19068153 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

すごい準備 誰でもで… New! クルマでEco!さん

ネタバレ【なつぞら】第… New! ショコラ425さん

麻子退場>『なつぞ… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「東京喰種 … New! BROOKさん

THIS IS U… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2007年10月26日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

内容
心臓の病で倒れた遊女・夕霧。
芸者・おれん(連雀)、番頭新造・ひばり(雲雀)の2人が、事情を聞くと。
昔恋人だった男・和馬が通りかかったというのだ。
5年前、和馬を長崎へ医学修行に行かせるため、
自ら身売りし、金を工面した夕霧コトお葉。
そして、金を渡し吉原に来たお葉。
その、榎本和馬と5年後に不忍池で会う約束をしたというのだった。
約束の日は、3日後。
おれんは、文屋・朱雀屋のあけみ(朱雀)とともに、
和馬がいたという長屋に行き、江戸にいるという噂を聞く。
夕霧のいる遊郭・松葉屋の遣手・おこう(孔雀)は、
お節介なおれんたちが気に掛かり、ワケを聞きだし事情を察する。
が、約束の日が、明日と迫った夜。
夕霧は、病をおして、足抜けしようと。。。。


内容2
お節介な4雀たちは、
ちょっと手を回し、夕霧を約束の不忍池へ連れ出す。
待ち続けた、おれんと夕霧。
でも、和馬は来なかった。
その帰り、得体の知れない侍の集団に襲われる2人。
だがそこに、同心の柴田平八郎に助けられるのだった。
そして、平八郎の手下の情報から、
旗本・榊原家に入っていった侍たち。。。。
和馬はそこの養子となっていた。
榊原は、和馬を利用して、
自分が出世するための縁談をさせようとしていた。。

おれんは、一計を案じ、和馬に文を届けるのだった。


公式HP
http://www.tv-tokyo.co.jp/oedoyoshiwara/





ヒトコトで言えば、『女仕事人』
吉原(なか)の女の恨み晴らします!

っていう感じかな。



2hSPだったために、
若干、引き延ばしすぎな印象もあるが。

吉原の様々な『掟』の説明などを、
ある程度する必要があるため、仕方ないかな。


今回は、『結成編』ですね。

それぞれに、吉原を出て行くことは出来る4人。
でも、『何か』があるため、出て行かずに仕事を続ける。

ある時、1人の遊女が死んだ。
その死に顔は、満足げだったが、

どうしても許せない4人は、『仕事』に出向く。




お話の内容は、それなりに良い感じだったのだが、
『一日花魁』のことと言い、何か腑に落ちないところもある。

特徴的なのは、
最後の始末は4人がつけるのに、
それまでは何度襲われても、そのほかの『男』が殺陣をする。

確かに、このパターンだと
殺陣は良い感じで引き締まる!!

吉原男衆の左平次(海東健さん)なんて、かなり良い感じ(^_^)b

彼が、仲間でも良かった気がしますね(^_^;

逆に、お話と結末だけが、『4人雀』なので、
中途半端な印象となってしまっている。

途中の情報の仕入れも、同心・渡辺裕之さんだったし。。。
本人たちの『動き』が見えにくい部分があるんだよね。

盛り上がるトコロなだけに、
もうひと工夫必要かもしれませんね。


わたし的には、
4雀が恨みを覚えるような、
強い『気持ち』のようなモノを、もう少し見たかった。。


まぁ、時代劇は少ないので
丁寧な説明だけは、良い感じだったと言うべきかな。



『なかの女はカゴの鳥だって言うのに、雀は好きに飛んで出て行きやがる』
って、、良い感じだね。




最後にどうでも良いこと。
東ちづるさん、横山めぐみさん、小林恵美さん、萬田久子さん
が、4雀なワケだが。

もう少し、着物の『雀』を強調した方が良いんじゃ???









最終更新日  2007年10月27日 00時18分28秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.