19081191 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

今年は 色んな事が「… New! 鹿児島UFOさん

噂>『なつぞら』第9… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

ドラマW 神の手 … New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

イントロ New! 俵のねずみさん

TBS ドラマ 凪のお暇… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ YOSHIYU機さん

京都アニメーション みやさとver.さん

2011年11月13日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『仲間の死…』

内容
南極観測隊の倉持(木村拓哉)らが、越冬を始めて半年。
様々な問題にぶつかりながらも生き抜いてきた隊員たち。

そんななか、倉持は犬ぞりだけでボツンヌーテンを目指すと発表する。
ブリザードが多発する地域を200キロも進むことに、
危険だと反対する氷室(堺雅人)
だが、気持ちを変えない倉持は、どうしても必要と氷室を説得する。
“成功すれば、世界が日本を見直す”と。
たとえ一緒に登頂してくれなくても、十分だ告げるのだった。
氷室は、“監査役”としてつき合うことを決意する。

倉持は、氷室、犬塚(山本裕典)とともに犬ぞりで出発!!
それを見送る内海(緒形直人)は、氷室の過去がアリ、、心配を口にするが、
星野(香川照之)もまた、3人をただ見送るしかなかった。運命だと。。。


出発した倉持たちだったが、犬の負傷や、脱走。。そしてブリザードに苦戦する。
やがて、経路を見失ったかに思われたのだが。。。。。。

ついに目前にボツンヌーテンが現れる。
そして倉持と氷室は、協力しながら登頂。
その一方を受け、大喜びの昭和基地。

が、、、、その帰り、氷室が。。。。


敬称略



極端な話をすると。

登頂だけで、十分に1クールのドラマを作ることができるし、
いや、2時間程度の映画だって作ることができるのだ。

なのに、今作の場合。

犬がケガして、犬が逃げて、ブリザード。。。。そのうえ、ケガまでして。。。
あ。。。登頂も。

とホントにたくさんのことを、1時間で描こうとする今作。


盛りだくさん!といえば、聞こえは良いし
詰め込み過ぎ!といえば、悪い印象になる。

が、今作の場合は、そんな二つとは違う。

無理矢理描こうとしているため、盛りだくさんなのに描き込みが薄く、
結局
『南極大陸』という今作の描き方、演出通りで、

盛り上がりが盛り上がりに感じられないと言う状態だ。

細かい事を言えば、時間配分が間違っているんですよね。

トラウマを描きたいなら、描けば良いのにアッサリ。
今は関係が無いような日本のことまで詰めこもうとする。
その一方で、登頂なんて、もっと感動的に出来たろうに、かなりアッサリ。

描くべき部分がアッサリで、必要の無い部分をアレコレ描いてしまえば
どこを描こうとしているのか分からないのは当たり前だ。

引き延ばす部分、次回配分を間違っているのは、そういうコト。


実は、問題点は明らかなのだ。

セリフ。。。である。

セリフなんて、ある程度あれば十分なんですよね。
でも今作の場合、『行間』が描かれずに、『セリフ』ばかりを描いている。

セリフに頼り状況を描くなら理解するが、そういう手法ではない。
ホントにどうでも良いことをセリフにして、時間稼ぎをしている。

それを“丁寧”にドラマにすれば、今作のようになるのは当然だ。

だから、今作はセリフばかり。それも必要無いセリフばかり。
視聴者に、色々と感じる時間さえ与えてくれない。

ホントは前述の『行間』こそが、感動を演出し
魅せ場になることが多いんですよね。

結局、登場人物が喋れば喋るほど、感動が遠ざかっているのが今作だ。



それにしても、、、この調子で、タロジロやるんでしょ?

盛り上がるのかな?

気がつけば、主人公が目立っているだけじゃないの???


TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/9899532276c67cfc28976323f062f5a8 







最終更新日  2011年11月13日 21時55分03秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.