19231343 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

9月1日 母からのバト… New! クルマでEco!さん

『ひろしま』1953年… New! くう☆☆さん

「ツインレイ」いま… New! 鹿児島UFOさん

おめでとう>『なつ… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「イソップ… New! BROOKさん

ネタバレ【なつぞら】第… New! ショコラ425さん

なつぞら  第12… New! はまゆう315さん

夏のいろいろ 俵のねずみさん

毎日、暑いです。 うさこ(^o^)さん

a-nationとTIFの間 YOSHIYU機さん

2010年09月11日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『花ろうそく』

内容
千鶴(市川由衣)の治療むなしく、牢でお栄(エリカ)が病死した。
獄中で産まれたお栄の子供・おふくの養子先が見つかるまで、
預かることを決めた千鶴。
その一方で、最後まで、シッカリ面倒を診ることが出来なかった後悔を
酔楽先生(三宅裕司)に伝えるのだった。牢医を辞めたいと。。。
だが千鶴の姿を見て、酔楽先生は、
千鶴の亡き父・東湖(遠藤憲一)が残した“診察日録”を手渡す。
そこには、診察記録だけでなく、東湖の苦しみなどが詳細に描かれていた!

覚悟を決めた千鶴は、牢へと向かい、全ての女囚の診察を始めるのだった。
そんな千鶴の姿に、驚きを隠せない役人たち。

やがてお栄が働いていた三国屋の今の主人・喜兵衛(平岳大)が、
もともと奉公人だったと知る千鶴。
そして兄・陽太郎(高嶋政伸)の協力で、奇妙な事実が浮かび上がってくる。
お栄が殺したという銀六と喜兵衛は、幼なじみだった。。。。。


敬称略



なるほどなぁ。。。
初回と、今回で、前後編モノ。

ようやく、このドラマの雰囲気が分かった今回ですね。


この『NHK土曜時代劇』枠となってからは、女性が主人公なのは初めてですが。
(以前の『枠』とは、別と考えています)

30分で、何が出来るか?

これまでのベタな時代劇と同じく、“殺陣”で魅せるのも限界がある。
まして、、、牢医なのだ。

さて、どう物語を作り、魅せてくるのか?

そう思っていましたが、

意外と、、良い感じ。。
いや、想像以上に良い雰囲気の時代劇になっていたと思います。


一応、、殺陣もありましたが、
ま、、、これは、“不肖の兄”がいてこその部分。

どちらかといえば、

女性だからこそ、解決に導いた。
そんな物語の印象が強いですね。

ちょっと強気で色々とする一方で、
優しく語りかけたりと。
キッチリとメリハリも付けられている。

あとは、コレからのネタ次第になると思いますが、

最終的に、人情モノとしてのオチもシッカリ描けていて
もしかしたら、秀作、、、傑作になる可能性を秘めている感じがします



さて、、最後は、次回へのネタフリですが、
こういうパターンで、展開していくのかな??


これまでの感想

第1回






最終更新日  2010年09月12日 20時55分36秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.