19421486 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

こういうのを<保身… New! クルマでEco!さん

人魚の眠る家 New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

神様をしんじてるわ… New! 俵のねずみさん

母の味>『なつぞら… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

最新 UFO映像8連発 … 鹿児島UFOさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2009年03月02日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『決して消せない炎』

内容
火災現場で見つかった今成卓見(平田満)という警備員の遺体が、
解剖室に運ばれてくる。
現場は今成の自宅ではなく、
今成は、カーペットに包まれた子供の遺体を抱えて亡くなっていた。
その子供の自宅だった。家族達は今成を疑うのだが、よくわからない。
そんななか、佐川教授(時任三郎)の指導で進められていた解剖で
今成が肝炎の可能性を知る。
その分析のために玲子(矢田亜希子)に命じられ、
肝臓組織を運んでいた哲平(遠藤雄弥)は、部屋を出たところで
落としてしまい、慌てて触ってしまった哲平。。
すぐに処置をするが、感染の可能性がある哲平。
そして、、、蕪木(泉谷しげる)により、今成がB型肝炎であることが分かる。
動揺する大己(瑛太)亮介(生田斗馬)佳奈子(石原さとみ)彰(佐藤智仁)
『大丈夫』、、、そんなことだけしか言えなかった。
ショックの哲平は、法医学を辞める決断をする。

亮介達も、哲平を気遣い、、、これ以上の分析は辞めるべきでは。。というが、
大己は、
『哲平がこう言うことになったからといって
 今成さんのことから目をそらしちゃいけないんじゃないかな

1人で、『今成の声』を探し始めるのだった。
そんなとき、大和田刑事(山崎樹範)から、
今成が、元・科警研にいて火災専門であったことが分かってくる。
科警研に出向いた大己は、元同僚の矢野(田中実)から、今成の気遣いを知り。
今成を良く知るという三島(志賀廣太郎)を紹介してもらう。
今成が持っていた黒こげのキーホルダーのことを聞く大己。

そして、、佳奈子のカーペットの分析で、大己は、『声』にたどり着くのだった。


敬称略




もう、、かなり、強引ですよね。

火災現場に突入できた時点で、
すでに死んでいるはずの『子供の声』が、聞こえるわけ無いんだから

なぜ、突入したのかが、本当に分かりません!

それにね。逆に。
いるかいないか分かんない状態の『現場』に突入したのならば、
見つけるかどうかの以前に、

『突入』出来たと言う事は、
『火災』が、それほどではなかったって事でしょ???


“プロフェッショナル”だとか、どうとかいう
“強引すぎるセリフ”をまき散らす前に、

“事件”が、意味不明すぎます!!!


せめて、すでに、死んでいたとか言うんじゃなくて
生きていて、逃げることが出来なかった。。。

それだけでも良かったんじゃ??

だって、

火災のプロなんでしょ??

“ダメ”と分かってから、行動しても良いわけである。
もちろん、それだと、
必死に“助けようという気持ち”は、消え去ってますけどね。

でも
まわりにある“何か”で包んで、
必死に庇おうとした“遺体”だけで、十分説明できると思いますけど!




物語自体は、
法医学における“危険性”を出しているのでしょうけどね

哲平『感染してても、してなくても
  法医学やめようと思って 
  自分がこうなるまで、人が死ぬって事を
  他人事だと思ってたような気がするんです
  もし、肝炎にかかったらと考えた時
  初めて自分が生きるか死ぬかッてことについて
  真剣に考えてような気がするんです
  法医学の表面的なことに憧れていただけと言うことに気付いた

とか

今成『自分の身に危険が迫る事なんて、驚く事じゃない
  それくらいの覚悟はあんだよ
  そうでもなきゃ
  ひとさまの生き死に
  に首を突っ込んだり遺族と向き合うなんてことはできない
  もしオレに申し訳ないって思うなら、仕事を続けろ
  こんなことくらいじゃオレも、辞めねえしよ

とか、、悪くない“ネタ”は、ばらまかれているのに。。。

哲平だって、オモシロ以外で、大活躍なのに。..



どうして、こんな“事件”に、しちゃうかなぁ。。。。

いくら何でも“強引すぎ”だと思います。

もちろん、ドラマとして考えれば、
そのまえに、キーホルダーなどで、ネタフリはされてますけどね。

でも
ドラマの“作り”は良くても

ネタがダメなら、意味が無いと思います


事件。。。それも重要だとは思います。
“そう言う仕事”なんだから!!

にしても、、なぜ、現場に行ったかなぁ。..

もしかしたら、
火災があれば、他人の家でも踏み込む人だったんですか??
なら、、もし、家人が無事であっても、踏み込んだんですよね??
じゃ、、いままででも死んでてもおかしくないんじゃ??

火災専門なら、、いくらでもそんなとこ行くだろうに。。


それとも、、、
火災現場。。それも燃えている現場専門の、、、火事場泥棒??

そこまで、妄想しちゃいますよ!!

っていうか、燃えている火災現場に入っちゃう時点で
なんか、、“マニアック”ですよね(苦笑)

すでに生き死にの問題じゃないような。。。


これまでの感想

第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話








最終更新日  2009年03月02日 22時25分43秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.