51026299 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暇人主婦の家庭菜園

PR

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

小松菜・チンゲン菜・からし菜

2020年10月09日
XML
​​​​​​​​​​おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

​☆~ちぢみ野菜~☆​

葉物野菜の中で、寒さに当たると葉がちぢみ、
甘みと旨みが増すものを「ちぢみ野菜」といいます。
春菊やレタスなどの多くの葉物野菜は、冬の寒さに当たると
葉が傷んで枯れてしまうことがありますが、ホウレンソウや小松菜などの
寒さに強い葉物野菜なら「ちぢみ野菜」として楽しむことができますよ☆



葉がちりめん状にちぢれた「ちぢみ野菜」は、
寒さに当たることで肉厚の葉になり、甘みや旨みがギュッと凝縮!!
冬限定の旬の味を楽しむため、種まきしてみませんか~?


​☆~ちぢみ野菜の種類を知ろう~☆​

代表的なものに、
「ホウレンソウ」「コマツナ」「タカナ」「タアサイ」などがあります。
タカナやタアサイは普通の一般的な品種をそのまま種蒔きすれば~
寒さにあたることで野菜たちが本来持つ力によって葉が縮れてきます。

またホウレンソウやコマツナの一般的な品種をそのまま種まきし、
「寒締め作業」をすることも可能ですが・・作業が面倒な上、失敗することもあるので
最初から~「葉がちぢれるタイプ」の品種を選ぶことが失敗しないコツです☆

​<ちぢみ系ホウレンソウ>​




​<ちぢみ系コマツナ>​



​<タアサイ>​



​<タカナ>​


​☆~種まきをしてみよう~☆​



今回は育てやすい「ちぢみ小松菜」の種まき。
*一般的な品種で寒締めにすることもできますが、
今回は、最初から「ちぢみ系」の品種で確実に楽しみます。






<種まき>
深さ1センチほどのまき溝を2本ほどつくり、
1センチ間隔で種をすじ状にまきます。
(畑の場合は、黒マルチで・・1か所6~7粒ほど)
種蒔き後、土を被せ手のひらで軽く押さえ たっぷり水やりをします。
(土の表面が乾かないよう~もみ殻などを敷くと発芽率もup?)


<防寒対策>
冬の時期は、しっかり防寒をして少しでも地温をあげる工夫が必要です。
種まき後、水をたっぷりあげたら~不織布やビニールで覆います。



<1回目の間引き>
双葉が開いたら3~4センチ間隔になるよう間引きます。
間引き後、軽く株元を土寄せする。


<2回目の間引き>
本葉3~4枚の頃。
最終的に株間が5~6センチになるようにします。
*作業後は不織布またはビニールを戻しておきます。



<追肥時期>
本葉が4~5枚の頃、追肥し、土寄せします。
その後、再び、不織布またはビニールをかける。


<収穫時期>
草丈20センチ前後、本葉15~20枚程度になったら、
不織布を外して寒風や霜に当てましょう。
*寒さにしっかり当てることで甘みが増し、ギュッと濃縮された旨みが楽しめます。



収穫時期がきて2週間ほど寒さに当てると最も美味しくなりますが
一度に食べきれない場合は少しずつ収穫時期をずらして甘みの変化を
比べてみるのも楽しいかもね☆



また、収穫時期によっては~
葉が地面に這いつくばるように落ちていく様をみることができるかも。
ココまで来ると~本物の?ちぢみ小松菜だね♪
キャハハハハッ!!(≧▽≦)彡☆バンバン


​☆~つくったよ~レポ 400件突破!~☆​
​ありがとうございます!!​

四つ葉野菜たっぷりナムル四つ葉
野菜たっぷりナムル
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…


​9日 強い台風14号 西日本接近へ 総雨量は500ミリ超えも​


きょう9日(金)、台風14号は強い勢力で四国の南を北上中。
次第に東よりに進路を変え、あす10日(土)かけて西日本に、
あさって11日(日)にかけて東日本に接近、上陸のおそれ。
四国、近畿、東海、関東は次第に広い範囲で雨が降り、非常に激しい雨の降る所も。
総雨量が500ミリを超える所もありそう。
(2020年10月09日07:45)

上陸は免れたようだけど、まだ大雨が心配ですね。
号泣バイバイ
昨日も一日中冷たい雨、そして今日も一日雨の予報です。
なあ~んにもできないから、つまんない!



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
毎日のブログ更新の励みとなっています


人気ブログランキング


にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪


花   花   花   花   花




















Last updated  2020年10月09日 10時00分06秒
コメント(10) | コメントを書く


2017年11月08日
おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこちぢみ小松菜ひよこ
<アブラナ科>

立冬も迎え、すっかり~
初冬のころとなり寒くなってきました!?

寒いのは~人間も植物も嫌だと思ったら~
じつは・・寒さを喜んでいるような野菜があるんです♪

それが・・ちぢみ野菜!

写真: 収穫野菜10

チヂミ・・・?(^^;)
お好み焼きのような食べ物のチヂミでは~
ありません!(笑)



葉物野菜の中には~寒さにあたることで、
葉がちりめん状に縮み、甘みや旨さを増すものがあります。
それらの野菜を「ちぢみ野菜」と言います。

「縮み(ちぢみ)」というだけあって~、
葉が縮んだような状態になっているのが特徴です。

一般的に「ちぢみ野菜」の代表といえば~
「ちぢみほうれん草」または「寒締めほうれん草」が有名です。



しかし~今回は~「ちぢみ小松菜」です。

ちぢみ小松菜とは、
ちぢみ菜と小松菜をかけ合わせて開発された、
意外とまだ~新品種なんです




ちぢみ野菜の特徴は、
葉が縮れた独特な姿はもちろんですが~
寒さでギュっと締まった肉厚の葉や茎は、
春から秋にかけての野菜と比べると、全くの別物!!

旨みが凝縮された濃厚な味は冬ならでは~
季節限定の旬のお味です!!

この味を楽しむコツは、この時期の種蒔きして
霜が降りるまでには~株を少しでも大きく育てておくこと。

「普通の葉もの野菜を種まきしちゃったから~パスしちゃお~かな」
なんて、言ってては美味しい時期を逃してしまうので、
もったいないですよ。(;^ω^)



☆~ちぢみ小松菜のタネを知ろう~☆


<ちぢみ小松菜>
○従来の小松菜より葉が縮んでいる「ちぢみこまつ菜」です。
○食べたときの歯ざわり良く、食感が優れ、甘みがあり、
おひたしや炒め物に適します。
○葉身色・葉柄色がとても濃く、葉に光沢があり、
袋詰めしたときの見栄えが良好です。
○株張りが良く、収量性は抜群です。
○生育は従来の小松菜よりゆっくりした中生タイプです。
周年栽培出来ますが、秋栽培が最も適しています

こまつな種 ちぢみ小松菜



<ちぢみ小松菜>
・生育は中生タイプで、耐暑・耐寒・耐病性に優れ、
安定して周年栽培ができます。
・葉は濃緑色で「ちりめん」状に縮む長楕円形で株張りも良好です。
・土質選ばず栽培容易なので家庭菜園に最適で、
プランター、空箱で手軽に作れます。
・高温期は葉の縮みは少なめになります




<ちぢみ小松菜〔松島交配〕>
生育は従来の小松菜よりゆっくりした中生タイプで
葉が縮んでいる小松菜。
高温期では葉のちぢみは少なめになり、やや節間が伸長します




☆~タネをまいてみよう~☆

写真: 種まき1

<種まき>
深さ1センチほどのまき溝を2本ほどつくり、
1センチ間隔で種をすじ状にまきます。
(畑の場合は、黒マルチで・・1か所6~7粒ほど)
種蒔き後、土を被せ手のひらで軽く押さえ たっぷり水やりをします。
(土の表面が乾かないよう~もみ殻などを敷くと発芽率もup?)

写真: ニンジン1写真: ニンジン2

<防寒対策>
冬の時期は、しっかり防寒をして
少しでも地温をあげる工夫が必要です。
種まき後、水をたっぷりあげたら~
不織布やビニール袋を覆います。

秋コマツナ2

<間引き>
双葉が開いたら3~4センチ間隔になるよう間引きます。
間引き後、軽く株元を土寄せする。
作業後はビニールを戻しておきます。

写真: 小松菜5

<追肥時期>
本葉が4~5枚の頃、追肥し、土寄せします。
その後、再びビニールをかける。

写真: 小松菜3

<収穫の前に~ちょこっと、ひと手間>
ホウレンソウ同様、
小松菜も収穫の約1週間前にトンネルを少しあけて~
寒気にさらすと、 より「寒締め野菜」が楽しめます。
寒さにキュっと葉が締まり、
葉が肉厚になって糖度が増して美味しくなりますよ♪
(v^ー°) ヤッタネ ☆

写真: 小松菜2

寒ければ~寒いほど甘みが増す、ちぢみ野菜。

寒くなってきて・・・葉の緑が濃く、
やや傷んだような状態になるくらい、
しっかりと寒さに当たったものが、とても美味しいんです。

写真: コマツナ収穫2

栽培しなくても~是非。。冬は、
ちぢみ野菜を楽しんでくださいね☆





☆~つくったよ~レポ 260件突破!~☆
ありがとうございます!!


四つ葉野菜たっぷりナムル四つ葉
野菜たっぷりナムル
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…


☆~小さな豆知識~☆



キャベツX小松菜の新葉物。
草姿は小松菜、食味はキャベツの甘さでアクが無く高栄養価。




これから~ますます、
葉物野菜の種まきが楽しくなりそうですね☆
ウィンクバイバイ



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
毎日のブログ更新の励みとなっています


人気ブログランキング


にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪


花   花   花   花   花
















Last updated  2017年11月08日 10時00分04秒
コメント(23) | コメントを書く
2017年10月27日
おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこカラシナ(からし菜/芥子菜)ひよこ
<アブラナ科>

カラシナは、キャベツや白菜、菜の花などと
同じアブラナ科の野菜ですが、
名前に「からし」と入っているように~
その葉には、ピリッとした爽やかな辛味があります。

*「からし菜」は中央アジア原産で
白菜類と黒がらしか自然交配してできたと言われています。


昔から「漬物」などによく利用されており、
野沢菜や高菜などと同じ漬け菜(ツケナ)の仲間でもあります。
しかし、最近では若採りしたベビーリーフなどサラダに利用され、
春にとうたちする「菜花」としても利用でき
収穫できる期間が長いので~とても人気があるんですよ~?!

写真: からし菜栽培6

また葉と茎を食用にするだけでなく、
種子を粉末にしたものは「からし」の原料にもなります

(*□*)ビックリ!!知ってた?

種子の違いによって~
「オリエンタルマスタードシード」を使って
粉末にしたものが「和がらし」で、
「イエローマスタードシード」から作ったものが
「洋がらし」になり、
洋がらしに酢などを加えて調味したものが
「マスタード」です。
(料理サプリ より)


☆~カラシナの種類を知ろう~☆


<中国からし菜 セリフォン >
カラシナの仲間で寒さにとても強く、
暑さや乾燥にも強いので広い地域でつくられる野菜です。
とくに独特の辛みが漬物のおいしい風味をかもし出し、人気があります

写真: 1中国からし菜 セリフォン




<コーラルリーフフェザー >
●赤紫色の切葉でサラダの彩りに最適。
葉身はツヤのある鮮やかな赤紫に色づく。
葉型は深い欠刻が入った極細葉の切葉でサラダの彩りとして適する。
ベビーリーフから20~30cmの小株、35cm以上の大株まで用途が広い。
●ピリッとした辛みうまみと辛みのバランスがよく、生で食べると、
シャキシャキと歯触りもあって、アクセントの効いた食味と食感を楽しめる




<コーラルリーフプルーム>
照りのある鮮やかな赤紫色に色づくミズナ型カラシナ。
深い欠刻が入り葉身はやや太い。
うまみと辛みのバランスが程よく、サラダに最適!
写真: コーラルリーフプルーム



<赤サラダからし菜>
・葉は赤紫色で切れ込み深く、茎の鮮緑色とのコントラストが魅力的。
・茎は立性で弾力があり、収穫調整しやすい。よく分けつし、重量感がある。
・5cm程度のベビーリーフから20~25cmの株どりまで様々な大きさで収穫し、
ピリ辛い味と歯切れ良い食味を楽しめる。
・ベビーリーフであれば周年栽培可能。盛夏は抽苔しやすいので、
株どりは早めの収穫を心がける。




<リアスからし菜>
○耐暑性・耐寒性があり、草勢強くて栽培容易です。
○葉の刻みが深い、からし菜です。
○夏秋栽培では播種後25日位、冬期栽培では45日~50日位で収穫できます。
○秋まきの大株(450~500g)は約60日あら収穫できます。
○用途はサラダ・漬物・おひたし等に利用できます




<黄からし菜>
葉に独特の辛みのあるアブラナ科の葉物野菜で、
とう立ちした茎葉とつぼみを食用にするからし菜です。
また、黄色い種を収穫してすりつぶせば、カラシになります。
適応性が強く、寒さにも強いので、非常に作りやすい野菜です。
塩漬け、糠漬け、煮物などに最適です。

写真: 黄からしな



☆~タネをまいてみよう~☆

からし菜は冷涼な気候を好み、どんな土壌でもよく生育します。
また、暑さ・寒さにも比較的強く栽培しやすく、
病害虫にも強い野菜です。
保水力があり、中性に近い弱酸性の土壌での栽培が
よりよい条件とされています。
春夏野菜栽培後の疲れた土でもOKだなんて、嬉しいですね♪

写真: カラシナ
*我が家では、葉・菜花・種子(マスタード)を利用するので
「黄からし菜」のタネをチョイス(^^♪


<種まき>
プランター栽培の直まきなら、
一列にスジまきバラまきします。
ポットで育てる場合は、タネを2~3粒まいて、
本葉1~2枚で1本立ちになるように間引き、
本葉3~4枚で定植します。

写真: カラシナ栽培1

<間引き>
発芽後、双葉が出たら間引きを始め、
約3センチ間隔に1本になるよう間引きます。
本葉が2~3枚のときに約10センチ間隔に間引きます。
*カラシナの間引き菜(つまみ菜)は美味しいので、是非たべてね♪

写真: からし菜栽培2

<追肥>
追肥は春まきでは必要ないですが、
秋まきでは本葉5~6枚の頃に追肥。

写真: からし菜栽培3

<収穫時期のタイミング>
タネまきから1~2ヶ月後、
草丈が20センチ以上になったら適期です。
株元をハサミなどでカットしても、
外側の葉から、かき取って収穫してもOK。
こうすることで、長期間収穫が楽しめるです。(= ̄▽ ̄=)V やったね☆

写真: からし菜8

春が近づく頃には~徐々に「とう立ち」し始めます。

写真: からし菜11

トウが立つ前に収穫を終えてしまうか、
トウを育てて花が1輪咲く前に収穫して~
「菜花」として食べることもできるんです。

写真: からし菜7
さらに~暖かくなる4月中旬ころには~
カラシナは、花を咲かせ~ 菜園はナバナ畑に変身します♪
(*≧m≦*)プププw

写真: からし菜1

本来なら~ここでお片付けをするのですが・・
そこをぐぐぐっと我慢して~追肥をしながら放置しておきます。

写真: からし菜3

やがて~花はさやを持ち始め・・膨らんできます。
種子をつけ始めるんです☆

写真: からし菜写真: 黄からし菜3

青い莢が~茶色く染まり・・カラカラ~してきたら、

写真: 黄からし菜4

お試し採りをして。。種子の中身を確認し、
黄金の黄色いのタネになっていたら~OK♪
*種まきした品種が「黄カラシ菜」のため・・タネは黄色です。
*河川の自然のカラシナの場合は、種子が茶色が完熟期?

(5月下旬~6月上旬頃が目安)

写真: からし菜1

<カラシナの種子の収穫期>
2~3日ほど晴れ間の続いている晴れ間に収穫します。
その後、さらに2~3日ほど風通しの良い雨水が当たらない場所で乾燥。



☆~自家製 粒マスタードを作ってみよう~☆

写真: からし菜3

収穫した種子を軽く洗い、

写真: からし菜レシピ2

煮沸した綺麗な容器に種子と
お酢(白ワインビネガーやりんご酢でもOK)を
種子がヒタヒタぎりぎりになるまで注ぎます。
*最初から多くのお酢を入れてしまうと
水っぽい粒マスタードになってしまうので、
少量を少しずつつぎ足すように。
(3~4日ほど放置)

写真: からし菜レシピ4

一度、水気(お酢)を軽くきって、種子を2つに分け~
半分は種子はそのまま、もう半分はフードプロセッサーで潰します。
(面倒なら一気に潰してもOK。ただ・・潰しすぎないように☆)
*お好みで「お砂糖(はちみつ)」・(塩・白胡椒)など入れて・・♪

写真: からし菜レシピ7

出来上がりは~鼻につくツ~~~~~ン!って匂いで、
少し雑味も感じられますが、
さらに1週間ほど冷蔵庫で寝かせれば、和らぎます。

写真: からし菜

まずは・・美味しいウインナーでお試しあれ☆

c(>ω<)ゞ イヤァ~
自家製 粒マスタードつくりの道は長いけど~
これは・・コレで楽しいですよ☆



カラシ菜って、イマイチ存在感が薄いけど~
葉・菜花・種子と利用活用できる万能野菜ってすごいですね♬
是非~この機会に、見直してあげて下さい!!
*ちなみに”菜の花”の種ではマスタードは作れません
ウィンクバイバイ


フォト蔵‏ @photozou
【緊急メンテナンスのお知らせ】
現在機器トラブルにより、フォト蔵へアクセス出来ない状況になっております。
大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
完了予定時間がわかり次第、追ってご報告いたします。
重ねてお詫び申し上げます。
10月20日
【NO PHOTO表示の対応進捗につきまして】
緊急メンテナンスが終了致しました。
引き続き、専門業者との提携のもと復旧作業を進めており、
徐々に復旧にむかっている現状です。
お時間を頂いており皆様にはご不便をおかけし大変申し訳ございません。
深くお詫び申し上げます
10月20日





「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
毎日のブログ更新の励みとなっています


人気ブログランキング


にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪


花   花   花   花   花


☆~カラシナって、すごいんです!~☆
イチョウ病やネコブセンチュウに効果!!



*これまで、からし菜の辛味成分でもあるアリルイソチオシアネートに
植物病原菌の殺菌作用があることが確認されていました。
 2010年に兵庫県立農林水産技術総合センターと近畿中国四国農業研究センターが、
ハウス栽培のホウレンソウのイチョウ病を防除するのに、
からし菜の茎葉を土壌にすき込んだあとに水をためて管理すれば
殺菌効果が高まることを確認したそうです。



辛味成分で土壌をきれいに!



<特性>
初期成育が早く、短期間で高い収量が得られます。すき込んだ後の分解も早いです。
生物燻蒸作物として、トマト青枯病やホウレンソウ萎凋病の抑制効果があります。
きれいな黄色の花が咲くので、景観用にも最適です










Last updated  2017年10月27日 10時00分09秒
コメント(18) | コメントを書く
2017年10月10日
おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこチンゲンサイひよこ
<アブラナ科>

葉のつけ根が、
ぷっくりと膨らんだ姿がとてもキュートな
栄養いっぱいの緑黄色野菜のチンゲンサイ。

中国野菜の中では、
もう~すっかり日本でもお馴染みなお野菜となりました。

薬膳では、余分な体熱を鎮め、胃腸を整え、
利尿作用があり、便秘の予防によいとされるようです。
(v^ー°) ヤッタネ ☆

写真: チンゲンサイ3

青梗菜は、冷涼な気候を好みますが~
真冬を除けば、ほぼ1年中栽培でき、
発芽率も良いので、とてもありがた~いお野菜の1つです。

秋冬野菜栽培は、
アブラナ科の葉もの野菜がいっぱいありますが~
味や食感は全くの別物!

是非種まきしてみたいですね☆


☆~タネを知ろう~☆


<青帝チンゲンサイ>
★チンゲンサイの定番種
トウ立ちの遅い周年栽培可能なチンゲンサイです。
特に秋の遅まき~春まきに向き、葉色濃く株元の張りが
よいのでごく立性で収穫、調整が容易です。

中国野菜 種 青帝チンゲンサイ(3.6ml)



<長陽(ちょうよう)>
★暑さに強く尻張りのよい早生種
耐暑性にすぐれ、高温期の栽培に適する
草姿立性で密植が容易。特に尻張りが良好

写真: 長陽(ちょうよう)【タキイ種苗】



<おてがるチンゲンサイ>
生育旺盛でそろいもよく、トウ立ちが遅くて
1年中栽培ができるつくりやすいチンゲンサイです。
葉・葉軸とも繊維分が少なくやわらかで、
油炒め・煮食・漬け物・汁の実など幅広い料理に向きます。

写真: おてがる



<ミニチンゲンサイ シャオパオ>
小さいので丸ごと料理に使える新しいチンゲンサイです。
草丈10~15cm、暑さ、病気に強く、ほぼ一年中つくれます。
スジがないので大変おいしく、和・洋・中華料理のいずれにもよく合います。

写真: ミニチンゲン菜



<ニイハオ・フォン>
★めずらしい赤チンゲンサイ
葉の色が濃赤紫色に着色するチンゲンサイ。
葉裏は葉脈部が赤く着色し、葉柄は従来のチンゲンサイと同様に淡緑となる。
尻張りはジックリしており、従来のより小さなサイズで収穫する。
一般的には50~60g程度の大きさになれば収穫する。
彩りの鮮やかさを活かし、ベビーリーフとしても適する。
ベビーリーフとしては周年栽培できる。

野菜種中国野菜宝みどり5ml三芳交配



<紫チンゲンサイ>
葉は赤紫色、葉柄が緑白色゛鮮やかなコントラストのチンゲン菜です。
草丈は25~35センチで立ち生です。
カルシウムやβカロテンが豊富に含まれます。

○まき時○
北海道:5月中旬~8月下旬
寒冷地:5月上旬~9月上旬
中間地:4月中旬~5月下旬/9月上旬~10月中旬
温暖地:4月上旬~5月中旬/9月中旬~10月中旬




☆~タネまきしてみよう~☆

<種まき時期>ほぼ1年中栽培でいますが~一般的には、
春まき:4月~6月
秋まき:9月~10月
*種をまく溝は、深さ約1センチ程度、
約1センチ間隔ですじまきにします。
(乾燥防止にもみ殻などを被せると~なお発芽率がup)
*防虫対策として、種まき後すぐにネットで覆います。

写真: 発芽

<間引き>
種まきから、約1週間ほどすると発芽するので、
生育の悪いものだけを間引きます。
発芽した葉が触れ合わないように
込み合ったところを早めに間引きをして~風通しをよくします。

写真: チンゲンサイ1

・1回目の間引き時期
本葉が1〜2枚くらいの頃に、3センチ間隔に1本

写真: チンゲンサイ2

・2回目の間引き時期
本葉4枚くらいの頃に、株間6センチ間隔に1本

写真: 青梗菜2

・3回目の間引き時期
草丈が約10センチの頃に、株間10~15センチ間隔に1本
*間引き後には、株がぐらつかないよう~軽く土寄せを行います

写真: 青梗菜1

<追肥時期>
2回目の間引きした後から追肥をします。
その後、生育状況を見ながら2週間に1回追肥を与えます。
*追肥後も防虫ネットをかけましょう。

写真: チンゲン菜3写真: チンゲン菜5

<収穫時期>
種まきから約40〜50日後、
草丈が15〜20センチほぼになったら収穫です。
随時成長したものから、
包丁やハサミなどで地ぎわを切り取とって収穫します。

ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

写真: チンゲン菜3

でっぷりと太った大きなチンゲン菜も良いけど~

写真: ミニチンゲン菜5

手のひらサイズのミニチンゲン菜も
なかなか~いいですよ☆
ウィンクバイバイ



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
毎日のブログ更新の励みとなっています


人気ブログランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村


レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪


花   花   花   花   花














Last updated  2017年10月10日 10時00分04秒
コメント(20) | コメントを書く
2017年06月12日
おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこコマツナひよこ
<アブラナ科>

暑さにに強く丈夫な葉物野菜と言ったら~小松菜!?

コマツナの魅力は、
ほぼ一年中種まき可能で、品種も多く発芽率が良く
作りやすいので、初心者にもカンタンに育てられる葉物野菜です。

写真: コマツナ7

でも、本来の旬は秋から冬。
(*ノω<*) アチャー
特に、夏まきは冬栽培と違って~
成長のスピードが約1.5倍~2倍もの差があります。

そこで~夏に育てるコマツナは
「暑さに強い!」ものを選ぶのがコツ!

☆~品種を知ろう~☆


<コマツナ 夏楽天>
●歯切れがよく、すっきりとした味でおいしい。
●草姿が極立性で、葉の絡みや葉柄の折れが少なく収穫しやすい。
●生育旺盛な早生種で、秋まき年内どりが最適。
●作りやすく、家庭菜園や直売所出荷におすすめ。

写真: 夏楽天



<小松菜 きよすみ >
萎黄病、白さび病などの病気や、夏の暑さに強いコマツナで、
ほぼ年間を通してつくれます。
葉は立性でツヤのある濃緑色、折れにくいのが特長です。
生育がゆるやかなので、畑で長くもちます

写真: きよすみ



<コマツナ 味彩>
●味を重視した小松菜の交配種です。
●美味しくて収量のある品種です。
●20~30cm幅ですじまきし、発芽したら適時間引き、
最終株間は5cmを目安にして下さい。
●種まき後、22~32日で収穫できます。家庭菜園にどうぞ。
●プランターで作れます。プランターで作るときはばらまきをしてください。
何度かに分けて種をまくと連続して収穫できます

写真: コマツナ 味彩



<コマツナ 味波>
●草姿立性で揃いが良く、作業性に優れる小松菜です。
●ゆっくりと伸びる夏系品種。
●ビタミン,カルシウム,鉄分を多く含んだ栄養満点の野菜です。
●白さび病に抵抗性で春,秋播きのどちらにも適します。

写真: コマツナ 味波


☆~種まきをしてみよう~☆

<コマツナの夏栽培の要点(ポイント)>
●夏は温度の高い時期の栽培では生育が早いので、
とり遅れのないよう計画的に播種をする。
●軟弱徒長や病気の原因となる密植を避け、過湿にならないよう管理する。
●梅雨時期など曇雨天が続く作型では、
徒長気味となり本来の株張りが発揮されない恐れがあります。
この時期の栽培では、株間を5cm以上とやや広めにとり
雨よけハウスなどの施設栽培では過潅水を控え、
しっかりと換気して過湿を避け軟弱徒長を防ぐ。


写真: 種まき1

<種まき>
深さ1センチほどのまき溝を2本ほどつくり、1センチ間隔で種をすじ状にまきます。
種蒔き後、土を被せ手のひらで軽く押さえ たっぷり水やりをします。
(土の表面が乾かないよう~もみ殻などを敷くと発芽率もup?)
*種まき後は害虫予防のため、防虫ネットをする。

秋コマツナ2

<間引き>
双葉が開いたら5~6センチ間隔になるよう間引きます。
(秋冬栽培では、3~4センチ間隔ですが、夏作はやや広めに)
間引き後、軽く株元を土寄せする。
その後は、防虫ネットや寒冷紗などかけておきましょう。

小松菜栽培2

<コマツナの間引き菜>
間引き菜はつまみ菜とも言われ、ベビーリーフとして収穫も楽しめます。
コマツナの葉や株が密集してきたら、
その都度「間引きながら収穫」をして、美味しく食べましょう♪

写真: 小松菜4

<追肥>
草丈10~15センチになったら、株の周りに
化成肥料を10~20gほどまいて土寄せします。

写真: 小松菜5

<収穫時期>
草丈20~25センチほどになったら、
地際からハサミで切り取って収穫します。

写真: 小松菜7



<ポットまき、苗植え付け栽培のススメ?>

ちょっと心配だわ~(。>0<。)ビェェン!って方は
ポリポットに種まきしても~十分楽しめますよ♪

写真: 小松菜栽培1

この方法なら、場所がまだ空いてなくっても~
発芽するまでの間にお片付けすれば~時短栽培になりますよね☆

小松菜栽培2小松菜栽培3

双葉から本葉が出た頃~
1つ1つ丁寧に解して~プランターに植えつけます。

写真: 小松菜栽培5

その後、害虫対策として~寒冷紗やネットをかけておけば・・OK♪

写真: 小松菜収穫

やや早めに収穫して~柔らかな葉もの野菜も、いいかも☆
(= ̄▽ ̄=)V やったね☆



夏になると葉物野菜が少なくなる中、
まだまだ種まきOKなので、おススメですよ~☆
ウィンクバイバイ
すっかり~遅れてのupです。
連日の作業で限界が来てしまったようです。
「頑張りすぎない勇気」をもって、
今日の作業はお休みしました。。



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。
毎日の励みとなっています



人気ブログランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村


レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花

















Last updated  2017年06月12日 13時19分40秒
コメント(20) | コメントを書く
2017年06月01日
おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこカラシナひよこ
<アブラナ科>

皆さんは、粒マスタードをご存知だと思いますが、
ピリッとスパイシーな味わいが魅力の「粒マスタード」は、
ウインナーやソーセージ、ポトフにと
どんな料理にも合う万能調味料 の1つです。

写真: からし菜

では・・あの粒マスタードに入っている~
”粒”って、何だか知っていますか?



じつは、
あの粒は、からし菜の種なのです!
(*□*)ビックリ!! 




☆~豆知識~☆


【マスタードと粒マスタードの違い】
マスタードはからし菜の種から作られていて、
簡単に言ってしまうと粒を残さずにペーストにして作ったものが
マスタード、粒を残して作ったものが粒マスタードと言う事になります。



【和からしと洋からし】
日本のからしもからし菜の種で作られているのですが、
マスタードを作るものとは原産地や種類が違うので
仕上がりも変わってくるのだそうです。
日本の和からしの種は揮発性の成分が含まれているので
口に含んだ時にツーンとする辛味。
それと比べて洋からしの種は揮発性が無くてまろやかな辛味に。
なるほどなるほど!だから粒を噛んでも辛くないのですね!

(食育ずかん より)


☆~粒マスタードをタネから育ててみよう~☆
<からし菜を知ろう>
粒マスタードの素ともなる、からし菜は、ピリリっと辛い~
さわやかな辛味の茎や葉っぱの味が特徴ですが・・
名前に「からし」と入っているように・・・
「カラシ」の原料だって知ってましたか~?
(*□*)ビックリ!!

写真: からし菜7

<もっと詳しい~和からしとマスタードの違い>
とんかつやおでんに使うのは「和がらし」、
サンドイッチやホットドッグに使うのは「マスタード」。
どちらもアブラナ科のカラシナの種子を原料にして作られる香辛料です。
しかし、ご存知の通り、2つの味は全然違います。
これはどうしてなのでしょう~?

この違いは原料となるカラシナの種子の種類によって生まれます。
カラシナの種子の中でも・・・
「オリエンタルマスタードシード」を使ったものは「和がらし」で、
「イエローマスタードシード」から作ったものが「洋がらし」になり、
洋がらしに酢などを加えて調味したものが「マスタード」です。

(料理サプリ より)

ヾ(・_・;)チョット‥ 難しいんですけど。
より詳しい違いを知りたい方は★S&B エスビー食品株式会社HPへ★


<マスタードの種類>
主に、ホワイト(イエロー)・ブラウン・ブラックの三種類あり、
イエロー→ブラウン→ブラックの順に辛さが増します。

O(≧▽≦)O ワーイ♪
自家製粒マスタード作ってみたい~!

ってことで、
粒マスタードをタネから育ててみよう~!


☆~タネまき方法~☆


<特徴>
葉に独特の辛みのあるアブラナ科の葉物野菜で、
とう立ちした茎葉とつぼみを食用にするからし菜です。
また、黄色い種を収穫してすりつぶせば、カラシになります。
適応性が強く、寒さにも強いので、非常に作りやすい野菜です。
塩漬け、糠漬け、煮物などに最適です。


からし菜は冷涼な気候を好み、どんな土壌でもよく生育します。
また、暑さ・寒さにも比較的強く栽培しやすく、病害虫にも強い野菜です。
保水力があり、中性に近い弱酸性の土壌での栽培が
よりよい条件とされています。
春夏野菜栽培で疲れた土でもOKだなんて、嬉しいですね♪

写真: カラシナ

<種まき>
*プランター栽培の直まきなら、一列にスジまきします。
*ポットで育てる場合は、タネを2~3粒まいて、
本葉1~2枚で1本立ちになるように間引き、本葉3~4枚で定植します。

写真: カラシナ栽培1

<間引き作業>
発芽後、双葉が出たら間引きを始め、
約3センチ間隔に1本になるよう間引きます。
本葉が2~3枚のときに約10センチ間隔に間引きます。
*カラシナの間引き菜(つまみ菜)は美味しいので、是非たべてね♪

写真: からし菜栽培2

<追肥のタイミング>
追肥は春まきでは必要ないですが、
秋まきでは本葉5~6枚の頃に追肥。

写真: からし菜栽培1

<収穫時期>
タネまきから1~2ヶ月後、草丈が20センチ以上になったら適期です。
株元をハサミなどでカットしても、外側の葉から、かき取って収穫してもOK。
*こうすることで、長期間収穫が楽しめるです。(= ̄▽ ̄=)V やったね☆

写真: からし菜栽培6

カラシナは、お浸しや炒め物などにして楽しみますが~
さらに大きく育てて漬物にするのが一般的な食べ方。
カリウム、カロテン、ビタミンE、Cなどに富んでおり、
栄養は、葉もの野菜の中でも最高なんです。

写真: からし菜8

やがて~暖かな春に近づく頃には~
徐々に「とう立ち」し始めます。

写真: からし菜7

トウが立つ前に収穫を終えてしまうか・・・
トウを育てて花が1輪咲く頃に収穫して
「菜花」として食べることもできます♪

写真: ナバナ栽培7

菜の花(菜花)も美味しいけど~
ピリッとしたカラシナの菜花も魅力的ですよ☆

写真: からし菜1

その後・・カラシナは、花を咲かせ~
菜園は菜花(ナバナ)畑に変身します♪(*≧m≦*)プププw
*河川などでは、野生のセイヨウカラシナのお花畑が
春の風物詩となっている頃ですね。

本来なら~ここでお片付けをするのですが・・
そこをぐぐぐっと我慢して~放置しておきます。

写真: からし菜3

やがて~花はさやを持ち始め・・膨らんできます。
種子をつけ始めているんです☆


☆~種子の収穫時期のタイミング~☆

写真: からし菜写真: 黄からし菜3

青い莢が~茶色く染まり・・カラカラ~してきたら

写真: 黄からし菜4

お試し採りをして。。種子の中身を確認し、
黄金の黄色いのタネになっていたら~OK♪
*種まきした品種が「黄カラシ菜」のため・・タネは黄色です。
*河川の自然のカラシナの場合は、種子が茶色が完熟期?

(5月下旬~6月上旬頃が目安)

写真: 黄からし菜7

<カラシナの撤収、収穫期>
2~3日ほど晴れ間の続いている晴れ間に収穫します。
その後、さらに2~3日ほど
風通しの良い雨水が当たらない場所で乾燥。

写真: 黄からし菜8

種子が細かいので、ネットは網目の細かいものにしましょう。
ポロポロ網目の隙間から種子が落ちてしまうので、注意が必要です。

写真: からし菜1

カラカラに乾燥させたサヤつき枝を、大きな袋に入れて~
たたいて・・揉んで?・・・・種子を取り出します。

写真: からし菜3

最後の仕上げは~息を吹きかけて・・
細かい小枝やさやを吹き飛ばしたら~準備OK!


☆粒マスタードを作ってみよう~☆

写真: からし菜レシピ2

<材料>
●煮沸した綺麗な容器
●種子(ここではイエローシード)
●お酢(白ワインビネガーやりんご酢でもOK)
*お酢を種子がヒタヒタぎりぎりになるまで注ぎます。
*最初から多くのお酢を入れてしまうと
水っぽい粒マスタードになってしまうので、少量を少しずつつぎ足すように。

(3~4日ほど放置)

写真: からし菜レシピ4

一度、水気(お酢)を軽くきって、種子を2つに分け~
半分は種子はそのまま、もう半分はフードプロセッサーで潰します。
(面倒なら一気に潰してもOK。ただ・・潰しすぎないように☆)

*お好みで「お砂糖(はちみつ)」・(塩・白胡椒)など入れて・・♪

写真: からし菜レシピ7

出来上がりは~鼻につくツ~~~~~ン!って匂いで、
少し雑味も感じられますが、
さらに1週間ほど冷蔵庫で寝かせれば、和らぎます。

写真: からし菜

まずは・・美味しいウインナーでお試しあれ☆

c(>ω<)ゞ イヤァ~
自家製 粒マスタードつくりの道は長かったけど~
これは・・コレで楽しいですよ☆

写真: からし菜2

なにより~頑張って”タネ採り”まですると、
こぼれ種から・・また、発芽して・・
そのまま~またまた~収穫が楽しめちゃうから、最高~!
これも~菜園からのご褒美かな?

<お得情報?>
1.最近では、マスタードには発ガン物質を体外に排出させる作用や、
解毒酵素を誘導・活性化させる作用が強力であることが認められた!とか?
効果を期待したいですね☆

2.からし菜は、「緑肥」としても使うことができ、
センチュウなどの除去効果が期待できる。



ぉお!!(゚ロ゚屮)屮
葉も菜花も食べれて~
タネは粒マスタードや来年用に種子に使えて~
更には緑肥としてすき込むこともできるなんて・・
これぞ~~!一石三鳥だね☆
大笑いバイバイ


「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。
毎日の励みとなっています


人気ブログランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村


レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花

☆~緑肥用 カラシナ~☆
(注意)こちらは食用では、ありません



イチョウ病やネコブセンチュウに効果!!
 これまで、からし菜の辛味成分でもあるアリルイソチオシアネートに
植物病原菌の殺菌作用があることが確認されていました。
 2010年に兵庫県立農林水産技術総合センターと近畿中国四国農業研究センターが、
ハウス栽培のホウレンソウのイチョウ病を防除するのに、
からし菜の茎葉を土壌にすき込んだあとに水をためて管理すれば
殺菌効果が高まることを確認したそうです


■特徴
1.初期成育が早く、短期間でよく茂ります。
2.花は、黄色で耐倒伏性も強いです。
3.開花期の背丈は1m以上になります。
4.生物くん蒸作物として利用した場合、トマト青枯病、
ホウレンソウ萎凋病の抑制効果が認められる ■栽培ポイント
◆播種期
「中間地・暖地」 3月、10月下旬~11月
「冷涼地」 4月~6月、7月下旬~8月中旬
◆開花期
 秋まきの場合翌年春
 春まきの場合播種後50~60日
◆播種量
 2~3kg/10a(0.2g/1平方メートル)
 条まきかバラまきし、軽く覆土をして鎮圧する ◆すき込み
「寒地」 6月~10月
「暖地」 11月~4月
※開花前(開花後は早めに)すき込む。
◆施肥基準
 10aあたりチッソ10kg、リンサン4~5kg、カリ4~5kg、
石灰を施してPH6~7に矯正する。
 前作の残存肥料を消費して、塩類濃度を低下させる必要がある場合は、
原則として肥料は施さない。
●春または秋に美しい黄色の花をつけるので、景観用にも最適です。









Last updated  2017年06月01日 10時00分08秒
コメント(18) | コメントを書く
2017年01月26日
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこコマツナひよこ
<アブラナ科>

コマツナやホウレンソウは、
冬でも元気に育ち、寒さや霜によって
甘~くおいしくなるという貴重な葉物野菜です。

って、知ってたぁ~?

写真: コマツナ7

多くの野菜は、寒さや霜に当たると傷んでしまいます。
それは、茎や葉の水分が凍り、
それが解ける際に細胞の組織が壊れてしまうからです。
壊れた細胞は腐ったり、死んだりするため、葉が茶色く変色します。
 
一方、コマツナやホウレンソウ、など一部の野菜は、
寒さで凍らないための自己防衛手段をもっています。
寒さに当たると凍りつかないように水分の摂取を控え、
細胞内の糖分濃度を高くして身を守ろうとするのです。
 
この性質を利用した栽培方法を「寒じめ」と言い、
こうして育った野菜を人間が食べると「甘い」と感じます。
ビタミンCの含有量も、通常の場合の倍程度になると言われます。
(NHKテキスト 植物図鑑より)

四つ葉厚揚げと小松菜の照り焼き炒め四つ葉
厚揚げと小松菜の照り焼き炒め
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…


☆~小松菜の品種を知ろう~☆


<楽天>
大葉で株張りがよい多収種。
低温期の伸長性にすぐれるので、秋冬まきが最適。

写真: 楽天



<菜々美>
●株張りにすぐれる春~秋どり種
高温期でも緩やかに生育し、葉柄が間延びしにくいため株張りがよく多収。
収穫適期が長く在圃性にすぐれるため、夏を中心に春~秋どりで最も威力を発揮。
●作業性と結束性良好
草姿は立性で収穫時における葉の絡みが少なく、葉柄はしなやかで折れにくい。
下葉は比較的小さいので、調製作業が容易。
●荷姿良好
葉身はツヤのある長丸葉で、高温乾燥下でもカッピングしにくく荷姿が美しい。
また、葉柄が太く葉身も比較的大きいので、ボリュームのある束になる。
葉は肉厚でえぐ味が少なく、すっきりした味わい。
●萎黄病や白さび病に強い
萎黄病および白さび病に対し強い耐病性をもつ。

写真: コマツナ 菜々美



<あまうま耐病小松菜:浜美2号>
小型の丸葉で、ツヤのある濃緑色、葉軸が太く味が良いのが特長。
低温下での伸びが良いので正月菜・冬菜としても利用できます。

写真: 浜美2号



<あっちゃん>
低温伸張性にすぐれ、抽苔の心配が少ない。
広葉で株張が良く収量性にすぐれる。
葉数が多く、茎葉のしまりが良いため、荷姿がきれい

写真: あっちゃん



<よかった菜G>
カネコ種苗の寒い時期用の「よかった菜G」です。
冬場におすすめ小松菜です。葉色は濃緑色で光沢があります。 
草姿は極立性で葉先までしっかりと立つので収穫・結束作業が容易で
荷姿も綺麗に仕上がります。 低温期でも生育がよいlコマツナです。 
葉軸が太く、株張りも良いのでボリューム感があり、収量性が高い。 
プロの農家にもおすすめできる小松菜です。  
もちろん作り易いので家庭菜園などにも適している品種です。
 
写真: よかった菜G



<ちぢみこまつ菜>
■従来の小松菜より葉が縮んでいる「ちぢみ小松菜」です。
■食べたときに歯触りがよく食感がすぐれ、甘味があり、
お浸しやいためものに適します。葉身色・葉柄色がとても濃く、
葉に光沢があり、袋詰めにした時の見栄えが良好です。
■張りがよく収量性は抜群です。
生育は従来のコマツナよりゆっくりした中生タイプです。
■周年栽培できますが、秋栽培が最も適しています

写真: ちぢみコマツナ



<むらさき祭>
・葉軸、葉脈が赤紫色に発色するF1コマツナ。
・生育は早く、耐暑性・耐寒性が高いので周年を通して作り易い。
・コマツナとしては筋が少なく、えぐみも少ないので食味がよい。
・用途はサラダ、お浸し、浅漬けなどに適する。
・赤い色素が溶け出すので、長時間茹でないようにする

野菜種小松菜むらさき祭20ml渡辺交配



<味波>
●草姿立性で揃いが良く、作業性に優れる小松菜です。
●ゆっくりと伸びる夏系品種。
●ビタミン,カルシウム,鉄分を多く含んだ栄養満点の野菜です。
●白さび病に抵抗性で春,秋播きのどちらにも適します。

写真: コマツナ 味波



☆~小松菜のタネをまこう~☆

ほぼ一年中種まき可能で、品種も多く育て方もカンタンな小松菜。

今、畑やプランターで、あっても~
収穫し続ければ必ず、なくなってしまいます。
ずらしまきしながら~収穫を切らさないようにしたいですね☆

写真: 種まき1

<種まき>
深さ1センチほどのまき溝を2本ほどつくり、
1センチ間隔で種をすじ状にまきます。
(畑の場合は、黒マルチで・・1か所6~7粒ほど)
種蒔き後、土を被せ手のひらで軽く押さえ たっぷり水やりをします。
(土の表面が乾かないよう~もみ殻などを敷くと発芽率もup?)

写真: ニンジン1写真: ニンジン2

<防寒対策>
冬の時期は、しっかり防寒をして少しでも地温をあげる工夫が必要です。
種まき後、水をたっぷりあげたら~不織布とビニール袋を覆います。

写真: 発芽写真: 紫小松菜1

<間引き>
双葉が開いたら3~4センチ間隔になるよう間引きます。
間引き後、軽く株元を土寄せする。
作業後はビニールを戻しておきます。

写真: 小松菜5写真: むらさき祭り3

<追肥時期>
本葉が4~5枚の頃、追肥し、土寄せします。
その後、再びビニールをかける。

写真: 小松菜2写真: むらさき祭り1

<収穫時期(収穫時期がちょっと違います)>
一般的な小松菜は、草丈20~25センチほどで収穫します。
むらさき祭りは、彩りの良さから~サラダとしても利用可能なので
ベビーリーフとしての収穫しても楽しめます。
草丈18~20センチほどになったら~地際からハサミで切り取ります。

写真: 小松菜3

寒ければ~寒いほど甘みが増す、コマツナ野菜。

寒くて・・・葉の緑が濃く、
やや傷んだような状態になるくらい、しっかりと寒さに当たったものが
とても美味しいんです。
甘い~葉物野菜栽培も、これにて最後の種まきになるかも?

写真: コマツナ6写真: むらさき祭り8

お好みの品種、育て方でお楽しみたいですね☆
ウィンクバイバイ
今日も寒いですね。。
早く暖かくならないかな~。



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花















Last updated  2017年01月26日 10時00分05秒
コメント(24) | コメントを書く
2016年11月10日
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこちぢみ小松菜ひよこ
<アブラナ科>

すっかり~初冬のころとなり寒くなってきました!
寒いのは~人間も植物も嫌だと思ったら~
じつは・・寒さを喜んでいるような野菜があるんです♪

それが・・ちぢみ野菜!

チヂミ・・・?(^^;)
お好み焼きのような食べ物のチヂミでは~ありません!

葉物野菜の中には~寒さにあたることで、
葉がちりめん状に縮み、甘みや旨さを増すものがあります。
それらの野菜を「ちぢみ野菜」と言います。

「縮み(ちぢみ)」というだけあって~、
葉が縮んだように、ちょっとクシャクシャな状態になっているのが特徴です、
一般的に「ちぢみ野菜」の代表といえば~
「ちぢみほうれん草」または「寒締めほうれん草」が有名ですが、
今回は~「ちぢみ小松菜」です。

これから~寒くなってくると
葉物野菜が、ますます美味しくなってくるのが、嬉しいですね?!

写真: 収穫野菜10

ちぢみ野菜の特徴は、
葉が縮れた独特な姿はもちろんですが~
寒さでギュっと締まった肉厚の葉や茎は、
春から秋にかけての野菜と比べると、全くの別物!!

旨みが凝縮された濃厚な味は冬ならでは~
季節限定の旬のお味です!!

この味を楽しむコツは、この時期の種蒔きして
霜が降りるまでには~株を少しでも大きく育てておくこと。

「普通の葉もの野菜を種まきしちゃったから~パスしちゃお~かな」
なんて、言ってては美味しい時期を逃してしまうので、もったいないですよ。
v(*'-^*)bぶいっ♪


☆~ちぢみ小松菜のタネを知ろう~☆


<ちぢみ小松菜>
○従来の小松菜より葉が縮んでいる「ちぢみこまつ菜」です。
○食べたときの歯ざわり良く、食感が優れ、甘みがあり、おひたしや
炒め物に適します。
○葉身色・葉柄色がとても濃く、葉に光沢があり、
袋詰めしたときの見栄えが良好です。
○株張りが良く、収量性は抜群です。
○生育は従来の小松菜よりゆっくりした中生タイプです。
周年栽培出来ますが、秋栽培が最も適しています

こまつな種 ちぢみ小松菜



<ちぢみ小松菜>
・生育は中生タイプで、耐暑・耐寒・耐病性に優れ、
安定して周年栽培ができます。
・葉は濃緑色で「ちりめん」状に縮む長楕円形で株張りも良好です。
・土質選ばず栽培容易なので家庭菜園に最適で、
プランター、空箱で手軽に作れます。
・高温期は葉の縮みは少なめになります




<ちぢみ小松菜〔松島交配〕>
生育は従来の小松菜よりゆっくりした中生タイプで
葉が縮んでいる小松菜。
高温期では葉のちぢみは少なめになり、やや節間が伸長します


☆~タネをまいてみよう~☆

写真: 種まき1

<種まき>
深さ1センチほどのまき溝を2本ほどつくり、1センチ間隔で種をすじ状にまきます。
(畑の場合は、黒マルチで・・1か所6~7粒ほど)
種蒔き後、土を被せ手のひらで軽く押さえ たっぷり水やりをします。
(土の表面が乾かないよう~もみ殻などを敷くと発芽率もup?)

写真: ニンジン1写真: ニンジン2
<防寒対策>
冬の時期は、しっかり防寒をして少しでも地温をあげる工夫が必要です。
種まき後、水をたっぷりあげたら~不織布やビニール袋を覆います。

秋コマツナ2

<間引き>
双葉が開いたら3~4センチ間隔になるよう間引きます。
間引き後、軽く株元を土寄せする。
作業後はビニールを戻しておきます。

写真: 小松菜5

<追肥時期>
本葉が4~5枚の頃、追肥し、土寄せします。
その後、再びビニールをかける。

写真: 小松菜3

<収穫の前に~ちょこっと、ひと手間>
ホウレンソウ同様、小松菜も収穫の約1週間前にトンネルを少しあけて~
寒気にさらすと、 より「寒締め野菜」が楽しめます。
寒さにキュっと葉が締まり、葉が肉厚になって糖度が増して美味しくなりますよ♪
(v^ー°) ヤッタネ ☆

写真: 小松菜2

寒ければ~寒いほど甘みが増す、ちぢみ野菜。

寒くなってきて・・・葉の緑が濃く、
やや傷んだような状態になるくらい、しっかりと寒さに当たったものが
とても美味しいんです。

写真: コマツナ収穫2

栽培しなくても~是非。。冬は、
ちぢみ野菜を楽しんでくださいね☆





☆~つくったよ~レポ 200件突破!~☆
ありがとうございます!!


四つ葉野菜たっぷりナムル四つ葉
野菜たっぷりナムル
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…



☆レシピブログアワード2016パーティー☆

今日は用事があるため、ちょっぴり更新が早いです!!
行先は~「レシピブログアワード2016パーティー」

野菜とは全く関係がないようですが・・σ(^_^;)アセアセ...
昨年同様~折角、
編集部の方からお声をかけてもらったので~行ってきます♪

開催場所は
「青山Green Grass Cafe」
〒107-0061 東京都港区北青山2-12-31 B1


普段、絶対に・・行かない場所ですからね~(笑)
ちなみに~昨年の「レシピブログ10周年記念パーティー」は、
こんな感じでした☆
詳しくは★コチラ★

さらに~レシピブログってこんなところ
詳しくは★コチラ★

今年こそは~酔っぱらわず、
美味しいビュッフェランチを楽しんできますね(^^♪
詳細は後日・・☆
ぺろりバイバイ





「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花











Last updated  2016年11月10日 09時45分19秒
コメント(19) | コメントを書く
2016年10月11日
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこ冬菜(フユナ)ひよこ
<アブラナ科>

皆さんは「冬菜」と聞いて、どんな野菜を思い浮かべますか?

<冬菜(フユナ)とは>
冬に出回る菜類の総称。白菜・京菜・唐菜(とうな)・小松菜など。
(コトバンク より)

冬菜とはアブラナ科の野菜で、冬に栽培する葉菜類の事を総称して言います。
小松菜や油菜など冬季に出回る葉物野菜のことを指すようです。

冬菜は、とても美味しい冬野菜です!
寒い冬の間でも育つため、とても栽培しやすいのが特徴で、
逆に、まだ暑い時に種まきするとあまりよく育ちません。

冬に元気に育つ菜っぱと書いて~冬菜!
まさに「フユナ」という名前がふさわしい葉もの野菜ですね。

写真: コマツナ6

日本全国にも、「冬菜」と呼ばれる伝統品種がたくさんあり、
地域で色々な名前で自家採種されたりしているようです。

【寒さに強い冬菜シリーズ】


☆~冬菜の品種を知ろう~☆
日本全国には、たくさんの種類があります。


<かき菜>
本種は晩生種で茎太く葉柄広く軟らかい優良種です。
青菜の不足する冬期から春先にかけて抽苔したものをかきとって収穫します

写真: かき菜



<霜知らず菜>
本種は耐病性強く耐寒、耐暑性のある生育の早い多収穫品種です。
葉は緑色で欠刻あり、茎は中位で淡緑色です。
質は葉・茎共に柔らかく甘味あり煮食、漬物に風味優秀です。

<種まき>
通常秋は9月~11月頃、春は3月下旬頃



<小松冬菜>
晩生種で寒地の風土に改良した量産の優良種です。
耐寒性非常に強く、寒地でも越冬します。
とう立ちも遅く早春より晩秋まで四季蒔が可能です。
暖地でもよく生育し春先の野菜の少ない時に収穫できます。

<種まき>
秋は8月~11月頃、春は3月~6月頃、



<冬菜>
性質強健、耐病、耐寒性強く厳寒時でもよく生育する冬菜。
葉は、肉厚で品質優秀です。
収穫は播種後50日位から可能、又春の摘み菜用にも最適

写真: 冬菜



<茎立菜>
本種は性強健で耐病・耐寒性が強く栽培容易な優良種です。
葉は緑色で長楕円状、周縁平坦です。茎も丸みを帯び、扁平で細い。
青菜の少ない時期でも利用できますので、珍重される品種です

<種まき>
冷涼地:8月上旬~9月下旬 中間地:9月上旬~10月中旬



<ちりめん茎立菜(かぶれ菜)>
会津地方独特の晩生系品種で、柔らかで風味の良い青菜
本種は耐寒性に強く栽培容易、東北地方で広く栽培されている優良種です。
肉質は厚く柔らかくて食味優秀、家庭菜園用に欠かせない青菜の一つです。
特に春先の青菜は風味最高です。

<種まき>
9月から10月中旬まで播種、3月から6月にかけて収穫できます。



<ちりめん冬菜>
葉はよくちぢみ肉厚く、丈は30cm位となり、葉、茎共に濃緑色です。
葉・茎共一種の辛味を有し柔らかで
風味良く漬物、煮食、浸し物として珍重せられます。

<種まき>
冷涼地 8月中旬~10月上旬  中間地 8月下旬~11月上旬



<信州雪菜(善光寺冬菜)>
長野県で作られている雪菜で、寒さに非常に強く、何回か霜に当ててから収穫します。
葉にはきざみがあり、生育旺盛で作りやすく風味があります
別名:菜心(ツアイシン)、菜苔(ツアイタイ)、油菜心(イウツアイシン)

<種まき時期>
冷涼地:8月中旬~9月中旬  中間地:8月下旬~10月上旬



<仙台雪菜>
仙台地方独特の菜で晩夏まき年内どり、
秋まき冬‐春どりとして耐寒性の強い、黒緑色丸葉の冬菜です。
ほろ苦い独特の味は、煮物、お浸しにお勧めです

写真: 仙台雪菜



<正月菜(もち菜)>
お正月の雑煮に入れることからこの名前が付いたと言われています。
冬の寒さに強く、年を越すと甘味と風味が一層増します。
コマツナに似た長卵形の葉で、表面に照りがあり濃緑です

写真: 正月菜


┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ いっぱいすぎて、迷っちゃうね。


☆~タネをまいてみよう~☆

冬菜の魅力は、なんといっても寒さに強いこと!
一般的なコマツナやほうれん草もタネまき可能ですが、
その際、不織布やビニールトンネルと寒さ対策が必要ですが、
この「冬菜」なら、そんな面倒な作業をしなくても
簡単に栽培できちゃうのが、魅力です(^^♪


写真: 種まき1

<種まき>
深さ1センチほどのまき溝を2本ほどつくり、
1センチ間隔で種をすじ状にまきます。
種蒔き後、土を被せ手のひらで軽く押さえ たっぷり水やりをします。
(土の表面が乾かないよう~もみ殻などを敷くと発芽率もup?)
*種まき後は害虫予防のため、防虫ネットをすると安心。

秋コマツナ2

<1回目間引き>
双葉が開いたら3センチほどの間隔になるよう間引きます。
間引き後、軽く株元を土寄せする。
その後は、防虫ネットなどかけておきましょう。

小松菜栽培2

<2回目間引き>
本葉3~4枚になったころ、5~6センチ間隔になるよう間引きます

写真: 小松菜4

<追肥>
草丈10~15センチになったら、追肥をして
株まわりに土寄せします。

写真: 小松菜2

<収穫時期>
草丈20~25センチほどになったら、
地際からハサミで切り取って収穫します。

写真: 小松菜3

葉物野菜と言えば~
どうしても「ホウレンソウ」や「コマツナ」などに頼りがちですが、
秋から冬こそ美味しい葉物野菜「冬菜」にも注目してみたいですね☆

写真: コマツナ6


一気に気温が下がり・・
「寒い!」って感じられるようになりましたね。。
人間も秋冬の衣替えなら~野菜たちも・・ですね☆
大笑いバイバイ




「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花













Last updated  2016年10月11日 09時38分53秒
コメント(20) | コメントを書く
2016年10月04日
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこカラシナ(からし菜/芥子菜)ひよこ
<アブラナ科>

皆さんは、”カラシナ”と聞いて、どんな野菜を思い浮かべますか?

カラシナは、キャベツや菜の花と同じアブラナ科の野菜ですが、
名前に「からし」と入っているように~
その葉には、ピリッとした爽やかな辛味があります。

昔から「漬物」などによく利用されており、
野沢菜や高菜などと同じ漬け菜(ツケナ)の仲間でもあります。
しかし、最近では若採りしたベビーリーフなどサラダに利用され、
春にとうたちする「菜花」としても利用でき
収穫できる期間が長いので~とても人気があるんですよ~?!

写真: からし菜栽培6

また葉と茎を食用にするだけでなく、
種子を粉末にしたものは「からし」の原料にもなります。

(*□*)ビックリ!!知ってた?

種子の違いによって~
「オリエンタルマスタードシード」を使って粉末にしたものが「和がらし」で、
「イエローマスタードシード」から作ったものが「洋がらし」になり、
洋がらしに酢などを加えて調味したものが「マスタード」です。
(料理サプリ より)


☆~カラシナの種類を知ろう~☆


<中国からし菜 セリフォン >
カラシナの仲間で寒さにとても強く、
暑さや乾燥にも強いので広い地域でつくられる野菜です。
とくに独特の辛みが漬物のおいしい風味をかもし出し、人気があります

写真: 1中国からし菜 セリフォン


 

<コーラルリーフフェザー >
●赤紫色の切葉でサラダの彩りに最適。葉身はツヤのある鮮やかな赤紫に色づく。
葉型は深い欠刻が入った極細葉の切葉でサラダの彩りとして適する。
ベビーリーフから20~30cmの小株、35cm以上の大株まで用途が広い。
●ピリッとした辛みうまみと辛みのバランスがよく、生で食べると、
シャキシャキと歯触りもあって、アクセントの効いた食味と食感を楽しめる

<コーラルリーフプルーム>
照りのある鮮やかな赤紫色に色づくミズナ型カラシナ。
深い欠刻が入り葉身はやや太い。
うまみと辛みのバランスが程よく、サラダに最適!

写真: コーラルリーフプルーム



<赤サラダからし菜>
・葉は赤紫色で切れ込み深く、茎の鮮緑色とのコントラストが魅力的。
・茎は立性で弾力があり、収穫調整しやすい。よく分けつし、重量感がある。
・5cm程度のベビーリーフから20~25cmの株どりまで様々な大きさで収穫し、
ピリ辛い味と歯切れ良い食味を楽しめる。
・ベビーリーフであれば周年栽培可能。盛夏は抽苔しやすいので、
株どりは早めの収穫を心がける。





<リアスからし菜>
○耐暑性・耐寒性があり、草勢強くて栽培容易です。
○葉の刻みが深い、からし菜です。
○夏秋栽培では播種後25日位、冬期栽培では45日~50日位で収穫できます。
○秋まきの大株(450~500g)は約60日あら収穫できます。
○用途はサラダ・漬物・おひたし等に利用できます

からし菜 種 リアスからし菜(20ml)



<黄からし菜>
葉に独特の辛みのあるアブラナ科の葉物野菜で、
とう立ちした茎葉とつぼみを食用にするからし菜です。
また、黄色い種を収穫してすりつぶせば、カラシになります。
適応性が強く、寒さにも強いので、非常に作りやすい野菜です。
塩漬け、糠漬け、煮物などに最適です。

写真: 黄からしな


☆~タネをまいてみよう~☆

からし菜は冷涼な気候を好み、どんな土壌でもよく生育します。
また、暑さ・寒さにも比較的強く栽培しやすく、病害虫にも強い野菜です。

保水力があり、中性に近い弱酸性の土壌での栽培がよりよい条件とされています。
春夏野菜栽培後の疲れた土でもOKだなんて、嬉しいですね♪

写真: カラシナ
*我が家では、葉・菜花・種子(マスタード)を利用するので
「黄からし菜」のタネをチョイス(^^♪

<種まき>
プランター栽培の直まきなら、一列にスジまきバラまきします。
ポットで育てる場合は、タネを2~3粒まいて、
本葉1~2枚で1本立ちになるように間引き、本葉3~4枚で定植します。

写真: カラシナ栽培1

<間引き>
発芽後、双葉が出たら間引きを始め、約3センチ間隔に1本になるよう間引きます。
本葉が2~3枚のときに約10センチ間隔に間引きます。
*カラシナの間引き菜(つまみ菜)は美味しいので、是非たべてね♪

写真: からし菜栽培2

<追肥>
追肥は春まきでは必要ないですが、秋まきでは本葉5~6枚の頃に追肥。

写真: からし菜栽培3

<収穫時期のタイミング>
タネまきから1~2ヶ月後、草丈が20センチ以上になったら適期です。
株元をハサミなどでカットしても、外側の葉から、かき取って収穫してもOK。
こうすることで、長期間収穫が楽しめるです。(= ̄▽ ̄=)V やったね☆

写真: からし菜8

春が近づく頃には~徐々に「とう立ち」し始めます。

写真: からし菜11

トウが立つ前に収穫を終えてしまうか、
トウを育てて花が1輪咲く前に収穫して~
「菜花」として食べることもできるんです。

写真: からし菜7

さらに~暖かくなる4月中旬ころには~カラシナは、花を咲かせ~
菜園はナバナ畑に変身します♪(*≧m≦*)プププw

写真: からし菜1

本来なら~ここでお片付けをするのですが・・
そこをぐぐぐっと我慢して~追肥をしながら放置しておきます。

写真: からし菜3

やがて~花はさやを持ち始め・・膨らんできます。
種子をつけ始めるんです☆

写真: からし菜写真: 黄からし菜3

青い莢が~茶色く染まり・・カラカラ~してきたら、

写真: 黄からし菜4

お試し採りをして。。種子の中身を確認し、
黄金の黄色いのタネになっていたら~OK♪
*種まきした品種が「黄カラシ菜」のため・・タネは黄色です。
*河川の自然のカラシナの場合は、種子が茶色が完熟期?

(5月下旬~6月上旬頃が目安)

写真: からし菜1

<カラシナの種子の収穫期>
2~3日ほど晴れ間の続いている晴れ間に収穫します。
その後、さらに2~3日ほど風通しの良い雨水が当たらない場所で乾燥。


☆~自家製 粒マスタードを作ってみよう~☆

写真: からし菜3

収穫した種子を軽く洗い、

写真: からし菜レシピ2

煮沸した綺麗な容器に種子と
お酢(白ワインビネガーやりんご酢でもOK)を
種子がヒタヒタぎりぎりになるまで注ぎます。
*最初から多くのお酢を入れてしまうと
水っぽい粒マスタードになってしまうので、少量を少しずつつぎ足すように。
(3~4日ほど放置)

写真: からし菜レシピ4

一度、水気(お酢)を軽くきって、種子を2つに分け~
半分は種子はそのまま、もう半分はフードプロセッサーで潰します。
(面倒なら一気に潰してもOK。ただ・・潰しすぎないように☆)
*お好みで「お砂糖(はちみつ)」・(塩・白胡椒)など入れて・・♪

写真: からし菜レシピ7

出来上がりは~鼻につくツ~~~~~ン!って匂いで、
少し雑味も感じられますが、
さらに1週間ほど冷蔵庫で寝かせれば、和らぎます。

写真: からし菜

まずは・・美味しいウインナーでお試しあれ☆

c(>ω<)ゞ イヤァ~
自家製 粒マスタードつくりの道は長いけど~
これは・・コレで楽しいですよ☆



カラシ菜って、イマイチ存在感が薄いけど~
葉・菜花・種子と利用活用できる野菜も、
そうそう多くはないですよね🎵
是非~見直してあげて下さい!!
*ちなみに”菜の花”の種ではマスタードは作れません
ウィンクバイバイ





「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花

☆~カラシナって、すごいんです!~☆
イチョウ病やネコブセンチュウに効果!!



*これまで、からし菜の辛味成分でもあるアリルイソチオシアネートに
植物病原菌の殺菌作用があることが確認されていました。
 2010年に兵庫県立農林水産技術総合センターと近畿中国四国農業研究センターが、
ハウス栽培のホウレンソウのイチョウ病を防除するのに、
からし菜の茎葉を土壌にすき込んだあとに水をためて管理すれば
殺菌効果が高まることを確認したそうです。



辛味成分で土壌をきれいに!



<特性>
初期成育が早く、短期間で高い収量が得られます。すき込んだ後の分解も早いです。
生物燻蒸作物として、トマト青枯病やホウレンソウ萎凋病の抑制効果があります。
きれいな黄色の花が咲くので、景観用にも最適です









Last updated  2016年10月04日 10時06分08秒
コメント(20) | コメントを書く

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.