41680994 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暇人主婦の家庭菜園

PR

Calendar

Free Space


献立に困ったら 楽天レシピ



写真: 栽培士免許
☆美味安全野菜栽培士☆
日本園芸協会


問い合わせ先★


ご覧頂きまして、
ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ご訪問の際には、
是非ポチっ♪と
応援をお願い致します。
毎日の更新の励みになります。




家庭菜園ランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村





初めてさん歓迎!「ベランダガーデニング」を楽しむための10のQ&A
pacoma

菜園ナビ|家庭菜園SNSの菜園ナビ























ただ今調整中~!
ご迷惑をおかけいたしております。
すみません。

QLOOKアクセス解析

Wishlist

Rakuten Card

Archives

Recent Posts

Category

お話

(110)

収穫祭(料理・一品おかず)

(349)

小さな菜園(8坪農園)

(59)

畑栽培:ホームファーマー

(438)

農園主のつぶやき

(467)

ハーブ(ルッコラ・バジル・紫蘇)

(138)

水耕栽培/スプラウト栽培

(49)

干し野菜・野菜の保存方法

(25)

勝手に食べログ

(80)

トマト(アイコ・ミニ・大玉)

(80)

とうもろこし

(54)

サツマイモ・安納芋

(48)

ブロッコリー(茎・カリフラワー)

(126)

ニンジン・ゴボウ

(72)

さといも

(45)

落花生・枝豆・ささげ

(74)

ピーマン・ししとう・トウガラシ

(72)

ハクサイ

(34)

ナス・米なす・白なす

(43)

きゅうり

(39)

キャベツ(芽・赤)・プチヴェール

(101)

オクラ・花オクラ

(39)

スイカ・メロン・ペピーノ

(45)

春菊・菜の花

(34)

ほうれん草・スイスチャード・ビーツ

(54)

かぶ・コールラビ

(70)

にら

(21)

大根(ラディッシュ・聖護院・コウシン)

(73)

じゃがいも

(62)

たまねぎ・ネギ

(105)

いちご

(61)

ツルムラサキ・オカワカメ

(12)

サヤインゲン・モロッコ・シカクマメ

(58)

ズッキーニ・そうめんカボチャ

(51)

アスパラガス

(11)

かぼちゃ・コリンキー

(52)

ゴーヤ・キワーノ

(23)

他(アシタバ・モロヘイヤ・ワカメ)

(10)

小松菜・チンゲン菜・からし菜

(62)

レタス

(70)

菜園計画・土のリサイクル・自然農薬

(20)

ソラマメ・ヒヨコ豆

(56)

サヤエンドウ・スナップエンドウ

(61)

自然薯・長芋・ヤマイモ

(28)

健康野菜

(333)

果実(ブルーベリーなど)

(89)

葉もの野菜(ミズナ・タアサイ)

(70)

イタリア野菜

(2)

ベランダ

(16)

モニター

(144)

畑の虫タチ・敵タチ

(8)

Rakuten Ranking

Freepage List

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

きゅうり

2018年07月09日
XML
カテゴリ:きゅうり
​​​​​​​おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!


​☆~秋キュウリ~☆​

夏からでも始められるキュウリ栽培!?
それは・・地這いキュウリ♪

キュウリ栽培は”支柱”を使って栽培するのが一般的と思っている人が多いですが
じつは、もともと地を這う野菜なんです。
知ってたぁ~?(*□*)ビックリ!!

写真: 収穫野菜2(縮小)

​<おすすめポイント>​​
地這いキュウリは暑さに強く
地にツルを這わせて育つ野菜なので~
わざわざこまめに誘引する手間もいらず
これから来る台風シーズンの強風で支柱を倒される心配もないのが嬉しい。

ただ~支柱栽培よりも広さが必要になるのが悩みです。
しょんぼり



​​☆~夏秋キュウリのタネ~☆​​


<霜不知地這>
短太形の地這い用夏秋キュウリ!
●耐暑性と耐病性にすぐれる地這い用品種。
●平均果長18~20cmの短太キュウリで、果皮がやわらかく浅漬にも適する。
●強勢で枝発生がよく、小葉でつるもちがよい。
●べと病・うどんこ病に強く、栽培容易。



<青長系地這>
草勢が強く、地這い栽培に適する夏秋キュウリ!
●平均果長が20cm程度の、地這い用夏秋キュウリ。
●果色は濃緑で肉質にすぐれる。
●草勢が強く、枝発生が特に良好。
●小葉で耐暑性にすぐれ、べと病・うどんこ病に強く、栽培容易。




<秋キュウリ>*ネット栽培・地這栽培どちらでも
●つるもちがよく、晩秋まで収穫できます。
●地這栽培・ネット栽培どちらにも適し、生育旺盛で着果は良好です。
●果は鮮やかな濃緑色で、長さは21~23cm位でよく揃います。
●みずみずしくサッパリとした風味で胡瓜の中でも食味は満点です



<つやみどりキュウリ>
耐病性+食味+収量・地這、支柱栽培に適する高品質夏秋キュウリの決定版
●果実は艶のある濃緑色で長さ22cm程度によくそろい、秀品率が高い。
●主枝は3~4月まきで50~60%、
 側枝は高温期を除き80%前後の雌花率で節成り性が強いです
●樹勢は旺盛で立枯の病害、べと病、うどんこ病に強く自根栽培も可能。
●高温乾燥、日照不足や過湿等の悪条件に対して強い。
●支柱栽培、地這栽培にも適する品種です。



<夏すずみ>
耐病性夏秋キュウリのロングセラー 家庭菜園人気ナンバーワン
●べと病・うどんこ病に強く、薬散労力を軽減できる省力型品種です。
●高温期でも栽培が安定し、クズ果の発生がすくない栽培容易な品種です。
●歯切れの良い食味で品質良好です。



<夏秋キュウリ>*支柱・地這兼用タイプ
家庭菜園向き胡瓜品種
家庭菜園向きに商品化したキュウリ種でつくりやすい。  
キュウリの栽培の天敵であるウドンコ病やベト病にも強い品種です。    
果実が各節に良く着果します。    
おそくまで長期にわたって収穫ができるタイプの夏秋キュウリです。   


​☆~種まきをしてみよう~☆​

写真: キュウリ

<種まき>
種まき時期は6月中旬~7月頃
3号ポットに3粒ほど種をまき、本葉1枚の頃に1本立ちにする。
ポリポットに、培養土を入れ深さ1センチのまき穴をあけて
2~3か所、1粒づつタネをまきます。
土を1センチ被せて軽く押さえ、たっぷりと水やりします。
生育の良い苗を1本だけ残して、本葉が3~4枚の苗に仕上げます。

写真: 作業2(縮小)写真: 作業4(縮小)
<土づくり>
植え付け場所に全面に苦土石灰をまいてなじませておき、
1週間後全面に堆肥&肥料&熔リンをまいてよく耕し、
畝をたて、黒マルチを張ります。

写真: キュウリのコンパニオンプランツ2(縮小)
<キュウリ苗の定植>
まずは~やっぱり、
キュウリのコンパニオンプランツと言ったら、ネギ(またはニラ)!
キュウリの苗を植え付ける時に、
キュウリの根とネギやニラの根が近接するように植え付けると、
より効果が期待できます。

写真: 作業7(縮小)
<キュウリ×ネギの効果>
ネギと一緒に植えておくと、キュウリの根を病原菌から守ってくれて
育ちやすくなる。

写真: 作業5(縮小)写真: 作業10(縮小)
雨の少ない夏なので
畝高は10~15センチほどと高くなくていい。株間は90~120ほどと広め。
本葉が6~7枚ほどになりネットからはみ出るほどに育ったら
葉が虫に多少食べられても大きな被害にならないのでネットを外してもOK.

写真: キュウリ8(縮小)
<摘芯>
地這いキュウリに向く品種は親ヅルより子ヅル孫ヅルに多く
果実をつける飛び成り性のため親ヅルを5~6節で摘心して
子ヅルや孫ヅルを伸ばしてあげよう。

写真: キュウリ6(縮小)写真: キュウリ7(縮小)
<開花>
植え付けから3週間から1か月後
左上)雄花、右上)雌花

写真: キュウリ3(縮小)
<敷き藁>
黒マルチの上や株間などにワラを敷いてあげると
ツルがワラをしっかりと掴んで元気に育ちます。
雑草防止や乾燥防止にも役立ちます。

写真: キュウリ

<より美味しく育てるコツ>
キュウリは日が短くなるとよく果実ができる短日性植物です。
7月中旬に種をまきお盆過ぎから秋に向かって収穫すると
より充実した果実がいっぱい収穫できますよ☆

写真: 収穫野菜2(縮小)


夏のキュウリもいいけど~秋のキュウリも美味しい!!
大笑いバイバイ




「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
毎日のブログ更新の励みとなっています


人気ブログランキング


にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪


花   花   花   花   花



















Last updated  2018年07月09日 10時00分09秒
コメント(20) | コメントを書く
2018年04月17日
カテゴリ:きゅうり
​​​​​​おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこキュウリひよこ
<ウリ科>

夏野菜の代表選手のキュウリ。

暑い夏にもぎたての瑞々しいキュウリを~
カブリっ!!
考えただけでも~(*゚▽゚*)ワクワク しちゃう♪

写真: きゅうり2

キュウリは、 生育スピードが早いので、
肥料切れと水不足を起こさないよう~管理が必要です!
また、つるが旺盛に伸びるので、
整枝をして風通しを良くすることで
うどんこ病などの病気にならない環境つくりが大切。

そして~キュウリの収穫を長く楽しむためには、
タネまき(または植え付け)時期をずらして
栽培すれば初夏から秋まで長期の収穫可能。
1株で20本〜30本は、収穫が見込めますよ~♪



露地作型専用品種の直まきの場合は、
4月からの種まきが一般的です。

キュウリは果菜類の中でも
成長が早く生育期間も短く、育苗期間は約30日かかります。
そして~発芽から収穫までは、なんと約60日!!
しかし~一気に大量の収穫期を迎えたと思ったら・・
寿命が短いのが特徴です。
(*ノω<*) アチャー

そこで、できるだけ~長く収穫を楽しむためには、
苗数を抑えて、種まきをずらしながら~栽培するのが、コツなんです☆




☆~キュウリの品種を選んでみよう~☆


<VR夏すずみ >
●べと病・うどんこ病への耐病性に加え、
ウイルス病(ZYMV)にも中程度の耐病性をもつ。
●つるもちが良く、長期間にわたり秀品性の高い実が収穫できるので、
 家庭菜園向き。
●果長21cm~22cm程度で、果皮は濃緑色。
歯切れ、食味が良い品種です。

写真: VR夏すずみ



<つや太郎>
●べと病・うどんこ病に強く、低温期の果形が安定、
ハウス雨よけ栽培にも使用できる夏秋キュウリ。
●果色は極濃緑でテリがあり、
秀品率が高く平均果長21~22cmによくまとまる。
●側枝や孫枝はゆっくりと発生し、整枝労力が軽減できる。
●主枝雌花率は3~5月播種で50~60%、各節1果成りが主体。

写真: つや太郎



<半白節成>
●平均果長が18cm程度の短形半白キュウリ。
●果形は円筒形によく整い、クズ果の発生が少ない。
●果皮がやわらかく、果肉は歯切れがよくて風味がよい。
●草勢が強く、耐寒性にすぐれているので栽培が容易。
●節間は短く、側枝の発生が少ない。
●節成り性が強く、初期から多収となる。

写真: 半白節成



<フリーダム露地1号>
1、側枝および孫枝の発生は極めて良好で、草勢が強い。
 葉は緑色で丸形。
2、主枝雌花率は5月播種で、約30~40%
3、果実はイボ無しの円筒型、果長17~19cm、果径3cmで秀品率高い。
 果色濃緑でブルームレス台木を使わなくても、ブルーム少なく光沢あり。
 果肉も緑が濃い。
4、食味は歯切れがよく甘みがあり、サラダ、浅漬けに向く。
5、うどんこ病に対して、極めて強い耐病性がある。

写真: フリーダム露地1号



<よしなり>
・家庭菜園にも農家にも人気があります。
・色々な病気に強くて作りやすく秀品率も高い品種です。  
・農緑で光沢の良いキュウリが長さが21cmぐらいで良く揃います。  
・かなり収量もよく農家にも家庭菜園にも評判が良いです。   
・よしなりキュウリは、安定した人気があるベストセラー的な品種です。
  
写真: よしなり



<【フリーダム】あまうまサラダキュウリ>
●サラダや浅漬けによく適するまっすぐなイボなしキュウリです。
●果実は歯切れよく、テリ・甘み・香りがあります。
●病気にきわめて強いので作りやすい初心者様にも向く品種です。

写真: あまうまサラダキュウリ 「フリーダム」



<なるなる キュウリ>
全日本野菜品種審査会一等特別賞受賞!
どんどんなるなる多収で、うどんこ病、べと病に強いキュウリです。
●ウドンコ・ベト病に強く、
春蒔き70~80%秋蒔き40~50%で雌花着生する節成種です。
●果実は平均20~21cm、100g。
濃緑でイボが小さく味は良く秀品率が高い。
●葉は濃く厚く中葉で受光体制が良く、
側枝の発生も良く、伸びすぎず管理が省力化出来る。

写真: きゅうり「なるなる」



<黒さんご>
●果長は24cmの短系四葉タイプ黒光りする濃緑色、品質極上。
主枝は2~3節おきに、側枝は節成りのように着果し、
収穫期前半の収量かきわめて多いです。
●耐病性強く、草勢旺盛。密植できる品種です。

写真: 黒さんご



<ミニキュウリ>
甘くておいしいミニキュウリの品種です。 
リルは、ものすごくたくさん取れるので毎日収穫が楽しめます。 
歯切れが良くて甘みがあり、おいしいのでサラダや生の丸かじりをすすめます。 
他にも浅漬けにも向いています。 
かわいいミニキュウリが約4ヶ月間ドンドン収穫できますので
家庭菜園には超おすすめの品種です。 
味がよく、色も濃くて売りやすいので
直売店での差別化商品にもむいているキュウリです。

写真: リル ミニキュウリ


☆~品種が決まったら~種まきしてみよう☆
<苗づくり>
キュウリ発芽

<種まき>
3号ポットに3粒ほど種をまき、本葉1枚の頃に1本立ちにする。

写真: キュウリ

<植え付け>
ポリポットに、培養土を入れ深さ1センチのまき穴をあけて
2~3か所、1粒づつタネをまきます。
土を1センチ被せて軽く押さえ、たっぷりと水やりします。
生育の良い苗を1本だけ残して、
本葉が3~4枚の苗に仕上げます。

写真: キュウリ栽培2

<植え付け時期の目安>
4月中旬~5月上旬の植え付けを目指します。
寒冷地:5月中旬~6月上旬
中間地:4月下旬~5月中旬
暖地:4月中旬~5月上旬

写真: 秋きゅうり2

<支柱立て・誘引>
植え付け後、支柱を斜め45℃くらいにさし、苗を誘引し麻ひもで縛る。
ツルが伸びてきたら、支柱やネットに麻ひもで、ところどころ結びつける。
*キュウリの新しく伸びたツルは自力では支柱に絡みつかないので、
適度に麻ひもで誘引してあげます。

<追肥>
苗の植え付けから~約2週間後から2週間に1回の割合で
追肥をします。
*生育が早いので追肥を忘れないようにしましょう。

写真: 秋きゅうり3

<整枝と摘芯>
ツルが伸び支柱の頂点やアーチなど上へ達したら、
先端を切って成長を止めその後、養分がわき芽に行き渡るようにします。
*コンパクトに仕上げるために支柱を低くしている場合は、
ツルが垂れ下がったら~
支柱に戻しヒモにひっかけておけば摘芯しなくてもOK.
*株の下葉が枯れていたり、黄色い葉になっていたら~
こまめに取り除いて病害虫予防をします。

キュウリ3キュウリ2

<開花>
植え付けから3週間から1か月後
左上)雄花、右上)雌花
1株に雄花・雌花が着きはじめます
写真: きゅうり栽培4

<一番果の収穫>
開花から7~10日ほどで収穫できますが、
最初の収穫の一番果~二番果までは、
長さ8センチ~10センチほどの大きさで収穫しましょう。
これは株を疲れさせないようにするため。
写真: キュウリ収穫1

<本収穫>
最初の収穫以降の3番果から~長さ15~20センチの実を収穫します。
採り遅れると、あっという間に成長してしまうので要注意です!

写真: キュウリ

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!
これは・・・大きすぎますね・・♬



☆~実生苗と接ぎ木苗の違い~☆

苗の販売が始まる頃~店頭では、
「実生苗」と「接ぎ木苗」という苗が並びます。

さて・・あなたは、どちらの「苗」を選びますか~?



実生苗とは種から育てた苗の事。
接ぎ木苗と言うのは別の品種の茎から下の部分に、
別の苗を接いだ苗のこと。




(てしまの苗屋さん より)

実生苗でも十分大きく育ち収穫も楽しめますが、
初心者の方や”連作障害が心配”って方は、
多少お値段が割高ですが、「接ぎ木苗」を選ぶのをお勧めします☆
うふ♪(* ̄ー ̄)v



☆キュウリ(支柱立てと地這い)の違い☆

キュウリには大きく分けて~
​「節なり種」と「地ばい種」があります。​
(もう少し詳しく言うと・・2種2型)


*「節なり性」と「飛び節なり性」の大きな違いは、
雌花(めばな)の付き方の違いです。

写真: 農家さん1

キュウリ栽培は、
「節成り種」(支柱を立てて栽培する方法)が一般的で、
各節に雌花(めばな)がつき、果実になるタイプを指します。

写真: 葉山のほほん9

「地這い種(飛び節なり)」(支柱を立てず、地面を這わせる栽培)
各節ではなく飛び飛びに雌花(めばな)が付き果実になるタイプを指します。
*地ばいキュウリでも支柱を立てて栽培することも可能。



キュウリはビタミンも少なく、栄養豊富な食品とはいえませんが・・
カリウムが多く含まれている野菜です。

カリウムは、体内の余分なナトリウム(塩分)を排出するため、
高血圧の予防に効能があります。
また、利尿作用によって肌のむくみを取ったりしてくれるので、
夏場の熱中症対策にもなる栄養なんです。☆

是非、たくさん食べたい夏野菜の1つですね♪
ウィンクバイバイ
キュウリ栽培はそろそろ本格的に始まるので、
上手に「市販購入苗」と「種から育てた苗」とを組み合わせて
初夏から秋まで長く収穫を楽しみたいですね☆


「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
毎日のブログ更新の励みとなっています


人気ブログランキング


にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪


花   花   花   花   花












Last updated  2018年04月17日 10時00分04秒
コメント(15) | コメントを書く
2017年06月20日
カテゴリ:きゅうり
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこキュウリひよこ
<ウリ科>

5月に植え付けたキュウリ。

あれほど順調に、まっすぐで綺麗なキュウリを
毎日収穫していたのに・・最近、
曲がったキュウリが増えたな~?って
ことないでしょうか??

キュウリが曲がるのも、じつは原因があるんです!!
w(゜o゜*)wマジ!?

写真: きゅうり2

一般的に考えられるのは~
ネットに絡まってしまい、
成長途中で曲がってしまうってことも考えられるのですが~

例えば大きく曲がったキュウリは、
育てる過程で天候の影響で乾燥しすぎた上、
水分の補給を怠ったのが原因になります。
(雨が降らず乾燥が続くなどの原因も考えられますね・・σ(^_^;)アセアセ... )

十分な水分と養分を与えていれば、多少曲がることがあっても、
ほぼ、まっすぐで形のいい作物が収穫できるはずなんです。
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
意外とキュウリって気難しいのね~。

写真: キュウリが曲がる3

キュウリの曲がる原因には
他にもいろいろとワケがあるようですよ~♬

<キュウリの実が曲がる原因>
1.窒素分の多い肥料が過剰過ぎたこと。
2.植え付けから現在迄の施肥管理が、十分でなかった。
3.下葉の摘み過ぎ。
4.害虫などによる葉の食害で、葉数が減少。
5.梅雨時の雨が多かったこと。降っていない時の乾燥のし過ぎ。

<原因と対策?>
1、2については追肥に問題が有ったと考えられます。
2週間に1回程度、適量を。

3、4については、実を健全に育てる為には
結実数と葉の枚数との関係があります。
結果数に応じた葉の枚数を確保する為、
病害虫対策のためにあまり多くの葉を取り除いてもいけないんです。

5.ビニールマルチをしていれば防ぐことが出来たかも?。
これからは更に地温が上がり成長を阻害します。
敷き藁等で厚くマルチングしないと生長はほぼ休止します。
キュウリの生長温度は18~25度の為、
これからは結果した生長を促すことにだけ注意して
衰退が見え始めたらいち早く栽培を切り上げる決断も必要なのかもしれません。



☆~キュウリの収穫終了のサイン~☆

・苗を植え付けてから、2か月以上。
・葉が黄色くなってきた。
・果実の生る数が減ってきた。
・形が悪くなってきた。曲がった変な形など

写真: きゅうり終了2

栽培期間中に、こんな曲がったきゅうりを見かけたら~
追肥や水やりをして復活させてあげましょう~♪
そして・・次なる、キュウリの準備をするのが得策!

収穫終了のサインが出るまでには~
もう少し時間がありますが・・
「キュウリの収穫量が減ってきたなあ~」っと
感じた頃が・・次の種まき時期!


☆~タネを知ろう~☆


<なるなる>
とにかく良く成る豊作キュウリ。
節成り性で、側枝の発生も良く、たくさんキュウリがとれます。
果実は長さ20~21cm、重さ100g。歯切れが良く食感に優れる。
作型は露地~ハウスまで幅広く適応し、
うどん粉病に強い耐病性を持つため大変作りやすい。

写真: きゅうり「なるなる」



<Vロード>
非常に珍しくウイルス病に強い品種で、
うどんこ病やベト病にも強いキュウリの品種です。 
キュウリの生産量もかなり多い豊作品種あり、つる持ちも良いです。 
Vロードキュウリは、病気に強くて作りやすいので家庭菜園にもおすすめです。
  
写真: キュウリVアーチ




<キュウリ ケンシロウ>
従来の四葉よりも扱いやすい短形四葉タイプ。
モザイク病(ZYMV)・うどんこ病・べと病に耐病性。
パリッとした歯ごたえは四葉ならでは、食味は最高です。
側枝の発生は良く、収穫の波が発生しにくく安定している

写真: きゅうり ケンシロウ




<【フリーダム】あまうまサラダキュウリ>
●サラダや浅漬けによく適するまっすぐなイボなしキュウリです。
●果実は歯切れよく、テリ・甘み・香りがあります。
●病気にきわめて強いので作りやすい初心者様にも向く品種です。

写真: あまうまサラダキュウリ 「フリーダム」



☆~タネまきにチャレンジしてみよう~☆

キュウリ発芽

<種まき>
3号ポットに3粒ほど種をまき、本葉1枚の頃に1本立ちにする。

写真: キュウリ

<植え付け時期>
本葉が3~4枚の苗に仕上げ、植え付けます。

写真: キュウリ苗

<植え付け方法>
本葉が3~4枚になったら、植え付けOK♪
植え付け後、仮支柱を斜め45℃くらいにさし、麻ひもで縛る。
支柱やアーチなどを立てます。

写真: 秋きゅうり2

<つるの誘引>
植え付けから1週間~10日後。
ツルが伸びてきたら、支柱やネットに麻ひもで、ところどころ結びつける。
*下の葉から5節までの子づるは取り除く。

写真: 秋きゅうり3

<追肥>
苗の植え付けから2週間後。
キュウリは次々に果実がつくので、
肥料切れさせないよう2週間に1回の割合で追肥をおこなうと良い。
そして、十分な水やりも重要なポイントです。


<開花時期>
左上)雄花、右上)雌花
植え付けから3週間から1か月後、雄花・雌花が着きはじめます。

写真: 秋きゅうり1

<整枝>
キュウリの下葉、5節目以下のわき芽は
すべて取り除きます。
*キュウリはそのまま放っておいても実がつき収穫できますが、
整枝をおこなうことで、子づるがよく育ち収穫量も増えます。

写真: きゅうり栽培4

<一番果の収穫>
開花から7~10日ほどで収穫できますが、
最初の収穫の一番果~二番果までは、
長さ8センチ~10センチほどの大きさで収穫。
*これは株を疲れさせないようにするため。

写真: きゅうり

<本収穫>
最初の収穫以降の3番果から~長さ15~20センチの実を収穫します。
旺盛につるがのび、収穫最盛期には追いつかないほど・・。
どんどん収穫して、
株を疲れさせないようにするのが長く収穫できるコツです。

写真: きゅうり

<摘葉のタイミング>
収穫の最盛期になると~葉も茂ってきます。
古い株元近くの下葉は、風通しを悪くしたり
病気の発生原因にもなるので、取り除いてしまいましょう。

*摘葉のタイミングは、親づるが支柱の上まで伸びたころ。
株元の下葉から順番に葉を切り取りましょう。
(一回に取る葉は3枚まで)


写真: キュウリが曲がる1

<収穫を長く楽しむコツ!>
●生育スピードが早いので、
肥料切れと水不足を起こさないよう管理が重要。
●つるが旺盛に伸びるので、
適正に整枝をして風通しを良くし病気を発生させないようすることが大切。
●株を疲れさせないよう~早め早めに収穫していきましょう。

写真: キュウリ収穫1


<追肥時の豆ポイント>
固形肥料をあげる際、一気に効きだす場合があり
一時的にチッソ過多の症状になり、うどん粉病も出やすくなりますので
肥料の上げ方にも一工夫が必要になります。
(こまめに少しずつが・・理想)


写真: キュウリ被害1

カラスなどの被害にも注意しながら~
細く~長く~キュウリの収穫を楽しみたいですね☆
しょんぼりバイバイ



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。
毎日の励みとなっています


人気ブログランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村


レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花
















Last updated  2017年06月20日 10時00分03秒
コメント(22) | コメントを書く
2017年03月08日
カテゴリ:きゅうり
おはようございます

プランター&畑の家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこキュウリひよこ
<ウリ科>

暑い夏にもぎたての瑞々しいキュウリを~
カブリっ!!

考えただけでも~(*゚▽゚*)ワクワク しちゃう、キュウリ栽培♬

キュウリはビタミンも少なく、栄養豊富な食品とはいえませんが・・
カリウムが多く含まれている野菜です。

カリウムは、体内の余分なナトリウム(塩分)を排出するため、
高血圧の予防に効能があります。
また、利尿作用によって肌のむくみを取ったりしてくれるので、
夏場の熱中症対策にもなる栄養なんです。☆

是非、たくさん食べたい夏野菜の1つですね♪

写真: きゅうり2

露地作型専用品種の直まきの場合は、
4月からの種まきが一般的ですが、
品種を選べば~もう、種まきできる時期なんです!

(*□*)ビックリ!!

キュウリは果菜類の中でも低温でも発芽してくれて
成長が早く生育期間も短く、育苗期間は約30日かかります。
そして~発芽から収穫までは、なんと約60日!!
しかし~一気に大量の収穫期を迎えたと思ったら・・
寿命が短いのが特徴です。
(*ノω<*) アチャー

そこで、できるだけ~長く収穫を楽しむためには、
苗数を抑えて、種まきをずらしながら~栽培するのが、コツなんです☆



☆~キュウリの品種を選んでみよう~☆
<3月に種まきできる品種>


<VR夏すずみ >
●べと病・うどんこ病への耐病性に加え、
ウイルス病(ZYMV)にも中程度の耐病性をもつ。
●つるもちが良く、長期間にわたり秀品性の高い実が収穫できるので、家庭菜園向き。
●果長21cm~22cm程度で、果皮は濃緑色。歯切れ、食味が良い品種です。

写真: VR夏すずみ



<つや太郎>
●べと病・うどんこ病に強く、低温期の果形が安定、
ハウス雨よけ栽培にも使用できる夏秋キュウリ。
●果色は極濃緑でテリがあり、秀品率が高く平均果長21~22cmによくまとまる。
●側枝や孫枝はゆっくりと発生し、整枝労力が軽減できる。
●主枝雌花率は3~5月播種で50~60%、各節1果成りが主体。

写真: つや太郎



<半白節成>
●平均果長が18cm程度の短形半白キュウリ。
●果形は円筒形によく整い、クズ果の発生が少ない。
●果皮がやわらかく、果肉は歯切れがよくて風味がよい。
●草勢が強く、耐寒性にすぐれているので栽培が容易。
●節間は短く、側枝の発生が少ない。
●節成り性が強く、初期から多収となる。

写真: 半白節成



<フリーダム露地1号>
1、側枝および孫枝の発生は極めて良好で、草勢が強い。
 葉は緑色で丸形。
2、主枝雌花率は5月播種で、約30~40%
3、果実はイボ無しの円筒型、果長17~19cm、果径3cmで秀品率高い。
 果色濃緑でブルームレス台木を使わなくても、ブルーム少なく光沢あり。
 果肉も緑が濃い。
4、食味は歯切れがよく甘みがあり、サラダ、浅漬けに向く。
5、うどんこ病に対して、極めて強い耐病性がある。

写真: フリーダム露地1号



<よしなり>
・家庭菜園にも農家にも人気があります。
・色々な病気に強くて作りやすく秀品率も高い品種です。  
・農緑で光沢の良いキュウリが長さが21cmぐらいで良く揃います。  
・かなり収量もよく農家にも家庭菜園にも評判が良いです。   
・よしなりキュウリは、安定した人気があるベストセラー的な品種です。
  
写真: よしなり



<【フリーダム】あまうまサラダキュウリ>
●サラダや浅漬けによく適するまっすぐなイボなしキュウリです。
●果実は歯切れよく、テリ・甘み・香りがあります。
●病気にきわめて強いので作りやすい初心者様にも向く品種です。

写真: あまうまサラダキュウリ 「フリーダム」



<なるなる キュウリ>
全日本野菜品種審査会一等特別賞受賞!
どんどんなるなる多収で、うどんこ病、べと病に強いキュウリです。
●ウドンコ・ベト病に強く、
春蒔き70~80%秋蒔き40~50%で雌花着生する節成種です。
●果実は平均20~21cm、100g。濃緑でイボが小さく味は良く秀品率が高い。
●葉は濃く厚く中葉で受光体制が良く、
側枝の発生も良く、伸びすぎず管理が省力化出来る。

写真: きゅうり「なるなる」



<黒さんご>
●果長は24cmの短系四葉タイプ黒光りする濃緑色、品質極上。
主枝は2~3節おきに、側枝は節成りのように着果し、
収穫期前半の収量かきわめて多いです。
●耐病性強く、草勢旺盛。密植できる品種です。

写真: 黒さんご



<ミニキュウリ>
甘くておいしいミニキュウリの品種です。 
リルは、ものすごくたくさん取れるので毎日収穫が楽しめます。 
歯切れが良くて甘みがあり、おいしいのでサラダや生の丸かじりをすすめます。 
他にも浅漬けにも向いています。 
かわいいミニキュウリが約4ヶ月間ドンドン収穫できますので
家庭菜園には超おすすめの品種です。 
味がよく、色も濃くて売りやすいので
直売店での差別化商品にもむいているキュウリです。

写真: リル ミニキュウリ


☆~品種が決まったら~種まきしてみよう☆
<苗づくり>
キュウリ発芽

<種まき>
3号ポットに3粒ほど種をまき、本葉1枚の頃に1本立ちにする。

写真: キュウリ

<植え付け>
ポリポットに、培養土を入れ深さ1センチのまき穴をあけて
2~3か所、1粒づつタネをまきます。
土を1センチ被せて軽く押さえ、たっぷりと水やりします。
生育の良い苗を1本だけ残して、
本葉が3~4枚の苗に仕上げます。

写真: キュウリ栽培2

<植え付け時期の目安>
4月中旬~5月上旬の植え付けを目指します。
寒冷地:5月中旬~6月上旬
中間地:4月下旬~5月中旬
暖地:4月中旬~5月上旬

写真: 秋きゅうり2

<支柱立て・誘引>
植え付け後、支柱を斜め45℃くらいにさし、苗を誘引し麻ひもで縛る。
ツルが伸びてきたら、支柱やネットに麻ひもで、ところどころ結びつける。
*キュウリの新しく伸びたツルは自力では支柱に絡みつかないので、
適度に麻ひもで誘引してあげます。

<追肥>
苗の植え付けから~約2週間後から2週間に1回の割合で
追肥をします。
*生育が早いので追肥を忘れないようにしましょう。

写真: 秋きゅうり3

<整枝と摘芯>
ツルが伸び支柱の頂点やアーチなど上へ達したら、
先端を切って成長を止めその後、養分がわき芽に行き渡るようにします。
*コンパクトに仕上げるために支柱を低くしている場合は、
ツルが垂れ下がったら~
支柱に戻しヒモにひっかけておけば摘芯しなくてもOK.
*株の下葉が枯れていたり、黄色い葉になっていたら~
こまめに取り除いて病害虫予防をします。

キュウリ3キュウリ2
<開花>
植え付けから3週間から1か月後
左上)雄花、右上)雌花
1株に雄花・雌花が着きはじめます
写真: きゅうり栽培4

<一番果の収穫>
開花から7~10日ほどで収穫できますが、
最初の収穫の一番果~二番果までは、
長さ8センチ~10センチほどの大きさで収穫しましょう。
これは株を疲れさせないようにするため。
写真: キュウリ収穫1

<本収穫>
最初の収穫以降の3番果から~長さ15~20センチの実を収穫します。
採り遅れると、あっという間に成長してしまうので要注意です!

写真: キュウリ

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!
これは・・・大きすぎますね・・♬



☆~実生苗と接ぎ木苗の違い~☆

苗の販売が始まる頃~店頭では、
「実生苗」と「接ぎ木苗」という苗が並びます。

さて・・あなたは、どちらの「苗」を選びますか~?

実生苗とは種から育てた苗の事。
接ぎ木苗と言うのは別の品種の茎から下の部分に、
別の苗を接いだ苗のこと。




(てしまの苗屋さん より)

実生苗でも十分大きく育ち収穫も楽しめますが、
初心者の方や”連作障害が心配”って方は、
多少お値段が割高ですが、「接ぎ木苗」を選ぶのをお勧めします☆
ウィンクバイバイ




「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています


<カテゴリー変更いたしました!>











Last updated  2017年03月08日 10時00分04秒
コメント(24) | コメントを書く
2016年06月20日
カテゴリ:きゅうり
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこキュウリひよこ
<ウリ科>

キュウリは果菜類の中でも生育期間が短い!のが特徴で、
発芽から~収穫まで約60日!
と、とても嬉しいのですが・・
しかし~一気に大量の収穫期を迎え・・
あっという間に収穫時期が終わってしまう、
寿命が短いのが特徴です。

キュウリの収穫期間は2ヶ月~2ヶ月半

w(゜o゜*)wマジ!?

そこで、できるだけ~長く収穫を楽しむためには、
苗数を抑えて、ずらしながら~栽培するのが、コツなんです☆

写真: キュウリ収穫1

キュウリは夏野菜の代表格ですが、収穫できる期間が短いのが悩み!
でも~上手に「種まき」や「苗の植え付け」の時期をずらして栽培すれば
初夏から秋まで収穫可能なんです!

1株で30本〜40本の収穫が見込めますよ~♪


☆~キュウリの収穫終了のサイン~☆

・苗を植え付けてから、2か月以上。
・葉が黄色くなってきた。
・果実の生る数が減ってきた。
・形が悪くなってきた。曲がった変な形など

写真: きゅうり終了2

栽培期間中に、こんな曲がったきゅうりを見かけたら~
追肥や水やりをして復活させてあげましょう~♪
そして・・次なる、キュウリの準備をするのが得策!

収穫終了のサインが出るまでには~
もう少し時間がありますが・・
「キュウリの収穫量が減ってきたなあ~」っと
感じた頃が・・種まき時期!


☆~タネを知ろう~☆


<なるなる>
とにかく良く成る豊作キュウリ。
節成り性で、側枝の発生も良く、たくさんキュウリがとれます。
果実は長さ20~21cm、重さ100g。歯切れが良く食感に優れる。
作型は露地~ハウスまで幅広く適応し、
うどん粉病に強い耐病性を持つため大変作りやすい。
写真: きゅうり「なるなる」



<Vロード>
非常に珍しくウイルス病に強い品種で、
うどんこ病やベト病にも強いキュウリの品種です。 
キュウリの生産量もかなり多い豊作品種あり、つる持ちも良いです。 
Vロードキュウリは、病気に強くて作りやすいので家庭菜園にもおすすめです。  
写真: キュウリVアーチ




<キュウリ ケンシロウ>
従来の四葉よりも扱いやすい短形四葉タイプ。
モザイク病(ZYMV)・うどんこ病・べと病に耐病性。
パリッとした歯ごたえは四葉ならでは、食味は最高です。
側枝の発生は良く、収穫の波が発生しにくく安定している
写真: きゅうり ケンシロウ




<【フリーダム】あまうまサラダキュウリ>
●サラダや浅漬けによく適するまっすぐなイボなしキュウリです。
●果実は歯切れよく、テリ・甘み・香りがあります。
●病気にきわめて強いので作りやすい初心者様にも向く品種です。
写真: あまうまサラダキュウリ 「フリーダム」



☆~タネまきにチャレンジしてみよう~☆

キュウリ発芽

<種まき>
3号ポットに3粒ほど種をまき、本葉1枚の頃に1本立ちにする。

写真: キュウリ

<植え付け時期>
本葉が3~4枚の苗に仕上げ、植え付けます。

写真: キュウリ苗

<植え付け方法>
本葉が3~4枚になったら、植え付けOK♪
植え付け後、仮支柱を斜め45℃くらいにさし、麻ひもで縛る。
支柱やアーチなどを立てます。

写真: 秋きゅうり2

<つるの誘引>
植え付けから1週間~10日後。
ツルが伸びてきたら、支柱やネットに麻ひもで、ところどころ結びつける。
*下の葉から5節までの子づるは取り除く。

写真: 秋きゅうり3

<追肥>
苗の植え付けから2週間後。
キュウリは次々に果実がつくので、
肥料切れさせないよう2週間に1回の割合で追肥をおこなうと良い。
そして、十分な水やりも重要なポイントです。

<開花時期>
左上)雄花、右上)雌花
植え付けから3週間から1か月後、雄花・雌花が着きはじめます。

写真: 秋きゅうり1

<整枝>
キュウリの下葉、5節目以下のわき芽は
すべて取り除きます。
*キュウリはそのまま放っておいても実がつき収穫できますが、
整枝をおこなうことで、子づるがよく育ち収穫量も増えます。

写真: きゅうり栽培4

<一番果の収穫>
開花から7~10日ほどで収穫できますが、
最初の収穫の一番果~二番果までは、
長さ8センチ~10センチほどの大きさで収穫。
*これは株を疲れさせないようにするため。

写真: きゅうり

<本収穫>
最初の収穫以降の3番果から~長さ15~20センチの実を収穫します。
旺盛につるがのび、収穫最盛期には追いつかないほど・・。
どんどん収穫して、
株を疲れさせないようにするのが長く収穫できるコツです。

写真: きゅうり

<摘葉のタイミング>
収穫の最盛期になると~葉も茂ってきます。
古い株元近くの下葉は、風通しを悪くしたり
病気の発生原因にもなるので、取り除いてしまいましょう。

*摘葉のタイミングは、親づるが支柱の上まで伸びたころ。
株元の下葉から順番に葉を切り取りましょう。
(一回に取る葉は3枚まで)


写真: キュウリが曲がる1

<収穫を長く楽しむコツ!>
●生育スピードが早いので、
肥料切れと水不足を起こさないよう管理が重要。
●つるが旺盛に伸びるので、
適正に整枝をして風通しを良くし病気を発生させないようすることが大切。
●株を疲れさせないよう~早め早めに収穫していきましょう。

写真: きゅうり2

細く~長く~キュウリの収穫を楽しみたいですね☆
しょんぼりバイバイ






「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花












Last updated  2016年06月20日 10時09分10秒
コメント(28) | コメントを書く
2016年05月12日
カテゴリ:きゅうり
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこキュウリひよこ
<ウリ科>

夏の瑞々しさを味わう~キュウリ。
真夏の水分補給に~生きゅうりをパリッとかぶりつく!
この歯切れの良さと胡瓜の独特な爽やかな香りがたまらない~~~♪
O(≧▽≦)O ワーイ♪

キュウリは果菜類の中でも生育期間が短い!
のが特徴で、発芽から~収穫まで約60日と早いので
「狭いベランダ」も期間限定で十分、楽しめるのが魅力です☆
(洗濯物干しにも~邪魔にはなりません?・・・笑)

写真: キュウリ収穫1

しかも・・1株育てれば~
約15~20本は収穫できるというキュウリ栽培、
是非、ほかの夏野菜同様に育ててみたいですよね☆

☆~キュウリの品種~☆


<品種選びのコツ>
定番のキュウリにはたくさんの品種がありますが~
ここでは栽培重視をした品種選びましょう♪

1.キュウリには「節なり性」と「飛び節なり性(地這い)」とがあります。
*コンパクトに育てるなら「節なり性」品種を選びましょう。
2.接ぎ木苗を選ぶ。
3.「うどんこ病」や「べと病」など耐病性のある品種を選ぶのがコツ。

☆節なり性☆
親づるの節ごとに連続して果実がつきやすいタイプ。
子づるや孫づるを旺盛に伸ばさなくても、たくさん収穫できる。
*品種のラベルに「節なり」「一本立ち」など記載されていることが多い。





☆~飛び節なり(地這い)性~☆
主に子づるの節に雌花が飛び飛びにつくタイプ。
子づるや孫づるに果実がつきやすく、
つるを摘芯せずに伸ばして栽培するのが一般的。
収穫が長期間続けられるが、広い面積が必要で整枝の作業もちょっと複雑。







☆~キュウリを上手に育てるポイント~☆
お好みの品種が決まったら~栽培にチャレンジしてみよう♪

1.良い苗の選び方ポイント


1.台木(1番したの大きな葉っぱ2枚)の双葉と
キュウリの双葉(大きな葉っぱの上にある葉っぱ2枚)が4枚ある。
2.本葉3~4枚の若い苗
3.病気や害虫がついていない
4.つるがのびていない
5.ずんぐりとしてて茎が太く節間が狭い。



こんなクリップみたいなのがある場合もあるので、
すぐわかるかも♪


2.苗の植え付け
写真: キュウリ苗

本葉が3~4枚になったら、植え付けOK♪
植え付け後、仮支柱を斜め45℃くらいにさし、麻ひもで縛る。
支柱やアーチなどを立てます。


キュウリの育て方・日常管理 その1 準備と植えつけ


3.芽かき・つるの誘引
写真: 秋きゅうり2

植え付けから1週間~10日後。
ツルが伸びてきたら、支柱やネットに麻ひもで、ところどころ結びつける。
*下の葉から5節までの子づるは取り除く。


キュウリの育て方・日常管理 その2 芽かき・誘引


キュウリの育て方・日常管理 その3 芽かき・誘引


4.追肥
写真: 秋きゅうり3

植え付けから2週間~
化成肥料を株元にまいて追肥してあげましょう。


キュウリの育て方・日常管理 その4 追肥・誘引


5.開花
キュウリ3キュウリ2

植え付けから3週間から1か月後
左上)雄花、右上)雌花
1株に雄花・雌花が着きはじめます。


キュウリの育て方・日常管理 その5 誘引


6.整枝
写真: 秋きゅうり1

<注意ポイント!>
「節なり性」の親づる型の品種は、「摘心」してはダメ!
「節なり性」の親づる型の品種は、親づるの節ごとに果実がつくので
摘心する必要はありません。
摘心せずに親づるを伸ばして育て、支柱の先端から上まで伸ばすと、
その先は下に垂れ下がります。その場合、親づるの先端を内側に押し入れれば
再び、上へ伸びていきます。
これを親づるの先端が垂れ下がるたびに繰り返せば、収穫時期も長く楽しめます。


*それでも収穫しづらくなるので、先端をハサミで切って成長を止めましょう。


7.一番果の収穫
写真: きゅうり栽培4

開花から7~10日ほどで収穫できますが、
最初の収穫の一番果~二番果までは、
長さ8センチ~10センチほどの大きさで収穫。
*これは株を疲れさせないようにするため。


キュウリの育て方・日常管理 その6 収穫・水やり


8.収穫後の管理方法
写真: きゅうり

1番果の収穫後も、次々に花が咲きます。
肥料分が少ないと、葉の色が少し黄色くなってしまう場合があります。
そんな時は、すぐに「追肥」してあげましょう。


キュウリの育て方・日常管理 その7 追肥


9.肥料・水やりの管理

写真: 秋キュウリ3

収穫が続いている間は、「追肥」と「水やり」を丁寧に行いましょう。
土の表面が乾いたら、たっぷりと水をあげます。


キュウリの育て方・日常管理 その8 誘引・追肥


10.本収穫
写真: きゅうり

最初の収穫以降の3番果から~長さ15~20センチの実を収穫します。
旺盛につるがのび、収穫最盛期には追いつかないほど・・。
どんどん収穫して、
株を疲れさせないようにするのが長く収穫できるコツです。


キュウリの育て方・日常管理 その9 収穫・追肥


写真: おばけキュウリ

採り遅れると~あっという間に・・
おばけキュウリになっちゃいますよ~♪要注意です!
(*≧m≦*)プププw


キュウリの育て方・日常管理 その10 収穫・追肥


写真: キュウリ

キャハハハハッ!!(≧▽≦)彡☆バンバン
これも・・・家庭菜園ならではの、レア収穫ですね☆


四つ葉ちょい辛きゅうり四つ葉
ちょい辛きゅうり

■レシピを考えた人のコメント
きゅうりが食べきれないほど収穫ができました。

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…


いっぱい収穫ができますよう~に☆
大笑いバイバイ






「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花











Last updated  2016年05月12日 09時54分16秒
コメント(22) | コメントを書く
2016年03月07日
カテゴリ:きゅうり

おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこキュウリひよこ
<ウリ科>

キュウリは、インドのヒマラヤ山麓にある野生種から進化したものといわれ、
栽培の歴史は古い。そのため、種類も品種もとても豊富にあります。

キュウリはビタミンも少なく、栄養豊富な食品とはいえませんが・・
カリウムが多く含まれている野菜です。

カリウムは、体内の余分なナトリウム(塩分)を排出するため、
高血圧の予防に効能があります。
また、利尿作用によって肌のむくみを取ったりしてくれるので、
夏場の熱中症対策にもなる栄養なんです。☆

是非、たくさん食べたい夏野菜の1つですね♪

写真: きゅうり2

一般的なキュウリの種まきは4月からですが~
3月から種まきできる品種があるんです。

キュウリは果菜類の中でも低温でも発芽してくれて
成長が早く生育期間も短く、発芽から収穫まで約60日!!
そして~一気に大量の収穫期を迎え・・寿命が短いのが特徴です。

(*ノω<*) アチャー

そこで、できるだけ~長く収穫を楽しむためには、
苗数を抑えて、種まきをずらしながら~栽培するのが、コツなんです☆



☆~キュウリの品種を選んでみよう~☆
<3月に種まきできる品種>



<【フリーダム】あまうまサラダキュウリ>
●サラダや浅漬けによく適するまっすぐなイボなしキュウリです。
●果実は歯切れよく、テリ・甘み・香りがあります。
●病気にきわめて強いので作りやすい初心者様にも向く品種です。
写真: あまうまサラダキュウリ 「フリーダム」




<おてがるキュウリ 「よしなり」>
暑さや寒さに強く、病気にも強い、おいしいきゅうりです。
つくりやすくて、収穫の波が少なく、たくさんの量が安定して長期間収穫できます。
べと病、褐班病、うどんこ病に耐病性で、薬散を軽減できます。
とくに褐班病激発地に有効です。
写真: おてがるキュウリ 「よしなり」





<なるなる キュウリ>
全日本野菜品種審査会一等特別賞受賞!
どんどんなるなる多収で、うどんこ病、べと病に強いキュウリです。
●ウドンコ・ベト病に強く、
春蒔き70~80%秋蒔き40~50%で雌花着生する節成種です。
●果実は平均20~21cm、100g。濃緑でイボが小さく味は良く秀品率が高い。
●葉は濃く厚く中葉で受光体制が良く、
側枝の発生も良く、伸びすぎず管理が省力化出来る。
写真: きゅうり「なるなる」






<Vアーチ>
●ウイルス病(特にZYMV)・べと病・うどんこ病・褐斑病に耐病性で、
つるもちがよく減農薬栽培が可能。
●草勢は強く安定。草姿は小葉で立性、
中短節間の側枝が栽培後半まで安定して発生し管理作業が容易。
●平均果長は約21~22cm、果色は極濃緑でテリがあり、
栽培期間を通じて秀品率が高い。
●果実は歯切れがよく、食味にすぐれる。
●初期から多収。主枝雌花率は4~5月まきで40~50%。
果実肥大が早く、側枝以降も60~70%程度連続着花するので、
初期から安定して多収となる。
写真: キュウリVアーチ





<VR夏すずみ >
●べと病・うどんこ病への耐病性に加え、
ウイルス病(ZYMV)にも中程度の耐病性をもつ。
●つるもちが良く、長期間にわたり秀品性の高い実が収穫できるので、家庭菜園向き。
●果長21cm~22cm程度で、果皮は濃緑色。歯切れ、食味が良い品種です。
写真: VR夏すずみ





<相模半白節成>
強勢で初期から多収となる半白キュウリ!
●果形は円筒形で平均果長18cm程度の
 短形半白キュウリ。
●肉質はしまりがよく歯切れがよい。
●節成りになりやすく、着果と肥大もよいため、
 初期から収量が多い。
●茎は太く強勢で、節間はやや短い。平均果長18cm
写真: 相模半白節成





<キュウリ ケンシロウ>
従来の四葉よりも扱いやすい短形四葉タイプ。
モザイク病(ZYMV)・うどんこ病・べと病に耐病性。
パリッとした歯ごたえは四葉ならでは、食味は最高です。
側枝の発生は良く、収穫の波が発生しにくく安定している
写真: きゅうり ケンシロウ


☆~品種が決まったら~種まきしてみよう☆
<苗づくり>

キュウリ発芽

<種まき>
3号ポットに3粒ほど種をまき、本葉1枚の頃に1本立ちにする。

写真: キュウリ

<植え付け>
本葉が3~4枚の苗に仕上げ、植え付けます。

写真: キュウリ栽培2

<植え付け時期>
4月中旬~5月上旬の植え付けを目指します。

写真: 秋きゅうり2

<誘引>
植え付け後、仮支柱を斜め45℃くらいにさし、麻ひもで縛る。
ツルが伸びてきたら、支柱やネットに麻ひもで、ところどころ結びつける。

写真: 秋きゅうり3

<摘芯>
ツルが伸び支柱の頂点やアーチなど上へ達したら、先端を切って成長を止め
その後、養分がわき芽に行き渡るようにします。
*コンパクトに仕上げるために支柱を低くしている場合は、
ツルが垂れ下がったら~支柱に戻しヒモにひっかけておけば摘芯しなくてもOK.

キュウリ3キュウリ2


<開花>
植え付けから3週間から1か月後
左上)雄花、右上)雌花
1株に雄花・雌花が着きはじめます。

写真: きゅうり栽培4

<一番果の収穫>
開花から7~10日ほどで収穫できますが、
最初の収穫の一番果~二番果までは、
長さ8センチ~10センチほどの大きさで収穫しましょう。
これは株を疲れさせないようにするため。

写真: キュウリ収穫1

<本収穫>
最初の収穫以降の3番果から~長さ15~20センチの実を収穫します。
採り遅れると、あっという間に成長してしまうので要注意ですよ!

写真: キュウリ

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!
これは・・・大きすぎるよね♪


四つ葉きゅうりのぶったたき☆辛味噌和え四つ葉
きゅうりのぶったたき☆辛味噌和え
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…


さらに、キュウリは食べ物以外としても、軽いやけどや霜やけ、
切り傷の応急処置に利用できます。

写真: きゅうり酵母2

キュウリのおろし汁を、
傷口に塗るだけで、炎症を抑える効能だってあるんですよ~♪
(v^ー°) ヤッタネ ☆



4月になれば~他にもたくさんの品種の種まきが直接畑にできますが~
約1か月、先に種まきできるってことは~
その分、早く収穫が楽しめて、さらに~ずらしまきしていけば・・
おのずと、キュウリの収穫が途切れずに楽しめるって事ですね!!




でも・・やっぱり~ちょっと上手に栽培できるか自信がない方は、
病気に強く、連作障害にも強い「接ぎ木苗」がおススメ!!


どれを育ててみようかと迷っちゃうのも、楽しい時間ですね♪
皆さんは、今年キュウリは何種類 栽培予定ですか?
大笑いバイバイ
今日は雨雨。。。ガッカリ!





「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花










Last updated  2016年03月07日 10時02分26秒
コメント(26) | コメントを書く
2016年02月04日
カテゴリ:きゅうり

おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこキュウリひよこ
<ウリ科>

夏野菜の定番、キュウリ。
ツルが旺盛に伸びるため、狭い場所では無理と思われがちですが・・
上手に品種を選び、支柱の立て方を工夫すれば~
十分楽しめるんです!!

一般的な種まきは、3月~4月からですが・・
人気種はあっというまに売れきれてしまうので、まずはチェック☆

写真: キュウリ収穫1


☆~きゅうりの品種あれこれ~☆

まず、キュウリの成り方には、2つあります。

<節なり性> 
親づる(主枝の各節)ごと雌花がつきやすく果実がなりやすいタイプ。
子づるや孫づるを旺盛に伸ばさなくても、たくさん収穫できる。
開花後、7~10日ほどで収穫が可能。に雌花をつける。
収穫できる期間はやや短いため、ずらしまきをして調整します。
省スペースでコンパクトに栽培できる。

<飛び節なり性>
主に子づるの節に雌花が飛び飛びにつくタイプ。
子づるや孫づるに果実がつきやすく、摘芯せずに伸ばして栽培するのが一般的。
収穫は長期間続けられるが広い栽培面積が必要になる。

*地這い性・・飛び節成り性で、地表にツルを這わせる、
地這いでも栽培が可能ということ。


決められた区画や限られた場所で栽培するなら~
断然、節なり種をおススメしますが・・・お好みで☆

写真: 秋きゅうり1


<定番種>普通のキュウリ長さ20センチほど


<青長系 地這(じばい)>
暑さに強い濃緑、短形の白イボ種
平均果長20cm程度。果色は濃緑色で肉質が特に良い地這い用夏秋キュウリ
草勢が強く枝発生とつるもちが良い。
耐暑性にすぐれ、うどんこ病・べと病に強く作りやすいです

<VR夏すずみ >
名品、夏すずみの作りやすさがさらにアップ
栽培後半まで秀品性の高い果実が収穫できる。家庭菜園で特におすすめ。
草勢旺盛で、中節間の側枝が栽培後半まで発生し、長期間にわたり安定して多収となる。
歯切れのよい果肉

<フリーダム>
サラダや浅漬けによく適するまっすぐなイボなしきゅうりです。
果実は歯切れよく、テリ・甘み・香りがあります。
うどんこ病には、きわめて強い耐病性を有し、べと病にも強くつくりやすい品種。



<ミニ種>ミニキュウリと言われ、長さ10センチ前後ほど


<ミニキュウリ リル>
サラダ・浅漬けに最適な家庭菜園向けのミニキュウリです。
うどんこ病に強く褐斑病に耐性のある品種なので、大変作りやすいです。
また、雌花の着花が良くたくさんの実が収穫できます。

<ミニQ>
果皮は濃緑色で光沢があり、イボ・ブルーム・しわ・曲がりがなく良く揃う。
食味はヘタの部分の青くささがなく、特有の香がします。
親づる、子づるに1花から多くの花をつけます。
草勢は中位で小葉、節間が短く密植栽培が可能です。

<ピッコロ>
キュウリはカリコリとした歯ごたえと、
たっぷりの水分を含み夏のキッチンガーデンの人気者です。
キュウリ(ミニキュウリ)・ピッコロ(Piccolo verde di Parigi)は
8~10cmに育つミニチュアタイプのキュウリです。
収穫量も高く、長期にわたって収穫が楽しめます。
ベランダガーデンや夏の日よけのためのトレリスに這わせるのに最適です。
イタリアではピクルスにしたり生で食べたりされています


<ちょっと他とは違う種?>市販ではなかなか販売されていない。


<四葉(すうよう)キュウリ 味さんご>
病気に強く作りやすい短形の四葉キュウリです。
触ると痛いほどイボがとげのように出ているのが特長。
皮が薄く歯切れがよく、風味も良いのですが、
このイボで傷が付き易く日もちも良くない為市場からはすっかり姿を潜めている。
多くの果実を安定して収穫できます。

<半白節成 キュウリ>
節成り性が強く、初期から多収となる。節間は短く、側枝の発生が少ない。
平均果長が18cm程度の短形半白キュウリ
果皮がやわらかく、果肉は歯切れがよくて風味がよい。
草勢が強く、耐寒性にすぐれているので栽培が容易。

<白キュウリ ホワイティ25>
果皮・イボともに淡白緑色のユニークな外観の白キュウリ
肉質は歯切れ良く、クセの無い食味で生食用だけでなく、
漬物や炒め物など加熱調理にもよく、用途が広い。
葉は大きく、草勢は強いが側枝の発生は中程度。
主枝、側枝共に雌花の着生率は70%程度。


<伝統野菜種>


<加賀太胡瓜 (かがぶときゅうり)>
加賀の伝統野菜の一つで金沢特産の煮食用として人気があります。  
あまりスーパーなどには並ばないきゅうりで、一般的には入手は困難です。
果肉が非常に柔らかく、風味があるのが特徴です。   
煮食用あんかけ、酢の物、味噌汁、漬物、刺身のツマに使えるほか、
中華料理や西洋料理にも使える幅ひろい用途がある様です。
  
<赤毛瓜 (アカモーウイ)> 
赤毛瓜は毛瓜や赤瓜などとも呼ばれるウリ科のきゅうりと同じ仲間になります。
沖縄では古くから栽培されてきた伝統野菜の一つで
モーウイ(モーウィ)という呼び名で親しまれています。
暑さや病害虫に強く作りやすい。


<海外種・レア種>(*□*)ビックリ!!


<白キュウリ・メッツォ >
別名White wonderとも呼ばれ、
たいへん古くからのイタリアで栽培されているキュウリです。
きゅうり特有の臭みの少ない、歯応えのある食感のきゅうりです。
ジューシーな甘さは生食に最適です。
サラダの彩りのほか、ピクルス等の漬物にも向きます。
カロテン、ビタミンCが多く含まれる、話題の白野菜の代表的健康食品です!

<レモンきゅうり>
作り易く、大型のレモン大の、美味で甘い香りのキュウリです。
ピクルス・サラダや詰め物料理にも使います。

写真: キュウリが曲がる1

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!

キュウリも種類が豊富で~困っちゃいますね♪
もう~ついていけません!!
キュウリも思いっきり~ひねくれちゃったみたい(笑)


市販のキュウリの苗は
4月中旬~5月頃、順次販売され、
病気に強い「接ぎ木苗」も園芸店やHCにて並びます。
でも一般的な品種ばかりなので、
なにか~新しいもの、珍しいものにチェレンジされたい方は
是非、タネから育ててみて下さいね~♪
キュウリは種は容易に発芽するので、楽しめますよ☆
ウィンクバイバイ





「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花








Last updated  2016年02月04日 10時07分40秒
コメント(18) | コメントを書く
2015年03月30日
カテゴリ:きゅうり

おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこキュウリひよこ
<ウリ科>

キュウリは夏の菜園でも人気野菜です。

「初心者には難しそう~σ(^_^;)アセアセ... 」って思われがちですが、
果菜類のなかでも生育期間が短いのが特徴で、
苗を植え付けてから約40日~50日ほどで収穫が始まり楽しむことができるんです!

キュウリの果実は、ほぼ90%が水分だから~
収穫したての~あの瑞々しいシャッキとしたキュウリを丸かじりする気分は最高ですよ。

写真: きゅうり2

<品種選び>
キュウリには大きく分けて~2つの品種があります。
・飛び節なり種:主に子づるの節に飛び飛びに雌花がつく
(別名:地這い(じばい)きゅうり)
子づるや孫づるを旺盛に伸ばすため、広いスペースが必要になります。
長期間収穫が可能。
・節なり種:主に親づるの各節に果実がつく
(別名:立ち胡瓜)
子づるや孫づるを伸ばさなくても親づるだけで収穫が可能ため、
コンパクトに栽培が可能なため、プランター栽培にはおススメ!

<品種選びのポイント>
うどん粉病やべと病などの耐病性のある品種を選ぶのがコツ
*園芸店やHCでは、この「節なり種」または「中間種」の苗が主に販売されています。
その際「接ぎ木苗」を選ぶのがおススメ。

お好みの品種を選び~種まきから始めても
キュウリの発芽率は良いので簡単ですよ(v^ー°) ヤッタネ ☆



<種まき時期>
寒冷地:4月~5月中旬
中間地:3月中旬~4月中旬
暖地:2月下旬~3月下旬
*品種によって種まき時期が違います。よく種袋を確認しましょう。

キュウリ発芽

<種まき時期のポイント>
キュウリは、20~30℃の気温と多湿を好む野菜なので、
日本の真夏時の30℃以上になると生育が悪くなってしまいます

*できるだけ~5月下旬~7月末までの収穫ができるよう計画を立てましょう!

写真: キュウリ

<植え付け時期>
寒冷地:5月中旬~6月下旬
中間地:4月中旬~5月下旬
暖地:4月上旬~5月中旬
*本葉3~4枚の頃。
*遅霜の心配がなくなってから~植え付けましょう。

写真: キュウリ栽培2

<苗の植え付け方法>
バケツを用意し、ポットごとバケツにつけ、水が染み込んだら~
ポットを逆さまにして苗を優しく取り出し、根元を崩さないよう植え付けます。

プランターの土を畝高(やや山盛り)にして、「浅植え」にするのがコツ♪
この後はしっかり水遣りをしてあげましょう。

写真: キュウリ苗

植え付け後、仮支柱を斜め45℃くらいにさし、麻ひもで縛る。
支柱やアーチなどを立て、ネット張り。

*できれば敷き藁などを敷いてあげれば完璧!(乾燥予防)

写真: 秋きゅうり2

<植え付け後の管理>
キュウリの生育適温は、18~25℃。暖かい気温を好みます。
まだ気温が不安定な場合は~
ビニール袋やネットなどで冷たい風から幼苗を守ってあげましょう。

写真: キュウリ2

今年はまだ3月下旬だというのに・・
もう~園芸店やHCでは、「夏野菜苗」が販売されていますが~
少し暖かくなったとはいえ、まだ気温が不安定です。

この時期はしっかりと~保温して、育ててあげたいですね☆



☆~おまけ~☆

<キュウリの個性派たち品種いろいろ>



(*≧m≦*)プププw
どう?種まきしてみたくなったかしらん?

秋きゅうり1

今年も大収穫を目指して~頑張りましょう~♪
大笑いバイバイ





「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花







Last updated  2015年03月30日 09時05分56秒
コメント(26) | コメントを書く
2014年08月13日
カテゴリ:きゅうり

おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこキュウリひよこ
<ウリ科>

夏野菜の代表選手のキュウリ。

毎日、毎日収穫が続き、食べきれない~~(。>0<。)ビェェンなんてことも多いですね。

写真: きゅうり2

そして~毎回きゅうりの「消費メニュー」を考えるのも大変!

(*ノω<*) アチャー

四つ葉ミョウガの浅漬け四つ葉
ミョウガの浅漬け

料理名:みょうが 漬物
作者:根岸農園

食事詳細を楽天レシピで見る

などと、色々な加工品で楽しみますが~今年は・・

<自家製キュウリで天然酵母を作ってみよう~♪>

いろんな果物や野菜で作れる酵母。

わざわざ購入してまで作るのは、ちょっとσ(^_^;)アセアセ... って方におススメです。

旬の果物や野菜なら~より発酵力も強いような気がしますね♪

「自家製天然酵母」なんて聞くと・・・面倒な気がしますが~実は意外に簡単!

写真: きゅうり酵母1

<材料>
・きゅうり・・・1本~2本
・水・・・200cc
・砂糖・・・大2

写真: きゅうり酵母2

きゅうりはブツ切りして「きゅうり酵母」を作る方法もありますが~
今回は、キュウリを丁寧にすりおろして作ってみようと思います。

写真: きゅうり酵母3

*食べられる食材は~
すりおろして生地などに実ごと入れると、食材の風味が増すという♪
(v^ー°) ヤッタネ ☆


<1日目スタート>
写真: きゅうり酵母4

1.擦ったキュウリを容器に入れ分量の水と砂糖を入れて、軽く瓶を揺すって混ぜ合わせます。
このまま蓋をして部屋におくだけ。(1日1~2回は瓶の蓋をあけて、瓶を揺り様子を見ます)
酵母は糖分が大好き☆だから~仕込みは砂糖水につけるだけでOKなんです♪


<2日目>
写真: きゅうり酵母一日目2

2.透明だった水が少しグリーン色になってきました。少しブクブクしてきました。
(1日1~2回は瓶の蓋をあけて、瓶を揺り様子を見ます)


<3日目>
写真: きゅうり酵母2日目1

3.表面にやや泡がつきはじめました。

<4日目>
写真: きゅうり酵母3日目

4.すごい勢いでブクブク・・
(毎日1~2回軽く降って混ぜ蓋をあけたら~勢いよく噴出してきました。)
酵母が元気な証拠ですね♪


<5日目>
写真: きゅうり酵母4日目

5.昨日よりずいぶん落ち着いてきたようです。


<6日目>
写真: きゅうり酵母

6.約1週間、シュワシュワ~がピークになって、少し泡が落ちついた頃が出来上がり!



<上手な「天然酵母」の作り方のポイント>

・25~30℃の場所で天然酵母を作り、保管すること!
・直射日光にあてないようにする!



きゅうりの天然酵母の香りは~

まるで、キウイフルーツみたい~O(≧▽≦)O ワーイ♪


前回は、イチゴで天然酵母を作ってパンケーキを作ったけど~
今度は、何を作ろうかな?っと。

今回は~自家製酵母でパン作りに挑戦!

写真: きゅうり酵母パン1右矢印写真: きゅうり酵母パン2


まずは~一次発酵完了!
さてさて・・・上手に焼けるかな?


帰省ラッシュでどこも大渋滞のようですね。
我が家はまったり中~♪
楽しいお盆休みをお過ごしくださいませ☆
大笑いバイバイ






「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花










Last updated  2014年08月13日 09時35分24秒
コメント(40) | コメントを書く

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.