記のものをご利用ください

banner1.jpg

banner2.jpg







Last updated  2011年12月11日 13時41分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月05日
カテゴリ:社労士のネット術

北与野城のテナントが参加する暑気払いに行ってきた。もちろん、お酒を飲む席なんだが、お酒を飲むことが目的ではなく、なにかしらのビジネスチャンスを求めてのことだ。正直、こういう場に出るのは、本当に久しぶりで、せっせと団体の名刺を配って歩いた。

異業種交流会とか、これまでも参加したことがあるけど、あまり良い思い出はない。なかなかこういうのってビジネスに結びつかないんだけど、ここは、「知り合い」を増やしておくことも、大切と割り切って参加してきた。

さて、今日、司法書士のN先生と電話で話していたら、なんと楽天の自分のブログがある日突然、なんの前触れもなく、消滅していたという。普通に自分のHPへのリンクが張ってある程度のことが、楽天の怒りに触れたのだろうか。かなりアクセス数も稼いでいたし、けっこうショックを受けたという。

この話、正直恐ろしいと思った・・・。

たぶん、タダというか、無料で使用しているから、文句は言えないのだろうが、もし、同じことが自分にも起こったら、ちょっと立ち直れないかもしれない。楽天ブログの場合、日記のバックアップができないから、そのまま他のブログサービスへ移行ってのが困難で、そのため、渋々ここで続けているのだ。

N先生によると、未だに楽天からはなんの連絡も無く、消滅した理由もまったくわからないとのことだが、大事な日記、記事は少しずつコピーしていかないとヤバイかもしれない。

さて、8月に入り、数名の方が団体に加入してくれた。本当に、順調に来ていると思うのだが、その一方で、新たに改善すべき点も出てきた。また、新たに営業の新しいパターンが生まれつつあり、なかなか儲からないけど、仕事自体は面白くなってきた。確かに、流れは、

良い方向に向いていると思う・・・。







Last updated  2011年08月05日 21時46分29秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年11月22日
カテゴリ:社労士のネット術

オフ会の参加者がだんだん集まってきた。やっぱり、それなりの人数が揃わないと面白くないから幹事としては気を遣うよな。予定している人数は、もうちょっと多いから、12月11日(土)予定が空いている人は。ぜひ参加して欲しい。同業者といっても、しがらみがない者同士の集まりだから、きっと楽しいと思うよ。

先日、プロバイダを変えた関係で、やはりメールが届いていなかった不手際があった。もし、お返事が届いていない方がいたら申し訳ない。念のため再度メールをください。これから、参加を検討している人も大歓迎なのでメールよろしくです。

さて、このブログを始めて6年が経過した。こんなに続くとは自分でも予想していなかったことなんだが、振り返ると、この1年はかなりブログを書く環境が変わってきたと感じる。まず、この楽天ブログの同業者の書き手が激減したこと。ブログをやめてしまったか、やめないまでもほとんど更新しなくなってしまった人がたくさんいる。

この理由がなにか考えてみたんだが、ひとつは楽天の物売り主義に嫌気してアメブロへ移行した人が多い。やっぱり書く以上は、多くの人に読んで欲しいという欲はあるわけで、正直、俺もどなたが読んでくれているのかさっぱりわからない状態で書いていることが多い。

もうひとつはツイッターの流行がかなり影響している

と思っている。ブログはある程度の文章表現能力がないと厳しい。ある程度、まとまった文章を書かないと、結局は読んでもらえない。だから、そういうことが苦痛と感じる人には、ブログは向かないんだが、そこへいくとツイッターは文章の表現とか構成力とかまるでおかまいなしだから、続けやすいんだろうな。

有益な情報を持っている人が、必ずしも文章力があるというわけはないので、ある意味ツイッターの方が、ブログより情報収集ツールとしては優れている面があるように思える。だから、これも考えようで、割り切って上手に使えばいいのだが、俺は変なところで頑固だから、今ひとつツイッターを使い切れていない。

ブログの引越も、どうも楽天ブログは特殊らしく、他のブログへすっかり移行ってわけにはいかないので、結局、楽天で騙しだまし、ずるずるやってしまったのだが、正直、そろそろ楽天はダメかなって思っている。来年は、他のブログへ移るか真剣に検討しないとならないだろう。

ブログもそうなんだが、HPもツイッターも来年は、運用を見直ししないといけないように感じている。ある意味、書き続けることで俺は道を開いてきたような気がしているので、書くことは仕事の一部になっていると思う。であれば、なにが最も効率的なのか、

当然考えるわな・・・。







Last updated  2010年11月23日 04時05分07秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年10月10日
カテゴリ:社労士のネット術

先日、取材協力した内容が新聞に載った。全国紙の一面を飾ったのだから、俺としては満足のいく結果だ。度重なる保険料の値上げで、中小企業が悲鳴を上げている現状について書かれたモノだ。

経営基盤の脆弱な中小企業と大企業が同じ条件で、社会保険料を負担する現在の仕組みは、現状として様々な歪みがあり、国側はそれを無視した政策が相も変わらず続いているわけだ。

社労士という職業は、そういう歪みや矛盾の最先端にいる職業であって、国や役所、役人のいい加減な社会保障政策に、いつも悩み続けている。法律と現実の激しい乖離に、憤りを感じたり、己の無力さを嘆いたりしている社労士は俺だけではないだろう。こういう現実に、やっと目を向けてくれたマスメディア関係者がでてきたことに喜びを感じる。

 

101010_103649.jpg

 

記事中の東京都内の社会保険労務士・・・とは、俺のことだ。今さら、売名などしたくはないから匿名になっている。

「社会保険料を払わなくても済む抜け道はいくらでもある」と話す。・・・と書いてあるんだが、ここだけを読むと、またまた俺のダーティなイメージが膨らんでしまうかもしれないから、補足しておくと、俺はそういうノウハウで社労士業をやっているわけではないので、くれぐれも誤解がないようにしてほしい。(笑)

今回の取材にあたり、リーマンショック後に、偽装全喪した事業所とかそういう実例や取材先を紹介して欲しいというオーダーもあったのだが、そもそも、そういう会社は社労士の顧客としては対象外なので、ウチには該当例がなかった。

この記事は、もとはといえば、このブログを読んだ新聞記者さんから、取材の依頼があったところから実現したものだ。矛盾だらけの社会保障制度に警鐘を鳴らしたいという、俺の考えや主張がきっちり反映されたモノになっているから、満足している。このブログの情報発信力、なかなか強力ではないか。これも、今まで

書き続けてきた成果だと思うよな・・・。







Last updated  2010年10月10日 11時19分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年03月16日
カテゴリ:社労士のネット術
税務署の前で旧知の行政書士の先生と出くわす。久しぶりなので、お互いの近況などを話したりしていたのだが、どうもこのブログを読んだことがあるらしい。

東京の社労士で、きったねぇ言葉でブログ書いているの中村さんじゃないの?と訊かれる。フルネーム載ってないけど、中村さんでしょ。・・・と。う~ん、よくわかったなぁ・・と思うね。

まあ、あまり勘違いしている人はいないだろうけど、

ブログの文体はあくまで、演出であって日頃からこういうぞんざいな言葉で喋ったりしているわけじゃない。実際の俺は、かなりの常識派かつ温厚派だから、言葉使いなんぞは、自分で言うのもなんだが、めっちゃキレイなんだよ。

でも、そんなにきったない言葉つかっちゃいないんだが失礼しちゃうよな。

今日は朝から、高年齢継続給付の支給申請書を書いているんだが、これはけっこう苦手な仕事だ。まあ、あまり大きな声でいえないけど、俺的には一銭にもならないからテンションが上がらない。

まっサービス、サービス。






Last updated  2007年03月16日 12時29分27秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年03月13日
カテゴリ:社労士のネット術
ありがたいことに久しぶりに、このブログ経由でお問い合わせをいただく。営業的にこのブログをあてにしているわけじゃないのだが、やはり見ている人もいるようなので、もう少しわかりやすくしておこうと思ったね。

だから、なんとなくトップページの雰囲気が変わったように思われた人もいるかも知れないが、アクセスの質も上がるようにちよっとだけ工夫してみた。

Googleで「練馬区+社労士」で検索すると割に上位に出てくることが多くなったので、もう少し営業の足しになるといいのだが、まあ一般の人は俺の日記を読んでも意味がわからないかもしれないね。

今月に入って、花粉が本格的に飛び始めてから体調がすこぶる悪い。無理がどうしてもきかないので、かなりゆるめに仕事をしているのだが、他の社労士先生のホームページなりをじっくり研究してみたりしている。

本職の俺が読んでも、なるほど、なるほどと思うような力作も多いのだけど、ここまで書いていいのかなぁとか、一般人がみてわかるのかなぁとか、いろいろ思うところは多いよな。

お客さん(見込み客)は社労士になにを期待するのだろうか。

やはりプロだから仕事はできて当たり前だと思う。結果を出すのが専門家の仕事だからな。だから、仕事の内容や手法を事細かにつらつら書くのはどうかと思うね。まあ、素人さんが読んでも分からないだろうしね。だから、仕事の内容より、社労士の人間性や個性を理解してもらうホームページがいいと思う。

まあ、あとはどの程度、相性というか顧問契約を検討する社労士とユーザーフレンドリーな関係になれるかが重要だと思う。やはり、相談するのに気が重くなるようだと顧問契約も長続きしないしな。

俺は、ある程度のリスクは承知で、顧問先には携帯電話の番号を教えて、連絡は常に携帯電話にしてもらうようにしている。いつでも、どこでも連絡がとれる、電話ができるというのも、サービスのうちだと思っているんだが、それでも、ちょっと疎遠になってしまうお客さんもあるからホント難しいよな。






Last updated  2007年03月13日 20時23分11秒
コメント(10) | コメントを書く
2007年03月08日
カテゴリ:社労士のネット術
近々、Vistaマシンを購入する予定だが、今使用しているPCもしばらくは使う予定でいる。XPは、かなりチューニングを施しているので、俺のPCはかなりきびきび動く方だと思うのだが、度重なる更新でインターネットエクスプローラー(IE)が、かなり重くなった。

重いと言うよりは、次のページを開くのに3分くらいかかったりする。いろいろ調べてみたけど、結局ダメ。IE7も入れてみたけど、とにかく遅い。他のソフトはサクサク動くのだから、結局悪いのはブラウザということになる。そこで、

世界最速のOperaというタグブラウザを導入してみた。

実はかなり以前にも、若いVerを使っていたことがあったのだが、最近は、無料で使えるようになったようだ。これが恐ろしいくらい速く、快適なのでここで紹介することにした。http://jp.opera.com/

ただ速いだけでなく、セキュリティもしっかりしているから、これはかなり使える。別のPCに入れたIE7もかなり重いので、IEは基本的にダメなんだね。

夕べ、テレビで引きこもりが話題になっていたけど、俺は、先週の土曜日から一歩も外出していない。花粉を避けるためなんだが、いよいよ明日は予定が入ってしまった。

まだまだ、憂鬱な季節が続くな・・・。








Last updated  2007年03月08日 09時01分27秒
コメント(4) | コメントを書く
2006年12月23日
カテゴリ:社労士のネット術

ブログを書いていると、たまにサービスし過ぎとかコメントがつく。自分でも意識的に「サービス」することもあるけど、これを読む人がある程度のレベルや、タイミングでないと、あまり意味がないから実質はそれほどサービスしてるわけじゃない。

同業者のブログも、当たり障りのないキレイごとに終始したものや、自己顕示欲がただ強いだけのヤツをみたりするけど、なにをそんなにお高くとまっているのか俺にはわからんね。

しょせん、社労士なんて三流士業だろうよ。

こんな、たいして儲からん仕事に、そんなに社会的ステータスがあるはずがない。チンケなパイを取り合いして、細々とやっているのが大方の現状だろ?しかも昔はあまりなかったが、開業講座と称して同業者が同業者を食い物にしてるヤツもいる。醜いよな。

ほんらい、開業をした人は自分だけですべてを切り開いてきたわけだから、そのノウハウを隠したいのはわかる。でも、よい情報は、よい情報をより多く公開した人の元に集まるもんだよ。

べつにノウハウを公開しろって言ってるわけじゃないけど、せめて本音は聞きたいよね。匿名ブログで、本音さえ書かないヤツもいるけど、けつの穴が小さいぜ。

俺もブログを書いて約2年半になるが、随分と有益な情報を手にすることができた。はじめたときは、なんとなくだし、流行にのってみたかっただけだが、今では生活(仕事)の一部。

不思議なもんだね。







Last updated  2006年12月23日 10時47分49秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.