21052486 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

女給志願>『エール… New! ひじゅにさん

ナイトミュージアム2 New! はまゆう315さん

Blu-ray「天気の子」… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

感染症大全 New! クルマでEco!さん

綾の光時通信 CORAN… 鹿児島UFOさん

昨日見つけたお気に… 俵のねずみさん

【エール】第9週(5/2… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

悩ましいマスクです… うさこ(^o^)さん

2009年03月20日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『鬼の末路』

内容
江戸の町では、黒頭巾という無差別殺人鬼が出没していた。
辻斬りではなく、わざわざ人の多いところを狙っているようだった。

時を同じくして、源太(大倉忠義)は、“仕事”について、悩んでいた。
子供達に、からくりの作り方を教えている時にも、
ふと、、、“道具”を考えてしまうと。。。
その事の相談を受けた小五郎(東山紀之)は、
いまさら善人面をするな。今のままでは、へまをする。
もしもの時は、斬ると言うのだった。
同じ頃。黒頭巾に襲われた涼次(松岡昌宏)如月(谷村美月)、
駆けつけた伝七(福士誠治)により、かろうじて窮地を脱するが。
“道具”を振り回したことで、自身番屋で取り調べを受けてしまう。
主水(藤田まこと)の機転により、ばれることはなかったが、
注意を受けるのだった。
“俺たちは、1つの命でつながっているんだ。”と。

そんな状態の中、いつもの“ほこら”には、多くの人が訪れ、
お菊(和久井映見)は、話を聞くが、追い返していた。。。。

そのころ、ある武家屋敷では、若い主人の小山内儀助(荒川良々)のことで、
母・セツ(池上季実子)は、用人の乙部松右衛門(平泉成)に相談していた。
蘭学塾にもいかず、剣術道場にも通っていないようだと。
乙部は、中間ひとり・留吉(大冨士)を連れ、、後をつけると。。。
自分たちの主人こそが、世間を騒がせている“黒頭巾”だった。
30を超え、城への出仕もかなわず、芽が出ないことでなやんでいた。。。
そのうっぷん晴らしに。。。。。。
セツは、乙部を使い、中間頭の喜平(内山信二)を身代わりに立ててしまう。

世間では、黒頭巾は、、、死んだ。。。ことになった。
しかし、小山内家では、乙部が、黒頭巾をネタに脅しをかけ始める。
そして、儀助の行動もおさまらず。
ついに、セツは、“ほこら”へと向かう。。。。。。


敬称略



2人も、“裏の仕事”のことで
注意を受けてしまうと言う状態の中、

母が、自分の息子を殺せと依頼する!


そんなお話だ。


ただ、そんななか

仕事を失敗する源太
仕事の情をかけてしまう涼次

冷静に対応する小五郎
そして、、、、、、伝七が!!!


ま、、明らかに、“次のクール”のためのネタフリである


今回は、圧倒的な存在感を見せた池上季実子さん
その存在により、母の子への想いを中心に回った感じだ。

これは、これで、
物語自体が、あまりにも殺伐としている内容であっても

1つの物語として成立しているし、
ある意味、納得の感じだ。


ただ、大勢に頼まれた時は、桃太郎を持ち出し断ったクセに
なぜ・??
って言うのは、ありますけどね。

この部分は、このドラマが序盤で行っていた
“仕事の基準”
すなわち、“悪意”=>“恨み”という構造が、
崩壊しているような気がしてならない。



このモヤモヤした気持ちはあるモノの、
“仕事”に情をかけることの危険性を説いた物語としては

ネタフリ状態ではあっても、
ある程度のオモシロ味があったと思います。


後始末をする小五郎なんて言うのも、
クールさと、仕事への決意をなんとなく感じる部分だしね



気になる部分はあったが、
ドラマとしてみても、次回へ続くと言う事を行ったため

登場人物を、上手く利用していたと思います。



やっぱり、これくらいのバランスなのかもね。
前後編か、二時間モノ。
人数が多いし、登場させようという気持ちが強いからね(苦笑)



ほんの少し、納得しました。
物語ではなく、基本的な“ネタの尺”というものを。



これまでの感想

第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2009年03月20日 22時04分24秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.