19413773 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

Dr.コトー診療所20… New! はまゆう315さん

最新 UFO映像8連発 … New! 鹿児島UFOさん

なつよ、千遥よ、咲… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

石川ひとみ スペシャ… New! クルマでEco!さん

今日の収穫 (9月… BROOKさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

鍛えないと・・・ 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2011年05月14日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『ドッキリチューブ』
内容
 ファミレスで店員の緒方佑子(野波麻帆)が客とトラブルを起こしてしまう。
 現れた店長、吉田将司(草野イニ)昭島秀樹(弓削智久)が、
 客を逆に脅しはじめ。。。。。
 とそこに
 “ドッキリTube”という看板を持った真壁洋輔(坂口憲二)が現れる。
 そう“ドッキリチューブ”というドッキリ映像を配信する会社の主催者だった。
 トラブルに巻き込まれても、非難殺到しても
 アクセス数の増加を求める真壁。
 “時代は俺達を求めている!!”と息巻くが、
 さすがに、引き気味になっていく部下たち。

 そんななか、ついに、
 吉田、昭島、中村四郎(瀧川英次)田丸義男(片岡信和)にキレられるが。。。
 実は、ネットへ生中継されたドッキリだった!!
 まさかの事態に大慌ての真壁。

 が、それからというもの、次々と“恐怖”が真壁に襲いかかってくる!
 そしてついに、謎の男(國本鐘建)たちが。。。。。

敬称略


良いですね。これ。シュールで。
もちろん、“その後”も知りたいが、、まあ。。いいでしょう。

こういうのも“らしさ”でしょうしね。

恐怖。。が、、最終的に笑顔に。

これだけで十分です。



『分身』

内容
 仕事一筋で生きてきた田崎守(大森南朋)
 1年前、志保(杏)と見合いの場で出会い恋に落ち。。。。結婚した。
 守は、、、ふと考えていた。ほんとに志保は幸せなのか??と。
 志保がガーデニングのホームページを作っていると知り、
 どのような反応をするかと、、メールを送ってみることにした守。
 だが、気にしていないようで、逆に志保から相談を受けてしまう。
 もう辞めよう。。。そう思いメールを送った守だったが。。。。。。。

 数日後、、、突然、志保から返信がある。
 まさかの返信に、守は偽名“暮林英二”のままメール交換を始め、
 やがて妻の本心に気付きはじめる。
 だが、このままでは。。。と感じ始め、告白しようとしたとき
 そこに妙な男(阿部進之介)が。。。
 
敬称略

これは、、凄い作品ですね。
たしかに『奇妙な物語』ではあるのだが、

なんていうか。。文学的というか。。。。

大人の恋の物語。。。。ですね。

かなり歪ですけど。

個人的には、今回の5作品の中では、
これが一番楽しめたかな。

結末も楽しかったし。



『通算』

内容
 定年間近の山岡武(松平健)刑事は、最後の花道。。。と
 田宮達明(原田裕章)を、後輩の西田哲(山本裕典)と張り込んでいた。
 そんな折、
 突然、通算1万回目の出勤!!と謎の通算紳士(マイケル富岡)らに祝福!
 2万錠目の胃薬で、祝福!!
 5000回目の“逮捕だ!”で、、祝福!
 通算逮捕回数を調べた西田は、田宮の逮捕を“100人目”!!
 と考え、、山岡が逮捕したのだが、、現れない紳士たち。
 
 なんと、99回目の逮捕だという。
 その直後、かつて逮捕した本村雄一(柳憂怜)が、
 最高裁で冤罪が確定されてしまう!!
 ショックを受ける山岡。
 そして定年の日。
 なんとかして、100人目の逮捕を!!と意気込むが、
 そんな山岡の前に、本村が現れる。“謝れ!”と。。。。
 
 本村に頭を下げる山岡
 “本村、すまない”
 とそこに、、紳士が現れ。。。。。

敬称略

なかなか、シュールな物語ですね

バカバカしさと、シリアスさが同居している
まさに、“世にも奇妙な物語”である。


個人的には、
結末のシリアスさから考えれば、娘を登場させるなどして、
もっともっとシリアスに、、
そしてもっとバカバカしさを前に出しても良かった気もしますが、
まあ。。。“結末”から考えれば、

これくらいがちょうど良いかな。



『缶けり』

内容
 藤村幸子(永作博美)は友人の鈴森ちか(馬渕英俚可)から妙な電話を受ける。
 報告したいことがあるから会いたい、、、と言う事だったが、
 突然、、電話の向こうで、、“正人君?”と。。。。妙なことを。

 その数日後、ちかは、階段から転落死。。
 慌てて葬儀に駆けつけた幸子は、 
 八木進(眞島秀和)井上猛(松尾諭)らを前に、
 ちかが妙なことを言っていたと告げる。“正人君がいた”と!
 その直後現れた熊谷慎司(矢柴俊博)が、
 “正人を見た”と言い、胸を押さえ突然死してしまうのだった。

 そんななか、進に呼ばれる猛と幸子。
 先日、正人らしき少年の遺体が、
 神社の古井戸から発見されたという記事だった。
 30年前、、、幸子(遠藤由実)ちか(畠山紬)慎司(小林正宗)
 進(青木綾平)猛(山岸和広)、、そして正人(春菜柊夜)は、
 近所の神社で、缶けりをして遊んでいた。
 やがて時間も遅くなったことから、見つからない正人は帰ったと考え、
 幸子たちは、神社を後にしていた。。。。。
 あのとき、まさか。。。。。神社にまだいたのか??

 赤い服の少年の恐怖に怯え始めた幸子
 そう。。あのとき、正人をからかって“鬼”に仕立て上げたのは幸子だった!

敬称略


タモリが言っていた言葉ではないが、
もしも“缶を蹴っていたら”。。。が、どうしても気になって、

蹴るのか?蹴らないのか?

そこばかりに注目してしまった私。

最終的に、オチとしてはベタだが、、、
なんていうか、

個人的には、もう少し恐怖感を味わいたかったかな。

だって、“死”を感じた登場人物って、進ひとり。
あとは“なんとなく”だから、

見ていると、幸子がほかのメンバーから罠にはめられているようにも見えるし。

恐怖が曖昧な時点で、ちょっとホラーとしては、中途半端だった感じ。



『PETS』

内容
 犬のサクラ(谷村美月)は飼い主の栗田桃子(国仲涼子)に寄り添っていた。
 飼い始めた頃は、可愛がってくれたのに。。。。
 ある日、ペット合コンでローズ(国生さゆり)を連れていた幸太郎(山中崇)
 と知り合いになってからは、あまり可愛がってくれないようになっていく。
 そんな折、近所トラブルでサクラを捨てることになってしまい。。。。。

 やがてクロ(石垣佑磨)という犬に声をかけられ。
 “野良犬”として生きる覚悟を決めるサクラ。
 そして、、、ローズまで捨てられているのを見つけてしまう。
 桃子に子供が出来たため、捨てられてしまったという。。。。
 
敬称略


良いファンタジーでしたね。

切なさ。。。そして、、、ちょっとした感動モノ。

悪くはない感じだ。
こういうのも“世にも奇妙な物語”ですよね。

まあ。。それ以前に、犬の姿が目についてしまって(笑)

もう少し“犬”も見せて欲しかったかも!




テーマで縛ったり、企画モノではなく
ひさびさに、、ある意味、『正統派』の作品ばかりだった今回。

個人的には、こういった種々雑多なほうが、
飽きが来なくて良いと思います。

逆に、それぞれが引き立てあって
『もっと見たい!』。。。そんな風にも感じてしまうモノです。


TBは以下へお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/711941ca30d3686316dc705e45bd4df0

または

http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-2522.html






最終更新日  2011年05月15日 00時15分03秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.